• 締切済み
  • 困ってます

断熱材の貼り方が雑なような気が

現在在来木造戸建を建築中のものです。 先日現場を見に行ったところ、断熱材の貼り方が雑なような気がしました。 袋入りのグラスウールを使用しているのですが。。。 以前説明では袋に耳がついておりこの耳を隙間なく貼り付けることにより気密シートのかわりになると説明を受けていたのですが、いたるでカットしてありカットしてあるところはそのまま、狭いところなどは小さくきったグラスウールを丸めて突っ込んであると言う感じでした。 まず袋入りのグラスウールを切断する自体に不安があるのですが、切って使用することは問題ないのでしょうか? また、丸めて突っ込んであるところは結局耳を貼り付けてないわけですから気密シートの代わりをもはや果たしていないのではないかと思うわけですが、いかがでしょうか? 天井断熱(カネライト)も最後の部分が短い気がします 内部からあんなに外が見える物なのでしょうか? 上記詳細写真掲載します https://box.yahoo.co.jp/guest/slideshow?guid=BCO4YX3GFC4BHJEX3AE2AZRNDQ&sid=box-l-bco4yx3gfc4bhjex3ae2azrndq-1001&uniqid=9b39b64a-6c51-40ef-a9f6-673aa77337d0 ぜひともご意見をお聞かせ下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数2230
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.5

 写真で確認したところ、断熱材はグラスウールではなくロックウールです。 グラスウールとロックウールは素材が異なりますので、断熱性能も特性も違います。しかし、充填断熱材としてはロックウールのほうがグラスウールより優れた特性を持っていますので良いと思います 。  ロックウールの特性・施工マニュアルについては「ロックウール工業会」のホームページを開いて、カタログ資料・ダウンロードをクリックすると詳しい資料を見ることができます。 住宅用ロックウール断熱材・充填断熱施工マニュアル(平成11年省エネルギー基準対応版) によると、施工手順として  (1) マットの付属防湿フィルムを室内側にして、上部ははりの見付面にフィルム耳をタッカ-      で留付けます。(約200mmピッチ)  (2) 側部(柱、間柱に接する部分)は、柱見付面にフィルム耳をタッカーで留付します。(約200mm    ピッチ)  (3) 壁の下部は、フィルム耳を床合板に留付します。(約200mmピッチ) となっています。写真で拝見する限りまったくマニュアルを無視しており、ひどい施工と言わざるを得ません。全て一からやり直さないと断熱性能が期待されない恐れがあるのと、内部結露の可能性もでてきます。それと床面(理想は上部も)での気流どめ(全ての外壁・間仕切壁)が大事で、これを怠ると断熱効果は期待できませんし、内部結露を引き起こす結果になり建物の寿命を縮めることにつながっていきます。。天井断熱(カネカライト)などは話になりません。  そもそも、この住宅の断熱計画の目標レベルに従った断熱工事がされているかどうか、確認する必要がありそうです。専門的になるので、在住の建築士事務所協会や県・市役所の建築課に相談されては如何でしょうか。建物の防水と断熱は非常に大事で、資産になるはずのところが悩みのタネになる恐れもあるのですから。

参考URL:
http://www.rwa.gr.jp/download/data/rockwool2011.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 断熱材の貼り方が気になります。

    現在2×4の戸建を建築中のものです。 先日現場を見に行ったところ、断熱材の貼り方が雑なような気がしました。 袋入りのグラスウールを使用しているのですが、以前説明では袋に耳がついておりこの耳を隙間なく貼り付けることによりシート(気密シートというんですか?湿気防止の・・・)と説明を受けていたのですが、勾配天井部分の三角形の先端部分にあたるところなどは袋を小さくきったグラスウールを丸めて突っ込んであると言う感じでした。 まず袋入りのグラスウールを切断する自体に不安があるのですが、(切断面から湿気が入りグラスウールが湿る)切って使用することは問題ないのでしょうか? また、丸めて突っ込んであるところは結局耳を貼り付けてないわけですから気密シートの代わりをもはや果たしていないのではないかと素人ながら思うわけですが、いかがでしょうか? ぜひともご意見をお聞かせ下さい。

  • 断熱材について

    以下の断熱は性能としてはどうでしょうか。 ●天井  高性能グラスウール14k155m(遮熱タイプ)  気密シート ●壁  高性能グラスウール14k85mm(遮熱タイプ)  気密シート  遮熱シート ●床  グラスウール32k80mm 最近は、グラスウール以外にも高性能な断熱材が多いそうですし、 外断熱もおしている工務店も多いです。 上記の、グラスウール+内断熱って古臭い気がするのですが いかがでしょうか。 うちは、寒いのが大嫌いで、冬は暖かな家でできれば半そでくらいで 過ごしたいです。

  • 断熱材について

    ?地域で木造平屋の新築を計画中です。見積もりの断熱材その他関連を見ますと、床断熱材:サニーライトt50mm、外壁断熱材:サニーライトt 50mm、屋根断熱材:サニーライトt 60mm、外壁透湿シート及び防水テープ張りとなっていました。 以前打ち合わせ中に高断熱高気密等の話を出してみたところ、「このへんなら普通に建てても、特に困らない位の気密断熱性は出るんじゃないですか。最近の建築なら」と言われました。話はそれきりになっていたのですが、「断熱がいいほうがとのことなので…グラスウールよりこちらのほうが良いと思います」と見積もりには上記が書かれていました。 1:高断熱高気密は殆どやらない工務店さんのようなので、あまりにこだわるのは無理のように感じていますが、上記の断熱材は厚み的にはどうなのでしょうか。寒さ暑さで眠れないほどだったりは困るなと…(今の木造アパートがそうです) 2:サニーライトは高いようですが、予算を削るならグラスウールにかえることもできますと言われています。グラスウールに変えるなら、どの位の厚みがあったほうがよいのか教えて下さい。また、多少価格がはってもサニーライトにこだわったほうがよいメリットがもしあれば教えて下さい。 以上です。ごちゃごちゃ書きましたが、どうかよろしくお願いいたします。

  • 回答No.3

つい一言言いたくなってしまう。 これはひどい! 断熱材施工の基本の基本も意味もわかってない。 断熱材ひとつに理解が及んでいないというのは、実は他の施工の基本も知らないで欠陥工法があちこち隠れているという目安にもなります。 相当気合を入れて担当現場監督か会社幹部を叱責しないとトンデモナイものをつかまされますよ。 オーバーに極論すれば、断熱タイルが数個はがれても燃えて散り散りになってしまったスペースシャトルと考え方は同じ。一箇所でも断念施工に手抜きがあればそこから結露・腐朽と欠陥があっという間に大きな瑕疵になってしまうのです。 雨漏りがたった一箇所でも「たった1箇所だから」と許せますか? 断熱施工もそういう意味を持ちます。 ※ともかくこれから張る内壁ボードとスキマ空隙ができてしまうよな押し込み具合は一切ダメ。 壁内に湿気が侵入しないよう防水フィルムは針穴ひとつなく表面密閉張り増しする。 これを確認チェック、OK言えるまで内壁ボード張りは一切不許可。 こういう強い姿勢で、「でなければ以後のお金は払わない!」宣言です。 それによる工期の遅れなど言い出したら、それも損害賠償請求事案。一切工事者側の責任だから。 お金を払う施主はカミサマです。くれぐれも正当な建て主姿勢を貫いてくださいね(^^/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

すべてあなたの言うとおり 結露のメカニズムを知らないとこう言う形だけの施工になる

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • ooooku
  • ベストアンサー率13% (121/901)

お気持ちは分かりますが 画像を見る限りでは どこでも同じようなもので 劣悪だとは 思えません グラスウールは 間柱間なら そのまま使えますが 狭い場所などは やはり切断して使います これって 簡単に思われるかもしれませんが 中々上手には切れないのですよね カッターで切るわけですが ガラス繊維ということもあり すぐ切れなくなってしまうのですよ 昨今職人の手間が格安になってきてる中で カッターの刃代もバカにはできません 職人の技術云々よりも 材料の進歩が必要なのだと思います 決して雑な作業をしてるわけではないことは わかってほしいです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 断熱材の施工方法

    いつも参考にさせていただいております。 新築にあたり、ただ今断熱材を敷き詰めてくれています。 工務店には、断熱を重視しているので施工をしっかりお願いしますと口をすっぱく言ってます。 先日、途中経過を見に行ったところ、気になったところがありましたので、皆様のご意見をお聞かせください。 断熱材はグラスウールで、袋に入ったタイプのを使用しています。 手前に見える側は『この面が防湿層…』と書かれており、向きは正しく施工されています。 気になったのは、サイズの問題だとは思いますが、この袋を普通にカットして、長さ調節しています。 この施工方法だと、袋型・防湿層は意味ない気がしまして。 現場監督に質問すると、「ふつうはこんなもんですよ。お施主さんの家はこの上にさらに防湿シートを貼りますから、結露・気密は問題ないです」とのこと。 この他、電気配線工事も終わっていましたが、その際に邪魔になった(?)断熱材を押しのけて配線してありました。 一箇所指摘すると、一週間後にその部分だけは断熱材の切れ端を詰めておいてくれましたが、それ以外の部分は奥の透湿シートが見えてたりもします。 防湿シートを貼る前に、明らかに隙間は確認できるのですが・・・。 おまけに断熱材の上から貼られた、防湿シートもところどころに隙間が。。。 また一週間たって見に行ったところ、半分以上は石膏ボードが貼られてしまいもう確認できません。 残った半分からは、そのままの状態の断熱材も顔を出しています。 これって大丈夫でしょうか?? 大丈夫じゃない場合、泣き寝入りなのでしょうか?? ご意見お願いします。

  • 断熱材の選択で悩んでいます。

    断熱材の選択で悩んでいます。 来月、新築着工いたしますが、予定されていた断熱材が入荷できないみたいで変更になるそうです。 工務店側は当初マグオランジュ16K90mmの代用にロックウール100mmプラス防湿気密シート、 又はパラマウント社ハウスロンEQL16K105mmを提案されています。 その工務店は気密シートに慣れてはいない気がするので心配です。 ハウスロンEQLはオランジュより劣るような… どちらを選ぶのが無難でしょうか? また、オランジュより良いグラスウールで、エコポイント対象の商品がありますか?

  • 断熱材の工事について

    断熱材の工事について教えてください。 今、建てている家で断熱材の工事が終わったところなのですが、 所々、ちゃんと施工されていないように見えます。 具体的に言うと、断熱材の袋の部分は柱にちゃんとホッチキスのようなものでとめられて隙間はないのですが、その中身のグラスウールが少ないのか、家の内部から見ると外の防水シートが透けて見えている状態です。 このような状態で断熱性に問題はないでしょうか? 自分のイメージとしては、柱の間にびっちり断熱材が詰まっているというのが正しいのかなと思っているのですが・・・ ご回答よろしくお願いします。

  • 断熱材の施工

    2014年、建売住宅(在来工法)を購入し一回目の冬を過ごしたのですが、とても寒く感じたため原因を探したところ、以前工務店より頂いた住宅建築中の断熱材(グラスウール、充填断熱)施工写真にてメーカー施工手順と異なる点があり質問させていただきます。メーカー施工手順では、壁の断熱施工時はグラスウールの耳(防湿フィルム)を見附面に30mm以上重ねて留め付けるとありますが、すべて柱と柱の間にタッカーで留められています。メーカー施工手順以外の例外もあるのでしょうか。高気密、高断熱ではない住宅では、このような施工方法も標準となるのでしょうか。

  • 断熱仕様について

    現在新築中の者です。 当初、断熱をグラスウール16Kと気密シートで考えていたのですが、コンセント部の気密を完璧にする為、 壁は吹き付けの発泡ウレタンと予算の関係で2階天井裏に10Kのグラスウール100ミリ二枚重ね+気密シート付きを提案されました。 この仕様についての意見をお聞かせ願えればありがたいです。

  • 断熱材の施工

    我が家(在来工法の新築)で断熱材(グラスウール)の施工が始まりました。断熱材の品名(マットエース)が分かりましたので早速どんなものなのかで調べてみましたら、施工方法の悪い施工例(防湿シートの耳を間柱の見附ではなく横に留め付ける http://homepage.mac.com/headswill/glass/manual/sekou6.htm )で施工されていることが分かりました。この場合、どういった問題が起こるのでしょうか。正しく施工し直してもらうとすると、断熱材および付属の防湿シートが傷むような気がするので、是正するにしてもどうしてもらうのが良いでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • 高気密高断熱住宅に適したグラスウールの種類と厚み

    高気密高断熱住宅に適したグラスウールの種類と厚み 軸組充填断熱工法で次世代省エネ仕様にする場合、壁の断熱材 (グラスウール)はどのような種類が適してますか? ※断熱材と石膏ボードの間に気密シートで部屋を覆います Q1:片面に防湿層がついた袋入り品と裸のGWどちらがいいですか? Q2:断熱欠損ができないように、グラスウールは耳付品を使用し、   柱や間柱にタッカーで固定する施行方法が良いですか? Q3:3.5寸柱にグラスウールを充填する場合、III地域なので、   GW厚みは90mmが基準ですが、柱の厚みに近い100mm厚GWを   用い、透湿防水シートと石膏ボードとの隙間をできるだけ   少なくして充填した方が良いですか? Q4:下記の2種類のGW(100mm)の品質と値段は違うのですか?   (A)住宅用グラスウール24K(32K相当)   (B)高性能グラスウール16K(24K相当)  

  • 断熱材の変更(長文)

    在来工法、充填断熱、ネダレス、外壁通気層工法、気密シートなし、通気止めなしで、建築中です。(静岡県西部) 床はサニーライト400ミリが入り、これから壁と天井と2階床下にパーフェクトバリア(標準仕様)10k100ミリを予定していますが、工務店から”壁の断熱だけ、ネオマフォーム45ミリでやろうと思っています”と提案されました。(プラス料金なしです。) なぜこのようなことになったのかと言いますと、窓枠のまわりなどの狭い所は、耳付きパーフェクトバリアを切って施工している、つまり、耳が無くなった方に隙間ができやすい、という事と、下地(後々重い時計などをつけるための補強)を入れると、どうしても隙間ができる、ということからです。よく、石膏ボードと断熱材の間には隙間は作るな、と言いますよね?  ただ、現在の我が家の工法に、ネオマをつけてもあまり効果がないのではと思うのですが。 柱と、ネオマの間には、エースクロスという、気密テープをはるそうです。このテープの耐久性やネオマの収縮も心配です。ネオマの断熱の良さは知っておりますが、デメリットってありましたっけ? 何の問題もなく、しかも、少しでも効果があれば、使いたいのですが、 使うことによって何かデメリットがでてしまうのなら、パーフェクトバリアでいきたいと思うのですが。答えがでません。 単に断熱材だけの問題ではないので、本当に混乱してしまっています・・・ 高気密の家ではないので、夏涼しく、冬暖かいというのは無理という事は、承知しています。 ちなみに天井の100ミリは少ないと思うのですが(屋根はガルバです)

  • 天井の断熱材のDIYについて

    新築で家を建てております。 工務店の理解もあり、 ハーフビルドで取り組んおります。 天井の断熱材を自分で施工するのですが、 隙間無く施工するためにはブローイングで行うのが良いと聞きます。 材質はブローイング用のグラスウールを使うとして、 自分では吹き込みの機械を準備できませんので、 あの梱包の大きな袋を天井裏に持っていって、 そこで袋を開けて撒いていく・・・というようなことは はたして出来るものなのでしょうか?? 施工の順序はこんな感じでイメージしています。 1 あの大きな袋を、天井下地の上に必要分置いておく 2 梁のうえに間柱などを横に渡し、乗っかる場所を作っておく 3 ポリエチレンシートを天井下地に施工(ダウンライト部分には箱を設置済み) 4 点検口から天井の上にあがる。 5 袋を開けて、GWを撒いていく 無謀な行為でしょうか??

  • 断熱材の室内側の防湿気密シートの必要性について

    工務店に依頼して新築の家を計画中です。次世代省エネ基準を満たす仕様でお願いしています。壁について工務店側の仕様案は高性能グラスウール16k(防湿シート付きでないもの)90mmですが、断熱材の室内側に防湿気密シートの計画はありません(室内側から珪藻土→石膏ボード→グラスウール→構造用面材ハイベストウッド→防水シート→通気胴縁です)。また屋根断熱ですが、屋根についても同様に防湿シートがありません。  防湿シートなしで内部結露がおこらないか心配です。その点にについて工務店側に問い合わせたところ、 (1)冬は室内側はむしろ乾燥しているから、湿気はそれほどでない(ちなみに暖房はFFストーブの予定)。 (2)IV地域なので冬季でもそれほど外気温が下がらない。  以上の理由で内部結露の心配はないから防湿気密シートは必要ないとの説明がありました。この説明の通りなのか、やはりシートの施工を求めた方がいいのか教えていただけませんか。