• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

彼氏との関係を周囲に言わずにいたら…【高1】

  • 質問No.7727153
  • 閲覧数539
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 43% (47/108)

閲覧ありがとうございます。私は私立中高一貫高校1年の女子で、部活は男子バスケ部のマネージャーをしています。

中学の頃から男バスのマネをしており、高校も中学のときバスケをやっていたメンバーのほとんどが高校男子バスケに入部しました。

そして、私の高校では高校からの外部入学があり、4月には数人の新しいメンバーを加わりました。

昔から私はバスケを頑張る部員たちが好きで、サポートを一所懸命やりたいと思い部員達と恋愛沙汰なんてありえないと思っていたし、部員も同じ考えだったと思います。
しかし新たに加わったメンバーの1人とそのような雰囲気になり、夏の終盤から付き合うことになりました。

ですが、お互い部活を頑張らなければならないということで、学校では普段通り、部活でも勿論マネージャーといち選手という以前となんら変わらない状況で、さらに周囲には公言せずに1カ月以上過ごしてきました。

お互い親しい人には付き合っていることを伝えていたのですが、バスケ部のメンバーには言いだすタイミングが中々できず、1人の部員を除いて他全員が知らない状況です。
しかし、その状態が長く続く訳もなく、一緒に学校へ来ているところなどを見たという噂などが広がり、バスケ部の先輩や学年の間で私たちが付き合っていることが広まりつつあります。

そんな中、彼氏と同じクラスで、かつ私と中学からバスケをやってきた彼氏の親友が、彼氏に対して私と付き合っているのかを単刀直入に聞いてきたそうです。
その親友は私も仲がよく、帰り道も電車が途中まで私と彼氏と同じなので一緒に帰っているのですが、彼氏の隣を私に譲ったりするなどしていて、私と彼氏"あいつは俺達の関係をわかってて黙認している"と判断し、明確に"付き合っている"と言ったことはありませんでした。

そして付き合っているのかと聞かれた彼氏は"付き合っている"というようなニュアンスを含んで「誰から伝わったのか」などを聞いたそうなのですが、そこからそっけなくなり、「正直失望した」と言われてから電話もLINEも返してもらえなくなってしまったそうなのです。

失望、というのが明確に付き合っていることを伝えなかったからなのか、マネと選手という関係だからなのか、あるいは両方なのか、もしくは他の理由なのか、私にも彼氏にもわかりません…。
ただ、彼はその親友にそう言われてしまったことでひどく落ち込んでしまって、私にもどうしたらいいのかがわかりません。

私からその親友に電話なりLINEなりをして失望の理由を聞いて申し訳なかった、と言うべきなのか、それとも彼氏を励まして、彼氏と親友の仲が戻るのを見守るだけのがいいのか……。


私は今、なにをするのが一番正しいのでしょうか?


明日から学校が登校で(今日は都民の日で学校も部活もオフでした)、彼も私も親友に顔を合わせづらいです…。


長文失礼致しました。
回答お待ちしております。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー
「今は特に何もしない」でいいと思います
彼氏とその親友との間の話なので、質問者さんは部外者です

>彼氏を励まして、彼氏と親友の仲が戻るのを見守るだけのがいいのか……。
で、よいのでは?

明日、学校で顔を合わせた時は普段通りに振舞い、聞かれたら素直に「付き合っている。部員とマネージャーだから言い辛くて報告が遅れてすまなかった」
と答えたらいいと思います

蛇足ですが、親友の「失望」は明確に付き合っていることを伝えなかった事に対するモノと思われます
親友なのに、他人から噂でその話を聞き、思い切って確認したら奥歯に物が挟まったような物言いをされた訳ですから「失望」は当然の感情だと思います

それにしてもなんで謝罪を電話やLineで済ませるのでしょうか?
報告が遅れたという事はその親友もバスケ部ですよね?
顔合わせていますよね?
相手がそっけないから面倒になって逃げているのか、実はあまり悪いと思っていないのでは?
彼氏は、直接親友を捕まえて報告が遅れた理由を説明して、きちんと謝罪するしかないと思います
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ