• ベストアンサー
  • 困ってます

下記英文の解釈で質問があります 1/1

http://www.noisecreep.com/2010/08/04/avenged-sevenfold-interview-creep-show/ Avenged Sevenfoldというバンドのインタビュー記事から質問があります。 While A7X may have been the band some elitists loved to hate, there's no mistaking that the band injected hard rock and metal with an incredibly modern feel -- and that whatever s--- the keyboard ninjas want to spew, it's fine by them. They'll keep making music, playing by their rules and getting their music into the ears of their adoring fans. A7Xがsome elitists loved to hateというバンドだったかもしれない一方で、間違いなく、the band(A7X)はハードロックやメタルに今風の感覚を持ち込んだ。そして-- and that whatever s--- the keyboard ninjas want to spew, it's fine by them. Q1 some elitists loved to hateの意味がわかりません。直訳すると「愛と憎しみのエリート主義者」となりますが・・・。 Q2-- and that whatever s--- the keyboard ninjas want to spew, it's fine by them. この文章の意味がわかりません。そのまま訳すと、the keyboard ninjasは吐きたがっている。そしてそれはthem(A7X)による良い事だ、となりますが・・・。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数3
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • ya22
  • ベストアンサー率60% (12/20)

Q1 some elitists loved to hate これは、前のthe bandにかかる(thatが省略)修飾節です。love to hate は1918年の映画の題名(The man you love to hate)に語源があって、憎らしいけど好きだ、悪口を言いたくなる、という(一般的に男女間の)微妙な感情を示しているとおもいます。相反する動詞を並べる傾向はどうも米国人にあるらしく、たとえばHe agree to disagree(意見の相違を認める)というのもそのひとつです。 Q2-- and that whatever s これは、no mistaking を受けたthat節の SVOに続いて、補足的に付け加える形で--の後に、that以下の文が入っています。 s---は卑猥語をあえて隠しています(補足するためにつけた--と卑猥語のs---とは別物です)。keyboard ninjasというのはネット上いろんな書き込みをする人たちのことです。 keyboard ninja がどんな悪態をつこうとも、彼らは大丈夫だということです。 it is fine by hinとは挑発を受けても彼らは大丈夫という意味です。spewは後にvermons とか、いろんな言葉での悪態の表現があります。この場合のsはsermonじゃないかと思いますがw

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆さんアドバイスありがとうございます。 ya22さん、凄いですね・・・。これは勉強だけでは身につかない知識です・・・。 また勉強になりました。ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • bakansky
  • ベストアンサー率48% (3503/7246)

ANo.1 の回答を投稿された方が、要所を押さえた回答をされていると思います。 > the band injected hard rock and metal with an incredibly modern feel  この部分を、私は hard rock and metal を inject の目的語と見ました。rock とか metal とか、わざと物質名詞に置き換えて表現して、面白い表現を作り出しているわけです。意味としては質問者さまの訳になるでしょうけれど。  そのことは、次の and that whatever s という部分にも生きているという気がします。whatever の後ろが空白になっていて s が続いていますが、これは whatever's (whatever is) のアポストロフィが脱落してしまったのではないでしょうか。「ハードロックにメタルやら何やら、何でもかんでも持ち込んだ」 というわけです。もう、単なるハードロックという範疇をはみ出したものに変貌している、というニュアンスを持たせているように私は読みました。 spew = To send or force out in or as if in a stream ですから、激しい流れのイメージですね。  → http://www.thefreedictionary.com/spew  it's fine by them と続いて、そのプレーヤーの演奏によって、激しい流れのように流れ出す音楽が、うまく全体にマッチしている、ということでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#175206
noname#175206

>Q1 some elitists loved to hateの意味がわかりません。  some elitists hatedをずっと強めて、some elitists loved to hateです。「憎むことを愛した」となり「忌み嫌った」「毛嫌いした」くらいに強めてあるわけです。 >Q2-- and that whatever s--- the keyboard ninjas want to spew, it's fine by them.  申し訳ないのですが、whatever sのsが何を指すかよく分かりません(soundでしょうかね?)。spewは、「大量の音楽を吐き出す」ではないかと思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 下記英文の解釈で質問があります。

    How is all the creative process of making a original soundtrack for a movie? 映画のサントラ制作の作業工程はどんな感じでした? I did that several times, mainly for the movies by french director Sébastien Betbeder. It's a difficult process. But when you like the film, like it happened every time with Sébastien's movies, it's also very inspiring. サントラ制作は何度かやっていてね。おもにフランスの映画監督Sébastien Betbederの映画で手がけていたんだ。困難な作業だよ。けど、映画が好きで、毎回彼の映画で起きる何かが好きでさ、それがもの凄く刺激を与えてくれる。 Q1 But when you like the film, like it happened every time with Sébastien's movies, it's also very inspiring. この文章ですが、けど、「映画が好きで、毎回彼の映画で起きる何かが好きでさ、それがもの凄く刺激を与えてくれる。」この解釈であってますか? こうだと意味は通りますが、英文法とか構造的にどうなんだ?と・・・。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― You play several instruments. Do you define yourself as a one-man band?  あなたはいくつかの楽器を演奏しますね。自分は「ワンマンバンド」だと思いますか? I would not define myself as an instrument player. I am a kind of "music maker". I use instruments when I need them, usually the piano, the guitar (in the past), and now more and more the voice. But I'm not a performer. I don't really practice and try to learn any instrument. I just play with them, make very simple things. Q2 I just play with them, make very simple things.この文章の解釈についてです。 「,」が単にandを指している。つまり、I just play with them. And I just make very simple things. 単に演奏するってだけさ。そしてただ単にシンプルな何か(メロディー)を作るんだ。 →真意は「シンプルなメロディーを思い浮かんだときは、それらの楽器を演奏する。けど、複雑すぎて演奏できないときは他の人に演奏してもらう」 こういう解釈でいいでしょうか? http://okwave.jp/qa/q6419708.html この質問で補足をさせて頂きました。マルテンの勘違いというやつです。 よろしくお願いいたします。

  • 下記英文について質問があります

    すいません質問があります。 I know Scott, as a producer, loves to single-handedly put other bands to shame and just slam the fuckin’ door closed on whole genres of shit. この英文の意味を教えてください。スコットというのはミュージシャンでもありプロデューサーでもある人物です。 I ain’t even trying to give the illusion that this is a “band” この文章の意味を教えてください。 自分のバンドにドラマーは必要かどうかという質問に対する回答です。 I personally am not a “performance” artist, I can not just manifest staged rage and act all aggro just because it’s go time — I’m not that theatrical or dramatic of a person. If the rest of them for some reason need the ego boost, they can go ahead [and perform live]. I don’t really care. 俺は「パフォーマンスアーティスト」ってやつじゃない。ステージで怒りを表現することなんて出来ないし、敵意をむき出しにするような態度もとれない。芝居じみたことをするような人間じゃないんだ、俺は。これ以降の if the rest of them~がわかりません。themとはなんなのか? theyとは何なのかというのもわからないです。 以上3つになります。よろしくお願いします。

  • 下記英文の解釈で質問があります。

    http://c.oshiete.goo.ne.jp/oshiete_category.php3?c=385 シルヴァン・シャボーというミュージシャンのインタビューです。 "Touching Down Lightly" is your new album with only one track of 47 minutes. I consider that musicians that create long music's are the ones who really know how to make music. Do you share my thought? That's an interesting point of view, I clearly get what you mean. I used to consider that when a musician composed a very long work, he couldn't do it without a lot of heart and conviction...................................略 It's not a matter of knowing how to make music. It's more about the need: the need to make a piece that can last and to feel powerful enough to do that while you're performing. And this recording was made with heart and conviction. 2段落目の It's more about the need: the need to make a piece that can last and to feel powerful enough to do that while you're performing. この文がいまいちわかりません。 構造は、 the need に対してto makeで修飾していて、 pieceを関係代名詞でthat以下で修飾、ですね。 a piece can last そして、次のto feelですが、ここがいまいちわかりません。 それとこの文章の意味を教えてください。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― あと、単語帳のDuoにあった文章ですが、 A woman passed by me giving off a subtle scent of perfume. この文章ですが、givingの前にwasが入らないのでしょうか? A woman passed by me was giving off a subtle scent of perfume. なら納得がいくのですが・・・。 それともこれは文章ではなく、句なのでしょうか?

  • 英文解釈について質問があります2

    (Q1)You don’t want the music to dictate to the audience how to feel about it. ああその通りだ。俺にとってはインストゥルメンタルミュージックってのは凄くクールな音楽だ。歌詞が存在している音楽よりもいくらかはテーマがぼやけちまうのは確かだがね。(Q2)but what’s cool is when that vague concept solidifies and then you find someone else in the audience who you don’t even know gets the same feeling about the piece or whatever.言葉でのコミュニケーションが1つのレベルでしか成り立たないのに対し、楽器でのコミュニケーションはいろんなレベルで成り立つ。(Q3)I’ve always thought what’s weird about music is how it’s privileged as this art form, and because of that, it’s sort of been imprisoned. Say someone like Randy Newman, who writes from a character’s perspective, is always being misunderstood by people, because for some reason there’s this idea that music is this direct – that whatever you do in music who you truly are, even though all other art forms are allowed to be multi-faceted,違った個性(考え方)で曲を書くことは可能さ。どういうわけか、音楽は他の人々に対して純粋に心を開いているものだと見られるよね。(Q4)Not that I’m saying it can’t be, it just limits what music can be, I think, and imprisons it in a romantic ideal.例えば、Guns ‘n Rosesはある曲をやったときに、皆は「アクセルはレイシストだ」なんて感じになってたな。そうなのかもしれないが、彼は「違う。この曲はレイシストについてではない。(Q5)It’s about a character and it’s about a time where you’re so angry that you’re willing to cross lines and say stuff that you don’t necessarily believe.”」誰一人として彼にそれを許すことはないだろう。「ダメだ。お前はレイシストだ」ってね。俺にはわからんよ。なぜ音楽が様々な視点を持つことが許されないのかがね。一つのやり方でしかコミュニケーションをとることが許されていないんだ。本当に限定されたやり方でね。様々な視点でコミュニケーションをとってストーリーを語る。それが音楽のクールなあり方だ。 Q1からQ5までの英文がわかりません。訳を教えて下さい。 よろしくお願いいたします。

  • 下記英文の解釈について質問があります

    The „resources and staff“ of the University were at your disposal. In which way were they helpful to you during the different stages of the project? Carrying heavy instruments around! (laughs) No, well, yeah ... They did help carry instruments ... But, I had a wonderful day of training from a woman at the university named Angie Atmadjaja who gave me a few short lessons on how to play some of these instruments in the "proper" way. As fun and enlightening as that was it made me realize that I wanted to keep my distance from the proper and traditional. Angie also made some recordings and I believe some of them appear on the album. It took a good solid day or two to get the whole studio wired the way I wanted it into my Kyma system and loopers. We had to create a system that allowed me remote control of the control room while I was in the recording room as well as some tricky monitoring situations. The tech and studio staff at the Music Research Center took care of most of that and after ironing out some bugs I had an amazing space in which I could work alone late into the night and control everything as I walked around the room. Q1 As fun and enlightening as that was it made me realize that I wanted to keep my distance from the proper and traditional. この文章の構造がわかりません。 it made me realize that I wanted to keep my distance from the proper and traditional. 訳せます。 「それは、私が正しいやり方や、伝統から距離を置いておきたいと願っていた事を気付かせてくれた」 Asからthatまでをitとしているのですよね?それと、As fun and enlightening as thatも何かの構文で、元々は違っているのでしょうか? Q2 It took a good solid day or two to get the whole studio wired the way I wanted it into my Kyma system and loopers. この文章がいまいち理解出来ません。後半のkyma system and loopersは彼の持つ音楽用のシステムの事です。 Q3 We had to create……からの日本語ですが、 私たちはレコーディングルームやtricky monitoring situationsにいる間、離れた場所からコントロールルームを制御するシステムを作らなくてはならなかった。 ミュージックリサーチセンターにいる技術者と、スタジオのスタッフはthatに注意を払っていた。いくつかのバグを解決した後に、私はその晩、一人で仕事が出来る素晴らしい空間を持つ事が出来た。 その部屋中を歩き回りながら全てをコントロールしたんだ。 どうもギクシャクしてしまっています・・・。 よろしくお願いいたします。

  • 下記英文の解釈について質問があります。(2)

    What was recording at the University of York Music Research Centre like? After a day or so of getting the technical setup out of the way, the rest of the time was mostly smooth and really fun. I’d often spend the morning working, break for lunch with everyone, and then work until dinner, break for dinner, and then head back into the studio by myself after midnight and work for a couple more hours. Because I was concentrating on collecting source material for the album I didn’t feel an enormous pressure to get everything right. I recorded hours and hours of material but it didn’t matter if some of it wasn’t as good as others, as it was all material I could pick apart later. It didn’t have to be perfect which made the whole experience that much more relaxed and freed me up to try various things I wouldn’t have otherwise tried. Besides music, we took some time off to drive around the English countryside, ate a lot of amazing food and hit the pub every night, discovering a great German beer that no one else liked … except Theo! この文章のほぼ全ては理解できるのですが、少しわからないところがあります。 Q1  I recorded hours and hours of material but it didn’t matter if some of it wasn’t as good as others, as it was all material I could pick apart later. It didn’t have to be perfect which made the whole experience that much more relaxed and freed me up to try various things I wouldn’t have otherwise tried. 私は素材のレコーディングに何時間も何時間もかけた。しかし、仮にレコーディングした素材のいくつかが、他のものほど良くなくてもそれは問題ではなかった。 この次の、as it was all material I could pick apart later.ですが、 ここがよくわかりません。このasはなぜならばとして訳せばよいでしょうか? それと、it was all that material which I could pick apart later.が正式な文章ですよね? 次のセンテンスのitはレコーディングした素材のことで、レコーディングした素材が完璧である必要は無い。までで、やはり構造的にどうも理解できないです。 perfectを先行詞としたwhichの文章 experienceを先行詞としたthatの文章 そしてそれ以降があやふやです・・・。 長くなってしまいましたが、よろしくお願いいたします。

  • 英文解釈について質問があります。 12/3

    Next to electronics, you used a lot of objects from your immediate surrounding. How did building rhythms from the heating system work, for example? This was relatively easy. I was usually sitting next to the heating system, when we had a rehearsal. By accidentally hitting it, I found out that it gives a nice sound, similar to an oil barrel. And that´s what it actually is: a big metal tank with a nice resonance body. One just needs to use a fine drum stick and you can play a rhythm. That´s what we did. We played it live and after some editing (we are not drummers) it was done. In addition we made an overdub with a few single hits to make the rhythm a bit more organic. 上記の英文にある、 And that´s what it actually is: a big metal tank with a nice resonance body. One just needs to use a fine drum stick and you can play a rhythm. この部分ですが、ここで言いたいのは「実はそれってさ、まさに良い感じの大きな金属のタンクってやつだった。適切なドラムスティックがあれば、それでリズムを叩ける。」こういう事を言いたいのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 下記英文の解釈について質問があります 2

    You could have just continued down with your solo efforts. What made you come together for a new Lokai album nonetheless? I like to work with Stefan a lot. For me it´s a very unique way of creating music. At the same time, we are both continuing with our solos. My second solo album is almost ready. I am looking for the right place to release it right now. It is called KMET and it´s an electronic Singer-Songwriter project. In the studio I write, record, play and sing it all. Also on stage, it works as a one man show with the support of a little live sampler. I think with "transition", lokai have found their very own sound and aesthetic. So that alone offers to me something no other project can. We have very different personalities (even though some people think we are brothers) and this can be quite fruitful. With lokai, it´s is clear that certain sounds or structures will not fit. So it is a restriction that makes the world a little smaller and for me that is a great way to work. Complete musical freedom and variety are aspects I can entertain as a solo artist. So that alone offers to me something no other project can. この一文は倒置?でしょうか? もともとはどうなるのでしょうか? With lokai, it´s is clear that certain sounds or structures will not fit. So it is a restriction that makes the world a little smaller and for me that is a great way to work. 結構この人の文章では、with~, というのがありますが、これは上記の場合Lokaiでは、という風に訳せばよいでしょうか? その次のit's の it はthat以降ですよね。That certain sounds or structures will not fit is clear.その次の文章がわかりません。soは後のthatと因果関係があるのでしょうか? それと、上記とは別に This second album was really a lot about getting our own "lokai sound". この文章ですが、 シンプルな構造にすると this second album was getting our own lokai soundということでしょうか? そうすると、aboutがうまく解釈できないのですが・・・。 以上となります。長いですがよろしくお願いいたします…。

  • 下記英文の解釈で質問があります 1/1 (2)

    http://www.absolutmetal.com/MeshuggahInterviewMF03.htm メシュガーというバンドのインタビュー記事です。 Sean: With all of the high profile tours that you guys have been doing, have there been any acts that have really caught your eye? Mårten: "It's kinda of hard to say yet, I donno, we're kinda of a tough band still, you know, the music is pretty fucked up I guess, so it's not like we're gonna have this huge difference all of a sudden, we're gonna blow up and have huge sales or do fuckin' huge tours." Sean: No, no I meant like, when you've been on tour have you seen or heard any of the local bands from around here that have caught you ear? Mårten: "Oh, oh ok. Actually, not really, we haven't really listened alot... ショーン:あなたがやってきた注目を浴びるツアーの全てで、あなたの目にとまる出演バンドはありましたか? マルテン:答えるのが難しいな。今はわからんよ。俺たちは今でもタフなバンドだし、それに、俺たちの音楽はかなりfucked upだと思うぜ。 ショーン:いやいやいや、そういう意味ではなくて、あなたがツアーに出ている時、あなたの目にとまったローカルバンドを見たり、聴いたりしましたか? Q3 ショーンの質問に対してマルテンは勘違いをしていますが、彼が読み違いを起こした決定的ポイントとはどこでしょうか? 私には最初の質問も次の質問も同じに見えます。 With all of the high profile tours that you guys have been doingが読み解く鍵でしょうか? 注目を引くようなツアーのおかげで、みたいなニュアンスですか?いや、違うな・・・。 (ちなみにこの時はこのバンドはToolという超大物バンドの前座に起用されてツアーをやってました。) Q4 マルテンの文章ですが、so it's not like we're gonna have this huge difference all of a sudden, we're gonna blow up and have huge sales or do fuckin' huge tours."がよくわかりません。 Q5 fuck up は台無しにする。ですが、そうなるとこの文章を直訳すると「その音楽はかなり台無しにしてしまったと思う」となってしまうのですが・・・。 よろしくお願いいたします。

  • 下記英文の解釈で質問があります 1/26

    So when recording these loops, you didn't have an exact idea of what exactly you want to do with them? No … No idea whatsoever… The live aspect was just that - it was an improvisation with microphones running most of the time. I would move from instrument to instrument in the studio and play and record a layer of the loop. Once I got something that seemed “finished” to me I’d head into the control room. If I felt I could listen to this loop - usually about 12 seconds long or less - for 10, 15, 25 minutes and totally zone into it, then I knew it was a keeper, and I’d commit it to the hard drive and then erase and move onto another one. It’s a really subtle art of creating loops where nothing sticks out too much as to cause it to get obvious sounding, yet, at the same time the loops have to be repetitive and hypnotic. Q1 I would move from instrument to instrument in the studio and play and record a layer of the loop. スタジオの中で、楽器から楽器に移動して、プレイして、ループを重ねていったんだ。 ここでのwouldとはどういった解釈ですか? Q2 If I felt I could listen to this loop - usually about 12 seconds long or less - for 10, 15, 25 minutes and totally zone into it, then I knew it was a keeper, and I’d commit it to the hard drive and then erase and move onto another one. もし、このループ…大抵の場合は12秒かそれ以下くらいだけど、それを10分、15分、25分間と聴く事が出来で、そしてtotally zone into it,then I knew it was a keeper, そしてそのループ(it)をハードディスクに記録して、それから消したり動かしたりして別のループに作り替えていくんだ(ontoの解釈) 英語の部分がどうもわかりません。あとontoの解釈は上記でよいでしょうか? Q3 It’s a really subtle art of creating loops where nothing sticks out too much as to cause it to get obvious sounding, yet, at the same time the loops have to be repetitive and hypnotic. ループを生み出すというぼんやりとしたアートさ。where nothing sticks out too much as to cause it to get obvious sounding, けど、同時にループは反復的で、催眠作用があるものでなければならない。 ここも英語のままの部分がどうもわかりません・・・。