• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

社会人の東大大学院の院試(文系)について

来年の東大大学院の院試(文系)の受験を考えています。 調べていていくつか疑問に思うことがありました。 (1)私は、大学を出て10年以上たち、また、その時の専攻(文系であることは変わりません)とはまったく違うことを学ぼうとしています。口述試験で卒論について聞かれるとあったのですが、私のような場合でも聞かれますでしょうか?(正直内容をまったく覚えていません…) ※受験の動機:大学を出てある仕事に就き、ある資格が必要になったので専門学校に入学、来春卒業します。ここからさらに高度で専門的な資格を受験・取得するのに、大学院卒業であることが必要なためです。 (2)大学の成績は、私のようにまったく違う分野からの入学の場合、どの程度加味されるものなのでしょうか。(実際の院での研究内容からいえば、現在の専門学校の履修内容の方がはるかに関係があるのですが、こちらはまさか提出はないでしょうし…) (3)院試前に研究室を訪ねるべきだとありますが、これは現役大学生がそのまま院を受ける場合の話でしょうか。それとも、私のような縁もゆかりもない一般の社会人も、何らかの形で訪問をしておくべきなのでしょうか。また、その場合、どのように伝手をつくるべきでしょうか。突然見ず知らずの人間から「来年度の受験を考えておりまして…」などと手紙やメールが届くのは失礼ではありませんか。 社会人からの東大院試の経験者など、ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3387
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#190372

社会人になってから文系大学院(東大ではありません)に入ったことがあるので経験上のことだけお話します。  私は学部を卒業して6年してから,学部と違う専攻の大学院を受けました。今は学部時代に卒論を書いていない人も多いので,口述試験では質問されても参考程度で,合否の決めてにならないと思って差し支えありません。  私も卒業後6年もして,学部と専攻が違うとなると卒業論文の質問をしようがないのか,卒業論文のことは口述試験では質問されませんでした。他の人も同様でした。  むしろ研究計画の方が大事で,そのまま進学する人を除けば,どの専攻でもハンデ無しの研究計画の内容の勝負です。私も就いた職業と大学院の専攻が近かったので,仕事のことは質問されました。  私の場合は仕事の関係上の伝手があって,上司から伝わっていたので,特に試験のために訪ねることはしませんでしたが,普通は事前に訪問しているようです。他大学の大学院の入試要綱には,入学後に研究指導を希望する教員に事前に相談をすることと明記しているところもあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 卒論についてのお答え、ありがとうございました。安心しました(笑) 研究計画書については、そういうものが必要だとまだ知ったばかりで、書き方すらもこれから調べなくてはなりませんが、実際に類似の仕事に就いていた経験の中から「研究するならこういったことをやりたい」という漠然としたものはすでにいくつかありますので、これから先生の著書を読んだり調べ物をして、練り上げていけたらいいなと思っています。受験までまだ一年ありますので、筆記試験の勉強も併せて、じっくり進めていきます。 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 社会人をしながら東大大学院を目指す!

    私は大学4回ですが、内定先に就職してお金をためて会社をやめ東京大学大学院を目指したいです。東大の目標はあるきっかけで考えました。 会社に行きながら大学院を目指すためには、どのようなことが大切でしょうか?東大大学院の入学、卒業はどれほどむずかしいのでしょう?ちなみに教育研究科を目指します。 簡単に東大とは言うものの、日本一の大学だと思います。一般私大に在籍する、今まで基本的には勉強嫌いだった私には夢のまた夢であるとも思います。

  • 東大 大学院 院試 情報

    来年度の、東大大学院総合文化研究科博士課程を、社会人特別選抜で受けるのですが、院試に関わる情報(裏情報も含めて)の提供をお願いしたいのですが。 情報がないので本当に困っています。

  • 東大の院試について

    東京大学大学院数理科学研究科を受験する場合 学内からの受験者と学外からの受験者の比率は どれくらいのものなのでしょうか? 学外の人は何人くらいいるのでしょうか? 受験する前にはその研究室になんらかの連絡を あらかじめとっておいた方がいいのでしょうか? それと京大の場合はAコースBコースと分かれていますが、 東大の場合はドクターへの進学希望の人と就職希望の人とを どの段階で区別するのでしょうか? 東大京大ともに院試は簡単だといわれてますが 合格点は何点くらいなのでしょうか? 1つでも何か情報をお持ちの方は教えてください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

私は大学を卒業して、そのまま院に進みましたので(それも10年以上前の ことですし)、3番目のご質問にだけお答えします。 試験前の研究室訪問は絶対にやったほうがいいと思います。伝手は必要 ありません。大学の先生方は、そういうふうに突然コンタクトされることに 慣れていますから、失礼などと考える必要は全くありません。手紙よりも メールの方がいいです(一般には手紙の方が丁寧な感じがするかもしれま せんが、大学ではメールの方が普通だと思います)。 とにかく、自分の指導教官になってもらいたい先生に時間を取って頂いて、 実際に会ったときに色々質問(それこそ、最初の2つの質問も)すればいい と思います。当然、その先生の研究やその研究室などについても、ある程度 調べていった方が印象はいいでしょうし、ご自分の研究計画(修士論文が 必要な学部であれば)についても、答えられるようにしておいた方がいい と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 突然ご連絡しても失礼ではないのですね。それがわかっただけでもとてもありがたいです。 先生のサイトには、私が将来的にその資格を取り仕事に就こうとする上で、興味深いことがいろいろ書いてあります(だからこそ受験を検討しているのですが)。受験関係なく、もしお話を聞く機会があるならぜひお会いしたいくらいです(笑) 先生の著書もたくさんあるようなので、いくつか読んで疑問点を整理し、研究計画書についてもある程度固めた上で、コンタクトを取ってみたいと思っています。 ところで、そのサイトには、問い合わせ先として研究室の住所しか載っておらず、メールアドレスが見当たらないのですが、この場合は連絡する時は手紙でも構わないでしょうか?

  • 回答No.1
  • tanuki4u
  • ベストアンサー率33% (2764/8360)

学科によって違うんじゃないの? 経済だと http://www.e.u-tokyo.ac.jp/information_st/masanswer-j.html 公共政策だと http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/admissions/index.htm 東大の場合(というか、大学は一般に)研究科ごとにてんでバラバラというか独立というか勝手にやっているので、東大文系なんてかかれても、最適な回答は来ないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こちらのリンク先のように細かく書いてない学科でしたので、まだ時間もありますし、受験への心構えとして一般論のようなものが伺えればいいなと思い、こちらで質問させて頂きました。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 学部卒業できなかった場合の大学院進学は??

    院試に合格していて卒業が危うい者です。工学部4年で卒論以外の単位は全て揃っているのですが研究がうまくいかず教授からも卒業が危ういかもって感じで言われてます。自分の大学の院には合格していてそのまま今の研究室に残る予定ですがこの場合学部を卒業できなかったら当然大学院には進学できないですよね??また、もうすぐ他大学の院試も受ける予定です。この場合もやはり合格しても入学手続きの際に学部卒業できなかった事がばれるのでしょうか??ばれるというかやはり不正になるのですかね?学部も今度受ける院も国立の学校で、願書には、出願資格は大学卒業者もしくは15年3月卒業見込み者とあります。卒業できなかったら合格は取り消しとは特に書いてないのですが当たり前だからでしょうか??学部3年生や社会人の人で審査に通れば受験資格を得られ合格すれば入学していますよね?受験資格は持っていて大学は卒業していないという点では同じだと思うのですがどうなのでしょう??こういう経験された方もしおられたら教えてください

  • 社会人から大学院へ。もう一度、新卒。

    社会人から大学院へ。 現在、社会人一年目です。 まだ就職して2ヶ月もたっていないのに何いってんだと言わずに聞いてください。 大学院に行きたいと思う理由は、もう一度、新卒として就 職活動をしたいと考えております。 いろいろと大学院について調べたのですが 大学院とは大学入試とはまったく違うのもだというのも見えてきました。 私は法学部卒なのですが法学部院は卒業に3年かかるので、できれば経済学の大学院へ行きたいと考えています。就職には年齢がついてまわるので。。 そこで質問です。 その際、試験には専門科目というのがありますその専門科目というのは本屋で専門書を買い勉強するのでよいのでしょうか。 過去問はみれますが教科書というのはどうやって選べばよいのでしょう。 また研究室に訪問したほうがよいというのをよく聴きますが、訪問して何を話せばよいのでしょう。どのような研究をしているのか、自分のしたい研究ができるか等でしょうか。 また面接や自分の研究計画書を書くにあたって様々な論文や文献は読み尽くさなければいけないでしょうか。 その他、院試を受けるにあたって重要なことを教えてください。 最後に、法学部院でも普通の就職活動はできるのでしょうか?(就職活動をする人なんていないと聞いたことがあるのですが。) ちなみに、もう一度新卒で就職活動できたなら 絶対に銀行に就職しようと決めています。

  • 社会人しながら大学院に行っていますが・・・

    こんにちは。 私は仕事をしながら医療系の大学院に、この春から進学しました。医療系の資格を持っていますが、病院ではなく地域の中で仕事をしています。 ウチの院は社会人を積極的に受け入れており、3分の1くらいの院生がバックグラウンドはそれぞれ違いますが、仕事をしながら院に通っています。 現場にいる専門職が、経験を生かして院で学び、それを現場に還元するのが大学の意図のようです。医療系で多いと思いますが、我大学院は学位がなくても進学可能です。 職場の周囲の進めもあり、大学卒業後実務を数年経験したこの春から進学した訳ですが、なんだか腑に落ちないことだらけです。修士論文の担当教員は理解もあり、問題ないのですがそれ以外の部分にいろいろ疑問を感じる日々です。 仕事をする中でいろいろな課題、問題を抱えているのですが、院の講義を受けても先生方の講義内容が現場とあまりにもかけ離れすぎていて、講義を受けていても「え?」と思うことが多々あります。 大学院は研究の場であることは十分承知していますが、薄給を工面して大学に行っている以上、研究以外でも少しでも普段の仕事に役立つ情報を得たいと感じています。 そういったこともあり、講義中にいろいろ現場の立場での質問してしまうのですが、研究メインの院生や資格が違う院生からするとその質問自体がうざく感じられるようなのです。なんだか私も浮いてるな~、って感じています。 このような姿勢って、大学院ではとってはいけないのでしょうか? 毎日講義を受けるたびに自己嫌悪に陥るのですが、質問せずにはいられないのです。

  • 他大学から東大大学院入試の難易度

    自分はw稲田大学の文学科に通っているものです。将来哲学の研究をしていきたいと思っています。 自分としては東京大学大学院総合文化研究科に進学したいと考えています。理由は、色々と大学院を検索した結果、指導をしていただきたい現代哲学専攻の教授がそこの研究科にいらっしゃるからです。 自分は院試までにはもうちょっと期間があるのですが、東大院入試は東大受験よりも比較的簡単というのは本当でしょうか。というのは下記のホームページでは他大学受験の倍率は約5倍だからです(大学受験の倍率は約3倍)。数字だけをみると大学受験よりも門は閉ざされているような気がします。 色々と調べてみて(もちろんok web内も)、院の研究室に通って問題傾向を把握することができたら内部生との差も大きく縮まる(もちろんこれは東大院に限らない)ということはわかりました。また東大院は他大学生に対して門戸を開いている大学院である、ということも。 しかしこれだけが難易度が低い理由ではないと(ただの推測ですが)思っています。 私と同じ立場での東大院入学者、またはこれらの数字が示す本当の意味や実際の事情について知っていらっしゃる方がいましたらぜひ教えてください。 参考;http://www.u-tokyo.ac.jp/stu01/e02_01_j.html

  • 大学院について(現在社会人学部学生)

    お世話になります。今、国立大学の夜間に通っている2年生です。社会人入試で入学しました。学部は5年あるので、まだ、後4年学部生活があるのですが、もっと、専門的な知識習得をしたい為に、大学院を考えております。だた、現在、既婚で、子供も2人いて生活費を稼がなければなりません。当面の学費は入学時にすでに貯金してあるので大丈夫ですが、さすがに、大学院に進学したとき仕事は辞めるつもりなのですが、に無収入というのは非常に不安です。最低限の生活費を稼ぎながら院で研究というのは可能なのでしょうか?最も研究室によるとは思いますが。

  • 院試に不合格だった場合のその後について

    今日工学系大学院の修士課程を受験したのですが、全く手がつかなかった科目が複数あり、恐らく不合格になったものと思われます。 研究室のメンバー内では私の成績は最上位クラスであり、過去問の出来もよく、指導教官も含めて周囲からは「ほぼ間違いなく合格する、あとはどれだけ上位を目指せるか」というような扱いを受けていたため、まさか院試に落ちるなど夢にも思っていませんでした。 まさにそれが敗因でもあるのですが、これから先どうすればいいのか当惑しています。 一般的に院試に不合格だった場合、その後はどのように行動するものなのでしょうか。 昨年の研究室の卒業生で院試に落ちた方は全員学科推薦で地元の企業へ就職、または公務員試験受験にシフトされたようです。 しかし、院試に落ちた身でこんなことを言うのは贅沢かもしれませんが、私はできれば修士で就職して研究開発系の部署で働きたい、地方公務員は絶対に嫌だ、と考えているため、これらの選択肢はできれば選択したくないです。 今考えているのは ・4回後期から休学して半年分の学費を稼ぎ、来春から再度卒論に着手、来夏大学院受験。 →指導教官と話し合う必要があるが、恐らく無理。書類上では「院試に落ちた」という事実が見えてこない、ということだけがメリット。(院落ちは留年より印象が悪いと聞いたため) ・卒業後研究生になり、半年は院試の準備にあてさせてもらったうえで来夏大学院受験。 →一番現実的だが、学費がかかる。 ・卒業後院試浪人をして半年バイトと勉強に費やす。残り半年は完全にバイトに費やし学費を稼ぐ。 →これも比較的現実的と考えている。学費もかからないので負担は少ない。 の3つなのですが、この考えは甘いでしょうか? それから、当然のことだと思いますが、院試に落ちた経歴があればやはり就職は不利ですよね? 来夏院試を受けるとして、それまでに専門科目は完璧にし、合格できて院に入学するまでの半年は英語の勉強などで自分を鍛えたい、とは考えているのですが… 最後に、次に大学院を受験する際は他大の院も選択肢に入れたいと考えているのですが、これも院試に落ちた経歴があればやはり不利ですよね? ここまでとんとん拍子に来ていたのに、一番肝心なところで躓いてしまい、泣くに泣けない状況です。 色々アドバイスを頂ければ幸いです。 よろしくお願いします。

  • 東大の院試

    ただいま東北大の機知1年なんですが、四年間頑張って東大の院を目指そうかと思っています。 東大の院なんていけるものなのか、というより院試についてすらよくわかっていません。 今は教養をやっていますが、やはりずーっと成績がトップとかでないと行けないのでしょうか? 英語はTOEICだかTOEFLだかの成績が反映されるなどききますが、どの科目もどこから始めたら良いのかわかりません。そもそも専門科目だけが判定基準だったりするんですか? 本当に無知でごめんなさい。 どなたかアドバイスお願いします。

  • 大学は文系、大学院は理系

    初めまして。 現在オーストラリアの大学で、会計を中心に商学を学んでいます。高校は普通科で、文系でした。 ところが、オーディオ製品がもともと大好きで、卒業を間近に控えた今、電子工学や音響工学といった分野を勉強してみたくなってしまいました。これらの分野を学べる大学院に、高校大学と文系だった僕は入れるのでしょうか?一応大学を卒業した後になるので、できれば院に入りたいのですが。それとも、専門学校に行くことになるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 東大の環境

    将来スポーツ科学の研究職や教授を目指しています。今は大学で社会学を専攻しているため、編入して院に行くか、今の大学を卒業し独学で院に行くか迷っています。そこで気になるのが東大はやはり環境が他大よりもよいのでしょうか?そのために編入して東大に入って大学院入学に有利な位置に行っているほうがよいでしょうか?独学で院にいけるか不安もありますし、迷っています。

  • 文系1流大学院の入試難易度

    はじめまして。 某大学の英文科を卒業したものです。いったん社会人として働きましたが、どうしても研究意欲が失くせず、大学院進学を考えております。 高いレベルでの研究や、修了後のことも考え、東大や東外大、上智大など、いわゆる1流と呼ばれる大学院への入学を考えておりますが、その際の入試難易度はどのくらいなのでしょうか? ・英語 ・英語以外の外国語 ・専門科目 ・口述 上記が一般的な試験科目かと思います。 英語とそれに伴う専門分野にはある程度の自信があるのですが、英語以外の外国語(いわゆる第二外国語)は大学卒業以来全く勉強していないため、ほとんど知識0の状態です。 一般的に1流大学院の入試難易度というのは、どのくらいのものなのでしょうか?英語力があり、専門科目に対する知識があり、研究意欲があり、それを表現できれば、受かるというレベルでしょうか? それとも、大学受験のように、予備校に通い一日何時間も勉強する日々を2年間くらい設ける必要があるのでしょうか? ご存知の方などいらっしゃいましたら、ご教授ください。