• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

香典返し

香典返しに添付する挨拶状の封筒 を印刷したいのですが、方向がわかりません。 『御挨拶』と印刷する面を表として、封筒が開く方が 右になるんでしょうか左になるんでしょうか? 教えてください。

  • k-e
  • お礼率79% (35/44)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1763
  • ありがとう数33

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

右が無難だと思います。 一般に、不祝儀のときにはすべてをふつうと反対にします。 お香典を包むふくさも、お祝いのさかさまにします。お香典袋のとじかたも逆ですよね。 「御挨拶」を洋封筒にすると日本のしきたりは関係なく なるかもしれませんが、気にするかたもいらっしゃいます ので、洋封筒もふつうの逆に使うのが無難だと思いました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。参考にさせて頂きました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

世の中には本当にいうさい人がいるものです。本人がそうでなくても同居しているご家族にいることがあり、女性の場合肩身の狭い思いをしたり、いやみを言われ腹が立つこともしばしばです。(私だけ?) 和紙の和封筒に縦書き。文字色は灰色。 右左を気になさるより間違いありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

もうすでに封筒は購入済で、和封筒にしようかまよったのですが結局洋封筒にしてしまいました。今後の参考にしていきたいと思います。回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • keina
  • ベストアンサー率51% (21/41)

横長の洋封筒で、縦書きにされるのですよね。縦長の和封筒で、横書きというのは変ですし、洋封筒の横書き、和封筒の縦書きであれば、悩まれる必要は無いですよね。 "香典返しの場合は"と言うわけではありませんが、一般的に、洋封筒で、縦書きにする場合、表から見て右側が開く方になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早い回答、ありがとうございます。大変参考になりました。

関連するQ&A

  • 香典返しについて

    8月初頭に祖母が亡くなり、葬儀を行いました。 頂いた香典は社会福祉協議会へ寄付の旨のはがきを会葬礼状に(800円のお茶と300円の和菓子も)付けたのですが、この様な場合四十九日後の忌明け挨拶はどの様にすれば良いのでしょうか? 私個人的には、会葬礼状添付のはがきをもって、香典返しは必要無い。 忌明け挨拶状にその旨記入すれば良いと思うのですが、昨年家長を亡くした親戚に聞くと寄付をしても香典返しはしたと言われたのです。 その頂いた香典も、千円~十万円(3千円・5千円・1万円が殆どでしたが)と幅広く、一般的に1/3~半返しとは聞くのですが、どの位の値段の品を何段階位用意するのが的確でしょうか? また、千円~三千円の方にも香典返しはするものでしょうか? 親族を亡くしたのが初めてで全く見当が付きません。 地域によっても様々だとは存じますが、ご回答の程よろしくお願い致します。

  • 奉書紙に印刷および巻き方。

    七十七日の香典返しの挨拶状を印刷することにしました。 印刷面は表がツルっとした方にと聞きましたのでこちらに印刷します。 しかし、そうして巻いて折って行くと裏面のザラザラした方が表になります。 確かに開いて読んでいただく方が表になるので良いかと思いますが、 この形で正解でしょうか?

  • 香典返しに添える挨拶状は?

    もうじき49日なので、香典返しを考えております。その際の挨拶状ですが、故人を知らない私の会社の同僚、又はお葬式のみ来てくれて、生前の顔を知らない人に故人を知って欲しく、写真をモノクロで添付し、オリジナリティーあるものを作りたいと思っているのですが、写真を載せるというのは非常識になりますか? 家族に相談すると、大反対されたのですが・・・

  • 表 集計の表示を変える マクロ 関数 エクセル

    添付の画像のように左の表から右の表になるように集計の表示を変えたいです。 実際には左表の縦方向に100行ぐらいありますので簡単にできる方法を教えてください。

  • 香典返しの挨拶状

    4月末に義父が急逝し、事情があり四十九日法要はしておらず、お墓もないのでお骨はお葬式の際お世話になったお寺の本山の納骨堂に今月中に納める予定です。 上記の理由と第二子出産が重なり、いまだ香典返しをしておりません。 遅れた事をお詫びする内容の挨拶状を添付したいのですが、文章がまとまらず困っております。 そのような文章にすればよいか教えてください。

  • 表のばらばらの文字列を1列にまとめたい 関数

    添付の左の表を右の表にしたいです。 (1)左の表には数式が入っていて、この他にもう一つある表のデータに該当すると1列ごとにSMとかNPとか表示されるようになっています。 (2)この左の表は実際には136列あるので、結果を印刷すると一枚に収まりきらないのです。なので、右の表のように、1列に表示したいのです。 (3)1行のうち、2個以上文字列が入ることもありますが、その可能性は低いので、とりあえず1行に1個ずつ出現すると考えてもらっていいです。(2個以上文字列が出現する場合も分かれば教えてください。) (4)関数でできませんか? またはマクロでもいいです。

  • 印刷の時一部が印刷されない

    ウィンドウズ7のワード2007で封筒(洋形2号)を印刷しようとしております。 印刷プレビューを見ると、添付画像の下のようになり (へびのイラストのしっぽあたりが印刷されません) 実際印刷してもこのように印刷されます。 プリンターはブラザーDCP-J925Nを使って 封筒印刷に設定しております。 ワードのページ設定の用紙は              洋形2号封筒       余白を上、下、右、左5ミリに設定 どのようにすれば添付画像の上のようになるでしょうか?

  • 香典返しの挨拶文の色

    49日の香典返しについてお尋ねします。数が少ない為ご挨拶文を自分でパソコンから作ろうかなと思っています。挨拶文の例文はありましたがそれを作って印刷するとき色は黒で良いのでしょうか?それともグレーの色のほうが良いのでしょうか?なにぶん日にちが迫っているので早急に教えてください。お願いします。

  • 香典返し のし紙と挨拶状について

    香典返しを自宅から送付するのですが、初めての事でのし紙の掛けかた、挨拶状などについて悩んでしまい、お教え下さい。 連れ合いの身内が7月に亡くなり、先日四十九日法要を済ませたので 葬儀に参列せず後からお香典を送って下さった方に 香典返しの品を自宅から送付します。 葬儀の参列者に即日返しとして用意した香典返しの品物(タオルセット)を葬儀屋さんから少しもらってきたのでそれを送るのですが、 今になって見てみると、弔事用ののし紙が掛かっていませんでした。 送る数は少ないので、のし紙を買って自分で掛けようと思いますが 品物には包装紙が掛かった上に、箱の左下に小さいビニールポケットが付いていて、 ここに当日の会葬お礼状と喪主挨拶の印刷された2通がセットしてあったのです。このポケット部分はキレイに剥がせそうにありません。 ここで質問です。 (1)挨拶状の上からのし紙で大丈夫? 葬儀用の2通の挨拶状は外して、今回あらたに香典返し用の挨拶状を 自分で作成しますが、このポケット部分に新しい挨拶状をまたセットして、 更に上からのし紙を掛ける事になってしまいますが、宜しいでしょうか? 何だかこれでは変かもしれないので、現在の包装紙を外して新たに包装紙を買って来て包装し直し、そしてのし紙を掛けて、挨拶状はその上に置くべきですか? (2)のし紙のサイズについて 箱のサイズは横360mm×縦265mmです。弔事用のし紙のサイズを調べるとB4版横364mm×縦257mm みの版横394mm×縦265mm でした。 いくつかサイトで見ますと、縦面は上下は少しあけて横側面に紙が届かないのは良くないと書いてありました。 B4版だと縦は少し上下があいていい具合ですが、横側面にほんのわずかしか紙が掛からず、というか横はほぼギリギリでしょう。 みの版だと横側面にはもう少し紙が掛かりますが、縦はちょうど同じピッタリのサイズで上下がまったくあかない事になります。 みの版を買って縦の上下を切ればいいのかもですが、横ギリギリでも大丈夫なら切らずに使えるB4版にしたいとも思ってしまいます。 どちらのサイズを買えば適切でしょうか? (3)会葬礼状は外すと書きましたが、もしかしてこれも今回の挨拶状と一緒に同封すべきなのか、やはり外すべきものでしょうか? 喪主(施主)は連れ合いなのですが、挨拶状の作成から何から何まで全部私にまかせっきりで、相談相手にもなりません。 些細な事で恐縮ですが、どうかご回答宜しくお願い致します。

  • 縦一列の表を縦三列にして印刷したい

    名前と電話番号だけの表を作っているので縦長の表になってしまい(→目のように…)、自動的に→田のように横に2~3列にして印刷できないかと思っています。ページ設定の「シート」の「ページの方向」で「左から右」でできるのかなーと思いましたがだめでした。印刷プレビューで1ページの範囲を出し、手で表を切りとり貼りつけでもできなくはないんですが、もっといい方法がないかなと思います。 どなたかご存知でしたら教えてください。よろしくお願いします。