• ベストアンサー
  • 困ってます

リン酸緩衝液のpHの計算についての質問です。

リン酸緩衝液のpHの計算についての質問です。 リン酸ナトリウム緩衝液を作製して、その後に塩化カリウムを2Mを混ぜ合わせて、pH7の溶液を作製したいのですが、ヘンダーソン - ハッセルバルヒ式を使えば良いというのはわかったのですが、リン酸ナトリウム緩衝液中に塩化カリウムを混ぜ合わせる計算に混乱してしまいました。 緩衝液に詳しい方、計算方法を詳しく教えて頂けないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数5687
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1610/3267)

#2 です. > これはKClを2mol/lとC1を0.027mol/l C2=0.073mol/l入れればpH7のリン酸ナトリウム緩衝液+KCLの溶液になるのですか? まあ,#2 で書いた近似の範囲では,計算としてはそうなるはず,ということです. ただ,イオン強度補正も一番ラフな近似式ですし,これでどこまで現実を再現できるかはよくわかりません. > 最近緩衝液を使う研究をはじめたばかりでして、 単純に使うという観点からすれば,イオン強度補正のことは計算できる必要もなくて,解離定数と緩衝域の関係と緩衝原理を理解し,どのようなレシピで作れば概略近い pH にできるかがわかっていれば十分でしょう.そこから先は,中途半端な計算をするより,実際に混合比を実験的に決めた方が確実だったり,楽だったりすることの方が多いです. 私は,中性近辺のリン酸緩衝液は,最初に目的 pH になる混合比を pH メータで測って決めておき,次の回からはその比になるように試薬を質量で測り取って作っています.というか,今は必要そうなものについては自作レシピがあるのでそれでやってます.もちろん,ときどきチェックのために pH を測りますが,ほぼ確実に±0.1以内になります.他の pH の緩衝液の時も,緩衝剤を変えるだけでやることは同じです.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ここまで親切に対応して頂き本当にありがとうございます。 c80s3xxxさんのおっしゃる通り、実験で実際に検討してみます。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • NaClが入ったリン酸緩衝液のpH計算方法

    1.0mol/LのNaClが入った2Mのリン酸緩衝液のpH計算方法を教えてください。 NaClが多量に入ると、どうしてもpHの目標値よりも低くなります。 ヘンダーソン・ハッセルバルヒの式を使うようですが、良く分かりません。 どなたか教えてください。

  • リン酸緩衝液について

    緩衝溶液について質問です! リン酸二水素ナトリウムとリン酸水素二ナトリウムの緩衝溶液はなぜpH6~pH8で緩衝能力が強いのでしょうか?? 理由も教えていただけるとうれしいです(>_<)

  • リン酸緩衝液について

    実験で、リン酸緩衝液(ナトリウム)とリン酸緩衝液(カリウム)を作製しました。しかし一つ分からない事があります。 それは、保存する際は、冷蔵庫で保存すればいいのでしょうか?それとも室温でよろしいのでしょうか? どうか、教えてください

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • nious
  • ベストアンサー率60% (366/602)

#1です。 デバイ・ヒュッケルの理論によると、 イオン強度μがだいたい0.1以下程度であれば、 次の補正式が比較的よい近似値を与えると言う事です。 水和イオン径パラメータという値を考慮するとより正確になり、 それによるとこの緩衝溶液で関係するpK2については、 H2PO4^- ⇔ H^+ + HPO4^2- ;pK2=7.20 (これは活量で表した25℃に於ける熱力学的平衡定数) 活量ではなくモル濃度で表した「イオン強度μに於ける見かけのpK2」の補正値は、 pK2≒7.20‐(0.51√μ)・{1/(1+3√μ)+9/(3+4√μ)} で表せます。 平衡状態に於けるイオン強度μを見積もってからpK2の補正値を求める事になりますが、 μが0.1を超えるような大きい場合には誤差もそれなりに大きくなるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 緩衝液の計算を何とかマスターしたいと思います。 親切にありがとうございました。

  • 回答No.2
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1610/3267)

塩濃度が高いときは,解離定数がみかけで変化してくるの,それを考慮しないとだめです. たとえば,0.1mol/L リン酸ナトリウム緩衝液で pH 7 を想定します. このとき,イオン種としては,Na(+),H2PO4(-),HPO4(2-) が実質的にイオン強度に効く分としてよいでしょう. リン酸の無限希釈の pKa2 は 7.21 (25℃) とされていますが,イオン強度がある程度高い場合,みかけの pKa は近似的に以下のように見えます. 見かけのpKa ≒ (無限希釈のpKa) - {√I/(1+√I)} ここで,I がイオン強度で,I = (1/2)Σmz^2 です.m は各成分イオンのモル濃度,z はそのイオンの価数. 0.1 mol/L リン酸緩衝液では NaH2PO4 を C1 mol/L,Na2HPO4 を C2 mol/L 溶かして作るとすると, C1 + C2 = 0.1 mol/L → C2 = 0.1 - C1 [Na+]= C1 + 2×C2 = C1 + 2×(0.1 - C1) = 0.2 - C1 [H2PO4(-)] = C1 [HPO4(2-)] = C2 = 0.1 - C1 と,だいたい書けます. すると, I = (1/2) × {0.2 - C1 + C1 + (0.1 - C1)×4} = 0.6 - 4×C1 なので,pKa の補正項が出せます. このようにして求めたみかけの pKa に対して,Henderson-Hasselbalch 式が適用できて, 7 = みかけの pKa + log(C2/C1) = みかけpKa + log{(0.1-C1)/C1} となります.これを C1 について解けば,pH 7 を与えるために必要な C1,C2 が求められます. KCl が入るときは,このイオン強度の項に KCl が影響することになり,2 mol/L 入れるなら,イオン強度が 4 増加することになるわけです.すると,上の場合には,I = 3.6 - 4×C1 となります.C1 は 0.05 mol/L 前後のはずですから,I = 3.2 前後,pKa の補正項は 0.65 程度となります. この値は今の条件では C1 の変化には鈍感なので (KClが高濃度だから),2mol/L KCl を含むリン酸ナトリウム緩衝液中での pKa は,とりあえず 6.56 として扱っておけばいいだろうということになり,pH 7 にするには,logC2/C1=0.44 より,C2/C1 = 2.75,C1 = 0.027 mol/L,C2= 0.073 mol/L で作れば,pH 7 になるはず,という計算になります.なお,この数値を使ってイオン強度補正をやりなおしても,補正値はやはり 0.65 くらいなので矛盾はありません.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい回答ありがとうございます。 これはKClを2mol/lとC1を0.027mol/l C2=0.073mol/l入れればpH7のリン酸ナトリウム緩衝液+KCLの溶液になるのですか? 最近緩衝液を使う研究をはじめたばかりでして、馬鹿な質問であるかも知れないですがよろしくお願いします。

  • 回答No.1
  • nious
  • ベストアンサー率60% (366/602)

pHを7に調整した緩衝溶液にKClを2Mになるように加えた場合、 実測すればpHは無視できないくらい下がると思います。 計算で正確に求めるのは困難でしょう。 此は活量係数の減少に伴うものですが、 活量を無視した理論値を求めるのであればKClについては考える必要ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 計算で正確に求めるのは無理なのですか・・。 活量を無視した理論値を求める計算を教えて頂けないでしょうか?

関連するQ&A

  • リン酸ナトリウム緩衝液の緩衝能について

    化学の素人です。 リン酸一ナトリウムとリン酸二ナトリウムを用いて50mmol/L リン酸ナトリウム緩衝液(pH5.5)を調製して実験していますが、この緩衝液に緩衝能はありますか?お教えください。

  • 緩衝液のpHに対する考え方について

    早速ですが・・ 0.05mol/Lリン酸一水素ナトリウムと0.025mol/Lクエン酸を用いてpH6の緩衝液(Mcllvaine緩衝液 pH6)をつくりたいのですが、どの考え方で混合していけばいいのかをアドバイスいただきたいです。 0.05mol/Lリン酸一水素ナトリウムは、リン酸水素二ナトリウム十二水和物(Na2HPO4・12H2O、分子量358.14)、0.025mol/Lクエン酸はクエン酸一水和物(分子量210.1)を用いて調製予定です。 この各々の溶液を調製するのはなんとかできると思うのですが、2液を混合してpH6の溶液をつくる際、どのような考え方で調製するのかが、よくわからないのです。 明日までにはなんとか知りたいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • リン酸ナトリウム緩衝液とは?

    5 mg のパンクレアチンを含む、0.2 M リン酸ナトリウム緩衝液 (pH 8.0)を作りたいのですが、リン酸ナトリウム緩衝液とは、 リン酸緩衝液とは別物なんでしょうか? 日本語の文献には 「5 mg のパンクレアチンを含む、0.2 M リン酸ナトリウム緩衝液 (pH 8.0)」と記述されていたのですが、もとの文献には、 7.5 ml of 0.2 N sodium hydroxide and addition of 5 mg pancreatin in 7.5 ml of pH 8.0 phosphate buffer とありました。この文章からはpH8.0のリン酸緩衝液7.5 ml中に、 0.2 N水酸化ナトリウム7.5 mlとパンクレアチン5 mgが入っている かのように理解できるんですが・・・・ どなたか、ご存知のかた教えてください。

  • リン酸を使った緩衝液とpHについて

    (1)リン酸とリン酸一塩(とういのでしょうか?)を使ったリン酸緩衝液の理論上のpH計算は pH = pKa + log {[H2PO4(-)] / [H3PO4]} でよろしいのでしょうか? (2)また[H(+)]を足したときは pH = pKa + log {[H2PO4(-)] - [H(+)] / [H3PO4] + [H(+)]} でよろしいのでしょうか? (3)リン酸のpHの求め方は? リン酸の解離度はα=0.27となっていたのですが、酢酸などの弱酸の解離の計算方法でよろしいのでしょうか?(二段目以降は無視してOK?) [H(+)] = [H2PO4(-)] + [OH(-)] 電気的中立 (酸性なので [H(+)] = [H2PO4(-)] と仮定)・・・A C = [H3PO4] + [H2PO4(-)] 質量収支 (Aを代入するが、弱酸で解離度が小さいのでC = [H3PO4]と仮定)・B Ka = [H(+)][H2PO4(-)] / [H3PO4] にA、Bに代入し計算 Ka = [H(+)]^2 / C よりpHを求める もちろん実験的にはpHメーターを使って調整した方がよいのでしょうが、pH4のリン酸緩衝液を作りたいのですが、理論も不確かで難航しています。 (4)もし、よろしければpH4のリン酸緩衝液の作り方・あるいはpH4くらいの他の緩衝液の作り方も教えていただければ幸いです。

  • リン酸緩衝液の作製方法について

    pH6.8のリン酸緩衝液を作製しようと考えています。 「緩衝液の選択と応用」のp.141を参考にすると、 200mM Na2HPO4 24.5mlと200mM NaH2PO4 25.5mlを混合し、 100mlに希釈すれば良いと書いてあります。 これで作製される緩衝液は、200mMリン酸緩衝液(pH6.8) 100mlですよね? 濃度は問わないで、pH6.8の緩衝液を1L作りたいと考えています。 上記緩衝液を10倍希釈して、20mMの物を作製するか、 200mM Na2HPO4 245mlと200mM NaH2PO4 255mlを混合して1Lに希釈し、 200mMの物を作製すれば良いのではないかと考えています。 この考え方に間違いはないでしょうか? 宜しくお願いします。

  • リン酸バッファー(緩衝液)について

    1Mリン酸2水素ナトリウム40mLと1Mリン酸水素2ナトリウム60mLを 混ぜると、最終的に何Mになるのでしょうか? 1Mと1Mを混ぜるので2M?それとも、緩衝液なので1Mのまま・・? 教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 0.1Nリン酸二水素カリウム溶液と0.1Nリン酸水素二ナトリウム溶液を

    0.1Nリン酸二水素カリウム溶液と0.1Nリン酸水素二ナトリウム溶液を用いて0.1Nリン酸緩衝液(pH6.8)を3L作りたいのですが、それぞれ何mlづつ混ぜればいいのでしょうか?? またこの場合、pHの調製には何を用いればいいのでしょうか??

  • リン酸緩衝液の調整。緩衝作用を失う?

    リン酸緩衝液のpHをNaOHとHClを使って調整した場合、調整後の緩衝液って、緩衝作用がなくなっているのでは?と心配になるのですが、どうなんでしょうか?緩衝液なので、本来NaOHやHClを入れても緩衝されてpHが変化しないはずで、pHが変化する程入れた場合は、もはや緩衝能力を失っているのではないでしょうか?それとも調整された新たなpHレベルを維持するように緩衝作用が働くのでしょうか? 具体的には、0.5M、pH7.4のリン酸緩衝液をレシピに従って作るのですが、出来た溶液のpHが7.4でない場合は(時によっては、pH7.5とかになります)、NaOHとHClを使ってph7.4にしています。

  • HPLCのリン酸(トリエチルアンモニウム)緩衝液(pH6.8)の調製

     HPLCの緩衝溶液;リン酸(トリエチルアンモニウム)緩衝液(pH6.8)の調製法を教えてください。  核酸関連の物質(ATP,ADP,AMP,IMPなど)をHPLCで分離させるために,島津の分析ガイドに掲載されている方法を用いています。その移動相なのですが,100mMリン酸(トリエチルアンモニウム)緩衝液(pH6.8)との記載です。  とりあえず,考えつく方法で緩衝溶液を調製しました。リン酸溶液にトリエチルアミンを少しずつ加えてpH6.8に調整した後,リン酸濃度が100mMになるように定容しました。  この緩衝溶液とアセトニトリルを100:1の割合でを用いて分離を行いましたが分離が上手くいきません。緩衝溶液以外の部分は設定を完全に合わせてあるので,緩衝溶液以外に原因が考えられません。  ご指導の程よろしくお願い申し上げます。

  • 緩衝液についての質問です

    緩衝液で、ヘンダーソン・ハッセルバルヒの式から pH=pKa+log([A-]/[HA]) ≒pKa+log(Cs/Ca) になることは理解できました。 しかし、Cs=Caの時に緩衝作用が最大になる理由がわかりません。 どなたか、教えていただけないでしょうか?