• ベストアンサー
  • 困ってます

列車種別

首都圏の私鉄各社に多いようですが「準特急」「快速特急」「通勤特急」「快速急行」「通勤急行」「区間急行」「区間準急」「快速」「区間快速」とたくさん種別が有り逆に種別が多すぎてどれが早いのか全く解りません。 こんなに複雑に列車種別を作らず普通に「特急」「急行」「準急」では駄目なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こんばんは。 首都圏の私鉄で電車運転士をしております。 >こんなに複雑に列車種別を作らず普通に「特急」「急行」「準急」では駄目なのでしょうか? 仰る事は正論で、全くその通りです。 輸送力を最大限に発揮するには、JR山手線や地下鉄銀座線のような、同じ種別(同じ速度)の列車を多頻度走らせるのが、乗車効率の偏りも無くなります。 しかし、乗車距離の短い路線でしたら、全種別「各駅停車」のみでも良いのですが、京王なら高尾山、小田急なら小田原、京急なら三崎、西武なら飯能、そして東武なら日光からそのまま各停で東京都心部まで来るというのは、現実的ではないのは質問者様もご理解頂ける点だと思います。 その為、速達性を持たせた優等列車(急行系列車)を設定しています。 各鉄道会社の旅客動向に合わせてダイヤを構成していくのですが、各鉄道会社、設備の制約や限界があります。 具体的に言うと、車両を増やす、待避線を増やす、複々線にするなどになるのですが、 明日明後日には出来ませんし、人を育成するのもお金を確保するのも大変です。 しかしながら対策は取らなければなりません。 輸送力は増やさなければならない、速達性は必要。 その為、時間帯や各路線の乗降客数、そして列車に持たせる役割、それらを踏まえて列車種別が複数必要になるのです。 基本的には、 ○普通 ○急行 ○特急 ……この3つになります。 この3つに形容詞が付いて、それぞれの種別の性格を示します。 ○快速急行⇒元の種別に「快速」という形容詞が付く。元の種別よりも速い電車を意味します。 ○通勤○○⇒通勤時間帯に、他の種別との利用客数とのバランスを考慮して停車駅が定められた列車。 ○準○○⇒元の種別に「準」という言葉があるように英語で言うhalfの意味。格下を意味します。 ○区間○○⇒一定区間は種別の速さを、一定区間を越えると各駅停車になるという列車を意味します。 速い遅いの各鉄道会社のHPでご確認ください。 また、複数種別が有っても、同じ時間帯に全種別走る訳ではありません。時間帯で見た場合、数種類だけの場合が殆どです。 なるだけ列車種別をシンプルにというのは全くの正論ですが、旅客動向や実情を踏まえての設定なので、仰るようには出来ません。 その点、何卒ご理解をお願いいたします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ご説明の様に朝夕ラッシュ時のみの種別等もひっくるめて書きましたがほんと会社ごとでバラバラで乗客は混乱しますよね。 ラッシュの時間帯に色んな種別の列車が運転されるのは通勤客へのきめ細かなサービスからなるのは理解できるのですが沿線の方は通勤で利用しているから分かっていても初めて利用する人からすればどの列車に乗ればいいのか混乱します。 JRさんのように特別料金が必要なものは特急等の表示にし特別料金が必要ないものは快速や特別快速等の表示にすれば単純明快で分かりやすいですが私鉄では特急料金も必要ない特急を運転する会社に快速表示も運転されると混乱します。 また質問で表記した種別を各私鉄の鉄道会社で統一してもらえればもっと分かりやすいのですが…

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • tetu758
  • ベストアンサー率58% (810/1390)

鉄道サークルで指導をしていますので回答をします。  鉄道会社での例としてJR東海の東海道線の種別で説明をしますと快速の上位である「特別快速(イエロー快速)」と「新快速(オレンジ快速)」の違いは停車駅が一駅(大府駅)を通過するかしないかの違いですし、「一般快速(ブルー快速)」との違いはもう一駅(共和駅)に停車する違いです。「区間快速(グリーン快速)」の場合は岡崎駅より普通になる事で区別し、「通勤快速(パープル快速)」は「新快速」と停車駅は同じですが、扱いがホームライナーですので別料金が必要ですので細分化されています。  JR東海のライバルである名鉄は貴方の言うパターンでしたが、途中で種別が特急、急行、準急、普通が何度も変わり不評でしたし、最初に回答をされた鉄道職員の方の回答にある「俺の街の駅に停めろ」に因る特別停車枠、希望停車枠で乗客が迷う要因になり、従来の種別である特急を快速特急、急行を快速急行、準急を快速準急にしてそれぞれの種別を追加する事になってしました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 関東・中部・関西と沿線の事情で種別を決めるのは鉄道会社さんも大変苦労されていることは理解できました。 「準特急」「快速特急」「通勤特急」と特急でも種別が別れ言葉の意味からラッシュ時に走る特急を通勤特急だと分かりますが「準特急」「快速特急」は言葉から想像しても特急より早いのか遅いのか分かりませんよね? 停車駅だけの違いや運転時間帯だけの違いで表示するなら「A特急」「B特急」の表示にしてくれている方が安易に違いが有るのが利用客にも理解出来て良いと思うのですが… またその呼び名を全国に統一してもらえばと思います。

  • 回答No.2
  • FEX2053
  • ベストアンサー率37% (7950/21218)

あと、「過去からの経緯でそうせざるを得ない」という場合も結構ある という点もあります。 要は「沿線住民の急行停車駅というプライド」なんですね。列車種別を 整理するときに、ほいほい通過扱いにする訳に行かないんです。逆に 「急行を止めてくれ」という要望もあって、こいつに答えていくと、どんどん 急行の停車駅が増えて、結局「特急を作らざるを得ない」ってこともあり (東急東横線が良い例)、そうなると「特急を止めろ」となって・・・。 結局、過去からの種別はそのまま放置して運転本数を徐々に減らす、 という「姑息な手段」に訴えることになります。阪急京都線や京阪本線 なんて、もろ、そうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 沿線住民の事までは考えていませんでした。 参考になります。

関連するQ&A

  • 私鉄の列車種別とその背景等について

    私鉄、特に都市近郊で通勤圏を走る私鉄は、列車種別がかなり多数に上ることと思います。 例えば、西武鉄道はその種別がかなり多いほうで、池袋線が東京メトロ有楽町線と相互乗入運転を行なっていることもあり、停車駅の区別がやや複雑なものとなっているように感じます。 ニューレッドアロー(特急)、快速急行、急行、快速、準急…。通勤急行や通勤準急もあり、過去には通勤快速や区間準急というものまでありました。 そこで質問です。 3つ質問させていただきます。 (1)このような列車種別が多数に上る私鉄にはどんな鉄道会社・路線があり、沿線にはどのような特徴(例えば、並行して走る他社線の存在、他社線との相互乗入運転状況、他社線との接続駅の多さ、住宅事情など)がありますでしょうか? (2)列車種別を多数設けることによるメリット・デメリットにはどのようなものがあり、また、デメリットの解決方法としてはどのようなものが考えられるのでしょうか?(例えば、複々線化の推進など) (3)西武鉄道には「快速」「急行」という列車種別があるため、上位優等列車の「快速急行」という種別(呼称)には違和感を持っています。 例えば「高速」などという呼称のほうが適切ではないか、と思うのですが、このような例がある場合、ほかではどのような呼び方になっているのでしょうか? 質問の数が多くて申し訳ありませんが、以上お答えいただけましたら幸いです。 なお、必ずしも(1)~(3)のすべてをお答えいただかなくてもかまいません。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 京成の種別番号について

    京成の種別番号について 京成線の駅ホーム(一部)にいくと、列車種別ごとに番号が振り分けられている掲示を見かけます。そこには、1→普通、3→急行、4→快速、5→通勤特急、6→特急、7→快特、8→その他とあるのですが、2は何なのでしょうか?普通と急行の間だから、準急ですか?(準急はないから表記されていないだけで)

  • JRの列車種別について

    JRの列車種別は特急・急行・快速・普通とありますがここ数年、急行列車の廃止に伴い全国で急行が走っている線区は皆無となりました。(つい最近廃止された急行は関西本線の”かすが”名古屋ー奈良 間)反面、快速は増加しています。全国のJRは快速を急行に種別変更しないのでしょうか? 話は変わりますが”特急”は”特別急行列車”が正式名称でその名の通り”特別”な急行列車です。”普通”の急行がなくて”特別”な急行が多くを占めているのは普通に見ても変だと思います。”快速”を急行に統合し”急行”に1本化したほうがすっきりするだろうし、首都圏や大阪圏の電車(4つ扉)の優等列車は”快速”とし、列車は”急行”にしてもいいのでしょうか。もちろん急行料金は無料です。(昔(戦前)の大阪ー京都間の国鉄の急行の運賃は無料だったと聞きます。)

  • 快速急行・急行などの優等種別で順番は決まってる?

    タイトル通りです。 私、前からずっと気になっているのですが、特急・快速急行・急行・準急・普通などの優等種別がそれぞれの会社によっては存在していると思いますが、あれはそもそも何のためにあるのでしょうか? たとえば… 京阪では特急・快速急行・急行・準急・区間急行・普通がありますよね。それに対して他の会社では京阪のこの6つの種別以外にも存在するんですか? 詳しい方教えて下さい。

  • 快速列車

    快速列車というのは準急より格下の列車だと思うのですが、東武では急行より快速の方が 格上ですよね。阪急も準急が停まると思った駅に快速は停まりませんでした。 果して快速列車の定義は何なのでしょうか。 他にも快速準急や快速急行、快速特急というのもありますよね。種別が多すぎると とても煩雑になって利用しにくいと思いませんか?

  • 電車の種別で、準急と快速はどう違うのでしょうか。

    準急と快速はどう違うのでしょうか。 どちらも普通より速く急行より遅い電車だと思いますが西武や東武など鉄道会社によっては、「同じ鉄道に準急と快速が混在してる」こともあります。 また世間的には快速という呼び名は鉄道ファンでなくても多くの人が知ってます。しかし準急という呼び名は鉄道ファンでない人に知られてると思いますか??? さらに快速急行とか区間快速とか、通勤特急、特別快速、新快速、準特急(京王)、高速(昔、名鉄にあった)など、変わった呼び名の種別があると利用者は混乱しないのでしょうか。

  • 副都心線直通西武線列車の列車種別に対する素朴な疑問

    こんにちは。 西武線←→東京メトロ副都心線の相互直通列車の「列車種別」のわかりにくさに、ちょっと閉口しています。 西武線上では「各停」「準急」「快速」、副都心線上では「各停」「急行」「通勤急行」があるんで、結果的に、3×3=9通りもの「列車種別」があることになりますよね。 西武線上で優等列車(たとえば「快速」)だったものが副都心線上では優等列車ではなくなってしまったりする(「各停」)のが、感覚的にどうしてもなじめないんです(この逆も)。 さらに、東京メトロ有楽町線とも相互直通運転している西武線ですが、こっちも同様に列車種別が複雑で、余計にわかりづらくなっているように思ってます。 慣れてしまえばそれまでなのかもしれませんが‥‥。 ということで、素人考えなのですが、たとえば、 1)西武線で「急行」だったら、副都心線上でも「急行」にする 2)西武線上で「各停」だったら、副都心線上では絶対に「急行」「通勤急行」にはしない などといった対応はできないものなんでしょうか? 営業上のいろいろな事情があるとは思うのですが、さまざまな角度からの見解、あるいは「同感!」などといったような意見がいただけるとうれしいです。 その他、同様な例が他の地方の乗り入れ路線ではこうなっているよ(たとえば、列車種別を統合した‥‥など)、といった情報もいただけると、さらにうれしく思います。 ただ、熱心な鉄道ファンとかでも何でもなく、一乗客としての素朴な疑問に過ぎませんので、いわゆる「マニアック」な部分は避け、できるだけ平易にお答えいただけるとありがたいです(^^;)。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 好きな列車種別

    あなたの好きな列車種別を教えてください。 ちなみに僕は「快速急行」です。 いかにも早そうだからです。

  • 京急の種別

    京急蒲田の高架化完成に伴う新ダイヤの京急時刻表(冊子)が発売されてたので買ってみました。 読んでいて不思議な種別の列車があったので、京急に詳しい方教えてください。 (1)三崎口発京急久里浜行(逆方向もあり)  末端部の区間運転ですが、快特と特急の両方の種別があります。しかしどちらも各駅停車です。  普通の種別は三崎口~京急久里浜では使用していないみたいなので快特か特急の種別になる  のはなんとなくわかりますが、列車によって快特と特急とで種別を変えているのはなぜでしょうか?  久里浜で品川方面への接続列車とあわせてるのかな?とも考えましたが必ずしもそうではない  ようです。(久里浜止まりの特急の接続列車が快特の場合もある) (2)堀ノ内発浦賀行  普通が走っているにもかかわらず、区間運転(各駅停車)の特急があります。使用している  車両の違いでしょうか? (2)金沢文庫発新逗子行  普通も走ってる区間ですが、あえてエアポート急行という区間列車があるのはなぜでしょうか?  空港アクセス列車じゃないのに「エアポート」と名乗っていいのでしょうか?(ただの急行という  種別がなくなったから仕方ないのか?)  さすがに上り新逗子発金沢文庫止まりの列車にエアポート急行はないみたいですが。 (3)羽田空港(国内)発京急蒲田行  こちらも各駅停車のエアポート急行があります。蒲田止まりなのに急行と名乗る理由は  何故でしょうか? よろしくお願いします。

  • 「準急」と「区間急行」・どちらが優等?

    お世話になります。 イメージ・直感でのお答えもお願いします。もちろんお詳しい方は理論的にお願いします。 自分の住んでいる大阪の私鉄では ・「準急」>「区間急行」・・京阪 ・「区間急行」>「準急」・・近鉄、南海  (近鉄は「区間快速」>「急行」>「準急」ってのもある) どちらが優等列車のイメージでしょうか? また、関東地方でこんな例はありますでしょうか。 それと他にややこしい種別が混在している路線なども教えていただければ幸いです。 どちらかというとアンケートスレかもしれないのですが、お詳しい方はこちらが多いと思い、こちらに投稿いたしました。