• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

低金利政策の効果について 教えて下さい

低金利政策が続いていますが、一般的に金利が低下することで、景気回復を促す効果ってどんなことがあるんですか? 教えて下さい。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1611
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

ほとんど回答は出ていると思いますが、別の側面からも一言。 一般に金利が高いと海外からも資金が集まってきます。 (外貨建預金は金利が高いので、為替リスクがあっても貯金したくなりますよね) 日本はご存知の通り輸出大国なので、円が売られて円安になると得をします。 (輸出が増えても売上を円に換金しようとして、相殺されるのですが) そういった意味もあるので、金利は低い方が良いと思います。 基本的には 1.低金利による設備投資増→内需拡大 2.輸出による貿易収支向上 と考えると良いかもしれません。でも2.に頼ると相手国からの反発も・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなってすみません。簡潔で分かりやすかったです。ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • momyu
  • ベストアンサー率30% (12/39)

一般企業が借り入れ易くなる。「金利が低いぞ。今がチャンス!!」      ↓ 借りたお金で設備や雇用を確保。「会社の基礎が出来たぞ!儲けるぞ~♪」      ↓ 仕事が上手く行くと会社が儲かる。「やったぞ。利益が出たよ!!」      ↓ その会社で働く人に給料が出る。「儲かったからお給料あげるよ♪」      ↓ 社員が給料で喜ぶ。      「わーい。給料だ~給料だ~!」      ↓ お給料でお買い物をする。   「これを買いたかった。あれも買えるぞ!」      ↓ その店も儲かる。       「最近みんな景気いいみたいだな。」      ↓     続く。 というように簡単なチャートで紹介させていただきました。みんなお金を持つこと でお金の回り具合がよくなると景気は回復していきます。 ですが上の例は理想論でありまして、必ずしもそうはいかないというのが現状です。 みんな「不景気、不景気。」と不安がいっぱいなので、お金を使うことよりも貯蓄 に専念しています。銀行にお金が沢山あっても経済には何の効果も得られません。 お金はみんなのところに循環しなければ景気の回復にはならないのです。 今、日本に必要なことは「無駄遣い」なのかも知れませんね。(^-^

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 政策金利を0%近く下げると普通はどうなるのですか?

    日銀が政策金利を0%近くまで引き下げても 景気回復が進まなかったことから、 2001年3月に量的緩和策を初めて導入しました。 具体的には、公開市場操作で金融機関から国債を大量に買い入れ、 銀行などが日銀に開いている当座預金口座の残高を目標額まで 増加させることにしました。 これにより、銀行に融資の積極化や債券などの資産購入を促し、 経済の活性化を図ろうというものです。 日銀は06年3月にこの政策を解除しましたが、 13年4月に操作目標を再び金利から量に移す 「量的・質的金融緩和策」を導入しました。 また、米国の連邦準備制度理事会(FRB)や 欧州中央銀行(ECB)なども量的緩和策を導入しました。 政策金利を下げるだけでも今までは効果があったけれど それでもだめで、お金をじゃぶじゃぶ放り込んで インフレの状態にしているということなのですか? 教えて下さい宜しくおねがいします。(*´∀`)

  •  量的緩和政策でゼロ金利よりも、金利が下がる?

    「日本銀行当座預金残高を増やすことによって、どのような効果が期待できるのですか?」に対して次のような答えがあります。   期待される効果としては、次の 3つが考えられます。  (1) 短期金利の一層の低下。  (2) いわゆるポートフォリオ・リバランス効果。日本銀行当座預金は、安全ですが利息を生まない金融資産です。これが積み上がれば、金融機関はより有利な運用先を求めて貸出や債券・株式投資などに資金を回すことができるのではないか、という考え方です。  (3) 期待効果。「日本銀行が資金供給を増加させれば、いずれは物価上昇や景気回復につながる」という予想が人々の間に生じて、企業や家計の景気に対する見方が改善されることで、企業の設備投資や個人消費が改善すると期待されます。    どなたかこれを説明して下さい。特に (1) 短期金利の一層の低下。 量的緩和政策以前からゼロ金利政策が実行されていた。日本銀行当座預金残高を増やすと、ゼロ金利よりも低金利になる?  (2)に関して言えば、これでは「日本銀行当座預金を取り崩して、資金を回す」と読める。本当ですか?せいぜい20~30兆円市場に回しても、M2+CDの705兆6000億円に影響はないでしょう。  (3)に関して言えば、グリーン・スパンさんが言えば影響力もあるけれど、福井俊彦さんではどうもね………  私にはどうも納得できないので、どなたか説明してください。

  • 政策金利

    どこの国でも景気状態などによって政策金利(アメリカの場合だったらFFレート)を引き上げたり引き下げたりしていますが、この金利は短期金利にあたりますか?それとも長期金利でしょうか??

  • 乗数効果について

    学校で公共事業の実施が乗数効果が景気回復に役立つのはわかったのですが、昔と比べてみるとなんで乗数効果が低下しているのでしょうか? 投資額を減らしているからですか?

  • デフレと金利の関係

    デフレになると金利はどう変化しますか? あるいはこの二つに相関関係はないのでしょうか? デフレになると一般的には金利を下げて景気回復を図ろうとすると思います。しかし、そもそもデフレってお金の価値が上がっている状態なので金利が上がる方向に向かうのでは、とも思います。 デフレと金利の関係について教えてください。

  • 日本の景気回復に有効な政策は?

    今の日本は、大変景気が悪く、利子率も下がっています。景気回復のためには、赤字国債を発行してでも、財政政策をするべきなんでしょうか?それとも、増税し、先に赤字を減らすべきなんでしょうか?

  • 金利がこれから上がりそうと思うのですが住宅ローンを固定金利にした方がよいでしょうか

    景気回復が見えてきたということで今後は金融引き締めのような感じを昨今の報道で受けます。現在とりあえず3年固定の金利1.9%、融資残高2100万円、ローン期間あと15年といったところですが、金利2.95%、全期間固定に借り替えるかどうか迷っています。アドバイスして頂けないでしょうか。

  • ★景気と格差社会について★

    安倍政権は何かと格差を拡大させるような政策ばかり、次々と繰り出して来ますが、これって、景気回復に効果的なのでしょうか?・・・ 1.格差拡大は大いに景気回復効果あり・・・ 2.格差拡大で、益々景気は悪化する・・・ 3.どちらとも言えない・・・ 4.その他の意見・・・ さて、あなたの意見は?・・・・・・・・・・・・・

  • アメリカの景気回復

    テロ事件の後、アメリカは景気回復のために金利を下げているが、金利の引き下げはなぜ景気回復に役に立つのですか?教えてください。ありがとうございます。

  • 政策金利が上下すると借りたお金は

    政策金利とは銀行が日銀から借りるお金の利率と聞きました 景気を上げたい場合は企業の負担を減らすため利率を下げたり 逆に景気に過熱感がある場合は利率を上げて引き締めたりするんですよね では時に日銀の方針転換で政策金利が上下すると、前に借りたお金の利率も変わってしまうのでしょうか? 利率が安いからと思って借りた銀行や企業はそれだと苦しくならないのでしょうか?