• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

the words to the poemのto

オンライン英英辞書の例文に、以下がありました。 The children learned the words to the poem by rote. このwords to the peom は、どういう意味でしょうか? 「その詩にあった単語を丸暗記した」という意味かな、と思ったのですが、もしそうなら、to ではなくて、words of the peom では意味が違うのでしょうか?

  • engg
  • お礼率90% (926/1022)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数53
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

"to the poem"は"dance to the music"に使われる"to"で,「音楽に合わせておどる」と同じです. これは"by rote"「機械的に・くりかえしで」から,これが覚える方法だと分かるので判断できます. ですから,"learned the words to the poem by rote"は「1つの詩をくりかえすように諳んじて(そこに出てくる)言葉を自分のものにした」となります."the words of the poem"では「言葉と詩の関係が直線的で,暗記のために用意された単語」みたいで,子供の生き生きとした楽しそうな様子は浮かびません. 英語辞書から疑問を探るのも面白いですね.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます! なるほど! そう考えるですね。 ネイティブの感覚を知るのはほんとに難しいです。 大変参考になりました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

この場合toは意訳だと「~の」と訳してしまいますが、toを最初に習った「~ための」と感じましょう。 words to the poem →詩では通常の会話単語(言葉)とは違った独特の言葉が使われますよね。 →詩のための単語 →詩で使われる(べき)単語 →詩の単語 words of the poem →ofは所有格(~の) →詩で実際に使われ(てい)る単語 →詩の単語 日本語では結果的に「詩の単語(言葉)」となりますが、そこに至るまでの意味合いをネイティブは使い分けているのだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます! あ、確かにそう習ったのを思い出しました。 参考になりました!

  • 回答No.1

the key to the door「ドアのかぎ」 the solution to the problem「問題の解決策」 なんかもそうですが、日本語的には「~の」ですむので難しいです。 「~へいたる」という「~への」の意味合いの場合も多いと思います。 他には「~に属して」と付属を表すもの、 「~に含まれて」と構成を表すものなどが考えられます。 今回も、「詩に属している、含まれている」というイメージでしょう。 of が使えない場合もあるでしょうが、 the words of the poem についてはOKです。 of だと「詩が持っている」という主格的、 あるいは単に所有の of とも考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます! なるほど~。 参考になりました。

関連するQ&A

  • 「love big words=難しい言葉に弱い」何故こうなるのですか?

    こんにちは、いつもお世話になります。 洋書を読んでいて、big wordsの意味が分からなくてオンライン英辞郎で調べたら、意味は分かったのですが、不思議な表現を見つけました。 ~~~~~~~~~~~~~ love big words 難しい言葉に弱い ~~~~~~~~~~~~~~~~~ http://eow.alc.co.jp/love+big+words/UTF-8/ loveにそんな意味が有ったの?と思って、早速英和辞書で調べても、、、載っていません。 ロングマン英英で調べても載っていません。 http://www.ldoceonline.com/dictionary/love_1 どうして、love big wordsは、「big wordsが好き」の意味にならないのですか? 教えてください、よろしくお願い致します。

  • なぜ、toが付かないのでしょうか?

    こんにちは。 お世話になります。 英語初学者です。 英文を読んでいたら、主人公たちがプールで泳ぐシーンで、次のような描写が有りました。 Every week Mrs May took some of the children to the swimming pool. この時は、take toで「連れていく」という意味なのだろうな、と思ったのですが、 次に別の場面、今度は主人公たちが魔法のカギで冒険に出るシーンで The magic began to work. It took the children into a new adventure. という描写を見て、なぜtoではなくintoを使うのかで混乱し、 続いてすぐそのあとの描写で The magic took them underwater. という文を見るにつけ、さっぱり分らなくなってしまいました。 なぜ、intoもtoもつかない文なのかも分らないのです。 皆目見当が付きません。 どなたか、教えては下さいませんでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • toについて教えてください

    I 'll be staying here Monday to Saturday. 私は月曜から土曜までここにいます There are 20 to 30 CDs in the case ケースには2,30枚のCDがある という例文があるのですがこれはfromなしでもtoには ~から・・・まで(の)意味があると考えてよいのでしょうか?

  • the comparison of the heart to a pump

    the comparison of the heart to a pump(心臓をポンプに例えること)という例文が辞書に載っていたのですが、このthe heartの部分は自分は英作文とかだったらa heartと書くと思うのですが、a heartではダメなのでしょうか。また、文頭のthe comparisonのtheをaに変えることはできるでしょうか????

  • offerの二つの意味

    offerには 「申し出る」to ask someone if they would like something という意味と 「提供する」to provide something that people need or want という意味がありますが、「申し出る」という意味の例文に She offered some chocolates to the children という例文がありました。 「彼女は子供たちにチョコレートが欲しいか申し出た」 とういう意味になると思うのですが 「彼女は子供たちにチョコレートをあげた」 という意味にもとれますよね? ネイティブスピーカーはどちらの意味で考えがちなのでしょうか? 回答よろしくお願いいたします。

  • have (the) courage to...

    have the courage to... have courage to... 定冠詞がつくのとつかないのとでは意味が違いますか?それと、後者は誤りですか?

  • 英語 和訳

    英作文を作っているのですが・・・・ 「その子供たちはボランティア活動をします」→ 「The children do volunteer work 」 ・・・・・この文に「毎週日曜日の朝早く」という意味を付け加えるとき、 The children do volunteer work early in the morning every Sunday. か The children do volunteer work every Sunday early in the morning. どちらが正しいですか?解説してくださるとうれしいです。 その他訂正などありましたら教えてください。 分かりにくい文章でごめんなさい

  • be + having to do

    I was having to work a lot. こんな例文に出会ったのですが、これは過去進行形にhave to doを組み込んだものかと思ったのですが、この形にする意味が解りません。I had to work a lot. では生き生き感が出ないからでしょうか。be + having to do をあまり見かけたことがなかったので、しっくり来ません。この構文をより理解しやすくするために、ほかの例文も示していただけたらありがたいです。よろしくお願いします。

  • 詩の翻訳をお願いしたいのですが…

    ドイツ人の彼が送ってくれた詩です。 遠距離で会えないからさみしいという内容のメッセージを送ったら、 こんな詩を送ってくれました。 詩なので少し文の構造が独特で、直訳の大体の意味はわかるのですが、 せっかく彼が送ってくれた詩なのでちゃんとたきれいな意味を 知りたいと思い、相談させていただきました。 どうかよろしくお願いします。 WORDS "Words and lines I´m here to send send them up just straight to you - may they stand for lovely times may they touch as only words can do "

  • 中学生にto beをどのように教えるか

     こんにちは。  英語が苦手な中学生に英語を教える機会があるのですが、 行き詰ってしまいましたので、質問させてください。  to be~という表現の説明の仕方に悩んでいます。  TO+一般動詞でしたら、動詞に『意味』がありますので、 説明が比較的容易です。『~すること』『~するために』など 用法はあれど、意味的に通じるのはどれ?という指導ができるからです。  それに対して、TO+be動詞の場合、動詞に『意味』がないので 説明に困ります。    my dream is to be a teacher.  でしたら、『~すること』ではなく、『~なること』という訳に なります。  これはどのように説明すればよいのでしょうか。  また、生徒によっては、『be動詞=です』と暗記してる子もいます。 その場合、先ほどの例文ですと、なぜ『なること』になるのかを 余計に説明することができません。    文法の導入ですので、どうしても訳読式になってしまい、 違うとは分かっていても日本語と英語が1対1で対応しているかのように 教えてしまっている気もしますが・・  良い教え方、ございましたら教えてください。