• 締切済み
  • 困ってます

モルタル吹付け仕上げの下地について

木造住宅の外壁仕上げに弾性リシン吹付け仕上げを考えています。(予算があればジョリパッド等を採用したいところですが・・・) 下地構成について教えてください。 内側から 構造用合板t12+透湿防水シート+通気用縦胴縁(21×45)、となりますが、 これ以降の下地構成についてです。 建築関係図書を調べてみても、微妙に表記が異なり迷います。 以下は記載があった一例です。 (1)ラス下地+モルタルt20 (2)木摺+ラス網+モルタル (3)木摺+メタルラス+軽量モルタル (4)木摺+防水シート+メタルラス+モルタル (5)木摺+アスファルトフェルト+メタルラス+軽量モルタル (6)木摺+アスファルトフェルト+ラス網+モルタル(ファイバーメッシュ伏せ込み) (7)ラス下地t11(アスファルトフェルト含む)+モルタル吹付けt20(メタルラス含む) ここで、ラス下地=木摺である事はわかりました。 アスファルトフェルト(=防水シート)を入れる場合と入れない場合があるようですが・・・? 木造住宅の場合地域差もあるかもしれませんが、アドバイスお願いします。 上記仕様は目地を設けないものと考えていますので、道路に面した外壁にと考えています。 他の外壁面もリシン吹付けで考えていますが、とにかくローコストで考えたい場合どのような下地が一般的でしょうか? ボード状のパネルに弾性リシン吹付けかと思うのですが、パネルには何が使われているのでしょうか? 無塗装サイディングに弾性リシン吹付けでしょうか? 目地は何ミリですか? 以上よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数5365
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • kei1966
  • ベストアンサー率46% (1033/2245)

コスト削減のために外壁材を何種類も使用することはお勧めではありません。 メンテのときに結局コストが上がりがちですから。 ラスカットを使用してモルタル仕上が私のお勧めです。全面同じにしましょう。 ちなみにボード状のほうは、大平板やサイディングの無塗装板などに塗装をかけますが、目地というよりはつなぎ目が処理をしても目立ってきます。つなぎ目なので製品によって違います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

お返事が遅くなり申し訳ありません。 ラスカットについて自分なりに調べていました 結構採用されているようで、ネットで検索してみるといろいろ施工事例が見れました。 もしかしたら、自分で気になっていた施工方法かもしれません。 近くの店舗(木造在来)の外壁の施工を見たときに、何かセメント色のボードを張っていて、気付いた時にはもう仕上げがされてました。とても短期間でしたので、どのような施工方法なのか気になっていました。仕上げは白い壁でおそらくマジックコートのようなものか、弾性リシンかとおもわれます。とても綺麗な真っ白い壁に仕上がっています。 この施工方法がアドバイスいただいた、ラスカットを使用しているのか定かではありませんが、 少し気になる事があります。 光の具合にもよりますが、よーく見るとなんとなく継ぎ目が分かります。微妙にですが・・・。意識しなければ、おそらく気がつかないレベルです。 心配なのは、経年変化でだんだん目立つのではないか?と思うのですが。いかがでしょうか? あるいは、kei1966さんの経験ではそのような事はないでしょうか? ちなみに仕上げの色は白ではなく濃いベージュ(茶系)を考えています。 また、お勧めという事は、kei1966さんが経験上からの判断かと思われますが、性能・コストの両面で従来の木摺+ラスモルタルよりも優れているという事でしょうか? あるいは予算に余裕がある場合は、別の御意見でしょうか? 追加の質問で恐縮ですが、時間がある時で結構ですので、よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 外壁仕上げ材の下地構成について

    木造住宅充填断熱、通気工法の仕上げについてお尋ねします。 (1) ガルバリウム鋼板立はぜ葺き (2) 弾性アクリルリシン吹付け 法22条区域です。 ただし、(1)は範囲外、(2)のみ該当します。 上記仕上げで考えておりますが、、下地構成は下記の通りで問題ないでしょうか? (1) 構造用合板t=12/透湿防水シート/通気用胴縁21×45/ケイカル板t=6 /(アスファルトフェルト)/ガルバリウム (2) A案:構造用合板t=12/透湿防水シート/通気用胴縁21×45/木摺 /(アスファルトフェルト)/ラス下地軽量モルタルt=20(ガラスメッシュ伏せ込み) /リシン B案:構造用合板t=12/透湿防水シート/通気用胴縁21×45/ラスカットt=9 /軽量モルタルt=20(ガラスメッシュ伏せ込み)/リシン (1)のケイカル板は耐水石膏ボードt=9.5の方が良いでしょうか? また、アスファルトフェルトは必要でしょうか? (2)のA案、B案どちらの方がコストが安いでしょうか? 以上よろしくお願い致します。

  • モルタル仕上げの外壁について

    「リブラス」(防水シート付)という製品について、お尋ねします。 ※GW充填断熱の一般的な通気工法です。 ■一般的なモルタル下地の仕様・・・「ラス下地(木摺)+防水シート(アスファルトフェルト430)+ラス(メタルラス)」・・・の代わりに、「リブラス」(防水シート付)を導入することで、コストダウンになるのでしょうか? その他のメリットデメリットを把握した上で、採用するかどうか決めたいところです・・・。 モルタル仕上げの場合、サッシとのチリが不足しがちですが、この方法ですと多少なりとも総仕上げ厚を薄くできるメリットがあると思われますので、その意味でもこの方法に興味を持っています。 ■ネットで検索しますと複数メーカーがあるようですが、この方法は新しい工法なのでしょうが?(自分が知らなかっただけ?) ■信頼性はすでに一般的工法と同等、もしくはそれ以上のものとなっているのでしょうか? ■防水紙に使われているのは、「ターボリン紙+ラミネート加工」や「PEクロス樹脂」、「クラフト紙」等メーカーによりけりですが、アスファルトフェルト430との性能差をどう見るべきでしょうか? ★そもそも、アスファルトフェルトを入れていない事例も建築知識の参考詳細でさえあったりします。 基本的にはそれで問題ないのでしょうか? モルタル下地の木摺の不朽を防止するためかと思いますが・・・ 「住宅瑕疵担保責任保険」ではアスファルトフェルト430を推奨(義務ではない)していることから、それが一般的な仕様になったわけなのでしょうか? 耐力面材は、透湿防水シートで保護され、通気層でも、万が一進入した雨水を処理できるとの認識をもっています。 「リブラス」(防水シート付)を採用した場合、通気胴縁に直接張ることになりますが、防水シートが胴縁(木部)を保護する役割とすれば、アスファルトフェルト430でなくても問題ないのかどうか、不安がありまあす。 以上、アドバイスをお願いします。

  • 半年でモルタル吹付け外壁にヒビは普通?

    みなさんこんにちは。外壁のひび割れについて 対応方法をご教示頂ければ助かります。 外壁はモルタル塗り→弾性リシン吹付け仕上げです。 昨年末の新築で半年でひびがはいってきました。 ほとんどの窓枠の下と家のかど4隅に。 窓下は斜め45度方向(色んな方向がありますが・・・)にさーーっと。かどは下の方から。 メンテの担当者にみてもらったら0.35mmだそうです。 保証は0.5mmから。 「補修すると目立ちますよ!ちょっと(後半年)様子をみましょう。」ということになってます。 変にメーカーに噛み付くつもりはないのですが、 防水シートがあるもののどこまで耐えられるか? ラスが錆びると外壁の寿命が短くなるのでは? 設計通り施工されているのにこうなる理由は、 予想以上にモルタルの伸縮があるためか?  でも、これは経験があれば施工方法を考えるはずですよねぇ? 風等の影響で予想以上だったのか? 等々わからないことが多くなってきました。 わからないところはメーカーに尋ねていくつもりですが、 また、モルタル吹付け仕上げはヒビが入りやすいとも 聞いてはいましたが、ちょっと前の建築技術より レベルが向上しているからヒビは少なくなってます と言うメーカーからの説明もあったのに こんな短期間でもヒビができるのは仕方がないのでしょうか?

  • ラス下地モルタル塗りの施工手順

    ラス下地モルタル塗り外壁の施工について、透湿防水シートをどこに張るのが望ましいか教えてください。 室内側から  胴縁(1)ラス板(2)ラス網(3)モルタル/スキン吹付け  の予定です。 (1)(2)(3)のどこにシートを入れるのがよいでしょうか? よろしくお願いします。

  • 外壁吹付け工事の工程と単価について

    先日 外壁の吹付け工事をしてもらいました。(塗り替え) 外壁の洗浄は80Paの高圧洗浄機で自分で洗いました。 工事の見積もりは 弾性リシン吹付け(シーラー処理も含む)・・・17m2 4000円 68000円 コーキング              ・・・1式       5000円 養生                 ・・・1式       8500円 でした。 工事工程は シーラー処理1工程 弾性リシン吹付け1工程でした。 ネットで調べてみたら シーラー処理1工程 弾性リシン吹付け2工程となっていました。 1工程 手抜きをされたのか m2 4000円では シーラー処理1 と弾性リシン吹付け1工程で妥当ななのでしょうか。 細かい見積もりなども含めて教えていただければ助かります。 よろしくお願いします。  

  • 22条地域で、延焼の恐れのかかる外壁の屋内側に、ラーチ合板(厚12)を

    22条地域で、延焼の恐れのかかる外壁の屋内側に、ラーチ合板(厚12)を貼りたいと思います。 柱間にグラスウール75ミリ以上を充填すれば、法規上はクリアーできますか? 外壁は通気層をとって、木摺、ラスモルタルの上、リシン吹付けです。 厚さ75ミリ以上のグラスウール等を充填した上に厚さ4ミリ以上の合板、とは書いてあるのですが、「柱間」という表記がないので自信がなくて。 よろしくお願いします。

  • リシン吹付け

    築18年の建坪16坪の木造モルタル仕上げの家に住んでいます、最近外壁にヒビや汚れが目立つようになりました、外壁の塗りなおしを見積もりしていただいたところ、ヒビのコーキング、SKシーラー、足場工事、リシン吹付けで35万円の見積もりでした、この場合の見積もりは適正なのでしょうか?あとリシン吹付けは耐久性が低いと聞きました、他に何かお勧め塗装材があれば教えてください、お願いします。

  • モルタル塗りと気温について

     現在8畳間を増築中の者です。 真冬(1日中零下)にモルタル外壁などできるのでしょうか。 凍って問題でますよね。(ちなみに仕上は吹付けタイルです) ハウスメーカーは大丈夫といってますが。 それとモルタルの場合、ひび誘発目地は必ず入れるべきでしょうか。  教えて下さい、今ならまだ変更がききますので!(サイディングとか)宜しくお願いします。  

  • カチオン仕上げの件で

    自宅を住みながらセルフリノベをしております。今年で6年目となります。 家の敷地内に倉庫があるのですが、改装を考えております。 外壁を今流行りのツルっとした薄塗のモルタルで仕上げたいと思っております。 モールテックスのような感じです。モールテックスはコストが掛かるので断念しました。。色々調べた中でカチオン性樹脂モルタルというもので仕上げるという方法があるというところまで分かりました。 こちらを外壁に利用したい場合、下記の手順で大丈夫でしょうか? ➀合板(15mm)の上にアスファルトフェルトを貼る (2)アスファルトフェルトにラス網をタッカーで密着させる (3)カチオン性樹脂モルタルを塗る 上記で問題ない場合、カチオン性樹脂モルタルはどのくらいの厚みで 塗るのがベストでしょうか?また防水性のクリアーの塗装は必要でしょうか? 外壁であれば、カチオンではなく普通のモルタルでいいんじゃないか??など 何か間違い点、注意点がありましたら御教授頂けないでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • モルタル壁の下地

    初めて質問させて頂きます。 モルタル外壁施工の際、下地合板の上に防水シートを張りその上に金網をホッチキス止めし、その上にモルタルを塗ると説明されたホームページを見ました。 近くの建築現場でモルタル壁を施工しているのを見る機会があったのですが、防水シートは、金網と一緒にホッチキス止めされてはいるが合板に密着/接着されて居ないように見えました。これではモルタルを塗っても合板との密着性は無く丁度最中の皮の様なもので、子供がボールでも投げつければ簡単にひび割れてしまうのではと疑問に思った次第です。或いは逆にモルタルを合板に密着させると収縮率の違いでひび割れが出るのでこれを防ぐためにわざと密着させない様にしているのでしょうか。モルタル施工に詳しい方教えてください。