• 締切
  • 暇なときにでも

英訳がだいたいあってるのか見てください。

  • 質問No.7752050
  • 閲覧数86
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 57% (11/19)

Scientists at NASA and the University of Kansas say that a mass extinction on Earth hundreds of millions of years ago could have been trrigered by a stear explosion called a gumma-ray burst.
The scientists do not have direct evidence that such a burst activated the ancient extinction.
The strength of their work is their atmospheric modeling - essentially a“what if”scenario.
The scientists calculated that gamma-ray radiation from a relatively nearby star explosion.
hitting the Earth for only ten seconds, could deplete up to half of the atmosphere's protective ozone layer.
Recavery could take at least five years.
With the ozone layer damaged,ultraviolet radiation from the-Sun could kill much of the life on land and near the surface of oceans and lakes,and disrupt the food chain.
(崩して訳してる部分もあるんですが…)

NASAとカンザス大学の科学者達は、一億年前の地球で起こった大量絶滅はガンマ線バーストと呼ばれる星の爆発が引き金になりえるだろうといった。
科学者達はバーストによる太古の絶滅過程への直接的な証拠は持ってはいない。
彼らのこの仮説は、大気モデルに“もしあったら”というシナリオ的な要素を含んでいる。
科学者達は近距離の星の爆発から放射されるガンマ線がどう関係するかを計算した。
それが約10秒地球に降り注げば、大気を保護するオゾン層の半分が激減し、それが回復するのに少なく見積もっても5年はかかるだろう。
オゾン層の破壊は、太陽から降り注ぐ紫外線により、地表、海洋表面や湖における食物連鎖を破壊し、多くの生命を死滅させる。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 67% (2651/3906)

英語 カテゴリマスター
問題ないと思います。
以下、少し手を加えた訳例です。


NASA、およびカンザス大学の科学者達は、数億年前に地球で起きた大量絶滅はガンマ線バーストと呼ばれる、恒星の爆発によって引き起こされた可能性があると述べた。
そのようなバーストが太古の絶滅を導いたという、直接的な証拠を科学者達が持っているわけではない。
彼らのこの仮説は、”もし、だとしたら”的なシナリオを本質とする、大気モデルに根拠を置いている。
科学者達は比較的近距離にある恒星の爆発から放射される、ガンマ線の量を計算した。
それが10秒間でも地球に降り注げば、大気を保護するオゾン層の半分が消滅し、回復には最低でも5年はかかると考えられる。
オゾン層が破壊されれば、太陽から降り注ぐ紫外線により、地表、海洋表面や湖における多くの生命が死滅し、食物連鎖が破壊される。
お礼コメント
kcolrehs

お礼率 57% (11/19)

よりわかりやすくなってました、ありがとうございます。
投稿日時:2012/10/17 01:23
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ