• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

惑星の終わり(?)について

太陽が赤色矮星になった時、天王星とか海王星とかはどうなっているのでしょうか? こんにちは。恒星の終焉(?)については、私が子供の頃から本とかテレビとかでよく紹介されますのでなんとなく分かりますが。では、その恒星の周りを回っている恒星は最後(?かどうかもわかりませんが)にどうなるのでしょうか? 限定して、例えば太陽系で太陽が赤色矮星になった時、あるいはなる過程で、例えば天王星とか海王星とかの惑星はどうなるのでしょうか? 地球などはその過程で太陽に飲み込まれてしまう、というのは子供の頃から聞いていました。 では、もっと外側の天王星とか海王星とかはどうなるのでしょう? ・質量とかエネルギーは保存されるので(←単なる度素人の思いつきにすぎません)、相変わらず赤色矮星となった元太陽の周りを回り続けるのでしょうか? ・それとも、私にはわからないけど、なんだかバランスが崩れて「バハハーイ」ってな感じで太陽の影響を受けずに宇宙へと旅立ったしまうのでしょうか? ご存知の方、教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数347
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

はじめまして、惑星の将来ですね。#1さんや#2さんが書かれていることにいくつ か補足させていただきます。 >限定して、例えば太陽系で太陽が赤色矮星になった時、あるいはなる過程で、例えば >天王星とか海王星とかの惑星はどうなるのでしょうか? 太陽はあと50億年程度たてば赤色巨星になります。その際に外側の水素ガスを放出し た後、白色矮星になり、更に最後は光すらださない黒色矮星となるといわれています。 >地球などはその過程で太陽に飲み込まれてしまう、というのは子供の頃から聞いてい >ました。では、もっと外側の天王星とか海王星とかはどうなるのでしょう? 赤色巨星になったときに、ガスを多量に宇宙空間に放出します。そのため重力が弱まり いままでまわっていた惑星は、さらに太陽から遠く離れた軌道をまわるといわれていま す。以前は確かに地球は太陽に飲み込まれるというようにいわれていました。しかし 昨今では、この質量放出のため、地球と太陽との距離が広がり、そのため、太陽に飲み 込まれることはないだろうといわれています。 >質量とかエネルギーは保存されるので(←単なる度素人の思いつきにすぎません)、 >相変わらず赤色矮星となった元太陽の周りを回り続けるのでしょうか? >・それとも、私にはわからないけど、なんだかバランスが崩れて「バハハーイ」って >な感じで太陽の影響を受けずに宇宙へと旅立ったしまうのでしょうか? おそらく地球や天王星、海王星あたりでしたら、太陽を回り続けることでしょう。しか し、オールトの雲あたりになると、太陽の束縛をはなれてどこかに旅立つでしょうね。 なお、恒星は最初ガスが収縮して、その重力エネルギーのために猛烈な明るさで光を だします(実際にはチリ等に隠されて観測できない)が、この段階は赤色巨星とはい わず、通常は原始星といいます。原始星は核融合をしていません。ですので太陽が過 去に赤色巨星になったことはないし、常識が通用しない特別な星でもありません。ま た、変光星がそこまで極端に大きさが変わるということも聞いたことがないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >赤色巨星になったときに、ガスを多量に宇宙空間に放出します。そのため重力が弱まりいままでまわっていた惑星は、さらに太陽から遠く離れた軌道をまわるといわれています。 一番知りたい事がそれだったので、ベストアンサーとさせていただきました。 >しかし昨今では、この質量放出のため、地球と太陽との距離が広がり、そのため、太陽に飲み込まれることはないだろうといわれています。 おお!おかげさまでまた新たな興味が沸いてきました。自分なりに調べられる事をお勉強したいと思います。

関連するQ&A

  • 太陽系惑星について

     現在、太陽系の惑星は、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星まで見つかっていますが、その後の惑星はもうないのですか。見つかる可能性は、ないのですか。

  • 惑星自身の重力について

    宇宙での、惑星自身の重力についてです。 まず、重力≒万有引力ですね。 (参考書には、重力とは万有引力であると書いてありますが、遠心力があるため、重力=万有引力とは言えないため。) 例えば、地上では、質量が大きいほど、重力も大きくなります。 地上では、地球に引っ張られる万有引力が重力ですね。ならば宇宙では、惑星自身がもつ重力は、何によって引っ張られる万有引力でしょうか? まず、地球自身について考えます。 惑星同士が及ぼし合う万有引力は、距離が離れすぎていて小さすぎるため、無視できますね。 (万有引力=GMm/r^2より) ならば惑星自身の重力は何なのかというと、太陽によって引っ張られる万有引力ですね。当然、それぞれの惑星は、太陽との距離は離れすぎています。しかし、太陽の質量は惑星に比べて莫大に大きいから、太陽からの万有引力は無視できなくなります。(万有引力はニ物体の質量に比例するから) つまり、宇宙で考えて、惑星自身の重力は他の惑星から受ける引力によってでなく、主に太陽からの引力ですね。 すなわち、 惑星自身の重力≒太陽がその惑星を引っ張る万有引力 でしょうか? (の前に、重力とは地球が引っ張る力だから、惑星自身の重力というと、全て0になるような気がします…。だから、別の言葉にすべきではと思いましたが、まあ大丈夫ですよね…。) となると、地球では質量が大きいほど重力(万有引力)は大きくなると言いましたが、宇宙では違いますよね? 例えば、太陽から一番近い惑星の水星と、一番遠い惑星の海王星について考えます。 例えば、水星の質量を1kg、太陽からの距離を5mとし、海王星の質量を10kg、太陽からの距離を100mとし、太陽の質量は100kgとします。 (明らかにおかしいですが、例ですので。) すると、質量は水星<海王星ですが、重力は水星>海王星です。 よって、宇宙では、質量が大きくても重力が小さかったり、質量が小さくても重力が大きかったりするのですよね? これが地上との違いだと思いました。 最後に、太陽自身の重力についてです。 太陽は質量は莫大で、周りのいろんな惑星から力を受けます。しかし、それぞれの力は太陽にとっては小さい力です。 つまり、太陽は質量は莫大だが、重力はそうでもないのでしょうか…? 質問が多くてすみません。 というか、重力は空間の歪みで、万有引力ではないとか聞きましたが、それがよく分かりません。

  • 惑星の寿命について

    惑星にはやっぱり寿命ってあるんでしょうか? 太陽(恒星)は後50億年ぐらいと聞きましたが、他の惑星ではどうなのでしょうか? ご迷惑おかけしますが、教えてくださいませんか?OTL (1)水星 (2)金星 (3)地球 (4)地球 (5)火星 (6)木星 (7)土星 (8)天王星 (9)海王星 ↑の通りです。 ※非常に馬鹿げた質問だとは思いますがご返答お願いします。 一回自分で調べろ!って思うかも知れませんが、私、非常に ど素人でして^^;

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

太陽の(核融合の)寿命は約100億年といわれているので、後50億年ほどで核融合によるエネルギー放出は止まります。 しかし、核融合が止まっても太陽が消滅するわけではないので、飲み込まれなかった惑星は太陽の周りを公転し続けます。 核融合が止まった太陽は、白色矮星→黒色矮星と数百億年かけて冷えていきます。(核融合していた期間よりはるかに長い。 恒星にとって核融合の期間は幼年期で、核融合が止まってからが大人の期間ではないか?と思います。) 数百億年の間には、たまたま近くを通過する他の恒星の引力によって、恒星に落ちたり弾き飛ばされたり(銀河内を放浪して何時かは他の恒星に落ちる)した時が惑星の終焉です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

 赤色矮星は太陽の半分ぐらいの大きさの小さな恒星で、太陽が老化した末期は赤色巨星になります。赤色矮星ではありません。  赤色巨星は脈動していて、常に明るさや大きさが変わっている恒星です。その為、大きくなると地球を飲み込むほど巨大化し、小さくなると現在の太陽ぐらいの大きさまで縮みます。明るさも何万倍も変化するようになります。  赤色巨星:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E8%89%B2%E5%B7%A8%E6%98%9F  矛盾して聞こえるでしょうが、原始太陽が水星軌道に近い大きさの赤色巨星だったら、岩石質の地球型惑星が現在の軌道を公転しているのは説明出来るようです。しかし、主系列星に属する他の恒星と同様だったら、地球型惑星は太陽に異常に近い軌道にしか存在出来ず、現在のように太陽から比較的遠い軌道上にあるのは木星型の巨大ガス惑星だけのようです。  太陽に最も近い恒星であるケンタウルス座アルファ星でも、恒星に異常に近い軌道を公転する地球型惑星が発見されています。もちろん、超高温で焼けついた岩石の惑星で生命など存在出来ません。  太陽が過去に赤色巨星だったとしたら、同じような恒星が他にも発見されるはずですが、1つも見つかっていないようです。原始太陽が一時的に赤色巨星になった後で再び正常な黄色矮星に戻ったとか、太陽は脈動変光星だった星が安定した恒星に戻った珍しい例だとか、色々と考えられるようですが、どれも説明が難しいようです。  太陽が赤色巨星になるという学説も疑った方が良いのかもしれません。太陽という恒星は他の恒星と違って、常識が通用しない星のようです。

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >太陽が老化した末期は赤色巨星になります。赤色矮星ではありません。 すみません、色んな事がごっちゃになっていました。ご指摘の通り、(赤色巨星になった後に)白色矮星になると言いたかったのです。 #「宇宙戦艦ヤマト」のシリーズに登場する「白色彗星」をついつい「白色矮星」と言ってしまって、友達に「何それ?」と聞かれていたのは数十年前の事・・・お恥ずかしい限りです。 >太陽が赤色巨星になるという学説も疑った方が良いのかもしれません。 自分の知識やら思考力ですぐにその点を理解するのは無理ですが。一般論としてそれまで常識・定説だと思われた事が「もしかしたら違うかも?」という事自体には個人的な興味の世界に過ぎませんがわくわくします。こちらもあらためてお勉強させていただきます。

関連するQ&A

  • 太陽は何故遠くの巨大惑星も引き付けられるのか

    題の通りなんですが、太陽から天王星と海王星は相当 離れてますが、これだけ離れてて、何でこの2つの巨大 惑星を引き付けられるんですか?

  • 木星型惑星のリング

    最近太陽系の惑星について調べていたら、土星や海王星だけでなく、木星や天王星にもリングがあることを知りました。 木星型惑星にはすべてリングがあるようですね。 そこで気になったのですが、 (1)各惑星の 惑星の円周:リングの円周 の比率はどれも同じくらいなのでしょうか? あるいは、土星:リング=1:1、木星:リング=2:1 みたいに結構差があるのでしょうか? 画像検索で調べた限り、どの惑星も(惑星ごとの大きさの違いはありますが)同じくらいの比率のリングを持っているように見えました。 (2)木星型惑星はいずれもリングを持っているにも関わらず、教科書などの図ではっきりとリングが描かれているのは土星だけですよね。 これはなぜでしょうか? 土星のリングだけが特徴的なのでしょうか?

  • それぞれの惑星同士の距離

    気になっていることがあります。 それぞれの惑星の距離が気になります。 太陽と水星 水星と金星 金星と地球 地球と火星 火星と木星 木星と土星 土星と天王星 天王星と海王星 海王星と冥王星 というように気になっています。 ちなみに、太陽と冥王星までの距離も教えてくださると嬉しいです><

  • 他の太陽系はどうなってるの?

    私達のいる太陽系は一つの恒星の周りを惑星が周っていますが、他の太陽系には恒星が2~3個あることが少なくないと聞いたことがあるのですが、その場合の惑星は、複数の恒星の周りを周回しているのか、それとも、中心となる恒星が一つあって、他の恒星は惑星と同様に中心の恒星の周りを周回しているのでしょうか?

  • 金星?、第二惑星?

    どうも、UFO関連の映像を見ていると金星人というネームが出てきます。 どう考えても金星人はおかしい。金星などは人が住めるような環境では ありません。摂氏300°の気温に海は干上がりありません。 そんなところろで生物の進化が望めないのは当たり前です。 では、なぜ金星人という語句がでてきたのでしょうか。 おそらく、想像ですが。 宇宙人に連れ去られてテレパシーで会話をした人が誤解をしたのでは、と 思います。つまり、他の星系の第二惑星を太陽系の第二惑星と勘違いした。 というのではないでしょうか。 太陽系の近くの星系ではケンタウルス座やこいぬ座星系があります。 特にこいぬ座のプロキオンは白色になっており、恒星としての寿命も短い と書いてあります。そのような星系の惑星なら地球に移住したいと願う 宇宙人もいておかしくありません。 どう思いますか。

  • 惑星の周りを回る太陽

    普通は太陽(恒星)の周りを惑星が公転していますが 惑星の周りを回る太陽(恒星)もあるのでしょうか?

  • 惑星名と月曜、火曜、水曜、木曜など・・疑問。

    惑星の名前と、一週間の曜日の名称の関係を教えてください。曜日には太陽の日曜日の他、惑星の名前がついていますが、天王星や海王星は入らずどうして衛星の月が入ったのでしょうか?また英語表記で、sunday 、monday、saturdayはsun 、moon 、saturnとわかるのですが、他は似ていないのはどうしてでしょうか?スッキリしません。

  • 地球に近い惑星、3個も?

    地球に近い惑星、3個も? =22光年先の恒星に―国際チーム http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130626-00000039-jij-eurp 地球からさそり座の方向に22光年しか離れていない小さな恒星には惑星が5&#65374;7個あり、このうち3個は地球よりやや大きな岩石質の「スーパーアース」と呼ばれるタイプの可能性があることが分かった。欧州南天天文台がドイツ・ゲッティンゲン大などの国際研究チームによる観測成果として26日付で発表した。 この3個は恒星からの距離が適度に離れ、温度も高過ぎないため、生命に適した水が存在する可能性がある。地球がある銀河系には小さな恒星が非常に多く、ありふれた恒星にも地球に近い惑星がある場合、地球以外にも生命が存在する可能性が大幅に高まる。 この恒星「GJ667C」は、質量が太陽の3分の1程度しかない矮星(わいせい)で、他の二つの恒星と重力で結び付いた3連星の状態にある。このため、惑星からは大小計3個の「太陽」が見えるはずという。 ・ ・ ・ ・ ・ 真の「文明起源」になるために、朝鮮人はこの星へ移住してはいかがでしょうか。

  • 宇宙・太陽系の惑星について・・

    こんばんは! 「宇宙はつねに(徐々に)広がり続けているから、 宇宙に果てはない。」 と聞きました。これは本当なんでしょうか? それと、こんな話も聞きました。 「今は宇宙は広がっていっているが、いつかは 逆に宇宙は縮まっていく。」 この説を信じる人たちはいるのでしょうか? もしくは、これは学会などで認められているのですか? あと、宇宙が縮まっていくと、 地球などの惑星はつぶれてしまうのでは? もし地球などの太陽系の惑星が全てつぶれてしまっても、 また惑星(地球や太陽のような)は できるのでしょうか?? 教えてください!

  • 星、恒星、惑星について。

    お聞きします。夜空に光る星ですが、同じ太陽系の星ですと。惑星、衛星に拘らず太陽(恒星)の光が当たり、反射するなら地球からでも見えると思いますが、例えば 隣の〇〇系の星といったものは、恒星しか見る事が出来ないのでしょうか?それともすべて反射で見えているのでしょうか?