• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

不動産所得税について

不動産所得税について教えてください。 今年の11月中旬よりマンション1室を賃貸に出しました。 まだ住宅ローン中です。ローン控除はしていません。 賃貸契約に至るまで約1年くらい経っています。 ’確定申告に行ってください’と言われたのですが、全て初めてのことなので、何が必要で、どうすればいいのかがよく分かりません。(青色申告書というのがあるみたいですが・・・) 収支内訳書というのがあるのことは、分かったのですが、内容が細かい為、どの項目に何の金額を書いていいのが、分かりません。 例えば、契約までの間に支払ってた電気料金などは、書いていいものなのか?等も含めて。 どなたか、教えてください。宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数95
  • ありがとう数96

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

私はサラリーマンで、転勤のためにマンションを賃貸で貸しています。 確定申告なんて初めての経験のため、やはり不安がいっぱいでした。 まずやることは、税務署に行って確定申告の用紙と「手引き」を貰ってくる事です。私は「サラリーマンの不動産所得の申告する用紙が欲しいのですが」と言ってもらいました。 あとは手引きを見ながら申告書に記入して行きます。 やっかいなのは、建物の原価償却が年度によって異なる場合があることです。 また経費については、「賃貸中に発生した」経費のみ控除できます。つまり、入居者がいない期間中の電気料や修繕費などは認められません。入居者募集のために不動産屋に支払った仲介手数料は認められるようです。 いずれにしても、税務署に行くと「相談コーナー」がありますので、そこに資料一式を持っていくと、その場で書き方をおしえてくれます。 ただ私の場合は、確定申告しても所得が赤字(会社での源泉徴収以外に納付する税金は無し)なので最初の2年で申告するのをやめてしまいました。本当はいけない事なのでしょうが、脱税しているわけでもないので大丈夫かな、と思っています。 時間をかけて申告書を書いても、還付が無いのなら面倒くさいだけですからね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。参考になりました!

関連するQ&A

  • 不動産所得と事業所得がある場合の青色申告

    これまでは事業所得だけで、青色申告の65万円特別控除を利用して確定申告をしていましたが、 昨年、不動産所得(駐車場貸し)が新たに追加になりました。 ただ、駐車場は十数台なので、事業規模とはいえません。 このような場合、不動産所得のほうの提出書類は収支内訳書だけで、 事業所得のほうを従来どおり青色申告65万円特別控除でいいのでしょうか。 それとも、不動産所得も事業所得と同じように複式簿記による記帳が必要ですか? もし必要な場合、65万円の控除は今までどおり事業所得のほうにつけていいのでしょうか。 アドバイスよろしくお願いいたします。

  • 青色申告の申請で○しなかった不動産所得も青色申告できますか?

    昨年6月から自営業を開始し、青色申告承認申請書を提出した際に、所得の種類を「事業所得」としました。 これと別途に、以前から白色申告をしていた若干の「不動産所得」があるのですが、上記申請書では○で囲みませんでした。 しかし、せっかく青色申告をするため、不動産所得も青色申告で行ったほうがよいかと思います。 白色申告から青色申告への変更は対象年(H21年)の3月15日までと聞いていますが、あす申告する際に、 所得の種類に「不動産所得」を加えた申請書を再添付し、 青色申告用の決算書(不動産用)をつければ受理されるでしょうか? それともやはり、不動産に関しては、白色申告用の収支内訳書(不動産所得用)を提出する必要があるのでしょうか?

  • 不動産所得の青色確定申告について

    サラリーマンですが、親戚から購入した中古の戸建物件を賃貸にしています。確定申告をする必要があるのですが、昨年は白色申告をしましたが青色申告があるのをしって青色申告の申請だけはしています。ただ青色申告は申請がむつかしいみたいなので会計ソフトを購入しようといろいろ調べているのですがどれか良いのかよく分かりません。サラリーマンが不動産所得を青色申告する場合におススメのソフトとかありますか?申請はe-TAXでするつもりで可能であれば65万控除をうけたいのですが1件の借家では不可能でしょうか? 詳しいかたが居られたら教えて頂ければ助かります

  • 不動産所得と青色申告

    年金生活者ですが、貸家一軒と貸し土地が少しあり、不動産所得がありますので、確定申告一般用をおこなっております。これを青色申告にしたら「基礎控除」が65万円あるのでしょうか? 青色申告は、毎日のお金の出入りを、細かく帳面に記入するとか聞いたのですが、不動産収入ですから、そんなに頻繁にお金の出入りはありません。 このような場合でも青色申告は可能でしょうか?

  • 不動産所得の青色申告について

    平成19年から不動産所得が発生し、確定申告を始めました。 19年は、修繕費などがかさみ、所得がマイナスとなり、給与所得で支払った税金が還付されました。 20年分は不動産所得がプラスとなり、前年の損失は全く繰り戻さずに、単純にその年分のプラス分の税金を支払いました。 その確定申告先の税務署で、「青色申告にした方がいい」と税務署員に勧められ、その場で青色申告申請書を書き、21年分からは青色申告にすることになりました。 その年の11月に他府県に引っ越しました。 21年(昨年)は引越し先の税務署で青色申告をしました。 そこで質問が2点あります。 1.昨年、何も手続きせずに青色申告を引越し先で行いましたが、このまま今年も青色申告で大丈夫なのでしょうか? 2.最近になって、「損失が生じたときは翌年以後3年間にわたって各年分の所得から差し引くことができる」ということを知りました。20年、21年分は知らなかったため、差し引かなかったのですが、今年分だけでも19年分に出た損失を差し引くことはできるでしょうか? ちなみに差し引くと、今年分はマイナスになります。 できる範囲で調べてみたのですが、明確なところがわかりませんでした。教えて頂ければ幸いです。 どうぞ、よろしくお願いします。

  • 会社員 不動産所得の確定申告の方法

    こんにちは。今年から青色申告を提出する予定の会社員です。 青色申告の申し込みをしたので、確定申告しますが、 会社で年末調整してもらいましたが、その後、今回確定申告が必要なのですよね? その場合、還付された所得税などはどうなるのでしょうか? 又 不動産の収支の方が赤字になった場合、翌年に繰り越せるのでしょうか?(申告書にはマイナス不動産所得に記入しましたが・・) (青色申告決算書も、その分マイナス) 分かる範囲でも良いのでご回答お願いします。

  • 青色申告で事業用と不動産所得がある場合の決算書について

    初めて質問させていただきます。よろしくお願いします。 実は確定申告につき、私ども不動産所得で青色申告で確定申告しており、その際65万円の青色申告特別控除もできる決算書を作成しておりました。 20年度より、不動産所得とは別の事業を始めることとなり、同じように弥生会計ソフトにて、不動産所得とは別ファイルとしてこの事業用のファイルを作り、青色申告決算書まで作成することができたのですが、この場合ですと、不動産所得用の青色申告決算書と事業所得用の青色申告決算書を作成し、65万控除のための貸借対照表もそれぞれ、不動産所得用と事業所得用で二つ作成しました。65万控除は不動産所得事業だけで控除しております。 (今までの不動産所得の青色申告決算書に、別途事業所得用の決算書を一式貸借対照表まで作成しました) ここで質問なのですが、後から気付いたのですが、弥生会計ですとこの二つの事業を一つのファイルとして扱えるみたいなのですが、そうなると貸借対照表は一つになるのでしょうか?  で、弥生会計だけのことではなくて、実際の申告にあたってはこういう場合は貸借対照表は二つの事業を一つに集約することができるのでしょうか? 実際、同一の個人がしている事業とはいえ、不動産所得と事業所得、それぞれの事業でお金の管理は全くの別々にしていますので、貸借対照表もそれぞれの事業用に作るのが当然だと思ったのですが。。。 個人のお金の資産管理はあくまで個人単位でという考えで、貸借対照表は二つの事業を合算して一つでいいのでしょうか? できればもう二つの事業用に貸借対照表もそれぞれ作っていますので、このままの決算書を作成したいのですが。。。 拙い文章でわかりにくいかとは思いますが、ご教授願えれば幸いです。 よろしくお願いします。

  • 不動産所得の添付書類は収支内訳書でOKですか

    宜しくお願いします。 外国の不動産所得の申告についてです。 確定申告で不動産所得の必要書類は、購入当時の契約書や、家賃収入の証明などたくさんの書類を添付しして提出しなければならないと思っていたのですが、添付書類は「収支内訳書」だけで良いという答えを他の人がされている質問で何回か見ました。 「収支内訳書」だけを添付して、いろいろ元になる書類は保管しておけばいいのでしょうか。 アドバイス頂けるとありがたいです。

  • 専業主婦→不動産所得者で行うこと

    私には、昨年途中から125万円の不動産所得があります。 以前に質問させていただいたときに、 「毎年同じような所得金額であれば、17年度以降は青色申告(届出)にすれば 不動産所得から最大で55万円控除してもらえる。」 というアドバイスを頂きました。 そこで質問があります。 1.今回の確定申告(16年度かな?)は、白色申告ですか? 2.旦那様の会社で徴収してもらっている住民税はいつ解除(?!)すればいいのでしょうか? 3.専業主婦でしたので、旦那様の扶養で全てまかなっていました。   専業主婦→不動産所得者になることで会社や役所にしなければならないことは   なんでしょうか?    (相続関係については行いました) 2と3について、何をしたらいいかわからず、特に困っています。 教えてください。 よろしくお願いします。

  • 事業規模ではない不動産所得と青色申告控除

    事業規模では無い不動産所得の場合、青色申告控除は受けられないと思いますが、 親が個人事業をしながら、小さな戸建てを1つ店舗用に貸しており、 確定申告書を見ると、 個人事業の青色申告特別控除65万(確定申告書B)と、不動産(不動産収支内訳書)からも青色申告特別控除65万が適用されていました。 どこかのサイトで、他に事業をしている場合は認められるということですが、あっていますでしょうか? 私は法人の代表者ですが、自宅の一部を法人に貸そうと考えております。 法人の仕事以外にも、趣味で申告するまでも無い金額の収入があるのですが、 この趣味を個人事業にすると、法人に貸し出した不動産収入から青色申告控除ができる、 と考えてもいいでしょうか? 複式簿記は書くことができます。 いつもは年末調整で終わっていましたが、今年からは「確定申告書B・収入」には ・事業:営業等には趣味で得たお金 ・不動産には会社に貸した家賃 ・給与には役員報酬 を記載すればいいのでしょうか? また、今年個人事業+不動産所得の青色申告をする場合は、今月15日迄に届出をすればいいのでしょうか?屋号は無しでもいいのでしょうか? 色々たくさんありますが、ご教示をお願い致します。

専門家に質問してみよう