• 締切
  • すぐに回答を!

小論文添削お願いします!

  • 質問No.7346347
  • 閲覧数2078
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/12)

テーマは「ゆとり教育の弊害」

ゆとり教育とは、知識重視型の「詰め込み」教育や、過度の受験競争に対する反省から生まれた教育理念である。現代の公教育において、ゆとり教育は学力低下の原因であるとされているが、ゆとり教育を見直すべきだろうか。
確かに、ゆとり教育には良い点がある。一つは、生徒にゆとりを持たせることによって、ある程度のストレスを軽減させることができる。そのため、校内暴力やいじめを防ぐことはもちろんのこと、非行や犯罪すら防ぐことを期待できる。もう一つはの良い点は、授業が週五日制になったことで、宿題を増やすことができるので、自分で物事を考えさせる力が身に付く。しかし、私はゆとり教育を見直すべきだと思う。
現在のゆとり教育に危機感を持った富裕層の保護者は、お金をかけてでも子どもを予備校や塾、または私立の学校に行かせるだろう。すなわち、経済格差によって、教育格差が拡大してしまうことになるだろう。さらに、予備校や塾といった教育サービスが増えていることも、教育格差が拡大することを加速させるだろう。最近、高等学校の授業料を免除するという経済格差による教育格差の是正策が施行されたが、ゆとり教育によって、さらに教育格差が拡大してしまうだろう。現代の社会は、教育格差をなくすことで、社会全体の生産能力を上げることが、この不況の時代、期待されている。
以上述べたとおり、教育格差の拡大を防ぐことが最も大切であるため、ゆとり教育を見直すべきである。

回答 (全2件)

  • 回答No.2
添削例です。

>ゆとり教育とは、知識重視型の「詰め込み」教育や、過度の受験競争に対する反省から生まれた教育理念である。現代の公教育において、ゆとり教育は近年の若者の学力低下傾向の原因であるとされている。ゆとり教育は見直すべきであると考える。

確かに、ゆとり教育には良い点がある。一つは、生徒にゆとりを持たせることによってストレスを軽減させることができる。その結果、校内暴力やいじめを防ぐことはもちろんのこと、非行や犯罪をも防ぐことが期待できる。もう一つは、授業が週五日制になったことで、宿題を増やすことができ、自分で物事を考えさせる力が身に付く。
しかし、私はゆとり教育は見直すべきだと思う。
現在のゆとり教育に危機感を持った富裕層の保護者は、お金をかけてでも子どもを予備校や塾、または私立の学校に行かせるだろう。すなわち、経済格差が教育格差を拡大してしまうことになる。予備校や塾といった教育サービスが増えていることも、この傾向を加速させるだろう。
最近、高等学校の授業料を免除するという是正策が施行されたが、これだけではゆとり教育によって教育格差が拡大してしまう傾向を抑えることはできないだろう。
現代の社会は、教育格差をなくすことで、社会全体の生産能力を上げることが期待されている。この不況の時代において、この理念は更に重要になっていると考える。

以上述べたとおり、教育格差の拡大を防ぐことは社会の要請であり、ゆとり教育を見直すべきである。

ご参考まで。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 44% (1487/3332)

>現代の社会は、教育格差をなくすことで、社会全体の生産能力を上げることが、この不況の時代、期待されている。

独断と偏見ですね。

「教育格差をなくすことで、社会全体の生産能力を上げる」逆を考えてみましたか。

教育格差をなくすせば、社会全体の生産能力が上がる? 説明が要ります。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ