• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

アコード(CF4)の、ラジエター冷却水の交換

平成13年式のアコード(GH-CF4)ですが、 ラジエターの冷却水(LLC)を交換しようと思っています。 やり方としては、 (1)ラジエター下部の、ドレンコックを緩める。 (2)ラジエターキャップを緩める。 (3)LLCが抜けるのを待つ(1時間位)。 (4)ドレンコックを閉める。 (5)新しいLLCを注入する。 (6)エンジンをかけて、エアコンの温度を最強に高くする。 (7)LLCがブクブクならなくなるまで、エア抜きをする。 (8)減った分のLLCを補充して、ラジエターキャップを閉める。 だいたい、このような手順でやろうと思っています。 LLCを交換できるのは、総量の75%~80%程度だということは、分かったのですが、 上記のやり方で、そのくらいLLCは、抜けるのでしょうか? LLCを抜く上でアドバイスがあれば教えてください。 また、エア抜きについてもアドバイスがあれば教えてください。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 国産車
  • 回答数2
  • 閲覧数1980
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • vtec7
  • ベストアンサー率26% (192/720)

ラジエーターコア部だけのLLC交換ならそれでいいと思います。1回の交換では50%ぐらいだと思います。 暖気してなければキャップを先に開いたほうがいいです。抜けるのが早いので。 バケツで受けて大体の量を確認しておきます。エア抜きはブクブクがなくなるまで…というのは サーモが開いてエンジン側までエアーが抜けるまで…ということです。 ボンネット開けた状態でアイドリングしてもなかなかファンが回りませんしサーモも開きません。 スロットルを手で開いてぐいぐいやれば早いですが、熱いLLCが噴き出したりします。 LLCが適量入り、暖気してサーモが開けばキャップから覗いた時にLLCが流れているのがわかります(噴き出すので注意)。 エアコンはOFFで。送風と温度は最高にして水温計みながら作業します。 最後にリザーブタンクにFULLのレベルまで補充し、次の日車を動かす前にタンクを確認してください。 半分ぐらいまで減ってます。エア抜きがちゃんと出来ていればエンジンがタンクの水を吸い上げてます。 おそらくラジエーターコアのLLCの抜き替え程度ではエアー抜きというほどの作業にはならないと思います。 エンジンが冷えている状態で再度FULLの状態まで補充して完了です。 ちょっとでもこぼすと1週間ぐらい砂糖が焦げたような臭いが残ります。 100%交換しようと思うとコア側のホースを外しエンジンを回してキャップから水道水をブチ込みます。 コア側のホースから出る色が緑から透明になればLLCが完全に抜けたことになります。 そのままLLC原液をキャップから入れてやります。コアのホースから出る水の色が少し緑っぽくなってきたらすぐホースを戻します。 この時点で大体濃度50%ぐらいです。完全に交換できますが、このやり方は浄化槽のある車屋とかでないとLLCポイ捨て状態なのでまあ「一般的」にはやっていけません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 いろいろ補足していただいて、助かります。 エア抜きは、サーモスタットが開いてからですね。 あと、作業する上で注意点など、参考になります。 ちなみに、作業は、運転後、エンジンが少し冷えたくらいの時に、やろうと思ってます。 全量までは、さすがにやりませんが、1回で50%位ですか… 思ったより抜けないのですね。 とりあえず、バケツで受けて、容量が分かるようにやりたいと思います。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

(6)のエアコンは必要ないでしょ?! 自家用車と、仕事柄、自分で操縦している15000ccエンジン搭載の建設機械の冷却水交換はやってますけど。 エアコン用のウォーターポンプとか、サーモスタットみたいなバルブはなく、エンジンのウォーターポンプで循環させてますから、エアコンは考えなくて良いです。 一度、ラジエターを満タンと、リザーバーを八分目にして、エンジンを回しちゃってます。 ラジエターのアッパーホースに付いているサーモスタットが開き始めるのが、約50℃。 (水温計が上昇し始める温度) 全開になるのが、約75℃。 (水温計が安定する温度) 一度全開にしてからエンジンを止めて、リザーバーの減った分だけ足しておしまいです。 その後は始業前点検程度で十分です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 なるほど、エアコンは必要なさそうな気がします。 要は、サーモスタットが開けば良いのですね。

関連するQ&A

  • ラジエターの冷却水について

    HONDAのJADEというバイクに乗っています。 先日エアフィルターを交換した際、ラジエターのリザーブタンクに全く水がないことが発覚。(いままでオーバーヒートはしたことがないです) そこで、ついでということでラジエターの冷却水を交換しました。 ドレインから水を抜いてキャップを開けたままエンジンをかけて、エア抜きしつつ水面が上に来るまで冷却水を足しました。 リザーブタンクにも水を足したのち、キャップをしてしばらく回したのですが、エンジンが少し暖かくなっても(水温メーターのC真ん中を越えたぐらい) ドレインにつながる冷却水のホースは柔らかいままなんです。 冷えたときにキャップをはずして、ホースを押すと水面が動きました) これって問題ない状態なのでしょうか?それともウォーターポンプが壊れていて水がうまく循環していないのでしょうか? ちなみに、2,30km走らせましたがオーバーヒートなどは起こしていません。 ご指導お願いします。

  • LLCのエア抜き直後

    LLCの交換でエア抜き(私の車にはエア抜きバルブなどはないので、一般的なアイドリングをしてラジエータキャップの所からエアを抜く方法です)を終了しエンジンを切ったら、ラジエータキャップの所の液面がギリギリの位置から4cm程度低下しました。なので、LLCを再度補充しギリギリにしました。しかし、20秒ぐらいで、また液面が低下したので、またLLCを補充しました。この様なことを10回ぐらい繰り返したのですが20秒ぐらいでLLCがどうしても減るので、そのままラジエータキャップをしました。これは、普通の現象なのでしょうか?今になって考えると、エンジンを切った直後なので、当然LLCは熱くなってます。そのため(原理は分かりませんが)、上記のようなことが起こったのかなと思ったりもしました。もしそうなら、LLCが冷えてから、LLCを補充すれば、液面が低下しないのでしょうか? それか、そもそもLLCは液面がギリギリ(厳密にはギリギリより1cmほど下)の位置を維持しないもの、つまり液面ギリギリまで入れたら液面が低下するものなのでしょうか? もしくは、そう言うのではなく、何か問題(例えば、エア抜き不足など)が生じているのでしょうか?ドレンプラグからの漏れや、その他の部分(目に見える部分だけですが)からの漏れはありませんでした。 あと、エア抜きの最初(エンジン始動直後)やエア抜きの過程(ファンが回る直前)で、LLCが結構こぼれてしまい、各部品(金属のホースやゴムのホースやラジエータ本体やプラスチック部品やエキマニ)に付着してしまったのですが、そのまま放置はまずいでしょうか?一応、地面には、ビニール袋を敷いたり、たらいを置いていたので、地面には付着していないので、環境面は大丈夫です。

  • ラジエータ液交換エアー抜きバルプの使い方について

    今アリオンの1800CCに乗っています。よろしくお願いします。 ラジエーター液交換の際エアー抜きバルプの正確な使い方(いつゆるめて、いつ閉めるのか)を教えてください。 以前別の車のラジエーター液の交換をしたことがありますが、その車には、エアー抜きバルプはついていませんでした。 その時のやり方は、(1)ラジエータの下のバルプをゆるめて、ラジエーター液を排出する。 (2)ラジエーターの下のバルプを閉める。 (3)新しいラジエーター液を入れる。 (4)エンジンをかけて、ラジエーターキャップを開けた状態で、液の減り方を見て、補充していく方法です。 エアー抜き不十分の場合は、どんな症状になりますか? 水温計はどうなりますか? よろしくお願いいたします。

  • クーラント液交換・エア抜きの手順を教えてください

    http://okwave.jp/qa186520.html http://okwave.jp/qa1433506.html →上記サイトページを参考にさせてもらって質問します。 クーラント液をDIYで交換したいと思っています。 クルマは日産ラシーン(1500CC)です。 手順は皆さんの類似質問、参考サイトで大体わかってきました。 が、洗浄~エア抜きの手順~交換完了までの流れがいまいちわかりません。 《洗浄の手順》 ドレンコックから下抜きして出し切ったところで水道水で洗浄  イメージとしては   A「ドレンコックからクーラント液が抜けきる」  →B「ドレンコックを一旦しめる」  →C「ラジエーターキャップのところから水道水を流し込む  →D「ドレンコックを再びあける(抜けきらなかったクーラント液等の排出)」  →E「水道水流し込み&排出を3回くらい繰り返す」  →F「水道水が抜けきったところでドレンコックをしめる」  →G「ラジエーターキャップを開けて、希釈したクーラント液を規定量入れる(エア抜きを伴う)」 《エア抜き手順》  →H「ヒーター(エアコンの?)のつまみをHOT全開にする」  →I「クーラント液がラジエーターキャップの口のところまで満たされたらエンジンをかける  (キャップはしない)」(1分くらい?)  →J「クーラント液が減っているのでまた満タンまで入れる」  →K「I・Jを繰り返す」 上記手順で合ってますでしょうか?間違いをご指摘ください。 手順がだいたい正しいとして、質問させていただきます。 質問1 いろいろなサイトで「ヒーター全開」という言葉が出てきますがどういう意味でしょうか。   どのタイミングで?エンジンをかけるかけない?風量は関係ある? 質問2 水道水による洗浄のとき、エンジンをかけて「エア抜き」をする必要はないんでしょうか。 質問3 ラジエータキャップ・ドレーンプラグをそれぞれ開けてする作業、閉めてする作業が   いまいち明確にわかりませんのでご指摘ください。 質問4 水道水を流し込むところはラジエーターキャップからで十分でしょうか? 長々と質問させていただきました。回答よろしくお願いいたします。      

  • クーラント交換方法について質問

    クーラント交換について質問です。 今度自分でクーラントの交換をしようと思っています。 方法としては、 (1)ラジエータのドレンプラグとキャップを外し、コア内の冷却水を抜く (2)ドレンプラグを閉め、コアに水を入れて暖房最大温度でファンが回るまでアイドリング。その後、ドレンプラグをあけ冷却水を抜く。 (3)(2)の作業を数回繰り返す。 (4)サブタンクを外し、洗浄 (5)濃度を計算し、必要量のLLCを注入。水で満たす。 (6)エンジンアイドリングをして、エア抜きをする。 (7)サブタンクに規定濃度、量のLLCを入れる (8)数日間は冷却水の量をチェックして、足りないときは補充する という、方法でやろうと思っています。 ここで質問です。 1.(2)の作業の時、時間節約のため、エンジンを止めてからあまり時間が経たないときに冷却水を抜くことになりそうです。かなりの温度になっていると思うのですが、危険を回避しつつ抜く方法はありますか。 2.(2)の2回目以降の作業の時は、エンジンが暖まっているときにコア内の冷たい水が流れ込んでくることになりますが、大丈夫なのでしょうか。今回施工する車とは別の車の取説に、エンジンが熱いときに冷却水の補充を行うと損傷の恐れがある、とあったので気になっています。 3.一部のホームページに(5)のような作業方法だとエア抜きに障害が出る可能性があるので、薄めてから入れるように書かれていましたが、どうなのでしょうか。 以上です。 皆様のアドバイスお待ちしております。

  • ラジエター内のクーラントが減る(リザーブは適量)

     嫁車がオーバーヒートしてディーラーに車を持ち込んだのですが、ラジエターファン交換一式の見積もりをほ持って帰ってきました。  翌朝、どんな具合なんだ?と現車を確認したのですが ・リザーバータンク内は規定量(MIN~MAXの間)のLLCが入ってた ・ラジエターキャップを外したら液面みえず ・ドレインを緩めてみたらLLCが落ちてきたので空っぽではないぽい(すぐに締めた) ・液面が見えるまで補充してみたら 1.8L も入ってしまった  (前日ディーラーで適量を補充してるはずなのに) ・エンジンかけてみたら、回転数が既定かは分からないもののファンは回った  こんな具合です。  個人的にはウォーターポンプかサーモスタットだと思っていたのですが、ディーラーの初期診断はラジエターファンと  補充せずに走り続ければリザーバーの方も減っていたのかもしれませんが、ラジエターの中のLLCのみが減る(ラジエターの中のLLCが先に減る)という状態はどんなことが予想されますか?

  • 冷却水がラジエターに戻りません。VTR250 3型 走行距離17万km

    冷却水がラジエターに戻りません。VTR250 3型 走行距離17万kmです。 リザーブタンクに流入した冷却水が冷えてもラジエターに戻らず溢れてしまいます。 冷却水をラジエターに満たしてエア抜きして走行すると、水温が低い状態でもホースからバシャバシャ漏れてきます。 100kmも走ると約400mmlは漏れてしまいます。 バイク屋で ☆ウォータポンプ交換 ☆サーモスタッド交換 ☆ラジエターキャップ交換       ☆ラジエターフィラー交換 しましたが改善しません。 オイルに冷却水が混じってる形跡はないのでガスケット抜けはないのかな? と思います。 ラジエターやウォータージャケットの詰まりがこの症状の原因になるのでしょうか? ただ、冷却力は悪くなくすぐオーバーヒートするわけではなく、漏れて冷却水が減ってくるにつれ水温が高くなってきます。   走行距離がかなりなのでいろんな原因が重なってるだろうとバイク屋には言われました。  仕事(バイク便)で使用してるので毎週末にタンク外して冷却水補充してエア抜きして・ ・・と非常にめんどくさいです。 アドバイスあればおねがいします。

  • クーラント交換時のエアー抜きについて

    ジムニーJA11Vに乗ってます。 クーラントを交換しようと思うのですが、古いクーラントを下から抜いて、新しいものをただ上から入れただけでは、エアーがそこらじゅうに溜まっていると思います。 上から入れた後しばらくラジエターキャップを開けっ放しにしてエアーは抜けるのでしょうか。それともどこかにエアー抜きのドレンみたいなものが存在するのでしょうか。 先日友人のセレナのクーラントを交換したのですが、先に述べたように新しいクーラントを上から入れた後しばらくキャップを開けっ放しにしていました。しかしあまりエアーが抜けたような感じもなく、結局4、5日かけて通勤で車を使用した後、毎日補充をして落ち着くのを見ていました。でもこのやり方は危険(車種によっては走行中にキャップが吹っ飛ぶ)とも聞きました。 ジムニーに限らずきちんとしたエアー抜き方法がありましたら教えて下さい。宜しくお願い致します。

  • 1997年ゴルフ3の冷却水交換方法

    中古で購入の1997年ゴルフ3の冷却水交換をしようと思うのですが、ラジエターキャップ:ドレンプラグらしきものが無いのですが、効率の良い廃液:補充方法はありませんか、経験者の方教えて下さい。(私が見たところ、ロアーホースからの廃液:リザーブタンクからの補充しか思いつかないのですが)宜しくお願いします。

  • LLC交換時の「エア抜き」について教えて下さい。

    友人の車(マークIIワゴン)のラジエターにひび割れがあったため、 ソフト99のねんどパテで補修し、漏れを直しました。 漏れに気付いた時にはリザーバタンクのLLCは空だったため、 エアが結構入り込んでいると思われます。 私は自分でLLCを交換したのは初めてなのですが、 エア抜きがイマイチ出来ていないようで不安なので、質問させて下さい。 エンジンが冷えた状態で、リザーバタンクのFULL辺りまでLLCを入れ、 ラジエターキャップのところにも、溢れる手前ぐらいまでLLCを入れました。 次に、キャップを外したままエンジンを掛け、温まるまで(10分程)掛けっぱなしにしておいたのですが、 キャップ部分からエアが出る様子はなく、LLCがドンドン溢れてきていました。 調べた範囲では、温まるとブクブクとエアが抜けてくるハズだと思ったのですが・・・。 メーター内の水温計は真ん中まできていて、十分温まっているのに、 LLCが溢れるのが止まりそうもなかったので、エンジンを切りました。 キャップが締めれるぐらい水面が下がった時に、キャップを締めました。 この時、リザーバタンクのLLCの量はFULL付近のままでした。 これで合っているのかどうか、心配で仕方ありません。 友人は車に関しては全く無知なので、オーバーヒートしても気付かずに走っていそうで怖いです。 下手な説明で申し訳ありませんが、上記の方法でエア抜きはOKなのでしょうか? 間違っているところ等、ご指摘がありましたらよろしくお願いします。