• 締切済み
  • すぐに回答を!

屋根の雪に困っています

屋根に太陽光がのっています。 この大雪で、屋根から雪が一気に落ちて隣の樹脂のフェンスを壊してしまいました。 冬場は発電しなくてもいいからと思い、雪止めをのせようと思い工務店に見てもらったら 雪止めをのせると雪の重みで太陽光が壊れるかも知れないし、屋根いっぱいにパネルがあるから 軒先すぎて屋根に負担がかかるからのせないほうがいいと言われました。 2年前に、フェンスより高い単管のフェンスを立て去年は大丈夫でしたが、今年は単管フェンスを 乗り越えてしまいました。 いったいどんな対策をすれば樹脂フェンスを壊さないで冬を乗り越えられるのでしょうか? アドバイス、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2004
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#222312

質問者さん宅はよほどお隣との距離がないお宅なんですね。 このような住宅地の場合は初めから想定できたことであろうと思います。 物を壊してるうちはお金で解決できますが、万一人を怪我させたら大変な事になります。 一番確実なのはお宅の敷地内に高くて丈夫なフェンスを作る事です。 屋根の角度を計算し、お隣に落雪しないようにする事です。 人力による屋根の雪下ろしはこの場合は現実的ではありません。 下に降ろせば同じ事になります。 それに非常に危険です。 積雪地では雪に水をかけてはいけません。 雪が溶けずに余計に水分を含んで重くなるだけです。 ある程度重くなると今度は一気に滑り落ちます。 とても危険です。 うちの近所で最近太陽光を乗せたお宅があります。 先日の雪が一気に屋根から落下し、下のカーポートを見事に破壊してました。 こんな事始めから想定できたはずなんですがね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 来年は屋根に水を流そうと思っていたので、水をかけてはいけないことを知りセーフでした。

関連するQ&A

  • 隣家への屋根雪による被害の責任の所在

    一戸建ての住宅(個人所有)に住んで15年になりますが、4年前に太陽光発電のパネルを屋根に取り付けました。2年前の大雪時にパネルからの雪が隣のアパートの駐車場に落雪し、当時は何も被害は出ませんでしたが、アパートの大家さんから何らかの対策を講じるよう言われました。これを受けて太陽光発電のメーカーに対策を講じるようお願いしましたが、何の対処も講じないため、昨年の降雪前に知り合いの工事業者に依頼し、簡易的なストッパーを取り付けていただきました。これで一安心したのですが、今年の大雪により先日パネルの雪が落下し、アパート借家人の乗用車が大分凹んでしまいました。  この場合の損害賠償責任は誰にあり、今後の対応はどのようにすればいいのか教えていただけないでしょうか?  よろしくお願いいたします。

  • 水道凍結防止帯で屋根の融雪は可能でしょうか?

    最近、太陽光発電パネルを35/100傾斜の屋根に付けました。 近年は積雪量が大したことがなかったのですが、年明けのドカ雪が太陽光発電パネルを遮り、一週間ほど発電がまったくできない状態でした。 雪が融けていく状態を観察していましたが、太陽光発電パネルより若干下に設けられている雪止めアングルに雪がせき止められ、太陽光発電パネル上の積雪がスベリ落ちず、長時間遮光していた模様です。 そこで、安価な融雪方法として、雪止めアングルに沿うような形で水道凍結防止帯を直線的に(アングルに巻きつけるのではなく)敷設すれば、雪止めアングルにせき止められた雪が融け、太陽光発電パネル上の積雪が順繰りに解け落ちていくのではないかと考えました。 屋根専用の融雪板や太陽光発電パネルそのものに取り付ける融雪システムがあることもわかりましたが、導入コストが高く、超豪雪地帯というわけでもないので費用対効果を考えると躊躇してしまいます。 水道凍結防止帯であれば、防水性・対候性が期待でき、2,000円弱/5mと比較的安価ですし入手も容易です。しかしながら、ワッテージから推測するとそれ程大量発熱するようなシロモノではなさそうなので、効果が期待できるか不安です。積雪したら通電し、融雪の補助になれば望ましいのですが・・・。 つきましては、実際に水道凍結防止帯を融雪に用いたり、それ以外の安価な手法で太陽光発電パネル上の雪を除去されている方やその方面に詳しい方の御意見を拝聴させていただきたく、よろしくお願いいたします。

  • 太陽光発電パネルの雪対策設置について

    当方、北陸の方に住んでおり、冬場はそれなりに雪が積もります。今、屋根に太陽光発電パネルの設置を考えていますが、できるだけ南面の屋根にパネルを設置したいと思っています。当家の屋根は寄棟型であり、4寸勾配です。そこで、業者に聞いてみたのですが、南面へ設置できるパネル数には限界があり、私の希望枚数の取り付けは難しいとの見解でした。私の希望を受け入れると、以下のような問題があると聞きました。 (1)南側屋根の縁からパネルまでの距離が50cm程度しか空かなくなり、設置作業スペースが十分に確保できない。 (2)雪止めがパネル下に隠れてしまい、積もった雪が落雪して危険である。特に落下域が玄関口になるため、危険である。 (3)屋根面いっぱいにパネルが乗るため、パネル下への風邪の巻き込みが生じて屋根やパネルを損傷するおそれがある。 (1)については何とか施工方法を工夫してできないものかと思っていますが、(2)については屋根の縁に新たに雪止め金具を取り付けた方がいいのか、それとも何もつけずに少しずつ雪を滑り落とすようにした方がいいのか、悩んでいます。具体的な事例があればいいのですが、なかなかマッチする例がありません。(3)についてもあまり例がなくよく分かりません。 どなたか詳しい方がおられましたら、アドバイスをいただけないでしょうか。

  • 回答No.2

雪国で、背丈を越える柱を建てて、冬にパネルを建て込む仕様を見ます 或いは、井戸水を屋根上配管から、降雪時に流し、雪を溶かしますね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 フェンスをもう少し高くしてみます。

  • 回答No.1

雪は1m^3(1m×1m×1m)で約650kgあります。 >いったいどんな対策をすれば樹脂フェンスを壊さないで冬を乗り越えられるのでしょうか? 定期的に雪降ろしをしましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ちょっとした屋根的なもの雪で倒壊の場合。

    最近の大雪で雨避けというか日除けというか家の縁側に付いているちょっとした屋根的なものが雪の重みで倒壊しました。 火災保険で保険金はおりますか?

  • 隣の家の屋根から落ちてくる雪が・・・

    私の暮らす東海地方は大晦日に雪が降りました。 引っ越してきて初めての雪。。。 こんなことになるとは思いもよりませんでした。 隣の家の屋根から落ちてくる固めのシャーベット状の雪が、我が家の窓や外壁、外灯に当たり困っています。 大晦日の夜から元日の明け方まで、窓が割れてしまうそうな勢いの雪が次から次へと・・・新しい年の始まりが、こんな状態でした(T_T) うちは昨年7月に、隣は10月に越してきたばかりの新築住宅です。我が家の方が先に建てたので後から屋根の形など変えることもできない為、隣を建てた工務店を通し話をしていただいたのですが、工務店の話では、我が家側と反対側(歩道)の方も危ないので雪止めを付けた方が良いです。と伝えておきましたのでと言うことだったのですが、まだ返事が返ってきません。もし対処していただけない場合どうしたら良いでしょう。 今までにも、この工務店の工事に関して余りにも我慢できないことが多く何度か注意させていただき、一応、その都度、対処はしてくれていたのですが、結局、工事を始める際にあいさつにも来なかったし、、、 引っ越して来た、お隣さんもあいさつにも来てくれないし。。。 また次に雪が降ったらと思うと憂鬱でなりません。 沢山の意見お待ちしておりますので宜しくお願い致します。

  • 屋根瓦の雪止め

    現在、新築工事中ですが、隣の家から「雪止めは付いてないんですね」と言われました。 これは、暗に雪止めを付けてくれと言われている気がしますが、雪止めを付けることは、 どの程度効果があるのか良く理解できていません。 拙宅の地域は、雪が降るのは年に2、3回で、積雪は最大でも10cmまではいきません。 屋根は切妻の5寸勾配の平瓦で、最長5m程度勾配が続く場所があります。 また、拙宅と隣の家の境界までは1.2m程度ですが、軒先からだと50cm程度です。 そこで、質問なのですが、この条件で雪止めを付けると、雪は屋根で溶けて殆ど落ちていきませんか? それとも、雪止めを付けることで、かえって雪を堰き止めてしまって、 落ちるときは大量に纏まって落ちてしまうことは無いでしょうか? 経験者の方や、事情に明るい方のご意見をお聞かせ下さい。

  • 家の屋根について

    先日太陽光をつけようと八年目の家の屋根を見てもらったら、我が家もやはりパミールAを使用していて屋根がめくれていました。メーカーは今の屋根の上に違う屋根材を渡すので足場や取り付けは自費でしてください…とのことだと工務店から言われました。そんなめくれてる屋根にのせるのはどうなのか?さらに太陽光などつけれるのか?そんなクレームだらけのメーカーの商品をまたつけるのも不安で…さらに他の家からもクレームがあったことを工務店は知ってるはずなのにおたくの家はどうですか?と連絡もない工務店に苛立ちです。パミールAを使用していて屋根がめくれてしまった皆さんその後はどうされてますか?

  • 雪止め金具について

    奈良に住んでいます。 お隣から先日の積雪でうちの屋根に積もった雪がお隣の屋根に落ちるため雪止め金具を取り付けて欲しいと要望がありました。 工務店さんにこの件を相談したのですが、 奈良で雪止め金具を取り付けている家は見たことがないし、 自分も取り付けたことがないのでどの程度効果があるのかわからないといわれました。 めったに雪の積もらない地域なのでできるだけお金がかからない方法で対策をとりたいのですが、何かよい方法は無いでしょうか? また費用はどの程度かかるのか教えていただけませんか? 宜しくお願いします。 それとお互いの敷地内に雪が落ちているのは確かなのですが、 うちの屋根の方がお隣よりも下がっているためうちの屋根に積もった雪がお隣の屋根の上に落ちるというのは正直疑問です。 雪止め金具を取り付けるのであればお互い取り付けるようお隣と話をしようと思っているのですが、伝え方が悪くて今後気まずくなるのも嫌ですし、 どのようにお隣と話し合えば角がたたないかアドバイスしていただけると助かります。

  • 雪止め金具の設置費用

    いつもお世話になっております。 地域は千葉で、雪は年に数回降る程度でして、大して積もらない時もあります。 しかし雪が積もった時、雪がお隣さんの屋根から落ちてきて、軒下(ちょうど敷地の境界あたり)にずらっと雪の塊が出来てしまいます。 屋根に雪止めという金具をつければこの状況は改善されるでしょうか? 実はちょうどその軒下の境界付近にどうしてもフェンスをつけたいと思っておりまして(何のフェンスもなしに2mの距離でちょうど掃き出し窓がお隣と向かい合わせなので、目隠しも兼ねて)、しかし落雪の衝撃でフェンスが壊れる可能性があるのが心配なのですが、雪止めをつければそれは防げるのでしょうか。 また、つけるとしたらだいたいどのくらいの費用がかかるのでしょうか。 昔からある一般的な木造家屋で、屋根は昔ながらの瓦で勾配も普通だと思います。地面から軒先までの高さは目測で大体3.5~4m位かな?と思います。 設置したい長さは4m程です。 費用によっては、こちらで金額負担してお隣の屋根につけさせてもらおうかなと思っています。 (落雪の衝撃で壊れないフェンスをつくる方が費用がかかりそうと思いまして…) どなたかアドバイスいただけましたらありがたいです。よろしくお願いします。

  • 屋根の雪止めアングルが注文内容と異なっていることに4ヶ月経ってから気づいた

    昨年の7/31に注文住宅の引渡しを受けました。 最近雪が降り出したので、屋根を注意してみてみたら屋根の雪止めアングルが注文内容と異なっていたことに気づきました。 実は基礎が90cmほどあり、敷地そのものが道路より50cmくらい高くなっている上に、真四角の構造のため、屋根上はかなり離れてみないと見えないので、引渡し当時はトンボが設置されている程度しかチェックしていませんでした。 複写式の打ち合わせ内容を見返すと「雪止めアングル2段を上段部分とんぼ型に変更」と明記してあるのですが、実際は、屋根には全体にとんぼが交互に屋根の中段から軒先まで設置されているだけでした。 途中をとんぼにしたのは屋根融雪を設置したために均等に雪が溶けやすくするためです。 私は雪が落ち難いように、軒先は通常の雪止めアングルを希望していました。 こういった引渡し後4ヶ月経過して気づいた仕様との違いは今更変更可能なんでしょうか? とりあえずHMは年末休暇に入っているので確認できないんですが、今更工事しなおしをさせるのは無理があるんでしょうか? 足場設置を考慮すると数十万円の工事のような気もしますが・・・・

  • 屋根について(新築)

    我が家の駐車場兼畑がある土地の隣地が新築中です。 棟上から約1ヶ月、現在は外壁のサイディング貼りと内部へ大工さんが入っておられるようです。 棟上からしばらくして屋根工事をされたのですが、この屋根について不安があり、質問させていただきます。 屋根の素材はカワラボウというのでしょうか、艶のない金属系の縦に長いものを連ねて作られています。 屋根の形状は今風なのでしょうか、家の3分の2が切妻で、残りの3分の1が切妻の屋根の終わりから垂直にせり上がり 片側のみの屋根(三角定規の長い辺のような形)になっています。(説明が悪くてすみません、お分かりいただけますか?) この片側のみの屋根が我が家の駐車場に隣接する形(当方の敷地内にあるブロック&フェンスの塀に降りてくる感じ)です。 土地ギリギリまで建物を建てられており、我が家の塀と屋根の庇は目視で5~10cmほどしかないように見えます。 当方の住まいは寒冷地ではありません(水道業者さんに聞きました)が、ひと冬に2~30cmの積雪は 当たり前のように何度も降り、時には50cmを超える積雪があります。 周辺の家はもちろんついていますし、当方新築時にも雪止めはオプションでしたが、 住宅メーカーからも必需品と言われており、当たり前の仕様だと認識しています。 ところが、お隣の屋根には、屋根に全く雪止めがついていないのです。 今のままの状態ならお隣の片屋根に積もった雪はすべて我が家の花壇・洗濯物干し・カーポートの上に 落ちてくるように思えてなりません。 近所に建った家はすべてカラーベストか瓦の屋根なので、屋根工事が終わる時には既に雪止めはついておりましたが、 カワラボウの屋根ははじめてなので・・・(既築の家にはありますが、雪止めはついています) 工事の手順としては、後で取り付けられるのが普通でしょうか? 工事している工務店は地元の工務店(同じ市内)なので、雪の状態を知らないとは思えません。 もし、お隣の雪が落ちてきて我が家に被害が想定されるのなら、今から申し出た方が良いのでしょうか? それとも、被害にあってからでないと申し出られないのでしょうか? 主人は完成後に雪止めがついてなかったら、言ってみてはどうだというのですが、私は不安で不安で・・・ 12月末が引き渡し予定だと聞いていますが、今の状態を見ているともっとかかりそうに思えます。 雪が降る前に対処して欲しいと思うのですが・・・無理でしょうか?

  • 雪国の太陽光発電について

    雪国に住んでいるので太陽光発電はまったく興味がなかったのですが・・・・ 先日CMで「雪が積もったらどうするの?」という問いに対して「表面がつるつるしているので積もらないので大丈夫」といった感じで流れていました。 雪国での太陽光発電て実際どうなのでしょうか? 冬場も夏場の半分くらい発電してくれるのならすごく興味ある製品なのですが・・・・ オール電化で現在も夏場、冬場で3万/月なので正直つけたいというのが本音です。 ただ、雪が屋根に積もらないということはドカドカと雪が屋根下に溜まるのでしょうか? (隣と50cmしか離れていないので隣人のクレームが一番怖い) すみませんが雪国の太陽光発電について長所、短所ともにいろいろと教えてください。

  • 傾斜31度、高さ6mから雪や物の落下の飛距離

    太陽光発電のパネル(約15kg x 10個)を2Fの屋根(地上6m)に設置しようと 思ったのですが、屋根の端から道路まで1.2mしかない事に気付きました。 仮にパネルから雪や、パネル自体が落下した場合、道路まで届いてしまうでしょうか? また、その破壊力はどの程度危険なものでしょうか?