• ベストアンサー
  • 困ってます

モルタル仕上げの外壁について

「リブラス」(防水シート付)という製品について、お尋ねします。 ※GW充填断熱の一般的な通気工法です。 ■一般的なモルタル下地の仕様・・・「ラス下地(木摺)+防水シート(アスファルトフェルト430)+ラス(メタルラス)」・・・の代わりに、「リブラス」(防水シート付)を導入することで、コストダウンになるのでしょうか? その他のメリットデメリットを把握した上で、採用するかどうか決めたいところです・・・。 モルタル仕上げの場合、サッシとのチリが不足しがちですが、この方法ですと多少なりとも総仕上げ厚を薄くできるメリットがあると思われますので、その意味でもこの方法に興味を持っています。 ■ネットで検索しますと複数メーカーがあるようですが、この方法は新しい工法なのでしょうが?(自分が知らなかっただけ?) ■信頼性はすでに一般的工法と同等、もしくはそれ以上のものとなっているのでしょうか? ■防水紙に使われているのは、「ターボリン紙+ラミネート加工」や「PEクロス樹脂」、「クラフト紙」等メーカーによりけりですが、アスファルトフェルト430との性能差をどう見るべきでしょうか? ★そもそも、アスファルトフェルトを入れていない事例も建築知識の参考詳細でさえあったりします。 基本的にはそれで問題ないのでしょうか? モルタル下地の木摺の不朽を防止するためかと思いますが・・・ 「住宅瑕疵担保責任保険」ではアスファルトフェルト430を推奨(義務ではない)していることから、それが一般的な仕様になったわけなのでしょうか? 耐力面材は、透湿防水シートで保護され、通気層でも、万が一進入した雨水を処理できるとの認識をもっています。 「リブラス」(防水シート付)を採用した場合、通気胴縁に直接張ることになりますが、防水シートが胴縁(木部)を保護する役割とすれば、アスファルトフェルト430でなくても問題ないのかどうか、不安がありまあす。 以上、アドバイスをお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

サイディング外壁の通気工法は魅力的だが、やはりモルタル外壁が質感で好みと言う人がモルタル外壁で通気工法ができないかと一度は考えるものです。通気工法を生かすには、GWの充填断熱と透湿防水シートと通気スペースが必須です。躯体に通気胴縁を打ち、それに「リブラス」(防水シート付)のような材料を張り付けてモルタル塗工しようとするのです。 モルタルの通気工法は古くから提案されていますが、主流になっていません。その理由はモルタルが非常に重くて通気胴縁で支えるのに無理があるからです。軽い窯業サイディングでも最近は木製の通気胴縁から通気金具になりつつあります。もしも胴縁がモルタルクラックからの雨水の侵入で腐るとモルタル外壁が脱落してしまいます。 透湿性がほとんど構造用合板を面材に使い、サイディングで壁通気工法をしている建物を見かけますが、意味の無いことをしていると思っています。面材にダイライトを使っても、壁通気には透湿性が不十分です。エアーパッセージシートやVFフェルトIIなどの裏にイボイボが付いた防水シートもありますが、通気工法とは言えず気休め程度です。 モルタル外壁には実績のあるアスファルトフェルトによる施工が無難です。その場合には通気工法にしないことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただきありがとうございます。 >モルタルの通気工法は古くから提案されていますが、主流になっていません。その理由はモルタルが非常に重くて通気胴縁で支えるのに無理があるからです。 建築知識を主に参考としていますが、普通に通気工法のティテールとしてモルタル外壁仕様が掲載されています。 全体数の割合としましてはをまだまだ主流ではないのかもしれませんが、ネットで施工事例を見ましても普通に現場で採用しているかと思われます。 ご指摘を受け自分でも調べてみましたが、住宅金融支援機構の2013年レポートでは、新築住宅の8割が通気工法との事ですが、モルタル外壁の場合に限っては15%程度しか採用されていないとのこと。 なるほど、イメージとは違いました。 重量があるため取り付け方法に習熟が必要であることが、なかなか普及してこなかった原因のようですね。 ただ、支援機構の見解としては、モルタル外壁でも通気構法を普及させるべきとの事ですね。 素朴な疑問ですが、GW充填断熱も主流かと思いますが、通気工法でなくても問題ないのでしょうか? モルタルが透湿してくれる(吸湿)という理屈でしょうか・・? また、壁からの雨漏りの面でも不安がありますし、アスファルトフェルトで対策されて長期的に見て万全といえるものかという疑問もあります。 どちらにしましても、モルタル+通気工法の経験が少ない工務店であれば、避けるほうが得際なのかもしれませんし、場合によっては外壁仕上げを考え直してみる必要があるとさえ考えています。 (もともと予算が厳しいためコストのかかるモルタル仕上げは避けたいところですが、サイディングには抵抗があります。 道路に面する(2面)外壁は、ガルバリウムで、(一部板張り)、視覚になる部分(隣地側、中庭面がモルタルです。 なんだかもったいない話ですが、ほかにローコストでシンプルな素材はないものでしょうか・・? (質問からそれてしまい申し訳ありません・・・) >軽い窯業サイディングでも最近は木製の通気胴縁から通気金具になりつつあります。もしも胴縁がモルタルクラックからの雨水の侵入で腐るとモルタル外壁が脱落してしまいます。 経年変化で問題がおこりつつあるため、金具に取って代わっているのですね・・・。 絶えず情報収集が欠かせませんね。 >面材にダイライトを使っても、壁通気には透湿性が不十分です。エアーパッセージシートやVFフェルトIIなどの裏にイボイボが付いた防水シートもありますが、通気工法とは言えず気休め程度です。 この手の問題提起も他で読んだことがあります。 一方で、逆の意見もあったりしまして・・・経験のない自分では精査できないことが、歯がゆいところです。 ある参考図書では、湿気は透湿抵抗の低い方に移動する特徴があり、ダイライトでも問題ないとされていました。 合板でもそれなりに湿気を放出してくれるとの事でしたが、やはり心配ですから、少しでも抵抗の低い素材としてモイスTMを選択する予定です。 >モルタル外壁には実績のあるアスファルトフェルトによる施工が無難です。その場合には通気工法にしないことです。 通気工法が必須とばかり思い込んでいましたので、通気工法にしない選択肢は考えていませんでした。 その場合ですと、どのような点を注意する必要があるでしょうか? 壁内結露の恐れがあるから、通気層を確保するべきかと勝手に思い込んでいましたが・・? 内装仕上げにも注意が必要なんでしょうね・? 以上、もし再度アドバイスいただける事がございましたらよろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

No.1です。追加質問がありましたので回答します。 構造用合板を面材に使うモルタル外壁で通気工法にしない場合、壁内空間に湿気を入れないことです。内壁に張るビニルクロスにもその効果がありますが、室内側にポリエチレン防湿フイルムを施工してから石膏ボードを張ることです。さらに完璧にしたいのならば、グラスウールを止めて非透湿性の発泡ウレタンの吹き付けをすることです。断熱材に隙間が無いと湿気は外側の面材に移動することはありません。保温性も現場発泡ウレタンの断熱性は抜群です。他の断熱材のような隙間が無いのが一番です。 アスファルトフェルトの良い所は絶対的な防水信頼性です。フイルムやプラスチックの防水シートは釘やタッカーの針で穴が開きますが、アスファルトフェルトはその釘穴がアスファルトの流動性で塞がれるのです。アスファルトフェルトはコンクリート建築物の陸屋根の防水に長年の実績がある材料です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度回答いただきありがとうございます。 >室内側にポリエチレン防湿フイルムを施工してから石膏ボードを張ることです。 これは必須かと思われます。 発泡ウレタンの吹き付の場合は、不要のようですが・・? やはり、構造用合板(ダイライト、モイス等も含め)を面材に使うモルタル外壁で通気工法にしない場合、GWでは問題あるようですね。 GWは変更する予定はありまあせんので、やはりその前提であれば、通気層を設けること以外に選択肢はなのいのかも知れません・・・? 偶然行き着いた建築家のブログでもモルタル外壁では通気層は必須とのこと。(GW充填) 一方で、GWは絶対使うべきでないと謳っている建築家もおられます。 調べれば調べるほど、わからなくなってきました・・・。 建築知識とてある建築家の仕様が掲載されているだけなのでしょうが、他により所のない自分にとってはとても有難い「バイブル」です。 その情報を提供した建築家が、どんな考えなのかを知りたいところですね。 そのような情報こそ知りたいわけですから、是非そのような疑問についても掲載していただくよう、出版社に意見としてお伝えしてみます。 この点に限らず、意見が間逆な事例も多々あるのがこの世界だと思われます。 現にいろいろな論争があちこちで見受けられますから、そのようなテーマで特集されると面白いのですが・・ 突き詰めれば、現場を数こなした経験のある方の意見(経験則)を聞くのが一番なんでしょうね。 そういった意味では、ここで質問させていただく意義はあると思いますので、これからもいろいろと質問ばかりするかと思いますが、お時間が許す範囲でアドバイスお願いできればと思います。

関連するQ&A

  • モルタル吹付け仕上げの下地について

    木造住宅の外壁仕上げに弾性リシン吹付け仕上げを考えています。(予算があればジョリパッド等を採用したいところですが・・・) 下地構成について教えてください。 内側から 構造用合板t12+透湿防水シート+通気用縦胴縁(21×45)、となりますが、 これ以降の下地構成についてです。 建築関係図書を調べてみても、微妙に表記が異なり迷います。 以下は記載があった一例です。 (1)ラス下地+モルタルt20 (2)木摺+ラス網+モルタル (3)木摺+メタルラス+軽量モルタル (4)木摺+防水シート+メタルラス+モルタル (5)木摺+アスファルトフェルト+メタルラス+軽量モルタル (6)木摺+アスファルトフェルト+ラス網+モルタル(ファイバーメッシュ伏せ込み) (7)ラス下地t11(アスファルトフェルト含む)+モルタル吹付けt20(メタルラス含む) ここで、ラス下地=木摺である事はわかりました。 アスファルトフェルト(=防水シート)を入れる場合と入れない場合があるようですが・・・? 木造住宅の場合地域差もあるかもしれませんが、アドバイスお願いします。 上記仕様は目地を設けないものと考えていますので、道路に面した外壁にと考えています。 他の外壁面もリシン吹付けで考えていますが、とにかくローコストで考えたい場合どのような下地が一般的でしょうか? ボード状のパネルに弾性リシン吹付けかと思うのですが、パネルには何が使われているのでしょうか? 無塗装サイディングに弾性リシン吹付けでしょうか? 目地は何ミリですか? 以上よろしくお願い致します。

  • 外壁仕上げ材の下地構成について

    木造住宅充填断熱、通気工法の仕上げについてお尋ねします。 (1) ガルバリウム鋼板立はぜ葺き (2) 弾性アクリルリシン吹付け 法22条区域です。 ただし、(1)は範囲外、(2)のみ該当します。 上記仕上げで考えておりますが、、下地構成は下記の通りで問題ないでしょうか? (1) 構造用合板t=12/透湿防水シート/通気用胴縁21×45/ケイカル板t=6 /(アスファルトフェルト)/ガルバリウム (2) A案:構造用合板t=12/透湿防水シート/通気用胴縁21×45/木摺 /(アスファルトフェルト)/ラス下地軽量モルタルt=20(ガラスメッシュ伏せ込み) /リシン B案:構造用合板t=12/透湿防水シート/通気用胴縁21×45/ラスカットt=9 /軽量モルタルt=20(ガラスメッシュ伏せ込み)/リシン (1)のケイカル板は耐水石膏ボードt=9.5の方が良いでしょうか? また、アスファルトフェルトは必要でしょうか? (2)のA案、B案どちらの方がコストが安いでしょうか? 以上よろしくお願い致します。

  • 外壁 塗り壁の施工について

    ケイソウ土塗りの外壁の施工順序についての質問です。  柱  構造用ボード  断熱材(ポリスチレンフォーム)  防水透湿シート  通気縦胴縁  ラス網  パーライトモルタル  ケイソウ土(仕上) の施工順番の場合、何か問題はありますでしょうか? 通気縦胴縁に直接ラス網、そしてモルタルというのが気になっています。 ご回答よろしくお願いします。

  • ラス下地モルタル塗りの施工手順

    ラス下地モルタル塗り外壁の施工について、透湿防水シートをどこに張るのが望ましいか教えてください。 室内側から  胴縁(1)ラス板(2)ラス網(3)モルタル/スキン吹付け  の予定です。 (1)(2)(3)のどこにシートを入れるのがよいでしょうか? よろしくお願いします。

  • 外装の左官仕上げ・ジョリパットなどの下地

    住宅(主に木造や鉄骨)で左官仕上げやジョリパット仕上げとする場合 どういった下地が好ましいのでしょうか。 古い建物をみると下地が3×6板の大きさごとに反りがでて壁が割れていたり 反りがなくても下地板のジョイント部で割れているのを見かけます。 合板下地+ラス・ダイライト下地+ラス・ラスカット・シージングボード+ラス その他いろいろあると思うのですが 個人的には伸縮率の小さい材料が良いと思っています。 また通気工法とあわせて行う場合通気層の外側に左官壁を作る場合など 外側にこういった下地を作成するのでしょうか。 教えてください。お願いします。

  • 衝撃に強い外壁材は無いですか?

    雪国に住んでいるのですが、毎年落雪で外壁サイディングが割れてしまうのです。 通気工法(北海道ではこれは外せません)で建築しているので、下地材の間は胴縁の厚み分の約18mm浮いています。 いっそうの事、モルタルで仕上げた方が良いのでは、とも思っています。 市販外壁材で、良いのを知ってる方いませんか?

  • ガルバリウム鋼板仕上げの下地構成について

    ガルバリウム鋼板仕上げ(竪ハゼ葺き、横葺き等)の場合の下地構成について 何度も同様の質問をしてしまい恐縮です・・・・。 木造2階建ての住宅を予定しています。 法22条地域であるため、法23条の規定により準防火性能を満たす外壁仕様にする必要があります。 防火構造でない一般的な仕様では、 耐力面材 ⇒ 透湿防水シート ⇒ 通気胴縁⇒ ボード下地⇒ガルバ仕上げ のような順序になるかと思います。 以前質問させていただきまして、以下<A>のようなイメージで考えています。 (グラスウール充填断熱) <A> 構造用合板t=12 or モイスTM    ↓ ●透湿防水シート    ↓ 通気胴縁15×40 @455    ↓ ▲耐水石膏ボード t=9.5(準不燃材)    ↓ ガルバリウムカラー鋼板 t=0.4竪ハゼ葺き 一方で、 ある建築家の住宅設計作品の書籍を見ていましたら、以下<B>のような順序になっていました。(防火規定は不明) <B> 構造用合板t=12    ↓ 通気胴縁15×40 @455    ↓ ▲耐水石膏ボード t=12.5    ↓ ●透湿防水シート    ↓ ガルバリウムカラー鋼板 t=0.35竪ハゼ葺き <A>との違いは、透湿防水シート・石膏ボードの位置関係等です。 ※防火規定等不明のため、単純に比較はできないかもしれませんが・・・ ■<B>は、H12建告1362号(法23条の防火性能を満たすための基準)を満たしているでしょうか? もしくは、防火規定のかからない場所での仕様でしょうか? <参考までに・・・> H12建告1362号1-3-ロ・・・ (2) 下地を準不燃材料で造り、表面に亜鉛鉄板を張ったもの (3) せっこうボード又は木毛セメント板(準不燃材料であるもので、表面を防水処理したものに限る。)を表面に張ったもの ■透湿防水シートの位置はA、Bどちらでも問題ないのでしょうか? もしどちらも告示要件を満足する場合、性能面から見てどちらの順番が妥当なのか? ■透湿防水シートの目的は湿気を通しながら防水性能も満足することと理解していますので、<A>の場合のように、通気層に放湿するために適した素材であるとの認識です。 <B>の場合であれば、透湿防水シートではなく、アスファルトルーフィングでも良さそうなもですが、透湿防水シートの選択について、どのような理由が考えられますか? 以上、アドバイス、ご意見をよろしくお願いします。

  • 法23条 外壁板張りの下地構成について

    以前法23条、外壁の準防火性能について質問させていただきました。 杉板張り外壁の下地の構成を、H12建告1362号によりクリアさせるつもりです。 室内側   1.厚さ9.5mm以上の石膏ボードを張る。  2.厚さ75mm以上のグラスウール等を充填した上に厚さ4mm以上の合板 屋外側  3.石膏ボード、木毛セメント板(準不燃材料で、表面防水処理済みのもの) でクリアさせようと思います。 下地として直に耐水石膏ボード等は使えないでしょうから、防水紙を張る事になるかと思われます。 ネットで施工事例を見ますと、透湿防水シートに直張りしている例もありますが、やはり胴縁は必要な気がします。 ■そんな事を考えますと、以下のような構成になりますが、ご意見または問題点があればご指摘下さい! また、胴縁が2重、防水シートも二度貼り・・・・過剰な気もしますが、仕方がない事なのか?他にもっと良い方法(よりコストがかからない)あありましたらご教授願います。 <延焼ラインにかかる部分> 外側から・・・・ 杉板t=15(横張り)⇒縦胴縁(15×40 @455)⇒アスファルトフェルト430⇒石膏ボードt=9.5⇒通気胴縁(縦胴縁)20×40 @455⇒透湿防水シート⇒耐力面材・・・・ <延焼ラインにかからない部分> 杉板t=15(横張り)⇒通気胴縁(縦胴縁)20×40 @455⇒透湿防水シート⇒耐力面材・・・・ ■また、胴縁は縦胴縁としていますが、縦横に分けた方が良いのでしょうか? 板張りは横張りですから必然的に縦胴縁になります。 そうしますと、通気用胴縁を横胴縁にする事になります・・・。 通気のしやすを考慮しますと、縦胴縁の方が良いと思われま すが、どちらを優先すべきでしょうか? もしくは、どちらでも問題ないでしょうか? ■上記構成では耐水石膏ボードではなく、石膏ボードに防水シートとしています。告示の規定による「表面防水処理済みのもの」には該当しないでしょうか? 理屈で考えますと・・・ 「準不燃材の石膏ボード」が準防火性能を満たす要件であり、告示要件としては、外部使用のために防水処理済みと限定している・・・・かと思います。 そこで、「防水シート」を「表面処理」と置き換える事が可能との認識ですが、いかがでしょうか? ■そもそも、22条地域は多いでしょうし、そんな中で板張り仕上げとされている方はどのように準防火性能を満たしているのでしょうか? 以上、アドバイスよろしくお願いします。

  • 外壁がモルタルなのですが、通気工法でないとまずいですか?

    2×4の木造3階建てを計画しているものです。外壁仕様はモルタル吹付です。住宅性能評価を受けるのですが、我が家のモルタル施工の場合、通気工法を取らないと等級が1つ下がるといわれました。(逆に通気工法を取れば等級3になるそうです) 外壁の仕様は、室内側から断熱材(グラスウール10K 75mm)→構造面材→三星ダブルベスト→ワイヤラス→軽量モルタル15mm)→弾性セラミックシリコン(予定) です。 等級云々もそうですが、通気工法にしないと壁内結露が溜まり躯体に影響を及ぼすのではないかと心配しています。 しかし、コストが莫大にかかると言われており、正直厳しい状況です。 どなたか詳しい方是非ともお知恵をお貸し下さい。お願いします!

  • 左官さん・大工さんに質問です

    在来軸組工法で柱間にグラスウールを入れ断熱する工法です。 合板等を外貼りはしません。 ラスモルタルに塗装仕上にしようと思うのですが・・ おすすめのおさめ(柱より外側)・注意事項を教えてください。 メタルラス等のおすすめのメーカー・商品があったら教えてください。 よろしくお願いします、