• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

塩酸‐塩化カリウム緩衝液の仕組みは?

塩酸‐塩化カリウム緩衝液についての質問です。 この緩衝液はpH1.0-2.2と低い値における緩衝能を持つそうですが、この低いpHにおいて、また塩酸という強酸と塩化カリウムという共役塩基が何故緩衝能を持つのかがわかりません。 弱酸(リン酸や酢酸)を用いた緩衝液が緩衝能を持つ理由は弱酸の解離度がきわめて小さいために、緩衝液中の共役塩基がほとんど共役塩基由来のものとなること、ということは理解しています。 しかし塩酸は強酸であり、解離度がきわめて大きいため、緩衝能を発揮できないのではないでしょうか? 逆に塩化カリウムがきわめて弱い塩基と考えるにしても、共役酸となるには塩酸は不適ではないでしょうか。 この緩衝液について詳しく扱っている本が身近にないため、質問させていただきます。 ご回答お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数7242
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • nious
  • ベストアンサー率60% (366/602)

#1 です。 pH=1の塩酸(0.1M)の緩衝能を、同濃度で緩衝能が最大である酢酸緩衝溶液(pH=pKa=4.76) と比較して見ましょう。 「緩衝指数:β」は、滴定曲線の勾配の逆数です。 この逆勾配は、微少な単位pHを増加させるのに要する強塩基の量(濃度:Cb)を表します。 つまり β=dCb/dpH になる訳です。 強酸:HCl を 強塩基:NaOH で滴定する場合について体積変化を無視して考えると電荷収支式は、 [H^+]+[Na^+]=[Cl^-]+[OH^-] Cb=[Na^+]=[Cl^-]+[OH^-]‐[H^+]=[Cl^-]+(Kw/[H^+])‐[H^+] これを pH について微分しますが、d/dpH=(d/d[H^+])・(d[H^+]/dpH) 及び [Cl^-]が定数である点、 d[H^+]/dpH=(d/dpH)10^(-pH)=(d/dpH)e^{-pH・ln(10)}=-ln(10)・[H^+] の関係より、 β=dCb/dpH=ln(10)・[H^+]・{(Kw/[H^+]^2)+1}=ln(10)・{(Kw/[H^+])+[H^+]} pH=1 だから [H^+]=0.1 を代入すると β=0.23 ‥(*) 酢酸(HOAc) を NaOH で滴定する場合についても同様に考えて、 [H^+]+[Na^+]=[OAc^-]+[OH^-] Cb=[Na^+]=[OAc^-]+[OH^-]‐[H^+]=0.1・Ka/([H^+]+Ka)+(Kw/[H^+])‐[H^+] β=dCb/dpH=ln(10)・{(0.1・Ka・[H^+])/([H^+]+Ka)^2+(Kw/[H^+])+[H^+]} pH=pKa だから [H^+]=Ka=10^(-4.76) を代入すると β=0.058 従って理論的には(*)から、約4倍の緩衝能を持つ事になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • リン酸緩衝液の理論について

    過去の質問を見ても皆目検討できないので、よろしくお願いします。 H3PO4 pKa 2.12 H2PO4 pKa 7.21 H PO4 pKa 12.32 を参考に計算してます 1.リン酸緩衝液を作る塩について NaH2PO4とKH2PO4を使う文献を見たのですが、 NaH2PO4とNa2HPO4を使ったレシピも見ます。違いはなんでしょうか? (H3PO4の解離がpKa2.12 H2PO4の解離がpKa7.21となっているので、下のほうのレシピはよりアルカリ側で緩衝作用を期待するときの緩衝液なのでしょうか? そもそも上の方のレシピは緩衝液なのでしょうか? 下の方のレシピは一塩基酸とその二塩基として、弱酸とその塩基対という定義を守ってますが、 上の方のレシピは一塩基酸と一塩基酸として、同じ条件の塩基で対になっていない気が・・) 2.リン酸の解離の程度は? NaH2PO4・2H2O (二水和物) FW 156.01 2.8g H3PO4 (1.685g/cm^3) FW 98.00       0.6ml DDW(メスアップ)               1L を混ぜると pH 2.5 25mM になると記述を見つけたのですが? (すみません。リン酸の%を忘れてしまいました・・・・ 関東化学やシグマを見る限り85%のが多そうですが) Henderson-Hasselbalch式に当てはめると pH = pKa + log( [H2PO4] / [H3PO4] )で [H3PO4]が7.48mM くらいになってれば pH と mM は上記 pH 2.5 25mM になりそうなのですが、 H3PO4は強酸ですべて解離して存在していないということには、ならないのでしょうか? 3.このレシピのpHとmMは? NaH2PO4・2H20 (ニ水和物) 1.96g KH2PO4           2.16g DDW          1L のpHとmMがわかりません。 1&2の質問と同様に緩衝液か弱酸かも理解してない状況です。 緩衝液としてHenderson-Hasselbalch式に当てはめ pH = pKa + log( [H2PO4] / [H3PO4] ) として計算するのでしょうか? それとも、弱酸の塩基として [OH]^2 = Kw/Ka*[H2PO4] から導きだすのでしょうか? 長くなりましたが、よろしくお願いします。

  • クエン酸塩酸緩衝液

    クエン酸塩酸緩衝液(pH1.2)の作り方を教えてください。 クエン酸緩衝液は、クエン酸とクエン酸ナトリウムで作ると 認識しているのですが、クエン酸塩酸緩衝液となると、 クエン酸ナトリウムを塩酸でpH調製するということになるのでしょうか?

  • 純水と緩衝液の緩衝能について

    純水と緩衝液の緩衝能について 純水:塩酸添加前 pH5.92 0.02mol/Lの塩酸を1mL添加後 pH3.52 0.02mol/Lの塩酸を2mL添加後 pH3.05 フタル酸塩緩衝液:塩酸添加前 pH4.03 0.02mol/Lの塩酸を1mL添加後 pH3.94 0.02mol/Lの塩酸を2mL添加後 pH3.87 中性リン酸塩緩衝液:塩酸添加前 pH6.85 0.02mol/Lの塩酸を1mL添加後 pH6.82 0.02mol/Lの塩酸を2mL添加後 pH6.79 水酸化ナトリウム溶液:塩酸添加前 pH11.90 0.02mol/Lの塩酸を1mL添加後 pH11.80 0.02mol/Lの塩酸を2mL添加後 pH11.69 これを見て、純水と緩衝液の緩衝能の比較を書くと言うことなのですが、分かりますでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

#1 >滴定曲線を見れば明らかですが、それ程希薄でない強酸や強塩基の溶液は緩衝作用を持ちます。 「滴定曲線で見る」というところがポイントです。 「緩衝作用を示す」とはどういうことを意味しているのかを考えてみましょう。 あるpHに調整された水溶液(A)があるとします。 その水溶液に外部から酸性、またはアルカリ性を示す溶液(B)を少量加えたとします。混合溶液(C)ができます。(C)のpHは(A)のpH、(B)のpHとは異なっているはずです。 精製水(A)1L(pH=7)にpH=1の塩酸(B)を1mL加えたとします。混合溶液(C)のpHは4になります。pHが3変わります。もしpH=13の水酸化ナトリウムの水溶液(B')1mLを加えたとするとpHは10になります。やはり3変わります。1Lの水に1mL加えるだけでpHが3動くのです。手を加えていない水ではこういう変化が起こります。特別に調整されたpH=7の溶液があって、もしpH=1の塩酸を1mL加えたとしてもpHが0.3ぐらいしか動かなかったということがあるとすればどうでしょう。(A)は外部から加えた変化によって起こるpHの変化がものすごく小さくなるような働きを持った溶液であると言うことができることになります。緩衝作用というのはこういう働きについての言葉です。 緩衝作用というのは「変化が起こらない」のではなくて「起こる変化が小さくなる、小さな変化しか起こらない」ような働きについてのものです。 このように理解すると滴定曲線でpHの変化のゆるいところがある物質はそのゆるいところ付近の濃度で緩衝作用を示すだろうということが分かります。逆に中和点の近くでは少しの量を加えるだけでpHが大きく変わることになりますから緩衝作用の逆のことが起こるというのが分かります。 塩酸のような強酸では、水酸化ナトリウムを加えて行った時に起こる変化は中和点の近く以外では緩やかです。その付近では酸性のものを加えてもアルカリ性のものを加えてもpHの値は少ししか変わりません。 酢酸のような弱酸では中和の初めと中和点の近くで変化がきついです。途中に変化のゆるいところがあります。変化の緩いところであれば緩衝作用を示すだろうという予想ができることになります。 酸性のものが入ってくるかアルカリ性のものが入ってくるか分からない、どちらが入ってきても大丈夫ということが言えるためには緩衝液の濃度は緩いところの中間点当たりにあることが必要になるでしょう。これが1/2中和の起こっている場所だということです。酸とその塩を半々に混ぜた溶液というのはそこから来ています。 でも1/2中和の点でpH変化がゆるくなっているということが判断の出発点でしたから塩を加えるということが必要であるとは限らないのです。HClにKClを加えることは必要ないことです。(#1にも書かれていますが加えるとしたら別の目的があってのことでしょう。) 滴定曲線のpHを決める手順を考えてもらえばいいです。 HClのpHは中和されていないHClの濃度だけから決まります。 CH3COOHの場合は中和されていないCH3COOHと中和によって生じたCH3COO^-の平衡を考えないと決まりません。 もう一つ前提になっていることがあります。 外部からの撹乱になる物質の量が緩衝溶液の量に比べて十分に小さいということです。 上であげた例で言うと1Lの溶液(A)に1mLの別の溶液(B)を加えるという場面を考えています。 これが1Lに1Lを加えるというような場面では緩衝溶液という概念自体成り立たなくなります。 小さな撹乱が大きな性質の変化を引き起こすことがあるということを踏まえた上で小さな撹乱が小さな変化しか引き起こさないようにしたいという要請から緩衝作用という考えがが出てきていると言うことができるのだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • nious
  • ベストアンサー率60% (366/602)

滴定曲線を見れば明らかですが、それ程希薄でない強酸や強塩基の溶液は緩衝作用を持ちます。 ただし希釈に対しては無視出来ない程度のpH変化がありますが。 また、強酸の塩酸だけで十分、KCl は不要でしょう。溶液のイオン強度を上げるだけで緩衝作用に影響を与える事は殆どありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 希薄でない強酸や強塩基の溶液は緩衝能を持つのですね。 平衡を考えれば緩衝能を(狭い範囲とはいえ)発揮する、と。納得しました。 KClは不要ですか。そこも驚きです。

関連するQ&A

  • リン酸カリウム緩衝液と酢酸の反応

    リン酸カリウム緩衝液について勉強しているのですが、酢酸を加えたとき、どのような化学反応が起こっているのでしょうか。 リン酸カリウム緩衝液内のKOHと酢酸の中和で酢酸カリウムができたのかなと思っているのですが、他にリン酸も入っているので、また 強酸と弱酸の塩の反応が起こるようにも思えますし。 どなたか教えて頂けないでしょうか。

  • リン酸を使った緩衝液とpHについて

    (1)リン酸とリン酸一塩(とういのでしょうか?)を使ったリン酸緩衝液の理論上のpH計算は pH = pKa + log {[H2PO4(-)] / [H3PO4]} でよろしいのでしょうか? (2)また[H(+)]を足したときは pH = pKa + log {[H2PO4(-)] - [H(+)] / [H3PO4] + [H(+)]} でよろしいのでしょうか? (3)リン酸のpHの求め方は? リン酸の解離度はα=0.27となっていたのですが、酢酸などの弱酸の解離の計算方法でよろしいのでしょうか?(二段目以降は無視してOK?) [H(+)] = [H2PO4(-)] + [OH(-)] 電気的中立 (酸性なので [H(+)] = [H2PO4(-)] と仮定)・・・A C = [H3PO4] + [H2PO4(-)] 質量収支 (Aを代入するが、弱酸で解離度が小さいのでC = [H3PO4]と仮定)・B Ka = [H(+)][H2PO4(-)] / [H3PO4] にA、Bに代入し計算 Ka = [H(+)]^2 / C よりpHを求める もちろん実験的にはpHメーターを使って調整した方がよいのでしょうが、pH4のリン酸緩衝液を作りたいのですが、理論も不確かで難航しています。 (4)もし、よろしければpH4のリン酸緩衝液の作り方・あるいはpH4くらいの他の緩衝液の作り方も教えていただければ幸いです。

  • 緩衝液!?

    実験のときに使う緩衝液の作り方を知りたいです!ご存知の方教えてください・・・。 作る緩衝液は 酢酸緩衝液(50mM acetate,pH5.2)200ml リン酸緩衝液(50mM posphate,100mM NaCl,pH7.8)100ml リン酸緩衝液(50mM posphate,500mM NaCl,pH7.8)100ml リン酸緩衝液(50mM posphate,2M NaCl,pH7.8) 100ml リン酸緩衝液(50mM posphate,pH7.0) 200ml です。表記の方法もよくわからなくて困り果ててます。こういう意味なんじゃないの?っていう回答もお待ちしております。 お願いいたします。どうか教えてください。

  • 緩衝液

    酵素反応の至適pHを調べる為に、 基質(糖類)のpHを分けたいと思います。 中性付近(6~8)は「燐酸緩衝液」 で作ろうと思うのですが、 酸性、アルカリ性の緩衝液は どんなものが良いのでしょうか? 酸性側は「酢酸緩衝液」 を考えているのですが・・・。

  • 緩衝液について

    酢酸緩衝液45mlと塩酸5mlを混ぜてph測定したら4.50 水45mlと塩酸5mlを混ぜてph測定すると1.88 酢酸緩衝液と水の違いでなぜこんなにph測定値が違うのですか? 詳しく教えて下さい。

  • 緩衝液の実験

    先日、塩酸、酢酸、リン酸を使って中和滴定を行いました。すべて水酸化ナトリウム使用です。実験の題名は「緩衝液とpH」です。 緩衝液とはどういうものか知っています。普通に滴定をし、緩衝作用がどうのこうのではなく普通の中和滴定って感じで滴定曲線も描けました。 酢酸とリン酸には緩衝作用があると思うのですがこの実験でどのような緩衝液の性質が分かったのでしょう‥。どこらへんで緩衝作用が出てるんだかイマイチ分からなくて↓ なんだか質問の意味も分かりにくいと思うのですが分かる方お願いします!

  • 緩衝溶液について HPLC など

    HPLCなどで緩衝溶液を使うと思います。 緩衝溶液とは、定義として弱酸と共役塩基だと思います。 たとえば酢酸と酢酸ナトリウムの混合液など。 つまり「2つ」の化合物を入れて完成するのが定義だと思います。 しかしHPLCでは、ギ酸アンモニウムなど塩だけを入れても緩衝液と言っているような気がします。 このように、ギ酸アンモニウムや、ギ酸、酢酸、うすめのTFAなど「1つ」の化合物を入れただけでも、緩衝液と言うのでしょうか?そして緩衝能はあるのでしょうか? よろしくお願い申し上げます。

  • 緩衝液、指示薬の問題

    defghi (1)指示薬ブロモフェノールブルーのKaは5.84×10^(-5)である。pH4.84でこの指示薬は何パーセントが塩基形になっているか (2)0.000500molのNaHCO3をpH5.00の緩衝液に加えた。このときのH2CO3、HCO3-、CO3^(-2)の量はそれぞれ何モルか。H2CO3のK1は4.30×10^(-7)、K2は5.61×10^(-11)である (3)pH10.10の緩衝液を調製するためには1lの0.010mol/l H3BO3に何モルのNaOHを加えればいいか。H3BO3は一塩基酸で、そのKaは5.8×10^(-10)である。 (4)0.050molのギ酸と0.060molのギ酸ナトリウムを水に溶かして1lの緩衝液を調製した。ギ酸のKaは1.77×10^(-4)である。この緩衝液を10倍に希釈したときのpHはいくらか。 ↑この緩衝液のpHが3.83と求めるところまではできました。 これらの問題のうち一つでもわかる方、教えていただけると嬉しいです 通報する 回答数0気になる数0 回答する

  • リン酸緩衝液のpHの計算についての質問です。

    リン酸緩衝液のpHの計算についての質問です。 リン酸ナトリウム緩衝液を作製して、その後に塩化カリウムを2Mを混ぜ合わせて、pH7の溶液を作製したいのですが、ヘンダーソン - ハッセルバルヒ式を使えば良いというのはわかったのですが、リン酸ナトリウム緩衝液中に塩化カリウムを混ぜ合わせる計算に混乱してしまいました。 緩衝液に詳しい方、計算方法を詳しく教えて頂けないでしょうか?

  • 緩衝液について

    私は今、実験を行っています。 そこでリン酸のph緩衝液を作ろうと思っています。 そこで、リン酸一カリウム(固体)とリン酸一ナトリウム(固体)でph8の緩衝液とph12の緩衝液を作ることができますか? 片方の試薬だけ使って調製できるのであればそれでもOKです。 わかる方、作り方をご指導よろしくお願いします♪ P.S.わからないことがあればカキコミください。    なるべくお答えします。