• ベストアンサー
  • 困ってます

遺言と遺産分割協議書

遺言がある時でも遺産分割協議書は作成しないといけないのでしょうか? また、遺言がある時でも、相続人全員で遺産分割協議書において遺言と違う内容の遺産分割を決めてもよいのでしょうか?

noname#14585
noname#14585

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

 遺言書があれば、それに従い遺産分割がされるだけです。その場合に、遺産分割協議書の作成は義務付けられず、不要です。遺産分割は、遺言書がない場合になされるものです。  逆に、遺言書があるときでも、相続人の方たちが、全員で合意すれば、あらたに遺産分割協議をして遺言内容と異なる遺産分割をすることはできます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

死後、銀行預金の名義を変更したり、不動産の登記をするのに遺産分割協議書が必要だと聞いたのですが、遺言がある場合には、遺言が遺産分割協議書の代わりとなるのでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

まず第一に、その遺言書が有効かどうかが問題になります。 遺言書が有効であれば、相続の開始と同時にその遺言書に書かれた効力が生じますので、 その遺言書に、たとえば「Aに何所の土地を相続させる」とあれば 相続の開始と同時にAがその土地を相続する(Aが相続人の場合)こととなり、 その土地は、遺産分割の対象にはなりません。 登記等の手続きにおいても、遺産分割協議書は必要ありません。 遺言書の中に具体的な指定がなかった場合には、 遺言書があっても遺産分割協議を要することがあります。 また、登記等の手続上の問題で、 遺言の内容が第三者から見て明確でない場合には、 遺産分割協議書を作らざるを得ないことがあります。 遺言書が民法の形式を整えていなければ、その遺言は有効とは言えませんので、 その場合には、遺言書があっても遺産分割協議をすることになります。 ちなみに、遺言書の検認は遺言書の有効性の判断ではないので。 「検認を受けた遺言書だから有効だ」ということにはなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

>遺言がある場合には、遺言が遺産分割協議書の代わりとなるのでしょうか?  相続は、遺言があれば、被相続人の最終の意思の尊重ということで、これが絶対です。「代わり」というより、第一次的に遺言があれば、あとはそれに従った執行をするだけなのです。  遺言がなければ、法定相続分に従った法定相続が発生します。そして、遺産分割協議書は、遺言がない場合に、法定相続人らが協議して作成する書面です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

銀行預金から被相続人の財産を引き出したり、不動産の相続登記などをする際に遺産分割協議書を持参するようなことを聞いていたので、作成必須のものかと思っていました。では、遺産分割協議書の代わりに遺言を持参すればいいんですね。何度もお答え頂き有難うございます。

関連するQ&A

  • 遺言と遺産分割協議の効力の強さ。

    遺言の効力について教えて下さい。相続人全員の遺産分割協議で決めれは、遺言どおりにしなくてもよい相続の説明書に書かれていますが、実際遺言と遺産分割協議の効力の強さ(優先度)はどちらが強いでしょうか。 例えば、遺言で、被相続人が内縁の妻に財産を譲ると書き、遺言執行者が実施しようとしても、相続人全員の遺産分割協議で、内縁の妻は相続人でないので分割協議へ参加できず、内縁の妻には財産を渡さないと決めてしまえば遺産分割協議が優先し、譲らなくてもいいでしょうか。 また子の認知とか廃除、廃除の取消等は遺言が遺産分割協議に優先するのでしょうか。

  •  分割協議をした後で、持ち込まれた遺言書は有効でしょうか。

     分割協議をした後で、持ち込まれた遺言書は有効でしょうか。  親が亡くなった後、全相続人で、話し合い、遺産分割に合意しました。その後、弁護士が、公正証書遺言書を持って現れ、遺言どうり執行するよう要求していますが、相続人全員は、始めに協議した内容で、納得しています。「遺言書があるときでも、相続人全員が合意すれば、あらたに分割協議をして、遺言書と異なる遺産分割をすることはできる。」と聞いたことがありますが、どうでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • 遺言書と遺産分割協議書

    遺言書がありました。 相続人が遺産分割協議書で遺産を分割しました。 遺言書より遺産分割協議書のほうが効力が強いゆうことでいいのでしょうか。

  • 遺言状と遺産分割協議書

    相続人1人にだけ遺産全てを与える旨の公正証書で作成した数年前の遺言状があります。被相続人が死去した時に相続人全員の印鑑証明付き遺産分割協議書を作成しました。内容は各相続人が応分に遺産を相続するものとなっております。 このたび相続登記を司法書士に依頼したのですが、相続人の一人が勝手に公正証書の方を使って登記をしてしまい、結果全ての遺産はその一人のものなってしまっています。 このような場合、どうすればよいのでしょうか?

  • 遺産分割協議書と遺言状では、どちらが有効ですか。

     母が他界し、父と私と弟、妹で遺産分割協議書を作成し、それぞれ所持することになりました。  父は、自分の遺産相続をすべて長男の私にと考えています。遺言書を作成(メモ書き程度のものでよいのでしょうか。)しておけば、弟と妹に遺産相続の放棄の書類は必要ないのでしょうか。  あるいは、遺言書を作成していても、弟と妹は遺産相続を受ける権限はなくならないのでしょうか。  どうしたら、父の遺産相続をすべて取得できるのでしょうか。  今回、遺産分割協議書の中に、父の遺産相続はすべて長男が相続するものとする。・・・文面に、いれて、母の相続人すべてから署名、実印による捺印をし、作成することになりました。有効でしょうか。  なお、相続税の申告は、税が確定する相続人のみがすればよいのでしょうか。  また、父の遺産相続に、新たな相続人はおりますか。子供だけでよいのでしょうか。

  • 遺産分割協議書について

    遺産相続の遺産分割協議書について。 (A)弟の場合:両親も子もいませんので相続人は、妻と兄弟3人、死亡した兄と姉の子(代襲相続人)6人計9人がいます。指定分割(遺言書)より協議分割が優先するので遺産分割協議が必要ですが代襲相続人は、各県にばらばらに生活しています。一同に集まって協議知るのは大変ですが何か良い方法は、ないでしょうか。 (B)私の場合は、妻と子供2人が相続人ですので指定分割(遺言書)を元に遺産分割協議書を3人で作成すればよいのですか。 よろしくご指導ください。

  • 遺産分割協議と遺言について

    遺産分割協議のあとに書いた遺言によって、遺産分割協議は無効になるのでしょうか? 例えば被相続人aがなくなり、aには妻x、aと先妻との間の子y、aとxの間にできた子zがいたとします。y、zはともに成年だったとします。 aの遺産分割協議の時に妻xが「私が死んだときは、私の相続財産のうちの1/2はyに相続させる」という合意をしたうえで、aのすべての相続財産をxが相続するという合意が成立したとします。 その後xが「わたしの所有する財産はすべてzに相続させる」という遺言を書いたとします この場合xが死んだとき、yに相続分はあるのでしょうか?よろしくお願いします

  • 遺言書と遺産分割協議書の優先

    遺言書がある内容を見て遺産分割協議書を作成した場合どちらが優先されますか。

  • 遺産分割協議書について

    Q1.遺産分割協議書は、被相続人が死亡する前に作成しておかなければならないものでしょうか? Q2.相続が発生した場合、遺産分割協議書は、必ず作成しなければならないものでしょうか?単に相続人の口頭での合意で足りるでしょうか? Q3.遺産分割協議書は、どこで作成するのでしょうか?相続人だけで作成することができますでしょうか? 以上、よろしくお願いします。

  • 遺産分割協議書

    先日、父が亡くなり遺産相続を行うこととなり遺産分割協議書を作成することとなりました。 相続人は、母とその子どもが3人です。 遺産分割協議書には全ての相続人のサインと実印が必要ですが、母は高齢で体が弱く現在入院中のです。 その為、母の承諾が得られません。 このような場合は遺産分割協議書は作成できないのでしょうか? 遺産分割協議書を有効にする方法を教えてください。