• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

特許と実用新案を比べて見たら?

特許と実用新案の格というか、相互の関係を教えてください。  実用新案で権利を押さえて、その後その案件で、特許を申請することが出来ますか?  つまり、案件が特許に抵触するかどうか分からないが、早く権利を取得したいが為の思惑です。 漠然とした質問ですが、質問の趣旨をご理解下された方 教えてください。   もちろん届け出ても却下されることが多いことは承知しています。   

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数141
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • jobzero
  • ベストアンサー率60% (54/90)

少々、混同していませんか? 実用新案と特許は全く別物であり趣旨が違います。つまりあなたが言いたいことは分かりますが、 >実用新案で権利を押さえて、その後その案件で、特許を申請する こと自体無理な話と言えるでしょう。 要するに「実用新案」とは(既に存在していると言っても過言でない)、或るモノを工夫して便利にした、程度のもので、これを「考案」と解釈します。 「特許」とは、現在無いモノを、自然科学を応用して「発明」することなんです。 >案件が特許に抵触するかどうか分からないが、早く権利を取得したい であれば、その案件を特許庁で検索してみたら如何ですか? http://www.jpo.go.jp/toiawase/faq/yokuar24.htm

参考URL:
http://www.jpo.go.jp/toiawase/faq/yokuar24.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速にありがとうございます。 >少々、混同していませんか?  少々どころか、質問したとおり、この件についてわかっていないのです。 (^^;) 字は読めますが、意味が理解できないので、読み込んで見ます。  

関連するQ&A

  • 実用新案と特許の違いは何??

    実用新案と特許は何が違うのでしょうか。 他社が作ろうとしている製品は、 弊社が取得している実用新案に 抵触する可能性があります。 特許と同様に、 実用新案に抵触している事を理由として 他社の製品を差し止めることは可能ですか?? 実用新案を取得している製品は 法の保護に値するのでしょうか。 お忙しい中、大変申し訳ございません。 恐れ入りますが、ご回答をお願いいたします。

  • 特許と実用新案の違い

    特許の審査請求した物と実用新案で審査請求してない物とは、どちらが、権利が有るのですか? 実用新案で審査請求していなければ、公然の事実と言う事に成ると思うのですが、どの程度、権利が有るのですか?

  • 特許から、実用新案の切り替え

    特許から、実用新案の切り替えについて知りたいです。 特許を出願してしばらくして、特許にならないと判断して、 実用新案に切り替える時がありますよね。 また、実用新案を出願していて、特許に切り替えることも できますよね。(特許46条、実用新案10条) もし、特許から実用新案に切り替えたとして、 それから1年半後、はじめに出願した特許は、 特許庁にはなぜ公開されないのでしょうか? 自分なりに、調べたところ、内容を同じくする 出願が並存することは権利関係を複雑にするだけであるから、 もとの出願を放棄しなければならないとありました。 (特許46条の2第1項) それならば、はじめに出願した特許はどこへいったのでしょうか? 特許の補正と同じで、特許庁に問い合わせて調べることは できるのでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • tadys
  • ベストアンサー率40% (856/2135)

実用新案については1993年大幅な改正が行われた結果、そのメリットは大幅に小さなものになっています。 実用新案は無審査で登録されますが、それが有効かどうかは技術評価を特許庁に請求する必要が有ります。 また、侵害行為が有った場合、侵害者に過失があったことを権利者が立証する必要が有ります。 こちらを参考に http://www1.ttmy.ne.jp/wpokato/p21.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 具体的な説明Webを紹介してくださり、ありがとうございました。

  • 回答No.3
noname#159776
noname#159776

要約すると、特許と実用新案のどちらで出願したらいいですか ということですね。 私は特許出願を薦めます。 権利化を早くしたいのならば、個人とかであれば早期審査制度を使えば良いです。 簡単に特許と実用新案の違いをおおざっぱに言うと 特許は技術的な審査があります。実用新案には権利化に技術的な審査はありません。 権利の最大期間も特許は20年間、実用新案は10年間。 実用新案は物に関する権利 権利保護も特許の方が強いです。 このため、圧倒的に特許出願数が実用新案出願数より多いです。 また、同じ発明を実用新案と特許で権利を得ることはできません。 物の発明なら、特許と実用新案のどちらでも選べますが、両方取得は無理です。 少なくとも最初の出願は弁理士を使う事をお勧めします。 あと、「法律」カテゴリより「特許」カテゴリの方が詳しく教えてもらえます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 弁理士に依頼するのですね。 皆様のおかげで、イメージがわいて来ました。

  • 回答No.1
  • tadys
  • ベストアンサー率40% (856/2135)

こちらを参考に http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_tokkyo/shinsa/shutugan_henkou_kaitei.htm 変更するために出願済みの内容に新たな内容を付け加える事は出来ません。 ですから、実用新案であっても特許願いと同じ程度の内容にする必要が有ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 早速のご回答ありがとうございます。 参考に教えていただいた文言はすぐには理解できません。  読み込んで見ます。

関連するQ&A

  • 実用新案と特許

    実用新案と特許 一般的に出回っている機械に 一部特別な機能を持たせ(F/W的に)、効率的な作業が可能になる。 機械自体は、メカ的構造に変更はなく 使い勝手の向上です。 例えればiPHONEの指二本でズームIN,OUTができるようなもの(こちらはハードも絡みますが)。 ピンポイントで この機械の、この使い方を効率的に動かせる ような場合、実用新案で権利獲得した場合、 あとで特許が取られる(広い範囲での権利)と、 実用新案では権利主張しても対抗できないでしょうか? 抽象的な表現で申し訳ありません。

  • 特許と実用新案なら、特許の方が良い?

    もし特許が廃止になって、実用新案に吸収すると、ドーなりますか?発明業界からすれば、些細な制度変更かと思うのですが? 実用新案権も排他的独占権で、これがあれば十分では?手続き簡単で審査費用は安いし、出願から権利化が早いそうだし。 特許にするか実用新案にするか、発明者は選べます。でも、人気があるのは特許です。その理由は、金儲けを考えると特許の方が有利だからですか? 国益を重視して発明者の利益が2の次なら、特許は廃止にするべきですか?

  • 実用新案について教えてください。

    すでに特許出願中の商品をさらに使いやすいように改良販売したいと思うのですが、 先日回答で以下のようなご回答をいただきましたので、どなたか教えてください。 回答 「実用新案として出願する方法があります。 先願特許を特定する出願日や出願者氏名等を明示して改良点について新案を取るのです。 これで新案部分は貴方の権利ですから、特許が認可された際にも新案を使えなくなります。」 改良新案(改良点)を実用新案で出願した場合、 新案部分は私の権利とありますが、 新案以外は特許取得された方の権利ですよね? その場合、 こちらが改良品を販売した際、特許取得された方に使用料など支払う必要があるのでしょうか? または、そのまま改良品を販売できるのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 実用新案ってどうなの?

    すごいアイデアを思いつきました。 技術的にはすごく簡単で私には作れませんが その手の業者に頼めばかなり楽チンにできるものです。 あの有名な「端を切り落としただけの健康サンダル」並に簡単なもので、よく言うアイデア商品って奴です。 値段的には100円均一でも売られそうな簡単なものですが 調べてみたところ特許も実用新案もとられていませんでした。 結構需要はありそうだけど、特許は高いので実用新案だけでも取れればと思うんですが、実用新案をとるのにはいくらくらい必要なんでしょうか? この実用新案は発明者を少しは保護してくれるんでしょうか? これを元に業者が商品化してもし売れた場合、実用新案としての特許料は手元に入ってくるのでしょうか? 普段発明などしようと思っていなかったのでこの辺のところがよくわかりません。よろしくお願いします。

  • 特許と実用新案

    特許と実用新案はどのように違うのですか。

  • 実用新案とは何?

    図書館でも調べたのですが「実用新案」には発案者(申請者)の権利保護にはあまり役に立たないと言う記述を目にしました。 ここでも何度か実用新案取得より特許取得を勧める回答を拝見しました。 その裏を取るべく図書館で調べた結果が上記の通りでした。 そこで質問です。 (1)実用新案の価値は以前より低下したのか?    或いはもはや価値は無いのか? (2)外国ではこの様な制度(権利保護に役立たない)があるのか? (3)今後はアイデアは1件40万位をかけて申請しなければならないの                           か? です。 宜しくお願いします。

  • 実用新案から特許に変更して駄目になると、

    実用新案から特許に変更して駄目になると、 元の実用新案は消えるのでしょうか? 消えないならその実用新案の評価請求は可能なのでしょうか?

  • 特許と実用新案

    特許と実用新案との違いは何なんでしょうか? どのような意図においてどちらかを選んでいるのでしょうか?

  • 特許、実用新案の権利について

    先日はお世話になりました 今回もよろしくお願いいたます。 画期的なアイデアを独占するためには 出願して権利を得ると言うことと思いますけど。 特許、実用新案の出願以外に 権利を得ることは出来ないでしょうか。 とりあえず新案の権利を得る 方法が無いかと思いまして。

  • 実用新案と特許との違いを教えて下さい!

    特許と実用新案の違いを教えて下さい! またどのようなことが保護されるのでしょうか?