• ベストアンサー
  • 困ってます

小売業と統計学

小売業にに身をおくものです。人事異動でとある部署に行くことになるのですが、そこのボスから統計学を勉強しておくようにと言われました。 統計学なるものはさっぱりわからなく、久しぶりに数式が書かれている本を手に取りました。 統計学を駆使して小売業で何を分析するのかはわかりませんが、どういったことが考えられるでしょうか?どういったことを分析すると思われるでしょうか? ボスに聞ければいいのですが、拠点が離れすぎていて中々聞くに聞けない状況です。会社の規模は1000人以上でそれなりに大きいところだと思います。各種データもさわれるものとしてお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数588
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

配属される部署で小売りの基幹業務にどの程度携わるのかが不明ですが、 小売りと直結する統計学ならば、とっかかりには「購買心理学」ってのをさらっと勉強してみてください。 ネット通販のサイトではよく 「この商品を買った人はこんな商品も買ってます」 という情報が出てきますが、あれは購買記録の統計です。 「今週の売れ筋ランキング」 なんかもそうですね。 他にも販売側の戦略として 「雨が降るとこの商品が売れる」 「どのような年齢層の人がこの商品をよく買っている」 「この売り場構成に変えた途端にこの商品がよく売れ出した」 などなどの分析は全て統計によるデータが基になっています。 代表的なツールにABC分析、パレート分析などがあり、 それら販促、経営分析、マーケティング等の切り口を見つけ出すには、まずは購買心理学の上っ面をなめて、販売者がどの角度からどんな分析をするときに統計情報が必要となるかをもう少し具体的にした方が、業務と直結するのでとっつきやすいかも知れません。 基礎となる統計学が身についていればそれらの活用の幅も広がりましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます!

関連するQ&A

  • JA(単協)の部署異動について

    私は田舎のJA(単協)のAコープ(どの単協にもあるわけではないですよね)で正職員として働いています。 近く人事異動があるのですが、どうもAコープから異動させられそうな気配です。 しかも、LA(共済営業職)ぐらいしか行き先がありません。 なんとかすればAコープ(長時間労働だが、共済ノルマ少しだけ)に留まることが出来るかもしれませんが、年齢的に肉体労働90%の小売業はもう体力的に限界気味です。 しかしだからと言って、「自爆(共済に自ら入る)」連発や、身内から後ろ指 をさされると言われているLAも精神的に厳しいものがあります。もちろん自分はこの職は未経験です。 皆様に質問です。 最悪な選択かもしれませんが、「Aコープ(小売業食品スーパー)」と「LA(保険営業職)」 のどちらのほうが、相対的に見て自分をすり減らさずに仕事を出来ますでしょうか? 一番重要視しているのは辞めずに続けられるかです。給与は二の次です。 お答えいただければ幸いです。

  • 統計上のサービス業とは?

    内閣府の統計によると、名目GDPの構成要素として、11の産業が分類されています。 農林水産業 鉱業 製造業 建設業 電気・ガス・水道業 卸売・小売業 金融・保険業 不動産業 運輸業 情報通信業 サービス業 http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/__icsFiles/afieldfile/2011/12/22/seisan20111226.pdf 一方、総務省の統計によると、「産業別規模別事業所・企業数」として、16の産業が分類されています。 鉱業 建設業 製造業 電気・ガス・熱供給・水道業 情報通信業 運輸業 卸売・小売業 金融・保険業 不動産業 飲食店、宿泊業 医療、福祉 教育、学習支援業 複合サービス事業 サービス業(他に分類されないもの) http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h21/h21/html/k9100000.html そこで質問なのですが、 「産業別規模別事業所・企業数」として分類されている16の産業のうち、 名目GDPの構成要素として分類されているサービス業に当てはまるのはどれですか? つまりは、サービス業の企業数を知りたいのです。 ご教授よろしくお願いいたします。

  • 小売業を始めるには

    現在、勤め先は製造業で直接販売などは行っていませんが、今後、商品を仕入れて販売を開始していくことになりました。エンドユーザーに直接商品を販売する場合、何か小売業としての資格、規則などが法律で定められているのでしょうか?量販店に卸す場合は、卸売業なので特に資格などは必要ないと認識しているのですが・・・

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • yukaru
  • ベストアンサー率12% (143/1117)

>統計学を駆使して小売業で何を分析するのかはわかりませんが、どういったことが考えられるでしょうか?どういったことを分析すると思われるでしょうか? 情報これだけか~ これでは統計学を駆使した回答は無理ですね とりあえず標準偏差でもやっつけとけばいいんじゃね~

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます!!

関連するQ&A

  • 小売業は消えてなくなりますか

    知り合いが20年前の原付きを修理しました。外装の カウルなど、当然店には無いのですが、ネットでは 5千円もしないであったそうです。同じくメルカリとかあれば リサイクルショップは不要ですね。 でもさすがにコンビニやスーパーとか無くならないとは 思いますがね。人によってはコンビニに行かない人もいます。 そうは言ってもスーパーは行くでしょうけどね。どうなんでしょうかね。

  • 小売業を引継ぐには?

    小売業(アクセサリー屋)を営んでいる知人が一身上の都合から引退することになったのでその事業を引き継ぐことになりました。 そこで質問ですが引き継ぐにあたってやらなければいけない手続きとしては何があるのでしょうか? 私は個人事業主ですが、普段は働いていますのでオーナーとして事業を引継ぎ、運営は信じられる第三者に任せたいと考えています。 お手数ですが教えてください。

  • 小売業って何?

    小売業って何ですか? いまいち分かりません。 中小企業とは違いますか? どうか教えてください。困ってます!

  • 小売業

    小売業の経営要件(顧客満足経営、顧客管理など)について、教えてください。 また、どうやって小売業の百貨店を自営するか?

  • 小売業について

    私は大学三年(女)で、情報系の学部に通っています。 今までは漠然と(志望の一つとして)小売・流通業界に行きたいな~と思っていたのですが、 色々インターネットなどを調べていくうちに小売業界は上に行けるのはごく一部であり、業務内容も辛く(店長になると休日がほぼ無い・クレーマーの存在・給料が安く生活できないなど)その証拠に離職率も高いなどと書かれており、とても不安に思ってしまいました。 もちろんインターネットの情報だけに左右されるのは馬鹿馬鹿しいことだとは思いますが・・・。 実際に小売業界で働いている方、働いていた方小売業界は実際に上記のような業界なのでしょうか? それとも地域や、各店舗、種類(コンビニ・スーパー・デパートなど)などによって大きく違うものですか? この質問文で気分を悪くされた方がいらっしゃったらすみません。 私は就職したら自活できるようになりたいし、なるべく結婚や出産などがあっても働きたいと思っています。

  • 小売業で働いている方

    今就職活動中で小売業に絞っています。 中でも料理が趣味ということもあって 将来は惣菜部門で働けたらなって思っています。 そこで、惣菜部門を専門として突き詰めていくと 最終的にどのような仕事をさせてもらえるのでしょうか? 鮮魚部門などでしたら将来的にはバイヤーになったり ってことがあるのだと思いますが、 惣菜部門だとイマイチどのような事をやっていくのか わかりません。 すみませんが回答よろしくお願いします。

  • 小売業を目指しています。

    私は小売業に絞って就活を進めているのですが、最近面接も多くなり、よく「なぜ小売を受けようと思ったのですか?」と聞かれます。 そのたびに「接客が好きだから」と答えるのですが、いまひとつ理由として弱い気がします。 小売業界の良いところ悪いところ、情報サイトなどありましたらぜひ教えてください!

  • こういう場合は異動は有りでしょうか?

    こういう場合は異動は有りでしょうか? 現在、小売業に勤めております。(小さい会社ですが) いくつか部門があるのですが、そこで働いてくれているパートさん(男女)2人の件です。 以前より交際をしていたのは知っておりましたが、まぁオフィシャルに聞いている話ではなかったので、 問題ありかなぁと思う程度でした。 このたび、めでたく結婚をしました。 正直、これまで仕事にはそれほど支障はなかったのですが、一緒に食事をしたいらしく、周りには気を使いながら合わせていました。(正確には周りが気を使って合わせていたようですが) 私も以前勤めていた会社では、結婚は勿論交際がわかったら、どちらかが異動させられてきたのも見てきたので、結婚したのなら建物はともかく部署は変わるべきだと考えております。 そこでお聞きしたいのですが。 1・結婚をしたと言う理由で、異動させるのは可能でしょうか? 2・異動させる場合、今の部署では男手が必要なので、奥さんの方を異動させようと思うのですが、問題はないでしょうか? 3・同じ建物の別な部署もしくは自宅から今より近い店舗への異動を考えているのですが、どちらも今の契約時間では必要がなく、違う時間帯に替えての異動になるのですが可能でしょうか? 以前の会社では、数年おきの異動があったので、交際が理由であっても表向きはただの人事異動でした。 ご存知の方宜しくお願い致します。

  • 新任の上司への挨拶

    新任の上司への挨拶 2年目で私は勉強中ですが、管理者をやることになりました。 人事異動により、新しい上司が就任したのですが、拠点を複数管理されてるため、自分がいる拠点になかなかいらっしゃる事がなく、自分が休みの日まったりして、まだお会いした事がありません。 そのため、メールでご挨拶しようかなとも思ったのですが、メールでのご挨拶は失礼にあたりますでしょうか?お会いした時にきちんとご挨拶したほうがいいのでしょうか?

  • 会社の人事異動、決定の流れについて

     とある会社の話です。その会社の定期人事異動(慣例的に定期という意味です)の時期が12月中~下旬と3月末~4月の頭、という2回が異動の時期となっている上場のメーカーです。 その時期は年末は言うまでもなく慌ただしい時期、そして3月は家族に学生を抱える家庭などでは入学金の問題などが非常に大きく、異動の時期をもっと考慮してほしいとの声を組合を通じて上げたところ、会社側からは人事異動の時期については合理的な理由があり変更はできないとの回答で、組合も(会社寄りの組合ということもあり)そのまま受け入れているのが現状となっています。そこで質問なのですが一般的な会社の人事異動決定の流れとはどういうふうになっているものなのでしょうか?    ここで質問の補足としてプロ野球の例を挙げさせていただきます。 プロ野球の場合、チームの成績に見通しの立つ秋ごろから不振のチームなどは後任の監督人事が取り沙汰され、新しい監督が決まるとその後監督を中心にコーチ人事、そしてチームの戦力分析からチームの再編成へと進みます。これはいうまでもなく来期のシーズンでの優勝争いを目指した動きであり来る4月開幕を意識した動きとなっています。  ここでさきの会社の話に戻りますがその会社の人事異動はどうして12月と3月という時期になるのでしょうか?人事の動きが随時報道等を通じ知ることができるプロ野球などではよくわかるのですが、そういうことの期待できない会社の人事では合理的と会社に言われてもその理由、流れが理解できずにおります。  おそらく鍵になっているのはプロ野球の開幕に当たる来期の年度初め、また新役員などのお披露目に当たる株主総会などのタイムスケジュールが人事異動の時期を左右し、そこから逆算をするような形でその時期が決まっているのではないかとわからないながらも推測してはおります。  仮に会社トップが代わる場合などは、プロ野球での人事の流れと同じようにトップの人選がありトップが決まるとトップである社長が(コーチ人事と同じように)役員人事、また各役員が人事部とともに一般社員の人事を、そういったことを行うに要する時間、また新陣容の慣らし時間などを考慮し株主総会に間に合うよう逆算し時期が決まっているというように想像はしておりますが、いまひとつ理解できておらないためこういった一般的な会社のタイムスケジュールのプロセスなどに詳しい方ご説明いただけたらと思います。よろしくお願いいたします。(その会社は3月決算の会社です)