• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

JRの列車種別について

JRの列車種別は特急・急行・快速・普通とありますがここ数年、急行列車の廃止に伴い全国で急行が走っている線区は皆無となりました。(つい最近廃止された急行は関西本線の”かすが”名古屋ー奈良 間)反面、快速は増加しています。全国のJRは快速を急行に種別変更しないのでしょうか? 話は変わりますが”特急”は”特別急行列車”が正式名称でその名の通り”特別”な急行列車です。”普通”の急行がなくて”特別”な急行が多くを占めているのは普通に見ても変だと思います。”快速”を急行に統合し”急行”に1本化したほうがすっきりするだろうし、首都圏や大阪圏の電車(4つ扉)の優等列車は”快速”とし、列車は”急行”にしてもいいのでしょうか。もちろん急行料金は無料です。(昔(戦前)の大阪ー京都間の国鉄の急行の運賃は無料だったと聞きます。)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 経済
  • 回答数2
  • 閲覧数323
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • howasi
  • ベストアンサー率23% (16/68)

急行、特急に関しては、その通りかもしれません。 中国では、快速が、日本の特急に当たるようです。 京浜急行では、特急より早い快速特急が、あったのですが、今は、快特という名称が、正式になっているみたいで、JRの特別急行は、特急と言う名称を正式名称にすればいいのかも知れませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • SPS-
  • ベストアンサー率59% (1223/2062)

経済カテゴリでのご質問ですか? きちんとした回答が欲しいなら鉄道&路線カテゴリの方が良いと思いますけれども。 >>急行列車の廃止に伴い全国で急行が走っている線区は皆無となりました。 「きたぐに」「はまなす」が走っています。 >>。”快速”を急行に統合し”急行”に1本化したほうがすっきりするだろうし、首都圏や大阪圏の電車(4つ扉)の優等列車は”快速”とし、列車は”急行”にしてもいいのでしょうか。もちろん急行料金は無料です。 JRの営業制度上、普通列車(快速含む)と急行列車(特急・新幹線含む)とでは急行料金が必要か否かという明確な違いがあります。 快速列車は乗車券だけで乗車できるのが存在意義だと思いますが、これを敢えて急行列車にする意図がわかりません。 >>昔(戦前)の大阪ー京都間の国鉄の急行の運賃は無料だったと聞きます。 これは「急行列車」ではなく「急行電車」ですね。 料金不要の「特急電車」「急行電車」が走っていたのは確かですが、全て「○○電車」で、急行料金が必要な「○○列車」とは明確に区別されていました。 むしろ、この類の「急行電車」が現在の「快速」に変更された歴史があります。 後、「運賃」が無料だったわけではなく、「料金」が無料でした。 細かいようですが、この類の話をする上で明確にしておいた方が良いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご丁寧な指摘ありがとうございます。カテゴリには鉄道&路線がないため、経済としたわけです。 後、営業方針のことはよくわかりませんが”快速”を”急行”と名称を変えてもどうだろうかと聞いたつもりです。「はまなす」等は時刻表を細かく見るか人から聞かれなければわからないでしょう。

関連するQ&A

  • 列車種別

    首都圏の私鉄各社に多いようですが「準特急」「快速特急」「通勤特急」「快速急行」「通勤急行」「区間急行」「区間準急」「快速」「区間快速」とたくさん種別が有り逆に種別が多すぎてどれが早いのか全く解りません。 こんなに複雑に列車種別を作らず普通に「特急」「急行」「準急」では駄目なのでしょうか?

  • JRの急行制度は、やがて廃止になるのか?

    国鉄時代はたくさん走っていた急行列車。しかし国鉄末期に入ると、特急に格上げされたり、反対に快速に格下げされたりして、大幅に激減してしまいました。 現在、JRの定期としての急行列車は、青森~札幌間の夜行「はまなす」だけになってしまいました。もし、北海道新幹線が開業して廃止になってしまうと、間違いなくJRから定期の急行列車が全滅することになってしまいます。 もしかしてあと数年したら、JR各社から「急行」の種別や急行料金といった急行制度が廃止になるのでしょうか?そして、特別料金がいる列車は特急だけになってしまうのでしょうか?さらに、「急行」は私鉄特有の種別になってしまうのでしょうか?

  • 好きな列車種別

    あなたの好きな列車種別を教えてください。 ちなみに僕は「快速急行」です。 いかにも早そうだからです。

  • JR(旧国鉄)の急行列車は何故消滅したのでしょうか

    JR(旧国鉄)も戦前は特急(特別急行列車)は東海道本線の数本のみで 急行や準急が主であると聞きました。 戦後も戦前に比べ特急の本数は増えましたが、庶民には程遠いもので、 手ごろなのが急行 準急と云うものだったのでしょうか? 昭和の終わり頃から特急と急行を統合する形で、特急となっていき、 急行は消滅している処が多いと思います。 1 不景気と云うが特急も庶民も乗れるレベルにまでなった。 2 特急と急行の格差がなくなった と云うのが理由なのでしょうか? 他に理由があれば教えて戴きたいと思います。

  • 列車 種別

    電車には快速やら特急やらたくさんの種別がありますけど、 速さを遅い順から並べると、どのようになりますか?(JR線だけでもいいです。知っている限り、教えてください。)

  • JRの急行

    近頃のJRは特急と普通(快速・新快速・特快速含む)ばかりになってしまいました。 そこで、 (1)現在の急行列車は何がありますか? 私の知っているのは、東海道線の寝台急行「銀河」と大阪発着の「ちくま」「きたぐに」「但馬」くらいです。 (2)なぜ急行は減ってしまったのでしょうか? 私の推測では、同じ列車を走らせるなら、特急の方が料金を高く設定できて儲かるから、だと思うのですが。 他にどんな理由があるでしょうか?

  • 私鉄の列車種別とその背景等について

    私鉄、特に都市近郊で通勤圏を走る私鉄は、列車種別がかなり多数に上ることと思います。 例えば、西武鉄道はその種別がかなり多いほうで、池袋線が東京メトロ有楽町線と相互乗入運転を行なっていることもあり、停車駅の区別がやや複雑なものとなっているように感じます。 ニューレッドアロー(特急)、快速急行、急行、快速、準急…。通勤急行や通勤準急もあり、過去には通勤快速や区間準急というものまでありました。 そこで質問です。 3つ質問させていただきます。 (1)このような列車種別が多数に上る私鉄にはどんな鉄道会社・路線があり、沿線にはどのような特徴(例えば、並行して走る他社線の存在、他社線との相互乗入運転状況、他社線との接続駅の多さ、住宅事情など)がありますでしょうか? (2)列車種別を多数設けることによるメリット・デメリットにはどのようなものがあり、また、デメリットの解決方法としてはどのようなものが考えられるのでしょうか?(例えば、複々線化の推進など) (3)西武鉄道には「快速」「急行」という列車種別があるため、上位優等列車の「快速急行」という種別(呼称)には違和感を持っています。 例えば「高速」などという呼称のほうが適切ではないか、と思うのですが、このような例がある場合、ほかではどのような呼び方になっているのでしょうか? 質問の数が多くて申し訳ありませんが、以上お答えいただけましたら幸いです。 なお、必ずしも(1)~(3)のすべてをお答えいただかなくてもかまいません。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 京成の種別番号について

    京成の種別番号について 京成線の駅ホーム(一部)にいくと、列車種別ごとに番号が振り分けられている掲示を見かけます。そこには、1→普通、3→急行、4→快速、5→通勤特急、6→特急、7→快特、8→その他とあるのですが、2は何なのでしょうか?普通と急行の間だから、準急ですか?(準急はないから表記されていないだけで)

  • 快速列車

    快速列車というのは準急より格下の列車だと思うのですが、東武では急行より快速の方が 格上ですよね。阪急も準急が停まると思った駅に快速は停まりませんでした。 果して快速列車の定義は何なのでしょうか。 他にも快速準急や快速急行、快速特急というのもありますよね。種別が多すぎると とても煩雑になって利用しにくいと思いませんか?

  • JRの急行列車が何れは消滅されるでしょうか?

    国鉄からJR化後に感じた事ですが、旧国鉄時代の50年代から80年代にかけて急行列車が頻繁に幹線や支線を含め往来していましたが、近年それに変わって特急が主力として活躍してます。 時刻表では急行券が未だに料金等の掲載をされていますが、すでに定期運用から消えてしまった急行に季節臨時を含め乗れる機会がなくなってしまったことから、何れはJRの線路上から消滅するのでしょうか? また、最近では特別急行でもある特急の格が余りにも庶民的過ぎて速達タイプの特急(例;スーパーあずさ)と一般の(あずさ)とでは停車駅数の違いだけで位置づけは同じ特急ということで肩を並べています。 これでは特急も急行も質として曖昧なのではないでしょうか?