• ベストアンサー
  • 困ってます

請求項について

請求項の読み方について教えて下さい。 請求項1の構成要件がA+B+Cで 請求項2が従属請求項でE+A+B+C 請求項3が従属請求項でF+A+B+C となっていた時にEでもなくFでもないGという事項 G+A+B+Cはこの特許を侵害するのでしょうか? 例えばGでなくHの場合もあったときははどうなのでしょうか? 請求項1にはE,F,Gの事項にあたる記述はされていません。 E,F,Gによって○+A+B+Cの製作方法が異なります。 特許登録されているという前提です。 侵害するとすれば、請求項2、3の意味はなんでしょうか? 従属請求項を設ける理由に審査を受ける回数があり、請求項1に特許性がないと判断された時に補正の判断が難しい。とあります。それについてはわかるのですが、特許登録された場合どうなのでしょうか? 登録された場合は従属請求項はあまり意味を持たないのでしょうか? 多角形の鉛筆を例に挙げることがよくありますが、 請求項1で鉛筆(請求項1内で多角形にふれないていない)とします。 請求項2は6角形の鉛筆(従属です)とします。 4角形の鉛筆は特許侵害になるのでしょうか? よろしくお願します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数5501
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

弁理士です。 侵害するかどうかは、全ての構成要件を充足しているかどうかで決まります。 G+A+B+Cは、A+B+Cを含んでいるので、請求項1を侵害します。 一方、EやFは含んでいないので、請求項2と請求項3は侵害しません。 特許された後は、全ての請求項は独立して存在します。 従属請求項は、独立項よりも権利範囲が狭い反面、無効になりにくいという側面を有しています。 被疑侵害品が、E+A+B+Cという構成を有しているとします。この被疑侵害品は、請求項1と2の両方を侵害します。 侵害者側が先行技術調査をして、F+A+B+Cという先行技術を見つけたとします。これによって、請求項1は、無効になりますが、請求項2は、Eという構成が容易想到でなければ、生き残ります。 このようなケースでは、従属請求項が重要です。 請求項1しかなくても、訂正審判又は訂正請求で減縮することができますが面倒です。 また、A+B+Cという請求項を減縮して、A+B+C+Eという請求項とA+B+C+Fという請求項を作りたいしても、訂正審判では請求項の数を増やすことは認められませんので、どちらか一方しか作れません。 以上のような理由で、 【請求項1】A+B+Cの装置。 【請求項2】Eをさらに備えた請求項1に記載の装置。 【請求項3】Fをさらに備え請求項1又は2に記載の装置。 としておくと、何かと有利だといえます。 鉛筆の例では、四角形の鉛筆は、請求項1を侵害しますが、請求項2は侵害しません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細な御説明ありがとうございます。 大変勉強になりました。 内容で質問があるのですが、鉛筆の例で請求項1は侵害するが請求項2は侵害しないとあります。 特許権は侵害しているので、請求項2については侵害しなくてもあまり意味がないという考え方はおかしいでしょうか?

関連するQ&A

  • 特許/請求項の捕らえ方について

    特許を調査することになり、読み方を自分なりに調べているのですが、理解しづらい点があり困っています。長文になりますがよろしくお願いします。 例えば、以下のような特許があるとします。  【請求項1】 Aのような構成の装置  【請求項2】 Bの特徴を持つ、請求項1の装置  【請求項3】 Cの特徴を持つ、請求項1の装置 この時、権利のない人がAのような構成の装置を勝手に販売したら、B、Cの特徴があろうが なかろうが特許侵害になると思います。 一方、もしAとは全く違う構成の装置で、B、Cの特徴を持った装置を販売したら侵害になりますか? 何が言いたいかというと、請求項1でAという構成を限定していてかつ、それ以降の請求項が「~を特徴とする請求項1の装置」(従属?)となっている特許の場合、Aの構成をしていなければ、請求項2~は範囲外になるのでしょうか?つまり請求項1に該当しなければ、B、Cの機能を持っている装置は 侵害にはならないのでしょうか? 調べていた中で、消しゴムつきの鉛筆の例がありましたので、これを例として質問させて頂きます。 例えば  【請求項1】 棒状の筆記用具で真ん中に芯が入っており、六角形の構造を特徴とする。          (→六角形の鉛筆です)  【請求項2】 棒の片端に消しゴムが付いている、請求項1の筆記用具。 というような特許が存在する場合、以下(1)~(3)のうち侵害になるのはどれですか?  (1)六角形の鉛筆、(2)円形の鉛筆、(3)円形の鉛筆で 片端に消しゴムがついてる 現状の自分の認識では、この特許の場合、請求項1で六角形の鉛筆と限定してしまっているので、 特許の範囲は、1) 六角形の鉛筆、2) 片端に消しゴムがついている六角形の鉛筆 で、円形の消しゴムつき鉛筆は含まれないのかなと思っています。 そして六角形や円形に関わらず特許に含ませる為には下記のようにしなければならないと思っています。  【請求項1】 真ん中に芯が入っている棒状の筆記用具  【請求項2】 棒の片端に消しゴムが付いている、請求項1の筆記用具。   さらに転がり防止策として、鉛筆の周囲の構造を多角形にする特許を含むには  【請求項3】 転がり防止策として棒の外形は多角形(例えば六角形)である、請求項1の筆記用具 を加えれば良いのかと思っています。 以上です。よろしくお願いします。

  • 請求項の読み方について教えてください。

    <特許法第70条と第36条第5項とによって、特許の技術的範囲は、特許請求の範囲(請求項)に記載した事項のすべてを備えるものが特許権の及ぶ技術的範囲であると解釈される。> という文を読みました。 【請求項1】 A+B ・・独立項 【請求項2】 A+B+C・請求項1の従属項 【請求項3】 A+D ・・独立項 【請求項4】 +E  ・・請求項1ないし3の従属項 という構成の場合、他社がA+B+C+D+Eという構成のものを実施した場合に権利侵害の問題が生じるということですか? 過去のクレームについてのQ&Aを見せていただいたところ、 私のような初心者にも大変分かりやすく回答されてあったのですが 私の読解力が足りなかったのか、 A+BまたはA+Dでも侵害の問題が生じるのかなと思ってしまっていました。 この場合、権利侵害の問題が生じるのはどんな場合で、その訳を教えてください。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 請求項と特許侵害について

    請求項と特許侵害についてご教授お願いします。 他社の登録特許の 請求項1に「A+B+Cの組み合わせで作製した製品」が明記されているとします。 出願日は8年前とします。 もう一つ同一他社の登録特許で 請求項1に「A+B+Dの組み合わせで作製した製品」が明記されているとします。 出願日は8年前とします。 そこで弊社では「A+B+Eの組み合わせで作製した製品」を作った場合、 他社特許の侵害の可能性はあるでしょうか? それとも特許性はあるのでしょうか? (先の他社特許2件よりも弊社製品の方が良い特性が出てるとします。) よろしくお願いいたします。 皆様、貴重なアドバイスありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.5

(1)請求項1が「発明あ(A+B+C)」であって特許とされた場合、この構成(A+B+C)を包含しているもの(G+A+B+C)や(H+A+B+C)は「特許権あ(A+B+C)」を利用しているものであり許諾なく実施すれば「特許権あ」を侵害していることになります。 (2)質問者さんが仰る請求項2(E+A+B+C)請求項3(F+A+B+C)は、「発明あの構成(A+B+C)」を全て含んでおり、「発明あ」を利用した請求項になっています。  請求項2は、(発明あ+E)の構成になっていますが(+E)に「発明あ」とは異なる発明(新規性・進歩性のある技術的思想)が存在していない限り、この請求項2は特許とされることはありません。何故なら、発明あ以外の特許とされる条件(発明の条件)が存在しないからです。 (+E)に「発明あ」とは異なる発明(例えば「発明え」)が存在していれば(あるいは、発明あに無い効果、発明あに存在するが予想しがたい程著しい効果が存在していれば)、請求項2は特許とされる可能性があります。この場合、請求項2は(+E)の「発明え」によって成立している「特許権え」となります。  請求項3(F+A+B+C)についても同様で、(+F)に「発明あ」とは異なる発明(例えば発明えふ)が存在していれば「特許権えふ」となる可能性があります。(+F)に発明が存在しない限り、請求項3は特許となることはありません。  「特許権え」、「特許権えふ」は、其々独立した特許権ですが、「特許権あ」を利用していることには変わりがありません。 (G+A+B+C)は、「特許権あ」を侵害することになりますが、「特許権え」、「特許権えふ」を侵害することにはなりません。 (3)以上のように、請求項の列挙は、本来なら、各請求項其々が独立した発明(其々に異なった発明が存在している)として記載されているのが理想なのです。しかし、なかなかそううまくは行きません。  特許請求の範囲に最初に記載された請求項(請求項1:独立項)は、審査官から、先行技術に対する特別の技術的特徴がないとか進歩性が無いとか判断される可能性が無いとはいえません。  そのような時、別の技術的思想が追加されているような(進歩性を高めるような工夫がされている)請求項2を記載しておけば(従属させておけば)、請求項1(A+B+C)が特許とされなくても、請求項2(A+B+C+E)であれば特許とされる可能性がでてくることになります。 (4)質問者さんのいう「多角形の鉛筆」に例えるなら、 請求項1;軸断面形状を多角形に形成した鉛筆 請求項2;軸断面形状を6角形に形成した鉛筆 とした場合 請求項1が特許とされた場合、請求項2は、特許とされることはありません。何故なら、多角形の中に6角形が含まれることは当たり前であり、コロコロ転がらないという請求項1の効果以上の予期せぬ効果が存在しないからです。(しかも請求項1を特許にすれば、請求項2を特許にする必要がありません。) 即ち、請求項2には、請求項1とは異なる発明(高度な技術的思想)が見当たらないことにより特許とされることがありません。 ところが、軸断面を6角形にしたら(コロコロ転がらないこととは異なる)「不思議なことにいい匂いが必ず生まれる」というような効果があったとしたら、(誰もが予期せぬ大きな効果の存在を理由として)請求項2は特許とされるかもしれません。 請求項1(多角形)が無く、直接 「請求項1;軸断面形状を6角形に形成した鉛筆」と記載することも可能です。それが特許となった場合は、その特許権の権利は軸断面形状が6角形の鉛筆にのみ及び、軸断面形状が4角形の鉛筆には及びません。多角形の鉛筆を特許請求の範囲に記載して特許を請求していれば、4角形の鉛筆は特許権の範囲内とされます。 「コロコロ転がらないないのは(6角形にとどまらない)多角形であればよい」という発想に至れなかった故に、特許の権利範囲を狭くする結果を招いたことになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答ありがとうございました。 大変勉強になります。

  • 回答No.4

> E,F,Gは通常一般的であるのに、 E,F,Gがどれも一般的な付加構成要件にすぎず、これらを組み合わせることに進歩性がないという前提であれば、これらの従属請求項を設ける意味はありません。 A+B+Cは特許無効になる可能性があるけれども、+E,+F,+Gの組み合わせに特許性が認められるようなケースで意味をなします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

原則としては請求項が「A+B+C」であれば、「A+B+C」の構成を備えていれば権利範囲となります。 ただし例外もあります。構成Gを備えることによって、「A+B+C」のみの構成でのその発明の作用効果を発揮しなくなるような場合には別発明であるとされることもあります。 また、「G+A+B+C」の製作方法が異なるということですが、その製作方法が出願時には知られていなかった場合、「G+A+B+C」の部分についてはサポート要件違反により特許無効を理由として権利行使不可とされる場合もあります。 ただし、出願前にGを組み合わせることを想定することが困難なケースも種々ある一方、「A+B+C」の構成だけで特許性が認められる場合もありますから、実務上は、請求項1に「A+B+C」を記載し、より好適な実施態様として請求項2以下を作成されておけば、侵害者が「E+A+B+C」などで実施してきたような場合は請求項2で争えばよく、請求項1の特許無効の抗弁を回避できる利点があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 実施態様として請求項2以下を作成されておけば、侵害者が「E+A+B+C」などで実施してきたような場合は請求項2で争えばよく・・・とありますが 実施形態で言えば、E,F,Gは通常一般的であるのに、なぜGを含まなかったと考えられるでしょうか?発明者の意図でしょうか?侵害者が「E+A+B+C」などで実施してきたような場合・・・とありますが、「F+A+B+C」、「G+A+B+C」は一般的に考えられる事とした場合ですが。

関連するQ&A

  • 特許請求項について

    請求項1が、A、B、Cだとすると、 請求項2以降は、A、B、C+αだと考えていますがその考え方で合っていますでしょうか? そうだとするならば、請求項1に記載された特徴の全てを備えていなければ、特許侵害にならないという考えで合っていますでしょうか?

  • 特許 請求項 文言

    特許の請求項の有効性について教えて下さい。 請求項の文言と1部違う形(合理性をあげるための変更)で納入しているものを、模倣された場合、特許侵害になるのでしょうか? ご教授宜しくお願いします。

  • 一つの請求項の中での複数要件について

    特許の請求項で、 【請求項1】A 【請求項2】B 【請求項3】C とあれば、AだけでもBだけでもCだけでも特許権の及ぶ範囲ということは理解しています。 今回、他社の特許で、 【請求項1】・・・次の(1)~(3)の要件を満たす○○。  (1)A  (2)B  (3)C   (※ここでのABCは、装置構造上の特徴) 上記のような場合、ABの要件は満たすが、Cの案件は満たさないような構造を弊社で実施することは特許侵害にあたりますでしょうか?

  • 独立項と従属項

    ある特許の請求項が独立項Aと従属項Bからなるとします。 この特許に抵触したと判断されるのは、次のどれになりますか? 1. 独立項Aだけに該当したとき 2. 従属項Bだけに該当したとき 3. 独立項A、従属項B両方に該当したとき 私は3だと思うのですが、、 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 短いクレーム(請求項)

    みなさまがご存知の範囲で、最も短い(文字数が少ない)請求項、クレームが載っている登録特許の登録番号を教えてください。 JPでもUSでもEPでも構いません。但し、grantされたものに限ります。また従属項は除いてお考えください。

  • 特許侵害についての質問

    請求項1、請求項2からなる他社登録特許があります。(権利期間内) 他社特許の請求項1は独立請求項で請求項2は従属請求項で構成されています。 弊社の開発品がこの請求項1と全く同じです。 請求項2は全く違うものです。性能としては他社特許も弊社開発品も差はありません。 この場合、弊社開発品は特許侵害にあたるのかどうか悩んでおります。ご助言、ご指導よろしくお願いいたします。

  • 請求項の書き方(○○可能である)

    請求項の記載に関して、最近疑問に思っていることがあります。 請求項の最後に「~部品Aを○○可能に構成したことを特徴とする装置(例えば、着脱可能、装着可能、着脱自在など)」という表現が特許公報に見受けられます。例えば、着脱可能に構成したことが特徴であるならば、なぜ着脱可能になったかという構成要件を、その表現の前段に書かれてあるべきだと考えておりますが、未記載のまま、登録査定が付与されています。 なぜ着脱可能になったかという構成要件を未記載でOKなのかを どなたか詳しい方、教えて頂ければ幸いです。

  • 特許請求の範囲の件で質問します。

    特許請求の範囲の件で質問します。 請求項1  A+B  ・・・とした場合に・・・A+B+Cの場合は Cがあることで特許侵害にならないと思いますが如何でしょうか? A+B(基本特許)を、生かすためにはA+B+C ・ A+B+D ・ A+B+Eの記載にすることが正しいのでしょうか?   + F・・G・・H・・場合でも? A+B(基本特許)で  ・・・C・・D・・E~Hまでの権利主張ができないものかと疑問に思ったので質問させて頂きます。 初歩的なことで恥ずかしいことですが識者のアドバイスをお願いします。

  • 従属項の必要性

    最近、特許の担当になり、特許文書と毎日向き合っております。いろいろ勉強しておりますが、疑問に思っていることがあります。 明細書で、独立項が重要なのはわかるのですが、特許として成立している場合、従属項は、追加の制限を加えるだけなので、必要ないのではないかと思われるのです。 多くの明細書を読まねばならず、抵触かどうかの判断に必要なのは、独立項だけで良いのではないかと思っていますが、今ひとつ不安で、ご教授願いたい。 従属項は、独立項が拒絶された時のための保険でしかなく、成立後は無視しても良いものと思うのですが、いかがでしょうか?

  • 製法特許とモノ特許について

    ひとつわからないことがあります。 特許には、大きく製法特許とモノ特許がありますが、 例えば、下記のような場合がよくあります。 【請求項1】 ~の製法 【請求項2】 請求項1に記載された製造方法により製造された~モノ これは、製法特許というのでしょうか、 同時にモノ特許ともいうのでしょうか? つまり、単なる製法特許であれば、「請求項1の製造方法で 作るやり方」と全く違えば、出来上がる請求項2のモノと まったく同じであっても、特許侵害とならないのでしょうか? よろしくお願いします。