• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

外国特許明細書のパラメータ

外国特許明細書には、 「1~5及び6~10、好ましくは6~10であり、特に、6、7、8、9、10である」 といったような細やかな数値限定の記載が見かけられます。 なぜ、このような記載をするのでしょうか??? できれば、このような記載についての判例もご教授いただけないでしょうか

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数444
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

弁理士です。 日本では、多くの弁理士は、「Aの値は、1~10が好ましく、3~7がさらに好ましい」と書いていると思います。 この記載方法だと、2.5の先行技術が現れた場合に、3~7に減縮するしかありません。 また、6.9の先行技術が現れると終わりです。 先行技術にどのような値が記載されているのか予測することは、困難です。そこで、具体的な値を種々記載しておいて、色々なパターンの補正を可能にします。 例えば、以下のように記載します。 「Aの値は、1~10が好ましく、3~7がさらに好ましい。Aは具体的には、1,2,3,4,5,6,7,8,9,10であり、これらの数値のいずれか2つの間の範囲内であってもよい」 2.5の先行技術が現れた場合は、3~10に補正し、 6.9の先行技術が現れた場合には、1~6に補正します。 もちろん、上記のように補正をしても、進歩性の問題や記載要件の問題で特許性が確保できないかも知れませんが、少なくとも新規事項追加の問題は回避できますので、どちらかというと有利な方向に働くと思います。 先行技術以外にも例えば、実施例が5しかない場合、審査官が2~8の範囲で特許を認めるのか、4~6の範囲で認めるのかは予測困難です。 明細書に3~7しか記載がない場合、担当した審査官が厳しめの人で4~6でないと特許を認めないと考えても、そのように補正を行うことは、新規事項の点で不可能になります。 このような場合、上記のように具体的な数値があれば、新規事項の問題は生じません。 判例は知りませんが、他人が書いた明細書の中間処理を行う際に、数値限定の根拠がなくて苦労することは多いので、自分の明細書ではキーとなるパラメーターについては具体的な数値を記載しておいて、補正の自由度を高めるようにしています(あまり馴染みがないので、最初は不思議に思うクライアントもいますが、説明すれば納得してくれます)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

丁寧なコメントをありがとうございました 以下の点について、追加の質問をさせて下さい 「Aの値は、1~10が好ましく、3~7がさらに好ましい」と書いている場合には、6.9の先行技術が現れると終わりとのことですが、 これは、新規事項の追加と認定されるため、だと解釈しております。 ただ、1~6とか6~10に数値範囲を減縮する補正は、 日本では、1~10の範囲内であることが明らかであるので、限定的の減縮として許容されるとおもいます。 欧米では、上記のような主張は通用しないのでしょうか?

関連するQ&A

  • 特許明細書作成について

    私は現在台湾の特許事務所に勤めています。 これまで5年程、主に日本の特許事務所の方と連絡を取り合う事務的な仕事を続けてきましたが、今後は中国語(繁体字)明細書を日本語明細書に翻訳する仕事も任されることになりました。 ずっとやりたかった仕事なので、ヤル気は満々なのですが、特許明細書を書くためには学ばなければならないことがたくさんあると自覚しています。 そこで、特許明細書作成についてわかりやすく説明されているウェブサイトや本、又は便利なコンピューターソフト等をご存知であれば、ぜひ教えて頂きたいです。 よろしくお願いします。

  • 特許明細書の背景技術の書き方について

    特許明細書の背景技術(従来技術)の書き方について質問します。 通常、特許明細書の背景技術には公開番号などの文献を記載するのが一般的ですが、出願人が既に出願を済ませた出願番号(未公開)を背景技術に記載すると、出願人にとって何か不利益となる場合があるのでしょうか? 不利益があるとすれば、どのようなことがあるのか教えていただけないでしょうか? ちなみに、今回は国内出願のみで外国出願の可能性はありません。

  • 特許出願の明細書の記載

     特許出願の明細書の中で、重さのことを、ある出願では「重量」と、ある出願では「質量」と、書いています。どちらもほとんど同じ意味と考えて良いでしょうか。  また、どちらの記載の方が、正しいのでしょうか。    ご存じの方、教えて下さい。

  • 特許明細書を書いているのですが

    特許を取得したくて明細書を書いています。  たとえば洗濯機の洗濯層をまわして衣類を洗うという明細書を書く場合、 単純に洗濯層をモーターで回して衣類を洗うというふうに洗濯層とモーターのつながりを記入しなくて書いても通るのでしょうか?   それとも洗濯層のまわし方について、たとえば、モーターと洗濯層を滑車とかベルトでつないで・・・と、その詳細まで細かく書かないとだめなのでしょうか。 また排水などについても、排水弁の開ける方法をどこをどのようにどのような方法であけるというところまで細かく書かなくてはだめなのでしょうか?  どうぞよろしく御願いします。

  • 特許明細書のSOHOについて

    地方の特許事務所に勤務しています。特許明細書を書く技術を習得しているので、自宅でSOHOとして空いた時間にも仕事がしたいと思っています(翻訳はできません)。 実際、明細書は自宅でパソコンとネット、FAXがあれば、全国どこにいても仕事が出来ると思います。しかし、特許事務所の弁理士の依頼じゃないと非弁活動になるおそれがあるので何か良い方法はないでしょうか?技術コンサンルタントと称してスレスレのことやっているところや単なる名義貸しの弁理士もいると聞いています。どこかSOHO募集を行っている特許事務所を知っている方いませんか?

  • 特許明細書のサンプル

    特許明細書のサンプルをみることの出来るページ、又は実物を入手する方法を教えて頂けないでしょうか?分野は、出来れば化学がいいです。

  • 特許明細書のデータは捏造してもよいのでしょうか?

    会社から特許明細書の作成を求められました。 今まで明細書の作成をしたことはなく、事情はよく分からないのですが、 実施例として掲載するデータを実験はせずに、「自分で勝手に作成して」と会社側から指示されました。そこで2点質問です。 (1)特許明細書に掲載するデータは勝手に作ってもよいものなのでしょうか? (2)データ捏造に加担したくないのですが、会社から言い逃れをする方法はありますか?

  • アメリカの特許の明細書の書き方の特徴を教えて。

    米国特許の明細書の構造はどうなっているのか アドバイスいただけないですか?英語だとわからない から日本語で日本の明細書との相違点のようなことを 教えていただけると幸いです。

  • 特許明細書の勉強

    昨年から知財職に就いた者です。 業務で出願の仕事もしますが、研究・開発職に携わったことがないということもあり、まだ発明の本質を捉えることが難しく、なかなか明細書案が書けないという状況です。 そこで実際明細書には何を記載すべきなのかということを勉強したいので、良い明細書(公報)を読もうと考えています。 枚数としては多くなくても必要な事項は記載されていて、拒絶理由にも強引過ぎない程度に反論して、特許になっているものがあれば一番良いのかと思っています。 また、業務の分野は化学系や機械でない構造物系が多いので、あればそういう分野が一番良いのかと思います。 よろしくお願いします。

  • 特許明細書英訳

    特許明細書翻訳初心者です。 明細書でこのような文章をよく見かけます。「複数の前記~部が配置されており...」 この場合翻訳は "a plurality of the ... units is arranged"とすべきでしょうか。 すると、「2つの前記~部」や「3つの前記~部」の場合は、"a pair of the ... units", "a trio of the ... units"となりますか。 しかし、「15個の前記~部」などの場合や、「m個の前記~部」の場合はどう表現すればいいのでしょうか。 とても悩んでいます。ご教示いただければ幸いです。