CAEとMATLABの違いについて

現在、私立大学工学部の三年になるものです。 これからの研究にCAE(COMSOL)とMATLABを使用して行く状況になっ...

my3027 さんからの 回答

質問者が選んだベストアンサー

  • 2011/11/03 20:30
  • 回答No.1
  • ベストアンサー
my3027

ベストアンサー率 33% (495/1499)

Matlabしか知りませんが参考に。

CAEというのはかなり広い範囲を含んでいるので、MatlabもCAEソフトの一種と言えるでしょう。理由はコンピュータを工学計算に利用するからです。ブラックボックスが存在し~の説明の意味は私にはわかりませんが、simulinkの事を指しているのかもしれませんね。私はmatlabはプログラムを簡単に書け、可視化も簡単に出来るパッケージという認識です。simulinkではビジュアル的に伝達関数の関係を構築し、全体システムの挙動をシュミレートするという印象です。

COMSOLは有限要素法での汎用パッケージソフトと思われます。プリ、ソルバー、ポスト処理がセットになってプリで作成したモデルをソルバーで解き、ポスト処理で可視化するというのが簡単に出来ます。逆にMatlabは有限要素法でも差分法でも自分で作成したプログラムで結果を出力できますが、自己でプログラムを書く必要があります。

大きな違いは、前者は様々なアプローチが出来るがそれを自分でプログラミングしないといけない。後者は有限要素法で決められた処理法の中で、必要な初期条件と境界条件でそれを決まったソルバーで解く。専門化されている分融通は効かないが、ユーザーは楽という違いです。共通してるのはどの方法(有限要素法、差分法等)を使うのあっても、結果は近似値です。また、matlabはインタプリタなので計算時間は遅いです。
お礼コメント
taka41456

お礼率 100% (1/1)

お礼が遅れてしまい申し訳ございません。
また、わかりやすい回答をありがとうございました。
MATLABとCOMSOLはCAEの同じ括りの中でプログラミングにより様々なアプローチが出来るか
(手法にあったプログラミングが出来ないといけいない)、有限要素法という専門家された中で融通が効かない分、ユーザーが楽になる。
このような違いがわかりました。
これを元にこれからの研究を励んでゆこうと思います。
投稿日時:2011/11/05 23:11
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • CAEという職種 その他(車・バイク・自転車)

    こんにちは。 CAEという職種について、私のイメージでは、 (1)3Dデータにメッシュをはる (2)境界条件・物性値・初期値等を入力してソフトで計算 (3)出てきた解析結果を設計にフィードバック&実機と比較 っといった感じです。 上の3つだけを見ると特に大学で習うような機械工学の知識はあまり必要なく感じ、 何か1番大事な事が抜けている気がしてなりません。 そこで質問なんですが、 (1)CAEという職種は実務的なところどんなことをするのでしょうか?できれば具体的に教えていただきたいです。 (2)機械工学の知識はどういった場合に必要になってきますか? (3)やりがいってどんなところにありますか? 以上3点ですがよろしくお願い致します。...

  • MATLABで有限要素法を用いた運動方程式 その他(プログラミング・開発)

    質問です。 現在卒業研究でMATLABを用いた磁界解析を行っているのですが、その解析プログラムがなかなか作れず困っています。 解析内容は、磁界中で磁性の円盤を回転させたときの電磁力を解くことなのですが、円盤を回転させるプログラムを作ることができず、解析が進まない状態です。 済みませんがどなたか回転の運動方程式やそのプログラムについてお教えいただけないでしょうか。なお、解析モデルおよびプログラムは3次元軸対称モデルです。 どうかよろしくお願いします。...

  • 樹脂部品のクリープ歪をうまく計算できない 科学

    樹脂部品のクリープ歪をうまく計算できない DMA試験で引張/圧縮モードでデータ採って、マスターカーブ作成して、有限要素法の粘弾性解析を行いましたが、実測とCAEの結果に大きな差が出ます。緩和時間が何桁も違うのです。時間の単位は秒で統一して間違えていないはずです。 実測とCAEは、両端支持梁に中央荷重を加えた、曲げモードで行いました。 前モードだから合わないのでしょうか?...

  • CAE教育・書籍等について CAE

    大変お世話になっております。 今回は,CAEを行なうにあたり,皆様方が必要な知識・技術を どのように習得してこられたかを教えていただきたく思います。 現在,I-deasを用いた構造解析(熱応力解析),JMAGを用いた磁場解析を 主な業務としております。 私自身,CAE業務の担当になったばかりであり,これまではソフトの 操作に慣れるためのトレーニングしかしてきておらず,最も肝心である 有限要素法に関する知識や,適切なメッシングの方法など,基本的な知識 が全くない状態です。 実務にCAEを取り込んでいこうとする中で,何が必要な知識なのかもわからず,ただ闇雲に学習を進めることは大きな時間のロスであると思っています。 もちろん,長年の経験から得られるスキル・ノウハウも数多くあることは 認識しておりますが,それ以前の基礎を固めたいと思っています。 そこで,プロとしてCAEに携わっておられる方々からのアドバイスがあれば非常に心強く思います。 セミナー,書籍,Web,勉強方法etc...どんな情報でも結構ですので ご教授下さい。 よろしくお願い致します。...

  • CAEでの応力の値と材料力学によって計算した理論値の違い 大学・短大

    ただ今大学で3次元CADよりH鋼をつくりCAEで応力値などを求めました。その後ザイリキの知識を用いて理論値を求めたらCAEとの応力値が違っています。 その違いはなぜ生じるのか分かるかたいましたら教授願います。 今のところ自分で考えた見解ではザイリキは弾性域だけCAEはどちらも扱えるので5000Nもかけたとき塑性域に行く? と考えたのですが、CAEの応力値は5.14MPaでしたので、それはなさそうです。 またCAEでは有限要素法を用いているので、要素の形や大きさのとりかたによって節点が変わるのでパラメータが毎度変わり、理論値とは異なる? かとも思ったんですが、こちらもそれほどの差が出ないだろうということで却下です。 本題です ****************************** あとは2次モーメント(2次元)、3次元で見たときに関し、CAEと理論値ではいったいどのような違いが生じるため差がでるのか、ということを分かる方ご教授願います。知識が確立されていず、まだ理解が不十分なため、どういう理由でこのようになるか分かりません。 ****************************** とても長い文章&わかりずらい文章かと思います。 お読みくださりありがとうございます。 よろしくお願いしますです。...

ページ先頭へ