• 締切済み
  • 困ってます

 分割協議をした後で、持ち込まれた遺言書は有効でしょうか。

 分割協議をした後で、持ち込まれた遺言書は有効でしょうか。  親が亡くなった後、全相続人で、話し合い、遺産分割に合意しました。その後、弁護士が、公正証書遺言書を持って現れ、遺言どうり執行するよう要求していますが、相続人全員は、始めに協議した内容で、納得しています。「遺言書があるときでも、相続人全員が合意すれば、あらたに分割協議をして、遺言書と異なる遺産分割をすることはできる。」と聞いたことがありますが、どうでしょうか。よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.4

#1です。補足します。 民法第九百八十五条  遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生ずる。 つまり、遺言によらない遺産分割協議は無効です。 民法第九百八十六条 受遺者は、遺言者の死亡後、いつでも、遺贈の放棄をすることができる。 つまり、受遺者は遺贈放棄はすることができても、それがために遺産分割協議には参画できなくなります。 以上のことから遺言通りの内容で遺産分割されない場合は、権利者が認めているとした場合でも、それは相続後の権利者からの贈与となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しく説明していただき、ありがとうございます。

  • 回答No.3

遺言執行者が存在するときは、相続人は自由に相続財産を処分することはできません。 民法1013

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.2

仮に遺言書には法定相続人以外への遺贈や寄付は一切なく、全て法定相続人への遺産の分割となっていたとします。 その場合、遺言書の内容を法定相続人の全員が理解をしても、法定相続人の全員が前に合意した遺産分割内容でよしとすれば、合意した遺産分割で構いません。 従って、まずは相続人全員が遺言書の中身を理解することが必要です。その上で改めて遺産分割の協議を行う必要があります。(合意の内容が最初の遺産分割と同じでも構いません) また、弁護士への遺産分割に対する報酬が遺言書に記載されている場合、その報酬は遺産分割の方法に関わらず報酬を支払う必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しく説明していただき、ありがとうございます。

  • 回答No.1

遺言は被相続人の意思ですから、遺留分のような例外はあるとしても被相続人が自分の財産をどのように配分するかを決定したものとして最優先されるべきモノです。 遺産分割協議は遺言の中で法定相続とした場合についてのみ有効といえるでしょう。 したがって、弁護士が執行しようとしていることは正しいのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 遺言と遺産分割協議の効力の強さ。

    遺言の効力について教えて下さい。相続人全員の遺産分割協議で決めれは、遺言どおりにしなくてもよい相続の説明書に書かれていますが、実際遺言と遺産分割協議の効力の強さ(優先度)はどちらが強いでしょうか。 例えば、遺言で、被相続人が内縁の妻に財産を譲ると書き、遺言執行者が実施しようとしても、相続人全員の遺産分割協議で、内縁の妻は相続人でないので分割協議へ参加できず、内縁の妻には財産を渡さないと決めてしまえば遺産分割協議が優先し、譲らなくてもいいでしょうか。 また子の認知とか廃除、廃除の取消等は遺言が遺産分割協議に優先するのでしょうか。

  • 遺言状と遺産分割協議書

    相続人1人にだけ遺産全てを与える旨の公正証書で作成した数年前の遺言状があります。被相続人が死去した時に相続人全員の印鑑証明付き遺産分割協議書を作成しました。内容は各相続人が応分に遺産を相続するものとなっております。 このたび相続登記を司法書士に依頼したのですが、相続人の一人が勝手に公正証書の方を使って登記をしてしまい、結果全ての遺産はその一人のものなってしまっています。 このような場合、どうすればよいのでしょうか?

  • 遺言公正証書で遺言執行者が指定してある場合について

    前質問が正確ではなかったのでお尋ねします。標記の場合、遺言執行者に依頼して遺言を執行すると、費用が例えば相続額の0.5%+50万円と相当な額となりますので、相続人全員が協議して話がまとまった場合、遺言公正証書を無視して、遺産分割協議書を作成して遺産相続ができますでしょうか。

  • 遺言と遺産分割協議書

    遺言がある時でも遺産分割協議書は作成しないといけないのでしょうか? また、遺言がある時でも、相続人全員で遺産分割協議書において遺言と違う内容の遺産分割を決めてもよいのでしょうか?

  • 公正証書遺言、自筆遺言が共にある場合の執行方法、分割協議は?

    父の死後、公正証書遺言および自筆遺言(検認申請中)がありました。 相続人が2名(A、B)であり、仮に公正証書遺言の内容が   A:○○の土地、建物   B:○○の土地、建物以外の不動産、預貯金その他全て と書かれていたとします。また、自筆の内容が日付が新しいとします。 質問事項は下記です。  「自筆の内容が「○○の土地、建物」以外にあたる「株」を   Aに相続する」であった場合に、一応全ての相続内容は確定   しますが、この場合には遺産分割協議は必要でしょうか?   その他全てが、ではどこまでかということを話合う場合には   分割協議書が必要なのでしょうか。明白な預貯金、不動産は   先に名義変更などを執行してもよいのでしょうか。   公正証書遺言は遺産分割協議が不要となっていますが、自筆の   内容とも重複しない公正証書遺言の内容は分割協議をせず即執行   ができると考えてよいのでしょうか。受け取り人が確定した遺産   とグレーな遺産がある場合、グレーな部分だけ分割協議して、   確定は先に執行というわけにはいかないのでしょうか。      また、検認待の遺言書は預貯金、不動産については記載されて   いないと思うのですが、先に預貯金、不動産の名義変更をして   後から検認した遺言書の内容と最悪重複したら、その時に是正   する(2度手間ですが)、ということは問題ないのでしょうか。   以上、よろしくお願いします。

  • 遺産分割協議と遺言について

    遺産分割協議のあとに書いた遺言によって、遺産分割協議は無効になるのでしょうか? 例えば被相続人aがなくなり、aには妻x、aと先妻との間の子y、aとxの間にできた子zがいたとします。y、zはともに成年だったとします。 aの遺産分割協議の時に妻xが「私が死んだときは、私の相続財産のうちの1/2はyに相続させる」という合意をしたうえで、aのすべての相続財産をxが相続するという合意が成立したとします。 その後xが「わたしの所有する財産はすべてzに相続させる」という遺言を書いたとします この場合xが死んだとき、yに相続分はあるのでしょうか?よろしくお願いします

  • 遺言執行者

    公正証書遺言の執行人に指名されました。 不満をもらした取り分の少ない相続人に対し、「相続人全員の合意があれば、遺言どうりに分けなくても良い」という事を、遺言執行者が教える義務はありますか。(遺留分は侵害されていない) 遺言執行者は、遺言者の意思を実現するものであり、混乱を助長するようなこと事を進んで言うべきでは無いと考えますが・・・

  • 遺言執行者の権限の範囲について教えてください。

    公正証書遺言の中に、不動産については書いてあるのですが動産については何も書かれていません。この場合、遺言執行者の権限は動産には及ばず、相続人間で遺産分割協議することになるのでしょうか?

  • 遺言書と遺産分割協議書

    遺言書がありました。 相続人が遺産分割協議書で遺産を分割しました。 遺言書より遺産分割協議書のほうが効力が強いゆうことでいいのでしょうか。

  • 遺言執行者を信用していいのでしょうか?

    先日父が亡くなり、遺産相続の対象となる全財産の額を知りたいと思っています。 父は生前、遺言執行人を立てて公正証書を作成していました。 相続人は私と弟、父の後妻の3名です。 遺言執行者(弁護士)からの手紙には、遺産の全額がもうすぐ明らかになるのでわかり次第通知するとありました。 でもその遺言執行者を信頼してもいいのでしょうか。家庭裁判所にお願いすれば遺産の全額を調べて教えてくれると聞きましたが、可能ならば家裁に調べてもらって自分で納得した上で遺産分割協議に入りたいと考えています。 その遺言執行者になっている弁護士さんも、どういったやり方で遺産の額を調べているのかわからず、このままでいいのだろうかと日々疑問に感じています。遺言執行者を信頼して言われるままに従った方がいいのでしょうか。 アドバイスください。お願いします。