-PR-
締切済み

保険会社とその担当者を告訴する方法

  • 困ってます
  • 質問No.749593
  • 閲覧数518
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 64% (51/79)

宜しくお願いします。
1年前に家族が交通事故に遭いました。
加害者は、「僕が赤で相手が青。」と過失を認めているのに、保険会社の担当者は、「黄色で渡ったと聞いている。」と、嘘の供述を繰り返し、損害賠償金を一切支払わず、そして後に、損保弁護士が出てきて調停を申し立て、数回の調停の後、被害者の治療の終了や後遺症の確認もせずに、過失割合は、6(加害者):4(被害者)で、「支払額○○万円」と、保険会社が提示しました。この金額以上は払う気はないようです。調停は打ち切りになりました。この保険会社の行為は、保険会社とは名ばかりで、被害者に支払わなければいけない正当な損害賠償金を支払わずに、自分の利益にする「詐欺罪」になると思いました。
そこで質問です。

質問1:民事ではなく、刑事事件として警察、または検察庁に告訴状を提出したいと思いますが、詐欺以外に、どのような罪になりますか?1年以上もこの保険会社に、悩まされ続け、家族はストレスで病気にも(入院もした)なっているので、厳重に処罰をしてほしいと思っています。嘘の供述をした担当者との会話など、テープに記録してあるので、証拠として出すつもりです。
質問2:告訴状の書き方としては、被告訴人は担当者と、保険会社の責任者として代表取締役の名前を書けばいいのでしょうか?

以上、ご存知の方、教えてください。宜しくお願いします。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全6件)

  • 回答No.6

勝手に再登場です。

時間的に前後しているかもしれませんが、最終的に保険会社側はbibi99さんの主張を取り入れたようですね。前回異も書かせてもらいましたが、保険会社としては自らの契約者の言い分を代弁しているに過ぎません。最終的に認めたということは加害者が自分の主張が間違いだったことを認めたからではありませんか?

特に保険会社の対応そのものにはそれほど問題があるとは思えませんが。

保険会社を目の敵にしてるように思えますが、当該事故の当事者は加害者とbibi99さんです。加害者側の保険会社は加害者の(金銭的な)賠償を代行するに過ぎません。本質を踏まえましょう。


  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 34% (288/837)

>民事ではなく、刑事事件として警察、または検察庁に告訴状を提出したいと思いますが、詐欺以外に、どのような罪になりますか?

お気持ちは理解できますが、質問内容の通りであれば、保険会社を告訴する事は出来ない(告訴状が受理されない)と思います。

詐欺は、人を騙して金品を受け取る事ですが、あなたや家族からお金を騙し取ったとは認定できません。
もちろん加害者は「業務上過失致傷」で送検されていると思います。

現時点では保険会社は刑事訴追されるような行為を行ってませんが、今後は可能性があります。

それは裁判で保険会社の担当者を承認として呼んだ場合です。
裁判で証人として宣誓した者が、虚偽の証言をすれば「偽証罪」になります。その内容があなたが記録したテープや書類と異なれば、偽証罪で告訴する事が可能になります。告訴の話と起訴の話は違いますので、注意してください。告訴状が受理されたからと言って、起訴されるとは限りません。


一応、そんな感じですが、現実問題としては保険会社の刑事責任を追及するのは非常に困難なので、民事の方に全力を傾ける事をお勧めします。
補足コメント
bibi99

お礼率 64% (51/79)

裁判をやるお金のない人はどうしますか?
これは詐欺として認定されなければ、日本の法律はおかしいです。
現にこの保険会社は、嘘を言って私達の損害賠償金を詐取しています。1年以上にわたって。起訴されなければ、検察審査会に不起訴不当の申し立てをし、とことん訴えます。
刑事事件としての告訴は、お金がかからないし、困難だからと言って、このような犯罪を許すことは、私にはできません。
投稿日時 - 2004-01-13 23:45:18
  • 回答No.5

#3です。補足ありがとうございます。

>このような犯罪を告訴しなければ、ますます犯罪が増えるばかりと思いませんか?

もし仮に保険会社又は保険会社の担当者が罪に問われたら、
その保険会社や担当者は身にしみることでしょうね。
だからと言って保険業界全体の犯罪が減るとは限りませんね。
(現実に犯罪は減っていますか?)
自分は桃太郎侍でないことを自覚しましょう。

私なら
1.治療中ならできるだけ長期間通院する。
2.交通事故に詳しい弁護士に依頼する。(後遺障害がある場合)
3.調書を入手する。
4.訴訟を起こす。
5.訴訟では不誠実な対応で慰謝料を増額させる。
6.請求額は勿論弁護士基準。
補足コメント
bibi99

お礼率 64% (51/79)

doconimoさん。お返事ありがとうございます。

>現実に犯罪は減っていますか?
他の方が、告訴していないので、また同じ犯罪が繰り返され、新たな被害者が出てしまうのではないでしょうか?国民一人一人が、犯罪に対する意識が重要と思います。
悪いことしてお金儲けして、罪に問われないとしたら、あなたならどうしますか?
投稿日時 - 2004-01-14 03:26:46
  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 26% (1824/6765)

この手の話は民事トラブルなので、警察や検察は相手にしてくれないと思います。
どうしてもと言うのであれば、弁護士や行政書士の方に告訴状を書いてもらいましょう。
ですが、仮に受理されたとしても、まともな捜査はしないと思います。

さて、まず事故は人身扱いですか?
それであれば、検察庁に送致されているはずですから、警察署で送致番号を聞いて、相手の供述調書が取得可能か確認してみて下さい。被害者であれば確認できると思いますが、もし、開示してくれない場合は弁護士照会という手を使います。
それで、供述調書に相手が赤信号を認めているとの供述があるのであれば、それをもとに保険会社と話をすればよいです。といっても、保険会社はもう話できる状況ではなさそうですから、金融監督庁にでもクレームを入れて下さい。
保険会社は警察への告訴よりも、金融監督庁の検査の方が怖がります。
補足コメント
bibi99

お礼率 64% (51/79)

民事もそうですが、これは詐取に該当しますので、刑事事件にもなると思います。
書き忘れましたが、その後、損保弁護士により、加害者が赤信号で渡っているのを認めていることが確認されました。
金融監督庁には、何回もクレームを入れてありますが、保険会社の対応は変わりません。
保険会社に金融監督庁にクレームを入れることを言っても、その担当者はせせら笑っていました。金融監督庁って力がないのでしょうか?
投稿日時 - 2004-01-13 13:23:40
  • 回答No.2

質問内容からして不思議な事故ですね。
当初青×赤とされてるということは、交差点などの事故ですよね。対向車の事故ではないように感じますが。
そうした場合、保険会社の主張する黄信号での進入となれば、当方は赤信号ということになりますよね。何かつじつまが合ってないように感じます。

保険会社は契約者から「黄信号での進入」と聞いているのであれば、これは保険会社の見解が間違っているのではなく、加害者が虚偽の報告をしているということではありませんか?一度加害者と保険会社、bibi99さんの三者で話し合う場を設けるなどをされることをお勧めしますが…
補足コメント
bibi99

お礼率 64% (51/79)

もちろん対向車同士ではありません。加害者が横から信号無視で交差点進入です。
書き忘れましたが、その後、損保弁護士により、加害者が赤信号で渡っているのを認めていることが確認されました。3者面談は、保険会社が最初から拒否しました。
投稿日時 - 2004-01-13 13:25:29
  • 回答No.3

直接の回答ではありません。

>保険会社とは名ばかりで、被害者に支払わなければいけない正当な損害賠償金を支払わずに

周知の事実。
被害者救済は建前、出し渋りで財務体質強化が本音。

訴えられるかは別として、訴えたところであなた側には何の利益もありません。無駄に時間を浪費するだけです。

本人訴訟も不可能ではありませんから
そちらの方に時間を費やされたらどうでしょうか?
また、後遺障害があるなら弁護士に依頼されても
費用倒れしにくいようです。

事故は人対車の交差点での事故でしょうかね?
もし、被害額(治療費、交通費、慰謝料、休業損害など)の総額が120万円以内であれば自賠責に請求して、過失が7割未満であれば減額されないで補償されるはずです。
自賠責に直接被害者請求してもよいかもしれませんね。
また、仮払い、仮渡金制度を利用することも可能です。

損害賠償金を一切支払わないのは過失割合が決まっていないので致し方ないところです。
補足コメント
bibi99

お礼率 64% (51/79)

このような犯罪を告訴しなければ、ますます犯罪が増えるばかりと思いませんか?
当初から、加害者が赤信号での進入を確認していたのなら、治療費くらい払っているのが普通です。それを支払いたくない為に、担当者が嘘の供述をしたものと思います。
投稿日時 - 2004-01-13 13:28:14
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ