• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

江戸時代の旅の手荷物や衣類・食事などは?

お世話になります。 時代劇を見ると、江戸時代の旅装束・手荷物・衣類・食事は、かなり少ない様子です。即ち、 ●笠、合羽程度を振り分け荷物で着たきりスズメ で、手ぶらのようです。その他には、せいぜい杖くらいです。泊りは宿場なので問題なしとしても、こんな軽装で旅が続けられたのでしょうか? よって、質問です。 Q1.着物の洗濯はしない?(乾かすひまがない・・・) Q2.朝晩は宿屋で準備された?(食料事情は問題なし・・・) Q3.昼ごはんはあった?(平安時代は、朝夕の2回だそうですが・・・) 特に、食料事情は重要で飢饉があるくらいですから、食料が不足している可能性がありますが、お金があれば食べるには困らない状況だったのでしょうか。また、荷物が少ないし、着の身着のままみたいで、不思議です。お遍路くらい荷物が限定されたのでしょうか? ご回答をよろしくお願いいたします。

noname#132710

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数7741
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こんにちは。 私は、自称「歴史作家」です。 東海道を例にとりましょう。 東海道では、男足で15日位。 女足では20日位。 これを念頭において・・・ >>Q1.着物の洗濯はしない?(乾かすひまがない・・・) 着物は1着。下着は2~3着・・・洗濯は道中の小川や池で行いました。そして、良く絞って油紙に包み持ち歩きました。 >>Q2.朝晩は宿屋で準備された?(食料事情は問題なし・・・) 大概は、旅篭での朝夕の食事でしたが、途中の茶屋などで団子や饅頭などで代用しました。 >>Q3.昼ごはんはあった?(平安時代は、朝夕の2回だそうですが・・・) 昼飯はヌキが多かった。しかし、前述のように茶屋などで団子を食べたり饅頭を食べたり煎餅を食べたりしました。 >>特に、食料事情は重要で飢饉があるくらいですから、食料が不足している可能性がありますが、お金があれば食べるには困らない状況だったのでしょうか。 やはり、「銭」が一番でした。 農村部では飢饉などで困ったことでしょうが、旅篭などでは、米の流通を銭の力で優先的に差し押さえていましたので、旅人にはあまり不自由なく往来できました。 >>また、荷物が少ないし、着の身着のままみたいで、不思議です。お遍路くらい荷物が限定されたのでしょうか? 江戸時代書かれた「道中案内記」によると・・・ 着替えの衣類(着物1着・下着2~3着)、脇差(道中差、女は懐剣)、頭巾(または笠、女は市目笠)、三尺手拭、扇子、矢立(筆記用具)、鼻紙、草履(草鞋)、財布、道中記・・・などを小物篭に入れて包み、肩から振り分けにして持参すると良いと書かれてあります。 (よもやま話) 江戸時代中期(文化・文政の頃)になると江戸も繁盛するようになり、小旅行がもてはやされました。 箱根の関所手前までなら、「通行手形」もいらなかったので、自由に往来できました。 日帰りまたは1泊2日くらいの旅としては、 箱根七湯、江ノ島詣、鎌倉見物、金沢八景、大山詣、成田山新勝寺詣、秩父三十三箇所詣、日光東照宮参り、 などが人気でした。 また、関所でも「○○講中」と書かれた白い上着を着て、それらしき旅姿であれば、通行手形は不要でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 意外と小物も荷物でありますね。ハブラシは、柳のふさ楊枝なら道中で入手可能でしょうが、懐紙などは途中での補給かと思います。昭和中期までは、ATMはないし為替も発達していないことを考えると、全財産をもっての旅はドキドキものですね。仮に、1日1万円(宿泊5000円+食費3000円+消耗品+2000円)として、江戸=京都が15万円~20万円で現代の海外旅行なみでしょうか? この状況で、ドロボウにあったら、海外の空港でパスポートやらカード類をスリにあったくらいorzですね。古文書からの解説、お手数をお掛けしました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 江戸時代の旅について。

    江戸時代の旅について。 江戸時代、成人の男性は、どの程度の日数を費やして江戸から京まで旅をしたのでしょうか。 日本橋を基点として、東海道を旅した場合、一日目に宿泊する宿場のどの宿だったのでしょうか、これも、成人男性の場合。

  • 「江戸時代の旅」

    江戸時代の旅について調べています。 江戸時代の旅が当時どのような役割を果たしたのか、 またそれがいまの社会にどのように変えていったのか その江戸時代の旅が今に伝えるものは何かを どなたか民俗学や歴史に詳しい方 なんでもよいので教えてください。(><)

  • 江戸時代の食事は

    江戸時代の食事は 現在と大差はなく 朝・昼・晩の3食だった様です。 ただ昼食に関しては現代よりも 間食という感じで、ちょっとつまむ程度 だったとの事。 私の場合、昼食は同僚と 外食に出かける事が多く しっかり食べてしまいます。 その場合、夕食の量を少なくする事で 体重のバランスが保たれる様に なるのでしょうか?ダイエットに挑戦しているのですが なかなか体重が減りません。 お酒を控える事と、夕食を少なくする事を 考えているのですが、夕食を抜くというのは 危険で無理のあるダイエットでしょうか? 一日2食だけのダイエットもある様ですが・・・ お酒の件と併せて実際はどうなのでしょうか? 教えて下さい。宜しくお願い致します。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • Kon1701
  • ベストアンサー率24% (1445/5854)

Q1の着物ですが、もともと着物は非常に貴重で、普段から複数の着物を持っている人は少なかったようです。着物自体も修理しながら親から子へ引き継ぐこともあったそうです。 Q2の、旅籠、食事つきの旅館のようなものですが、これは高価なので自炊する木賃宿も、特に江戸時代初期は多かったようです。だんだん旅籠が主流になってきたそうですけど。 自炊、その材料をどうやって仕入れるのかは博物館等で展示は見たことないのですが・・・。 Q3の昼はちょっと・・・。おにぎりなどを用意して、というのも聞いたことはありますが、自信はないです・ 荷物、全て持ってゆくことになるので、極力軽く、ということになるのでしょうね。 資料館や博物館には旅の荷物がいろいろと展示してあります。携帯の蝋燭立て、ちょうちん、枕なども展示してあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 衣類は貴重品だったんですよね。今では、●ニクロのお陰で、タンスに一杯あります。でも、着たままだと臭いかも・・・(学校の剣道着や柔道着みたいにね)

関連するQ&A

  • 江戸時代

    江戸時代に丸に木爪の家紋だった侍や貴族はいますか

  • 実際の江戸時代は如何に?

    立て続けに質問しますが江戸時代のイメージと言えば ・物騒 ・生活圏でも殺しが頻繁にあった ・侍が刀を振り回してる ・つじ斬り ・今じゃ書類送検、罰金、厳重注意、執行猶予レベルの一般人の犯罪も江戸時代じゃ討ち首獄門、はりつけ獄門、切腹 ・人権もクソも無い社会 ・格差が半端ない ・一般人に自由が無い ・農民は年貢の取り立てに追われる日々 これって時代劇の見過ぎによる江戸時代のイメージじゃないのかな?と思ってしまう今日この頃。 時代劇は所詮ドラマであってドラマと言えば理不尽な出来事や色んな事件が起きてナンボの世界。 実際の江戸時代ってそう頻繁に生活圏で殺人事件が起きる事は無かったのではないでしょうか? 侍がむやみやたら刀を抜く事なんて無かったんじゃないのか?刀の手入れ、刀の練習、よほどの命の危険に晒された時にしか刀を抜かなかったのでは? ・幕府や藩主、大名が今の政治家よりもしっかりしていて江戸時代なりにライフライン、社会保障、一般人の自由、一般人の衣食住に困らない程度の生活水準等ある程度保たれていたのでは? ・ちょっとした罪で処刑や切腹とかは無かったのでは? ・一般人の人権は江戸時代なりに保障されていたのでは? ・幕府や藩主、大名による保険制度みたいなのがあって万が一凶作に見舞われても農民が年貢の取り立てに追われる事はそう頻繁に起きなかったのでは? ・江戸時代の日本は世界的に社会保障、人権、社会的秩序、民度、治安、経済、生産性等あらゆる分野で優れていたのでは? 果たしてどうでしょうか?

  • 江戸時代はなぜあんなに長く続いたのでしょうか?

    江戸時代は大きな戦乱もなくとても長く続きましたが、その要因は何だったのでしょうか?

  • 江戸時代以前

    江戸時代以前って男女どちらの方が不倫(書き方思い付かなかったので現代の言い方です)率が高かったのでしょうか? そういうデータって残ってるんですかね。分かれば身分事に教えて頂けると幸いです

  • 江戸時代のことについて

    今、江戸時代の三大改革の事について調べているのですが、 「内容がありきたり」ということで、何か面白い話は無いかな~なんて思ってたところです。 そこで、みなさんにお願いしたいのは江戸の三大改革(享保の改革・天保の改革・寛政の改革・田沼時代)について、 何か面白い話題・話があれば教えていただきたいです。 できれば参考URLも貼っていただけるとうれしいです。 宜しくお願いします。

  • 江戸時代

    江戸の三大改革や田沼政治、大御所時代の政治などの政策・法令は全国一律で実施されたんでしょうか?天領だけってことはないですか? 版籍奉還・廃藩置県を勉強していたら、江戸時代の徴税権・軍事権は藩に帰属していると知ったので、それなら藩政も藩本位で行っているのかなあ・・・とか思って、、、つまり江戸時代は完全な中央集権でなく、地方分権的な要素も多かったのかなあ・・・と思ったわけなんですが・・・。地方分権であるなら、生類憐みの令や三大改革は全国規模でなく、天領だけなのかもしれないという勝手な想像なんですけど、、、どうでしょうか?

  • 江戸時代以前

    江戸時代以前の人は、虫歯がひどくなって神経まで達して激痛が走るようになるとどう対処していたのでしょうか? あと、メガネがない時代に、本の読みすぎなどで視力が0.1以下に落ちたら日常生活もままならないと思うのですが、どうしていたのでしょうか?

  • 江戸時代の・・・

    件で2点の質問があります。 ヨーロッパでフランスのナポレオンがオランダを占領しました時に長崎出島のオランダ商館にフランス人が来まして仕切ってたんでしょうか?国旗もオランダじゃなしにフランス国旗を掲揚してたんでしょうか? 2点目は、江戸幕府を”幕府”じゃなく「公儀」と呼んでますが、謂れがあるんでしょうかな、室町や鎌倉も”公儀”でしたんでしょうか?水戸黄門の”黄門”が唐代の官位を表してるってのを仄聞してます。確か中将でしたっけ。 トリビアですが、詳しい御仁がおられましたら宜しく お願いします。

  • 江戸時代には日曜が有ったのでしょうか?

    時代劇を見ていると休日の設定が出てきません。番頭さんはお使いに行って、帰りにつれこみで逢い引きしていたりします。休日のイベントを平日にやっているのでいつも奇異に感じています。江戸時代(以前も)には曜日の概念はあったのでしょうか。

  • 江戸時代

    江戸期の子育てを植物の育て方に例えるとどのようになりますか?