解決済み

先祖の土地についての手紙がきました。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.7335202
  • 閲覧数744
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 92% (12/13)

久しぶりに質問をさせて頂きます。

遠い親戚から手紙がありました。
内容は明治時代から先祖の名義のままで管理してきた土地があり、
その土地に道が建設されることになったため自治体より返還要請があり、
先祖名義の土地の権利放棄するので、子孫に所有権移転の手続きをして欲しいという内容でした。

また、手紙に「相続分不存在証明」という書類が2通同封されており、
文章冒頭の名義が直系の先祖にあたる人物と、直系の先祖の兄弟の名義が書かれていました。
その書類両方に署名捺印をして欲しいとのことでした。


相続分不存在証明の内容は…
○○(人名)は被相続人より民法第九百三条第一項規定の贈与をすでに受けており、被相続人の死亡による相続については
相続する相続分が存在せず同条第二項に該当する者に相違ない事を証明します。

この書類が何を意味するのか、土地は無償で放棄されるのか、
遠い先祖の相続についての証明を何も知らない子孫ができるのか、
色々とわからない事が多く、手紙の差出人にコンタクトを取ってみたいと思いますが、
結局は何も知らないので相手の言うことを鵜呑みにするしか無いので、
連絡をする前に予備知識を仕入れておきたいと思い質問をしました。
同じような事例を経験された方や、この辺りの法律に詳しい方がいたらご教授願えたらと思います。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 32% (852/2623)

道路建設のために土地の返還というのはちょっと疑問ですね。買収される可能性もあります。
相続分不在証明というのは、それを出す事で相続の権利を主張しないということですが、それで良いのかどうかは身内で相談して判断してください。注意が必要なのは、今回道路になる土地だけの事か?あるいはどさくさに紛れて他にも財産があるのに放棄させようとしているのか?という点だと思います。
道路になる土地が本当に返還なのか、買収されるのかについては直接自治体へ問い合わせれば良いと思います。あなたにも権利があるのですから教えてくれるはずです。
お礼コメント
creatures

お礼率 92% (12/13)

回答ありがとうございます。
確かに今回の件で返還先の自治体役員の連絡先も書いてあったので、間違いは無いと思います。
ただ、相続分不存在証明書は今回の土地に限らず、一切の権利を放棄するので、土地以外に財産が無いか確認をする必要がありますね。
投稿日時 - 2012-03-01 22:37:33
感謝経済

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 24% (918/3743)

要するにその土地について権利の主張はしません ということを承認する書類です

ああだこうだ言わずに承認することです(そんな土地が有ることも知らなかったのだし、何の管理もしてこなかったのですから)
質問者が権利を主張すれば、同じ様に管理に要した費用を負担しろとなります

変な欲を出すことは百害あって一利無しです
親戚を信じて権利j放棄することです 大した財産ではありませんし、数十年何の権利主張も保全対策もしてこなかったのですから

>その土地に道が建設されることになったため自治体より返還要請があり

返還要請ではなく提供の要請でしょう
お礼コメント
creatures

お礼率 92% (12/13)

わかりやすい回答をありがとうございます。
確かに今までその存在すら知らなかった土地ですし、
欲をかかずに権利を放棄するのが良いですね。

最近は権利ばかり主張して義務を果たさない人が多いので、
そうはなりたくありませんね。
投稿日時 - 2012-03-01 22:31:32
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数によるOK-チップ配布スタート!

ピックアップ

ページ先頭へ