• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「かざぐるま」の詩の作者

中学か高校の国語の教科書に載っていた、「かざぐるま、かざぐるま・・・」という詩の作者を調べています。 ネットで検索しても、まったく分かりません。 ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

中学の教科書なら、北原白秋「糸車」ということはないでしょうか。 http://homepage1.nifty.com/senburi/hon/hon12-2.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たぶん、そうです! 私の勘違いだったようです。 ご回答、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 「かざぐるま」の詩の作者

    中学か高校の国語の教科書に載っていた「かざぐるま、かざぐるま・・・」という詩の作者名を教えて下さい。 ネットで検索しても、まったく分かりません。 よろしくお願いします。

  • こういう詩をご存知の方いらっしゃいますか?

    「これっぽっちの」という言葉がキーワードになっていて、繰り返し使われている詩です。 確か、「これっぽっちの悲しみが・・・・」というフレーズもあったような気がします。 かなり昔、確か中学か高校の教科書に載っていたと記憶しているのですが、その詩が思い出せなくてモヤモヤしております。 ネットで検索しても出て来てくれません。 もしご存知でしたら、作者と題名などご存知でしたら教えていただけると助かります。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 詩の作者、タイトルを教えて下さい。

    高校の現代国語の教科書に載っていた詩で 【忘れようとしたことさえ 忘れてしまったときには】という文がある詩をご存知ありませんか? ウラ覚えなので、ちょっと違うかもしれません。 ずっと中原中也だと思っていたのですが、詩集をみても探せません。 20年近く前の教科書です。お願いします。

  • 国語の教科書にあった詩の作者、タイトルが知りたい

    30代のものです。小学校のとき国語の教科書にあった詩の作者とタイトルが思い出せないのでご存知の方、教えてください。 あらすじは女性が電車で席をゆずるのを作者がみているという話で、始めにゆずった人にはお礼をいわれず、二人目には丁寧にお礼をいわれ、3人目に対しては席をゆずらずじっと耐える、というそんな話でした。強く余韻の残る詩だったので読み返したいと思ってます。 宜しくお願い致します。

  • かっこう という詩

    友人が長い間探している詩が有ります。中学校の国語の教科書に出ていた 『かっこう』 という詩です。 作者は金子光晴か井上光晴かのどちらかだったようです。検索してみましたが詩の一部分しか出てきませんでした。全部をもう一度読みたいと思っています。どなたか教えていただけませんか?

  • 翻訳詩「かれら」の作者は?

    今から40年も前の高校の現代国語の授業で聞いた、「かれら」という題の翻訳詩の作者がどこの国の誰かを知りたいです。内容は「かれら知る よろこびに果てあることの悲しみを かれらは知らず かなしみに果てあることのかなしみを」です。強く印象に残っている詩です。よろしくお願いします。

  • 詩の題と作者を・・・

    母に頼まれてずっと探している詩があります。 ”「コトバモ」とシャスティーンは言った” というような文で始まるものらしいのですが、 これだけで検索してもヒットしなくて・・・ どなたかこの詩をご存じの方がいらっしゃいましたら ぜひタイトルと作者名を教えて下さい。 よろしくお願いいたします。

  • 国語の教科書に載っていた詩

    国語の教科書に載っていた詩についてですが、作者もタイトルも、詩の一節さえ分かりません。内容は雪に関するもので、それまでの汚れを隠すように雪は降り続くみたいな内容です。わずかな情報ですが、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いします。。

  • 国語の教科書に載っていた詩の作者とタイトル

    30年位前の国語の教科書に載っていた詩の作者とタイトルをご存じ無いですか? 無人の駅舎に電車(もしかすると汽車だったかも)が止まります。プラットホームにはコスモス?の花が揺れていて、のどかな昼下がりの状況です。 ドアが開いても降りる客はいないし、又乗り込む乗客もいません。電車のドアがしまって発車しました。といった内容なのです。教科書の見開き1ページ位の短い詩なのですが、”誰も降りない、誰も乗らない”というフレーズが妙に印象に残っています。よろしくお願いします。

  • この詩の作者を知りませんか?

    この詩の作者を知りませんか? 仕事の関係で、以下の詩の出典を確認する必要に迫られています。 私はあなたの小川。 私はあなたに似たいのです。 私の水に岩にして わななく私を感じてほしいのです。 私の魚を食べ尽くし、 私を飲み尽くし、 私を飲みほし、 私を無いものになさってください。 聞き覚えた詩なので、字句が正確ではないかもしれません。 ある人が「フランスの詩人、イヴァン・ゴールだ」と言っていたのですが、ネットで探してもそのような人物・内容がヒットしません。 もしご存知の方がおられたら情報をお願いいたします。