• ベストアンサー
  • 困ってます

内税商品の消費税課税対象額はどういった値とするのが正しいでしょうか。

内税商品の消費税課税対象額はどういった値とするのが正しいでしょうか。 例えば、 外税商品で、本体価格1,000円の商品、 つまり課税後、1,050円になる商品では、課税対象額は、1,000円だと思います。 では、 内税商品で、1,000円の商品(本体価格953円、税額47円の商品)では、 どの金額を課税対象額、と表現するのが正しいでしょうか? 商品価格1,000円に対して税計算を行うため、課税対象額は1,000円と考えるべきでしょうか。 それとも、税額を抜いた、953円を、課税対象額と考えるべきでしょうか。 規則をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授ください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数3057
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

消費税の計算に当たっては、税抜経理方式と税込経理方式があります。 税抜経理方式は、消費税等の額と当該消費税等に係る取引の対価の額とを区分して経理する方式をいい、税込経理方式は、消費税等の額と当該消費税等に係る取引の対価の額とを区分しないで経理する方式をいいます。 法人税の課税所得金額の計算に当たり、法人が行う取引に係る消費税等の経理処理については、税抜経理方式又は税込経理方式のいずれの方式によることとしても差し支えありません。 また、税抜経理方式による経理処理は、原則として取引の都度行いますが、その経理処理を事業年度終了の時において一括して行うことができるものとなっています。 ご質問の「どの金額を課税対象額、と表現するのが正しいでしょうか?」の意味がよく分かりませんでしたが、課税対象額はあくまでも本体価格になります。 -------------- しかし、消費税の申告に当たっては、外税と内税が混在しても正しく計算できるように、一旦、内税で課税売上げを計算してから、課税標準額を算出します。 例えば、 本体 1,000,000+消費税 50,000 本体+消費税 1,000,000 という取引があっても 1,000,000+50,000+1,000,000=2,050,000 2,050,000/1.05=1,952,380(本体価格) 2,050,000-1,952,380=97,620(消費税) と再計算を行う仕組みとなります。 -------------------- 消費税法等の施行に伴う法人税の取扱いについて(個人についても同様の通達があります。) http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/hojin/890301/01.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

税抜経理方式と税込経理方式の2つの方法があること、初めて知り、勉強になりました。 ありがとうございます。 >課税対象額はあくまでも本体価格になります。 ご回答ありがとうございました。 お礼が遅くなって申し訳ありません。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • chupark
  • ベストアンサー率41% (90/218)

税込みの金額に105分の100を乗じるのが原則でしょう。 1,000 × 100/105 ≒ 952円 が課税売上高になるのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 本体の価格が課税対象ということですね! お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。

関連するQ&A

  • 消費税の課税対象について教えてください

    消費税は 「事業者が事業として対価を得て行う役務の提供」を課税対象にしていますが、なぜ、「事業者」限定なのでしょうか? つまり「個人」では、消費税はかからないわけですが、なぜ、「個人」の場合は対象外なのでしょうか? 「個人」の場合にも消費税をかけたほうが税収アップするじゃないですか。 (法律で決まっているから、と言われてしまえばそれまでですが、趣旨や理由など知りたいです)

  • 消費税課税対象業者って

    消費税の課税対象になるのは、売上額が3000万円を超えると課税対象業者になることは知っていますが、毎年売上額が3000万円前後で消費税を入れなければ、3000万円以下になる年もあります。こういう場合、いつ、消費税が掛かって、いつ消費税が掛からないのかが分かりません。例えば A年 売上額 税込み3100万円(事業初年度とすると非課税業者) B年 売上額 税込み3160万円(非課税業者) C年 売上額 税込み2900万円(A年が3000万円超なので、課税業者?) D年 売上額 税込み2800万円(B年が3000万円超なので、課税業者?) E年 売上額 税込み3200万円(C年が3000万円以下なので 非課税?) 本来なら、A年もB年も消費税の課税対象外なので、税込み、税抜き関係なく 売上高として、計上されるんですよね。だったら、C年、D年、E年は どうなるのでしょう。また、何か届出が必要ですか? よろしくお願い致します。

  • 消費税(課税対象外/非課税)について教えてください

    現在購買システム開発に携わっているものです。 消費税が発生しない仕訳については非課税で処理するよう指示されているのですが、課税対象外でなくてよいのでしょうか?非課税は決まった科目にだけ使うのかと思っていたのですが…。 あとで非課税の取引がどれだけあるのか把握する必要があるのなら、余計な取引も混じる印象があるのですが…? また、ちょっと脱線するんですが、教えてください。 0%課税は課税対象外と同じと考えてよいのでしょうか? 経理の知識があまりないので質問の仕方がおかしいかもしれません。変なところがあったら突っ込んでください。

  • 個人事業主が消費税の課税対象になるかどうかは売上高が1,000万円以上

    個人事業主が消費税の課税対象になるかどうかは売上高が1,000万円以上あるかで判断するそうですが、 この売上高の計算に法人からの給与所得は入りませんよね?

  • 課税対象

    たびたび源泉徴収の話題ですいません。 とても細かい疑問なんですが、給与が銀行振込みの場合の手数料などの細かい費用は課税対象となるのか?ということです。 例えば ・日給9000円  →実際に受け取った額=9000-振込手数料525円=8475円 の場合は課税対象は9000円か8475円のどちらになるでしょうか?1回や2回であればそこまで問題ではないのですが、回数が多く5000円を超えているので微妙なラインです。 ちなみに違う会社では ・日給8000円 →実際に受け取った額=8000-登録整備費200-所得税315 =7485円 という風に所得税と登録会社の整備費が引かれています。この場合の課税対象は7800円か7485円なのかというのも気になります(つもると結構な額になるので)。

  • 消費税の課税事業者になるとは?

    1000万円を超える売上で課税対象になりました。と税務署から通知がきましたが、軽自動車の個人事業者で売上といってもそのまま他の事業者たちへお金を流すだけなので自分の売上ではありません。それでも課税対象者となり、消費税を納めなければならないのでしょうか。また、今年いわれて書類に課税対象者と認めて出した場合、2年後から消費税を払うのでしょうか。今年からでしょうか。また、19年度の請求書と帳簿があれば(証拠)自分の支払うべきものではない消費税は、免除されるのでしょうか。くわしくわかるかた、教えて下さい。宜しくお願い致します。

  • 17年度からの消費税課税対象者の条件について

    平成17年度から消費税の課税対象が 売上1千万以上の業者になると聞きました。 そのことについてもう少し詳しい条件を知りたいのです。 いくら収めればいいか、簡易課税か本則課税かなど 教えていただくか、参考になるサイトを教えてください。 よろしくお願いします。

  • 返品手数料も課税対象ですか?

    通販で購入したものを返品する際、その手数料にも消費税はかかるのですか? 通販で購入したものを返品しようとしたら1回目のメールでは2000円、2回目は2200円と言われたので理由を聞いたら、1回目は誤って税抜き価格を記載してしまったとの返事でした。 代引き手数料や振込手数料に消費税って聞いたことがないのですが、返品手数料は課税対象なんですか?

  • ガソリン税 酒税などと消費税

    消費税とは、商品・製品の販売やサービスの提供などの取引に対して課税される税金、とありますが、ガソリンを購入したときや、アルコール、タバコを購入した場合など、その本体価格にすでに 税金が含まれていますよね。 本来、消費税はこれらの税金に対しては、かからないはずではないでしょうか? 税金に税金をかかけるという二重課税になっているように思うのですが、何故この問題が 議論されないのでしょうか? 確かに、本体価格の原価であるといえばそれまでですが、なにか腑に落ちません。 ご存知の方が、いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

  • 消費税の課税単位

     消費税の課税対象単位が1円未満まである場合、1円未満はどうしますか。 また、消費税1円未満はどうするのでしょうか。切り捨て、四捨五入、五捨五入? 調べましたが分かりませんので、教えて下さい。