• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

微分方程式の求め方について

はじめまして、微分方程式の解き方がわからず困っております。 問題は以下となります。 dΔf/dt=-5Δf-0.5 から Δf(t=0)=0として上記の微分方程式を解くと以下の式になる Δf(t)=-0.1{1-exp(-t/0.2)} このΔf(t)=-0.1{1-exp(-t/0.2)}がどうやって導いたのかがわからないです。 (ラプラス変換でも解けるみたいですが・・・) ご教授のほどお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数117
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • k3eric
  • ベストアンサー率38% (8/21)

(△f = g として)   (dg/dt) = -5g - 0.5t = -5(g + 0.1)   {1/(g+0.1)}dg = -5dt   {(g+0.1)'/(g-0.1)}dg = -5dt (積分して)   log( g+0.1 ) = -5t + C'   g+0.1 = exp(-5t+C') = C・exp(-5t) [ここでC=exp(C')] (t=0を代入して)   g(0)+0.1 = C   ∴C = 0.1 [∵g(0)=Δf(0)=0]   g = -0.1 + 0.1・exp(-5t) = -0.1{ 1-exp(-5t) }   ∴g = -0.1{ 1-exp(-t/0.2)} [∵5 = 1/0.2] (なので)   ∴Δf = -0.1{ 1-exp(-t/0.2) }      

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返信が遅くなり申し訳ありません。 k3ericさんの方法で微分方程式の解き方を理解することができました。 ご解答ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 微分方程式の問題

    (dy/dx)+(y/x)=x^2*y^3 上記の微分方程式の解き方がわかる方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんでしょうか。ラプラス変換とかいろいろ考えたのですが、どうやって着手すればいいのか全くわからず、困っています。ご教授のほど、よろしくお願いします!

  • 微分方程式

    練習問題を解いてみたのですが、あっているかどうかわからないので見てもらえないでしょうか? 個人的には出てきた答えが胡散臭い気がするのですが… 微分方程式 1+xp^2-tp^3=0,(p=dx/dt)を解け。 両辺tで微分して整理しますと (3xp-3tp^2)(dp/dt)=0…(1) また 1+xp^2-tp^3=0 より、p=0だから xp=tp^2-(1/p)…(2) (1),(2)からxを消去して (tp^3+2)(dp/dt)=0 が得られます。 ⅰ)tp^3+2=0のとき p^3=-2/t より p=(-2)^(1/3)*t^(-1/3) 問題で与えられた微分方程式に代入して整理すると (-2)^(2/3)*xt^(-2/3)+3=0 これは特異解でしょうか? ⅱ)dp/dt=0 のとき p=c, cは定数。 問題で与えられた方程式に代入して 1+(c^2)x-(c^3)t=0 これは一般解でしょうか? さて、答えが胡散臭いと思った理由ですが、一般解をパラメーターで微分した式と一般解の式からパラメーターcを消去すると特異解が得られるはずですが、わたしが計算した限りそうなってくれないからです。 どなたかご教授お願いします。

  • 微分方程式の解き方

    次に示す式の解き方を教えて下さい。 dqt/dt=8α(1/4-qt)------(1) この式をt=0、q=1という初期条件を考慮して、微分方程式を解くと、 qt=1-3/4(1-e-8αt)-----(2)となります。 どのようにしたら、(1)→(2)になるかを教えて下さい ※qtのtはスモールtです。また、e-8αtの-8αtは指数です。 ちなみにこの式は塩基置換推定法Jukes-Cantor法の d=-3/4log(1-4/3p)を導くときに出てくる計算です。 式が読みにくいかもしれませんがどうぞよろしくお願い致します。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

ラプラス変換で解きましょう.公式 L{f}(s)=∫_0^∞f(t)e^{-st}dtのとき (★)L{df/dt}(s)=sL{f}(s)-f(+0) を確認します. 微分方程式のラプラス変換 L{d⊿f/dt}(s)=-5L{⊿f}(s)-0.5/s において左辺に公式★を使うと sL{⊿f}(s)=-5L{⊿f}(s)-0.5/s (s+5)L{⊿f}(s)=-0.5/s L{⊿f}(s)=-0.5/{s(s+5)}=-0.1{(s+5)-s}/{s(s+5)}=-0.1{1/s-1/(s+5)} よって ⊿f(t)=-0.1(1-e^{-5t})=-0.1(1-e^{-t/0.2}) こちらが簡単ですね. Heavisideに倣ってエンジニアはどんどん使いましょう.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返信が遅くなり申し訳ありません。 ラプラス変換ではこのように解けるのですね! ラプラス変換を使いこなせるようにもっと勉強していきたいと思います。 ご解答ありがとうございました!

  • 回答No.2

d⊿f(t)/dt=-5⊿f(t)-0.5=-5(⊿f(t)+0.1) において ⊿f(t)+0.1=g(t) とおきます.両辺を微分するとd⊿f(t)/dt=dg(t)/dtなので dg(t)/dt=-5g(t), g(0)=⊿f(0)+0.1=0.1 解は g(t)=g(0)e^{-5t}={⊿f(0)+0.1}e^{-5t}=0.1e^{-5t} となります.もとにもどすと, ⊿f(t)=g(t)-0.1=0.1(e^{-5t}-1)=-0.1(1-e^{-t/0.2}) となります.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返信が遅くなり申し訳ありません。 無事理解することができました。 ご解答ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 微分方程式

    微分方程式を解き方についての質問です。 dx/dt=(2a-3x)/(2a-x) (aは定数) という微分方程式なのですが、これはどういう手順で解いていけばいいのでしょうか?左辺と右辺にxとtを分けるというのはわかるのですが、その後どうしていけばいいかわかりません・・・。 どなたかよろしくお願いします。

  • 微分方程式の問題です。お願いします。

    いつもお世話になっております。 微分方程式を独学で学習している者です。 画像の問題が上手く解けず、困っています。 私が使っている参考書では、x や y を t の関数として求める といった問題がなく、解き方が分かりません。 はじめは、2つの式のうちの一つから、dt = dx / (x + 2y) として、もう一方に代入し、x と y の微分方程式として解こうとしましたが 結局、自分が何をしているのやら分からなくなりました。 解き方が分かる方、どうぞお力を貸してください。 お願いします。

  • 微分方程式の解き方が分かりません

    この微分方程式が解けません。 dy/dt+y=g(t),y(0)=0のとき g(t)=2(0<=t<=1),0(t<1) 積分範囲で場合分けして解けると思うのですが、y(1)の値が分かれば解けると思います。ちなみに答えは、 y(t)=2(1-exp(-t));(0<=t<=1),2(e-1)exp(-t);(t>1) です。

  • 連立微分方程式

    点P(x,y)は連立微分方程式 dx/dt=y dy/dt=-x を満たすものとする。t=0で原点以外の点から出発した点P(x,y)は、tが増加するにつれてどのようにふるまうか述べよ。図を用いてもよい。 この問題の解き方がよく分かりません。 連立微分方程式について、色々な文献を見てみたのですが、どうもいまいちです。 上の連立方程式を2つともdt=のかたちにして、dx/y=dy/-xという式にし、変数を分離して両辺を積分して・・・すると、x^2+y^2=Cという式に なりました。 円の方程式っぽいです。 でも、tは消えてしまい・・・ よく分からなくなってきました。 そもそもここまでの解き方も自分は間違っているのでしょうか?? ご意見やヒント、解答ヨロシクお願いしますm(_ _)m

  • 微分方程式の解の導出過程がわかりません。tの関数F(t)の微分方程式

    微分方程式の解の導出過程がわかりません。tの関数F(t)の微分方程式 dF/dt=p+(q-p)F-qF^2 を初期条件F(0)=0で解くと、F(t)=[1-exp{-(p+q)t}]/[1+(q/p)exp{-(p+q)t}]となるようですが、その導出過程がよく分かりません。どなたか回答いただければ、幸いです。

  • 以下の微分方程式をラプラス変換で解いてください

    以下の微分方程式をラプラス変換で解いてください。 答えがわからなくて困っています。よろしくお願いします。 dS(t) / dt = -(S(t) / A) + Σ δ(t - k) dS(t) / dt = -(S(t) / B) + A(1 - S(t)) * Σ δ(t -k) (k,A,Bは定数) よろしくお願いします。

  • 連立微分方程式

    この微分方程式が解けません。 ご教授願います。 kは正の定数とする {x1}" = d(2){x1}/dt(2) {x2}" = d(2){x2}/dt(2) として、 連立微分方程式 _ | {x1}" = -k{x1}-k({x1} - {x2}) < |_{x2}" = -k({x2} - {x1})-k{x1} の一般解を求めよ。 どうしても解けません。 解き方を教えてもらいたいです。 よろしくお願いします

  • この微分方程式

    この微分方程式の解き方が分かりません dy(t)/dt=ay^2+b と dy(t)/dt=ay^(1/2)+b たいてい公式を使って解けるはずなんですが、その公式が分からなくて解けません。 知っている人がいたら教えてください。

  • 微分方程式の解き方

    微分方程式の解き方 電気回路の問題ですが、微分方程式を解くところでつまづいてしまいました。 V=Ldi(t)/dt+Ri です。t=0の時、i(0)=V/Rです。

  • 微分方程式の解法。

    現在、私は微分方程式が解けなくて困っています。 その微分方程式は次のようになります。 (d^2/dr^2)T+(1/r)(d/dr)T=(1/K)(d/dt)T をラプラス変換した、 T''+(1/r)*T'-(s/K)*T=0 です。 式のsはラプラス演算子で、Kは定数です。 この式の解法を調べたところ、上のような微分方程式はベッセルの変形微分方程式というものであることがわかり、一般解を導出し、計算したのですが、ラプラス逆変換が困難で挫折しました。 なにか他の解法はありませんか? 今、考えているのが解を次のように仮定し、 T=A*exp(-rs)+B*exp(-rs) 上の式に代入し、境界条件によってAとBを決定する方法です。 この方法はまずいですか? 困っているので回答お願いいたします。

専門家に質問してみよう