• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

「聴聞」手続きについて

行政書士目指して勉強中です。 たとえば、飲食店の営業許可を与えられており、行政側から営業時間の制約など食品衛生法上とは無関係な条件の行政指導をされたとします。このような行政指導は違法だと思いますが、行政側がしつこく、この行政指導を繰り返し、店主が応じず、営業許可を取り消されたとします。 この許可の取り消しの際には、「聴聞」手続きが取られますが、聴聞において、店主は行政指導の違法性を主張するなど意見を述べることで、行政側の「営業許可取り消し」をやめさせることはできるのでしょうか。 それとも、聴聞は単なる意見を聞く場であり、行政庁の取り消し処分を防ぐことは不可能なのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数388
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

行政指導に従わないことを理由に許可が取り消されることはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 聴聞において、当事者が利害関係者の参加を求めたにもかかわらず、行政庁が

    聴聞において、当事者が利害関係者の参加を求めたにもかかわらず、行政庁がこれを不許可とした場合には、行政不服審査法に基づく不服申立てをすることができる。 という過去問があるのですが、答えは、出来ないそうです。 その根拠がわからないのですが、分かる方いらしたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • 許可が行政庁によって進んで与えられる場合とは?

    許可が行政庁によって進んで与えられる場合とは? 行政書士試験H11の33問枝3の回答で、許可は必ずしも申請が前提ではなく、行政庁が進んでこれを与えることもある。とあるのですが、この具体的な場面が思い浮かびません。申請していない許可が行政庁によって進んで与えられる場合ってどのような場面でしょうか?

  • 古物商営業許可

    古物商営業許可を行政書士など専門機関に依頼するとどの位の金額になるのか教えていただけませんか? よろしくお願いいたします。

  • 食品衛生法

    営業許可を見ていると食品衛生法51条によりと書かれているんですが、これは改正前の21条と内容は同じものなんでしょうか?また改正されると許可証に書かれる何条結うのは変わってくるんですか?

  • 飲食店の営業許可申請について

    現在、独学で行政法の勉強をしています。 飲食店の営業を行う場合、食品衛生法52条に基づく営業許可を受けることが必要です。 申請書は、管轄保健所に提出し、保健所長が許可を与えるのでしょうか。それとも知事が許可を与えるのでしょうか。 各都道府県のHPで実例を確認しましたが、保健所長となっているところ、知事となっているところと統一されていません。 食品衛生法では、「都道府県知事」となっています。 保健所長にその権限を委託していると理解したらいいのでしょうか。 試験とは関係ないのですが、すっきりしないのでどなたか教えてください。

  • 飲食店などの開業手続き

    飲食店の開業手続きで、 保健所の営業許可申請や、警察署への深夜営業許可、消防への使用開始届、 場合によっては用途変更の確認申請など、業態や規模、物件の状態によって種類も異なるかと思いますが、 これらの申請は、行政書士でないとできないものなのでしょうか? 確認申請は建築士も関わるの分野でしょうが、 本人に代わって代理をして申請する場合は、 報酬をもらわなければ出来るという事なのでしょうか? 御教授よろしくお願い致します。

  • 行政不服審査について

    行政書士に関するあるテキストに、下記のような記述があったみたいですが、その内容がよく理解できません。 ご教示よろしくお願いいたします。 記 行政不服審査は、行政による自己統制である。 ↓ したがって ↓ 行政庁の処分の当・不当について判断しても三権分立の観点から問題は生じない。 ↓ したがって ↓ 行政不服審査では、行政庁の処分の違法性のほか、不当性についても判断することができる。

  • 行政書士問題集(記述式)です。

    行政書士問題集(記述式)です。 問題) 行政庁はAに対して道路の占用許可に伴い占用料の納付を命じたが、Aは占用料を支払わなかった。 Aの負担行の不履行は、本件道路占用許可にどのような影響を及ぼすか。 また、このような場合に行政庁の採りうる手段は何か。 解答) 負担の不履行は許可自体の効力には直接影響しないが、行政庁は許可の撤回や強制徴収をなしうる。 「行政罰を与える」はダメですか??

  • 無許可営業のラブホテルの営業をやめさせるにはどうしたらよいですか?

    昨年の風俗営業法の改正時、営業許可の届出を怠ったため営業許可が取り消しになったラブホテルが、現在もまだ営業しております。 すぐ近くに幼稚園もあり、また小中学生の通学路にも面しているので廃業してもらいたいのですが、一向にやめる気配がありません。 暴力団等がからんでいたら怖いので、近隣の人は誰もやめてくれるように言い出せません。 ちなみに、旅館法上の違反で指導に入った保健所も、その時点で無許可 営業の事実を把握したはずなのに、見て見ないフリをしております。 一刻も早く廃業させるにはどうしたらよいでしょうか?

  • 行政手続法33条、34条を利用して都市計画法により開発申請を行うことについて

    今回、いわゆる行政指導についての質問です。 友人が都市計画法による開発申請を行うのですが、条例や要綱に完全に添うことが出来ないため、条例違反を承知で申請を出すという相談を受けました。 行政手続法でいくと、以下の条文からも行政指導の拒否は可能ではあると思うのですが、何分、相手の役所は厳しい雰囲気だそうです。条例にはこう書いてあるとか・・・。 私自身、他の部所で公務員で行政指導する側ですので、行政手続法に則っていくと許可せざるを得ないと思うのですが実際はどうなのでしょうか?判例には拒否した役所は敗訴しています。 しかし、法には行政指導をするようにとも書かれています。実際どうなのでしょうか? (申請に関連する行政指導)第33条 申請の取下げ又は内容の変更を求める行政指導にあっては、行政指導に携わる者は、申請者が当該行政指導に従う意思がない旨を表明したにもかかわらず当該行政指導を継続すること等により当該申請者の権利の行使を妨げるようなことをしてはならない。(許認可等の権限に関連する行政指導)第34条 許認可等をする権限又は許認可等に基づく処分をする権限を有する行政機関が、当該権限を行使することができない場合又は行使する意思がない場合においてする行政指導にあっては、行政指導に携わる者は、当該権限を行使し得る旨を殊更に示すことにより相手方に当該行政指導に従うことを余儀なくさせるようなことをしてはならない。 http://www.houko.com/00/01/H05/088.HTM#s1