• 締切済み

数学のベクトルの問題ですが…

平行四辺形ABCDにおいて、辺BCの中点をLとし、線分DLを2:3に内分する点をMとする。また、直線AMと辺CDの交点をNとする。 (1)AM→をAB→、AD→で表せ 答えは、AM→=5/2AB→+5/4AD→ 解き方がわからないので解き方を詳しく教えてください

みんなの回答

  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)
回答No.3

この問題にはNは関係がありませんね。 多分この問題の後に「CN:NDを求めよ」というような問題があるのではないでしょうか。 交点をベクトルで求める時の考え方を書いておきます。 NはAMの延長線とCDの交点です。 NはAMの延長線上の点ですからベクトルで書けば AN→=kAM→ です。 NはCDをp:qに分けている点だとすると AN→=AC→+(p/(p+q))CD→ です。 交点であるということは2つのベクトルの表現が一致するということです。 そのために AM→ をAB→,AD→ で表した時の表現を求める問題を前に持ってきているのです。 共通のベクトルAB→,AD→で表している2つの表現があって同じ点を表しているのですから係数が等しいはずです。 ベクトルの向きはそろえておいた方が混乱が少ない(間違いが起こる可能性が少ない)です。 CD→、DC→は混ぜて使わない方がいいでしょう。 AD→以外はすべてA、B,Cという回り方に統一しておくというようなことが一つの方法です。 その場合はAC→=AB→+BC→ としてAC→=AD→+DC→としないということです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • Kules
  • ベストアンサー率47% (292/619)
回答No.2

え~っと…Nって関係ありますかね?使う気配がないんですが。 解き方、ということなので解き方を。 ・ALをAB,ADで表す ・内分点の公式を使う で終わりなんですが…これじゃああまりにもあまりなんで。 まず、ベクトルの考え方です。厳密な意味というよりは、雰囲気です。 ・ベクトルは、「移動」を表す。 例えばベクトルABというのは、「AからBに移動する」ことを表します。 ・大事なのは、始点と終点。途中で寄り道したかどうかは関係ない。 つまり、AからMに直接行くための情報はありませんが、MはDL上にいるので AからまずDに行って、そのあとDからLに向かって進めば途中にMがいることになります。 ということは、AM→=AD→+DM→ということですね?途中でDに寄り道しても、同じAMとして表現できます。 ・同じ向き、同じ長さの移動は同じベクトルとして解釈する。 今回平行四辺形ということなので、AD//BC、AD=BCです。 ということで、AD→=BC→です。 ・a→=2b→なら、a→はb→と同じ向きで、長さが2倍ということ。 ・引き算は、「戻って行く」と考えられる。 AB→-AC→ とあった時、-AC→はAC→と同じ長さで、向きが真反対ということになるので、「CからAに移動」と同じになります。 ということは、-AC→+AB→=「CからAに移動(CからAに戻る)」+「AからBに移動」=「CからBに移動」=CB→ となります。 以上のことを踏まえて考えていきます。 ・ALを考える。 AからLに直接行く手段はわかりませんが、AからBにまずいって、BからLに行けばよいです。 BからLに行くのは、BからCに行く半分の長さです。 ・DLを考える。 今回の問題はAからスタートしたいみたい(始点をAに揃えたい)なので、DLを考えるには「DからAに戻って、AからLに行く」とすればいいことになります。 ・DMを考える。 DからMに行くのはDからLに行くのの何倍でしょうか? ・AMを考える。 AからDに行って、DからMに行けばいいですね。 参考になれば幸いです。

arasiinhfran
質問者

お礼

詳しくありがとうございます。 ベクトルの意味が少し理解できました

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • gohtraw
  • ベストアンサー率54% (1630/2966)
回答No.1

AM=AD+DM   =AD+2DL/5   =AD+(2AL-2AD)/5   =AD+(2AB+2BL-2AD)/5   =AD+(2AB+AD-2AD)/5 あとは式を整理するだけです。

arasiinhfran
質問者

お礼

ありがとうございます。 ずっと悩んでいたので助かりました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • ベクトル

    平行四辺形ABCDで、辺BCの中点をL、線分DLを2:3に内分する点をM、AMの延長線と辺CDの交点をNとしたときの、AN:AMとDN:CDはどうやって求めたらいいのでしょうか。教えて下さい。お願いします。

  • ベクトルの演習問題について

    次の問題がわかりません。 ご教授ください。 平行四辺形ABCDの内部の点Pが対角線BDを 4:5に内分している。 このとき、辺ABの中点をM,辺BCの中点をN,直線APと直線MNの交点をQとし, AB=2,AD=1,∠DAB=(π/3)のとき,    (1) ベクトル(MQ)=□ベクトル(MN)     (2) ベクトル(AQ)の大きさ=ルート(□) である。(1)の□は一ケタの整数、(2)の□は2ケタの整数です。 ベクトルの問題で式がうまく表記できなくて申し訳ないです。。 宜しくお願いします。

  • ベクトルの問題なのですが

    四角形ABCDは平行四辺形ではなく、かつAB=BCである。 辺AB,CDの中点をそれぞれP,Q対角線AC.BDの中点をそれぞれM,Nとす。 PQ→とMN→をAD→、BC→であらわすにはどうしたらいいでしょうか>< あと平行四辺形でなくAB=BCってどんな四角形かも想像できないので教えてくださると嬉しいです。

  • ベクトルの問題なのですが、教えてください。

    平行四辺形OABCにおいて、線分OAの中点をD、線分OCをα:(1-α)(0<α<1) に内分する点をEとする。さらに直線AEと直線BDの交点をF、直線OFと直線ABの交点 をGとする。このとき直線AEと直線OGが平行になるようにαを定めよ。 考え方と解き方が分かりません。 できれば詳しく解説していただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。

  • ベクトルの問題

    平行四辺形ABCDにおいて、BCの中点をM、CDを1:2に内分する点をNとし、ANとDMの交点をPとする。  (1)ABベクトル=aベクトル、AD=bベクトルとおくとき、APベクトルをaベクトル、bベクトルで表せ。 解答ではMP:PD=t:(1-t)として APベクトル=(1-t)AMベクトル+tADべくトルとしているんですが何故こんなことができるのかわかりません。よろしくお願いします。

  • 台形 ベクトルの問題

    AD//BC、AD=1/2BCである台形ABCDにおいて、AD,BCの中点をそれぞれM,N、CDを2:1に内分する点をTとする。 (1)AM、AN、ATをAB、ADを用いて表せ(←全部ベクトルです) (2)AB上の点Sに対して、TSとMNの交点がMNの中点になるとき、AS→をAB→で表せ。 この問題を解いていて、(1)はAM=1/2AD、AN=AB+AD、AT=1/3AB+4/3AD(全部ベクトルです)となりました(たぶんあってると思います)。 (2)で方針がたたなくて困ってます。 MNの交点をUとおいてAU→を2通りに表そうとしたのですがうまくいきませんでした。 アドバイスいただければ幸いです。よろしくお願いします

  • 平面ベクトル96[B]

    四角形ABCDは平行四辺形ではないとし、辺AB,BC,CD,DAの中点をそれぞれP,Q,R,Sとする。 (1)線分PRの中点Kと線分QSの中点Lは一致することを示せ。 (2)線分ACの中点Mと線分BDの中点Nを結ぶ直線は点Kを通ることを示せ。

  • 数学の問題です。

    1.平行四辺形ABCDにおいて、辺ABを1:3に内分する点をP,線分PDを1:4に内分する点をQとする。このとき、次の問に答えなさい。 (1)↑AB=↑b, ↑AD=↑dとして、↑AQ,↑ACを↑b,↑dを用いて表しなさい。 (2)3点A,Q,Cが一直線上にあることを証明しなさい。 解いてください(>_<)!

  • 数学 内心 重心 を利用する問題

    この問題を参考書等見ながらかれこれ三十分ほど考えていますがまったくわかりません。 (1)△ABCの内心Iから3辺BC,CA,ABに垂線ID,IE,IFをひく。AB=9,BC=8,CA=7とするとき、AF,BD,CEの長さを求めよ。 (2)平行四辺形ABCDの辺AB,BC,CD,DAの中点をそれぞれE,F,G,Hとし,線分BHとDEの交点をP,線分BGとDFの交点をQとする。平行四辺形ABCDの面積を24とするとき、平行四辺形PBQDの面積を求めよ。 インターネットでも調べましたが同じような問題は質問されていないようでした。 よろしくお願いします。 (2)の画像を添付させていただきました

  • ベクトル問題!!

    平行四辺形ABCDがある。辺BCを1:2に内分する点をP、辺CDを(1-t):tに内分する点をQとし、線分PQと対角線ACとの交点をRとする。「AB」(ABベクトル)=「a」 「AD」=「b」とおくとき、  「a」、「b]およびtを用いて「PQ」を表すと 「PQ」=(t-□)「a」+□/□「b」である。  という問題なんですが、「PQ」=「AQ」-「AP」となるのは分かるのですが、その計算が答えとどうしても合いません。 ちなみに答えは(t-1)「a」+2/3「b」です。