• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

遺言と遺産分割協議の効力の強さ。

遺言の効力について教えて下さい。相続人全員の遺産分割協議で決めれは、遺言どおりにしなくてもよい相続の説明書に書かれていますが、実際遺言と遺産分割協議の効力の強さ(優先度)はどちらが強いでしょうか。 例えば、遺言で、被相続人が内縁の妻に財産を譲ると書き、遺言執行者が実施しようとしても、相続人全員の遺産分割協議で、内縁の妻は相続人でないので分割協議へ参加できず、内縁の妻には財産を渡さないと決めてしまえば遺産分割協議が優先し、譲らなくてもいいでしょうか。 また子の認知とか廃除、廃除の取消等は遺言が遺産分割協議に優先するのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1196
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • kgrjy
  • ベストアンサー率54% (1358/2480)

#2です。お礼に書かれた > 遺産分割協議で他の相続人に相続させないとしたもその遺産分割協議は無効ということですね 一部の相続人を排除して署名押印なければそのとおりですが、その相続人が、同意して署名実印押印しているなら、有効です。 そのための執行人という理解でよろしいかと思います。 特定遺贈の場合は、受贈者に受けるか放棄するか、督促することになります(民987)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

kgrivさんまたまたありがとうございます。特定遺贈の場合も、遺言執行人に第三者を指定しておけば、その人が受贈者に督促するのですね。遺言執行人として、血族の相続人を指定しておくと、その人が握りつぶし、受贈者に連絡しないことも可能で、そのことを誰もわからないでしょうから。一応特定遺贈の場合は、被相続人が死亡した時点で遺言は効力を生ずると考えてよろしいですね。結論からいうと相続人以外への遺贈に関しては遺言は遺産分割協議よりも効力がある。相続人への相続分に関しては、遺産分割協議で変更できるので、遺言よりも遺産分割協議が効力がある。ただし効力を生じさせるためには、信頼ある第三者を遺言執行人に指定しておくことが重要だと思ってよろしいですか。

関連するQ&A

  • 遺言書と遺産分割協議書

    遺言書がありました。 相続人が遺産分割協議書で遺産を分割しました。 遺言書より遺産分割協議書のほうが効力が強いゆうことでいいのでしょうか。

  • 遺産分割協議と遺言について

    遺産分割協議のあとに書いた遺言によって、遺産分割協議は無効になるのでしょうか? 例えば被相続人aがなくなり、aには妻x、aと先妻との間の子y、aとxの間にできた子zがいたとします。y、zはともに成年だったとします。 aの遺産分割協議の時に妻xが「私が死んだときは、私の相続財産のうちの1/2はyに相続させる」という合意をしたうえで、aのすべての相続財産をxが相続するという合意が成立したとします。 その後xが「わたしの所有する財産はすべてzに相続させる」という遺言を書いたとします この場合xが死んだとき、yに相続分はあるのでしょうか?よろしくお願いします

  • 遺産分割協議書の効力について

    遺産分割協議書作成後、不動産移転登記しないままで相続人が死亡した場合における、 遺産分割協議書の効力を教えてください。 たとえば、被相続人Aの複数の不動産{a, b, c, d, e}を3人の相続人 X, Y, Z が それぞれ{a, b}、{c, d}、{e}に分割して相続する遺産分割協議書を 署名・捺印・印鑑証明書も付けて法的に完璧に作成したとします。 ところが、不動産移転登記をおこなわないまま、相続人 X, Y, Zが3人とも死亡し、 新たに被相続人となった X, Y, Zにはそれぞれ相続人{X1, X2}、{Y1, Y2, Y3}、{Z1, Z2, Z3} の計8人がいたとします。 最初の被相続人Aの複数の不動産を孫8人が相続する場合、 子供X, Y, Zが作成した遺産分割協議書の則って分割した不動産を、 更にそれぞれの子供X,Y,Xの孫たちで再分割しなければならないのでしょうか? すなはち、{X1, X2}は{a, b}、{Y1, Y2, Y3}は{c, d}、{Z1, Z2, Z3}は{e}を再分割しなければならない。 それとも、子供X, Y, Zが作成した遺産分割協議書を破棄して、 最初の被相続人Aの遺産を孫相続人{X1, X2, Y1, Y2, Y3, Z1, Z2, Z3}で改めて 新規に遺産分割協議書を作成しなければならないのでしょうか? あるいは上記以外の方法をとる必要があるのでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • kgrjy
  • ベストアンサー率54% (1358/2480)

> ただし効力を生じさせるためには、…が重要だと思ってよろしいですか。 相続に関する断片的な知識から、結論を導き出すことは、無理があります(拙者はそのレベルでしかありません)。法の知識が増せば、一歩進めて次にすることは、数々の判例をあさり、法界の思考回路をさぐり、そのうえで自身の見解を編み出すことが重要となってきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。ほぼ理解できました。

  • 回答No.2
  • kgrjy
  • ベストアンサー率54% (1358/2480)

「全部わたす」と、遺言に記載されえていれば、包括遺贈となり、受遺者は相続人と同一の権利義務を持ちます(民990)。 よって他の相続人が遺産分割協議にてとりおこなった分割協議は、包括受遺者を加えていないので無効であると、裁判を起こすことになります。 また遺言執行者がいるなら、相続人が遺産にした処分は無効であるとの判例があります。 よって権利ある者は、主張し裁判に訴えないことには無視されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

kgrivさんありがとうございました。回答1だと遺言をしてもあまり意味ないように思えて疑問を持っていました。他人に遺言により相続した場合、血縁者である相続人が遺産分割協議で他の相続人に相続させないとしたもその遺産分割協議は無効ということですね、この場合他の相続人は自分が相続されたことを知らなければ訴えようがないですね。ということは第三者を遺言執行人を指定しておかなければならないということでしょうか。また特定遺贈された場合はどのようになるのですか。宜しく回答願います。

  • 回答No.1

>実際遺言と遺産分割協議の効力の強さ(優先度)はどちらが… 遺言書だけでは、銀行は引出に応じませんし、不動産の登記替えもできません。 有効な遺産分割協議書があれば、銀行は引出に応じますし、不動産の登記替えもできます。 それで答えは自ずと出るでしょう。 >内縁の妻には財産を渡さないと決めてしまえば遺産分割協議が優先し、譲らなくても… それはそうなるでしょう。 内縁関係なんてそんなものです。 >子の認知とか廃除、廃除の取消等は… これは次元の異なる話です。 遺産分割とは切り離して考えないといけません。 その結果が、遺産分割協議に影響を及ぼすことはあり得るでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

mukaiyamaさん早速の回答ありがとうございます。やっぱりそうですか。遺言について、内縁の妻や他人への遺贈が法定相続に関わらずできるように書いてあるので、遺留分さえ守っていれば遺言が絶対だと思っていると失敗しますね。認知された子や廃除を取り消された子は遺言により相続人の地位を得るので遺産分割とは関係ないので有効なのですね。ありがとうございます。ふと思いついた疑問が解消しました。ところで遺言書があってもmukaiyamaさんのおっしゃるように分割協議は必ず必要なのですか。そしてこの分割協議の中で、内縁の妻や他人への遺贈を認めるのでしょうか。それとも遺留分が守られ、全ての相続人から異議がなく、また分割財産が指定してあれば、遺産分割協議なしで遺言執行人が淡々と遺産分割できるのでしょうか。宜しくお願い致します。

関連するQ&A

  • 遺産分割協議に第三者が

    疑問が生じたので質問させてください。 被相続人に配偶者が居らず、子がいるとします。 また遺言書の類は無いものとします。 相続人は子だけになると思います。 被相続人に内縁の妻が存在し、子の理解があって、遺産分割協議により内縁の妻へ財産の相続をさせることは可能であるのか。 その場合遺産分割協議書の署名や捺印は法定相続人だけでよいのか。 相続税の申告は内縁の妻を含めて共同で申告するのか。 財産には不動産も含まれ、遺産分割協議書は登記申請にも利用することを想定しています。 権利関係や税務、そして書類作成などで知識をお持ちの方、お願いいたします。

  • 遺言と遺産分割協議書

    遺言がある時でも遺産分割協議書は作成しないといけないのでしょうか? また、遺言がある時でも、相続人全員で遺産分割協議書において遺言と違う内容の遺産分割を決めてもよいのでしょうか?

  • 遺言状と遺産分割協議書

    相続人1人にだけ遺産全てを与える旨の公正証書で作成した数年前の遺言状があります。被相続人が死去した時に相続人全員の印鑑証明付き遺産分割協議書を作成しました。内容は各相続人が応分に遺産を相続するものとなっております。 このたび相続登記を司法書士に依頼したのですが、相続人の一人が勝手に公正証書の方を使って登記をしてしまい、結果全ての遺産はその一人のものなってしまっています。 このような場合、どうすればよいのでしょうか?

  • 遺産分割協議書について

    Q1.遺産分割協議書は、被相続人が死亡する前に作成しておかなければならないものでしょうか? Q2.相続が発生した場合、遺産分割協議書は、必ず作成しなければならないものでしょうか?単に相続人の口頭での合意で足りるでしょうか? Q3.遺産分割協議書は、どこで作成するのでしょうか?相続人だけで作成することができますでしょうか? 以上、よろしくお願いします。

  • 遺産分割協議書は何通必要なのでしょうか?

    亡父の49日を目途に土地、建物、預貯金、有価証券などの僅かですが遺産を母と妹と弟で相続の話を決めたいと思っています。遺言書はありません。 預貯金は地元の金融機関2行にあるようです。解約(名義変更?)には遺産分割協議書が必要らしいのですが、土地、建物の相続登記にもこの遺産分割協議書が必要と言われました。 ○遺産分割協議書は提出先別に複数枚作る必要がありますか? ○相続財産項目別に遺産分割協議書を分けて作る必要がありますが。(銀行用、法務局用etc) ○被相続人と相続人は上記の通りですが、集める戸籍や住民票はどのようなものでしょうか。  また、遺産分割協議書が提出先別に必要であれば戸籍や住民票もその枚数が必要でしょうか。  同様に相続人の印鑑証明書も複数必要でしょうか。 ○相続関係図も必要らしいのですが、これも提出先別に作る必要があるのでしょうか。 ○1つの相続関係図と遺産分割協議書で提出先に対応させることは出来ないのでしょうか。 いろいろお聞きしてすみません。

  • 遺産分割協議書について

    遺産相続の遺産分割協議書について。 (A)弟の場合:両親も子もいませんので相続人は、妻と兄弟3人、死亡した兄と姉の子(代襲相続人)6人計9人がいます。指定分割(遺言書)より協議分割が優先するので遺産分割協議が必要ですが代襲相続人は、各県にばらばらに生活しています。一同に集まって協議知るのは大変ですが何か良い方法は、ないでしょうか。 (B)私の場合は、妻と子供2人が相続人ですので指定分割(遺言書)を元に遺産分割協議書を3人で作成すればよいのですか。 よろしくご指導ください。

  • 遺産分割協議書について教えてください

    法律に詳しい人から「遺産分割協議書の債務について、法的相続分と異なる内容の記載があっても、債権者にはそれを主張できない」と聞きました。 たとえば夫婦+子の家族がいたとします。 遺産分割協議書を「亡夫の財産(正の財産も負の財産も)をすべて妻が相続する」と作成しても、子が(妻以外の相続人が)相続放棄の手続きをとらない限りは、そもそも遺産分割協議書の効力はないことになりますか。 初歩的な問題ですが、そこからわからないと次にすすめない問題をかかえていて困っています。 よろしくお願いいたします。

  • 生前における遺産分割協議

     被相続人が生前に相続人全員と、特別受益、寄与分、相続分の指定、遺産分割方法の指定を内容とする契約をした場合、その契約は、相続開始後、相続人全員を拘束する効力を有するでしょうか。  或いはこのような効力を有する何らかの方法をご存知でしたら是非教えてください。

  • 代襲相続のある場合の遺産分割協議書

    遺産分割協議書を作成する場合 代襲相続人と明示的に記述する必要がありますか? 数次相続の場合なら、例えば 被相続人Aの相続人がB,C 被相続人Bの相続人がCのケースで 被相続人Aの遺産分割協議書に ”相続人兼被相続人B”や”相続人兼相続人Bの相続人C” などの表現方法があるようですが、代襲相続の時には これに類するような記述が必要ですか? あるいは、代襲でない相続人と区別なく記述すればいいのでしょうか?

  • 遺産分割協議(かなり後になって遺言書がでてきた場合)

    昭和30年代にある人が亡くなりました。 仮に被相続人Aとします。 Aには妻がいましたが子はいません。 それで、一度配偶者である妻Bに2/3 Aの兄弟姉妹1/3で相続をし、 その後、妻Bも昭和50年代になくなったので(BはA死後再婚もしていませんし養子ももらっていません)B(2/3)の兄弟姉妹への相続が開始されました。 ただ、一昨年ほど前まで相続登記はしていなかったので現在の最終相続人は百数十人になっています。 そこで、各相続人にとりあえずかなりの郵便代になりますが 遺産分割協議などに応じてくれないかあるいは代表者みたいな感じで 数グループにわけて話し合いをもてないかなどの文書を送付しました。 この中で妻Bの甥がおっしゃるには 被相続人Aが亡くなった時に その財産は全て妻であるBにしますという旨の遺言書があり 妻Bに不動産を含めた全ての財産(消極財産も含む)が相続されたそうです。 その後妻Bがs50年代になくなったときにこれまた遺言書で妻Bに相続された財産は妻Bの甥に相続させる遺言書があったので妻Bの甥が(Cとします)相続したそうです。 ですが、最近になって今回の不動産一筆がもれていたのを(その存在すら全く知らなかったそうですが)知らされ、この筆も全て甥であるCが相続できるかどうか聞かれました。 妻Bの財産は全てCが相続する旨の遺言書のコピーは残っているそうですが、昭和30年代のかなり昔のことなので被相続人Aの財産は全てBが相続する旨の遺言書は残っていないそうです。 このような場合、妻Bの相続分2/3について全てCが相続し、 もともとAの兄弟姉妹が相続するはずだった1/3については遺産分割協議でCが(Aの兄弟姉妹やその子らについては全く知らないし 連絡をとりあったこともないそうです)相続するとするべきなのか 1/3については現在の最終相続人がその相続分について相続するのか それとも妻Bが全ての財産を相続する旨は類推できるので一気にCでいいのかなど(法の解釈など)教えてください。