解決済み

個人事業について質問です。

  • 困ってます
  • 質問No.7339949
  • 閲覧数199
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 0% (0/6)

個人で運送業をしています。
個人事業の登録はしておらず、売上があっても、必要経費、借金返済で自分の給与は実質5万ほどしかありません。

この場合、個人事業の登録はしなくても大丈夫なのでしょうか?
税金などはかからないのでしょうか?

現在、扶養に入っているのですが、個人事業も年間いくら売上があると、扶養から外れてしまうのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 51% (2555/4939)

借金というのは、仕事をするトラックを買うためにお金を借りました。その返済なのですが、経費の対象にならないのでしょうか?」
はい、なりません。

トラックを買ったときから、トラックは「減価償却資産」となり、毎年償却額が経費になります。

トラックの代金を現金で払っても、ローンを組んで支払っても、この減価償却の計算は同じです。
ですから、ローン返済額のうちの元本額を経費にしてしまうと「二重計上」になります。

なお、個人的な支出のためのローンは元本返済はもちろんですが、利息も経費にできません。

ところで、借金の返済をしてて金が手元に残らないのに、なぜ所得が出て税金がかかるのか?という質問があります。
それも真剣にです。
他人から借りたお金には所得税がかかってません。
「あんたは、友人から100万円借りたよな?所得税5万円払ってもらおう」と云われたらたまったもんではありません。
所得税がかかってないのですから、返済したときも経費になりません。
当たり前といえばあたり前ですが「金を払ってるのに、なぜ経費にならないのだ」という方が多いのも事実です。
悩みは調べるより詳しい専門家に聞こう!OKWAVE 非公開Q&A

『会社設立、開業、法人化に関する』悩みに強い専門家

※完全非公開、1,080円(税込)

起業支援の専門家
アックス
経営支援事業部

質問する非公開
他カテゴリーの専門家を見る

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 38% (1101/2843)

開業したばかりでしたら
来年の消費税も関係してきますから申告は必須だよ。
個人事業者に給料ってありませんし勿論、それは
経費になりませんしそれに他の方がおっしゃっているとおり
借金を経費と誤って勘違いしているように自分では儲かって
いないようでも実は税金の必要な収入の場合もありますので
しっかり申告しましょう。
後からばれて追徴されるよりマシですよ。
知らなかったは通じませんからね。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 51% (2555/4939)

借金返済で大変でしょうが、借金の元本返済額は、事業所得の経費になりません。
その点を見直して「所得」が出るようなら、確定申告をしましょう。

なお、所得金額が年間で38万円以上あると税法上の控除対象扶養親族にはなれません。
補足コメント
hanae1107

お礼率 0% (0/6)

回答ありがとうございます。

借金というのは、仕事をするトラックを買うためにお金を借りました。その返済なのですが、経費の対象にならないのでしょうか?
投稿日時 - 2012-03-04 23:04:15
  • 回答No.1

ベストアンサー率 47% (10403/21780)

>個人事業の登録はしておらず…

道路関係の法律で「運送業の登録」ならあるかと思いますが、「個人事業の登録」とは何でしょうか。
税法で決められているのは、「個人事業の開業届」です。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm

>借金返済で自分の給与は実質5万ほど…

サラリーマンではないのですから、「給与」はありません。

>売上があっても、必要経費…

を引いた分が、「所得」(利益) です。
借金の有無は税務手続とは関係ありません。
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>この場合、個人事業の登録はしなくても大丈夫なのでしょうか…

開業届のことなら、先の URL にあるとおり、開業から 1ヶ月以内に出さないといけません。
遅れともペナルティはないようですから、明日にでも出しておきましょう。
PDF を印刷して郵送するだけで良いです。

>税金などはかからないのでしょうか…

お書きの状況だけでは判断できません。

>現在、扶養に入っているのですが…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

>個人事業も年間いくら売上があると…

1. 税法の話であれば、「売上」は関係ありません。
「所得」が 38万円以下が最低条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

>扶養から外れてしまうのでしょうか…

配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
夫 (親?) が会社員等なら今年の年末調整で、夫が自営業等なら来年の確定申告で、あなたの今年の決算結果を見て、今年分の判断をするということです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
職探しで苦労したこと、重視したポイント。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ