• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

江戸時代の旅の手荷物や衣類・食事などは?

お世話になります。 時代劇を見ると、江戸時代の旅装束・手荷物・衣類・食事は、かなり少ない様子です。即ち、 ●笠、合羽程度を振り分け荷物で着たきりスズメ で、手ぶらのようです。その他には、せいぜい杖くらいです。泊りは宿場なので問題なしとしても、こんな軽装で旅が続けられたのでしょうか? よって、質問です。 Q1.着物の洗濯はしない?(乾かすひまがない・・・) Q2.朝晩は宿屋で準備された?(食料事情は問題なし・・・) Q3.昼ごはんはあった?(平安時代は、朝夕の2回だそうですが・・・) 特に、食料事情は重要で飢饉があるくらいですから、食料が不足している可能性がありますが、お金があれば食べるには困らない状況だったのでしょうか。また、荷物が少ないし、着の身着のままみたいで、不思議です。お遍路くらい荷物が限定されたのでしょうか? ご回答をよろしくお願いいたします。

noname#132710
noname#132710

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 歴史
  • 回答数2
  • 閲覧数7860
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こんにちは。 私は、自称「歴史作家」です。 東海道を例にとりましょう。 東海道では、男足で15日位。 女足では20日位。 これを念頭において・・・ >>Q1.着物の洗濯はしない?(乾かすひまがない・・・) 着物は1着。下着は2~3着・・・洗濯は道中の小川や池で行いました。そして、良く絞って油紙に包み持ち歩きました。 >>Q2.朝晩は宿屋で準備された?(食料事情は問題なし・・・) 大概は、旅篭での朝夕の食事でしたが、途中の茶屋などで団子や饅頭などで代用しました。 >>Q3.昼ごはんはあった?(平安時代は、朝夕の2回だそうですが・・・) 昼飯はヌキが多かった。しかし、前述のように茶屋などで団子を食べたり饅頭を食べたり煎餅を食べたりしました。 >>特に、食料事情は重要で飢饉があるくらいですから、食料が不足している可能性がありますが、お金があれば食べるには困らない状況だったのでしょうか。 やはり、「銭」が一番でした。 農村部では飢饉などで困ったことでしょうが、旅篭などでは、米の流通を銭の力で優先的に差し押さえていましたので、旅人にはあまり不自由なく往来できました。 >>また、荷物が少ないし、着の身着のままみたいで、不思議です。お遍路くらい荷物が限定されたのでしょうか? 江戸時代書かれた「道中案内記」によると・・・ 着替えの衣類(着物1着・下着2~3着)、脇差(道中差、女は懐剣)、頭巾(または笠、女は市目笠)、三尺手拭、扇子、矢立(筆記用具)、鼻紙、草履(草鞋)、財布、道中記・・・などを小物篭に入れて包み、肩から振り分けにして持参すると良いと書かれてあります。 (よもやま話) 江戸時代中期(文化・文政の頃)になると江戸も繁盛するようになり、小旅行がもてはやされました。 箱根の関所手前までなら、「通行手形」もいらなかったので、自由に往来できました。 日帰りまたは1泊2日くらいの旅としては、 箱根七湯、江ノ島詣、鎌倉見物、金沢八景、大山詣、成田山新勝寺詣、秩父三十三箇所詣、日光東照宮参り、 などが人気でした。 また、関所でも「○○講中」と書かれた白い上着を着て、それらしき旅姿であれば、通行手形は不要でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 意外と小物も荷物でありますね。ハブラシは、柳のふさ楊枝なら道中で入手可能でしょうが、懐紙などは途中での補給かと思います。昭和中期までは、ATMはないし為替も発達していないことを考えると、全財産をもっての旅はドキドキものですね。仮に、1日1万円(宿泊5000円+食費3000円+消耗品+2000円)として、江戸=京都が15万円~20万円で現代の海外旅行なみでしょうか? この状況で、ドロボウにあったら、海外の空港でパスポートやらカード類をスリにあったくらいorzですね。古文書からの解説、お手数をお掛けしました。ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • Kon1701
  • ベストアンサー率24% (1445/5855)

Q1の着物ですが、もともと着物は非常に貴重で、普段から複数の着物を持っている人は少なかったようです。着物自体も修理しながら親から子へ引き継ぐこともあったそうです。 Q2の、旅籠、食事つきの旅館のようなものですが、これは高価なので自炊する木賃宿も、特に江戸時代初期は多かったようです。だんだん旅籠が主流になってきたそうですけど。 自炊、その材料をどうやって仕入れるのかは博物館等で展示は見たことないのですが・・・。 Q3の昼はちょっと・・・。おにぎりなどを用意して、というのも聞いたことはありますが、自信はないです・ 荷物、全て持ってゆくことになるので、極力軽く、ということになるのでしょうね。 資料館や博物館には旅の荷物がいろいろと展示してあります。携帯の蝋燭立て、ちょうちん、枕なども展示してあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 衣類は貴重品だったんですよね。今では、●ニクロのお陰で、タンスに一杯あります。でも、着たままだと臭いかも・・・(学校の剣道着や柔道着みたいにね)

関連するQ&A

  • 江戸時代の江戸―京・大坂間の荷物輸送賃。

    江戸時代後期には、飛脚業者がネットワークを組み、全国各地に荷物を輸送できるようになったそうです。 実際、旅先から自宅へ、あるいは旅先から次の目的地まで荷物を送っておき、軽装で旅を続けたという道中日記も数多いです。 では、具体的に、「どこからどこまで、どの程度の重さの荷物を送ったときの料金はいくら」だったのか、という疑問です。 天保のころ、1貫につき、伊勢山田から京都まで132文、京都から米原まで104文、岡田村(長野県松本市)から上田(長野県上田市)まで64文の事例を見つけましたが、京・大坂から江戸まで(または逆ルート)の事例は見つけられませんでした。 京・大坂から江戸まで(または逆ルート)の荷物輸送賃の記録があれば教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 江戸時代の武士の旅姿

    映画に登場する江戸時代までの武士の旅姿を見ると、大体の場合、手甲・脚絆に旅用の羽織を身につけ、頭には菅笠、腰にはカバーを掛けた大小二本差しをています。 ところが背中の荷物はと見ると、楕円形で弁当箱程度の大きさの小さな入れ物を長い紐でたすき掛けにして背負っていますよね? この映画の描写が正しいとしての質問なのですが、この背中に背負った小さな入れ物、中には何を入れていたのでしょうか? また、この入れ物、大きさ的に着替えの着物が入るはずもないのですが、では下着も含めて旅行中の着替えはどうしていたのでしょうか?  目的地まで一回も着替える事は無い? 当時の旅行は今ほど清潔ではなかったとしても、何日も着替えをしなかったというのは考えにくいように思います。 では、宿場の宿で毎日新しい物を購入していた? そんなに毎日お金を使っていたのなら、途中で路銀が底をつく事になりませんか? それと、脚絆は歩きやすいように足下をキュッと絞る役目があるのは理解出来るのですが、「手甲」は何のため? 時代劇を見るたびに疑問に感じています。 

  • お遍路(計画立てて行かなきゃ行き倒れ?)

    (詳しい事は以前の質問内容等見て下さい) 下宿をしている女子大生です。夏休みにお遍路に行こうと思っています。お金を親に援助してもらうつもりはないのですが、親が問題もあって反対しています。般若心経や、ガイドブック、装束を買ったのですが、親に取られて返してもらっていません。それでも行きたいと思っています。お金もないし親の目もあるので一週間くらいしかいけないかもしれません(とりあえずお金がなくなる前に帰ります。適当に嘘ついていきます) お遍路は計画を綿密に立てていかないと無理ですか?ネットである程度は調べますが、本はこのまま親に返してもらえないかもしれません・・・道などは、向こうで会う人に聞くつもりです。昔はガイドブックなんてなかったし絶対出来ないとは思わないですが、時代が違いますしどうなのでしょう。 こんな事をここで書いて申し訳ないですが、精神的に辛くてこのままでは死んでしまいそうです。遠くに一人旅に出たいのです。それなら四国じゃなくても。。と思われると思いますが、いろいろな恨みや、心の平穏の為にも四国が良いのです。読んでいて疑問とかあると思います。その場合こちらを読んで下さい http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2271912 http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2292444 http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2288415 四国で死ねたら本望なくらいに、行きたい気持ちが治まりません。 今の自分の精神的な治療の一番はお遍路だと思います

  • 江戸時代の旅について。

    江戸時代の旅について。 江戸時代、成人の男性は、どの程度の日数を費やして江戸から京まで旅をしたのでしょうか。 日本橋を基点として、東海道を旅した場合、一日目に宿泊する宿場のどの宿だったのでしょうか、これも、成人男性の場合。

  • 「江戸時代の旅」

    江戸時代の旅について調べています。 江戸時代の旅が当時どのような役割を果たしたのか、 またそれがいまの社会にどのように変えていったのか その江戸時代の旅が今に伝えるものは何かを どなたか民俗学や歴史に詳しい方 なんでもよいので教えてください。(><)

  • 江戸時代の食事は

    江戸時代の食事は 現在と大差はなく 朝・昼・晩の3食だった様です。 ただ昼食に関しては現代よりも 間食という感じで、ちょっとつまむ程度 だったとの事。 私の場合、昼食は同僚と 外食に出かける事が多く しっかり食べてしまいます。 その場合、夕食の量を少なくする事で 体重のバランスが保たれる様に なるのでしょうか?ダイエットに挑戦しているのですが なかなか体重が減りません。 お酒を控える事と、夕食を少なくする事を 考えているのですが、夕食を抜くというのは 危険で無理のあるダイエットでしょうか? 一日2食だけのダイエットもある様ですが・・・ お酒の件と併せて実際はどうなのでしょうか? 教えて下さい。宜しくお願い致します。

  • 江戸時代の旅ブーム

    江戸時代には旅ブームがあったってほんとうですか? 徳川幕府が整備した5街道は 旅につかわれていたイメージと 参勤交代のイメージ、どっちがつよいですか? 参勤交代はいつまでやっていたのですか?

  • 江戸時代の山伏の旅

    江戸時代に全国を歩いた山伏、泉光院という人の旅日記を読んでいるのですが、当時の山伏達は、このように全国を回る際、だいたい何キロくらいの荷物を背負って旅をしていたのでしょうか?

  • 江戸時代の旅為替

    江戸時代に旅先でお金を送ってもらうための為替と言うのは宿場町などでは結構普及してたのですか?

  • 江戸時代の客船の食事。

    どうでもいいような疑問ですが教えてください。 江戸時代の客船、例えば金毘羅船が潮待ちや風待ちで港に停泊した時の食事はどうしていたのですか。 おそらく、地元の舟が握り飯の弁当を積んで売りにきたのでは、と想像しています。 船頭が客の注文をまとめて買いに行ったとか、想像でも小説でもよいですから教えてください。 旅日記に出てくる話なら最高です。 よろしくお願いします。