• ベストアンサー
  • 困ってます

脳死の臓器提供についてですが、

脳死の臓器提供についてですが、 自分や家族の場合を考えいろいろ調べたところ ちょっと怖い内容を目にして混乱しています。 出来れば移植の実際の様子をご存じの医師の方にお聞きしたいです。 下記のようなことは事実なのでしょうか?デマなのでしょうか? 1)脳死になるだろうと予測できる状態の患者がいた場合  脳死判定がきちんと行われて脳死が確定する前に  治療のための措置ではなく、臓器移植に備えた処置が行われる。 2)脳死判定が出て、脳死という宣告を家族が受けて、  臓器提供について悩んでいる間に、すでに治療から  臓器移植に備えた処置に切り替わっている。 3)脳死判定に必要な「無呼吸テスト」を実施したために  脳死になってしまう症例がある。 4)脳死状態の患者の臓器を取り出すときは暴れたり血圧が上がったりするので  モルヒネを打つことがある。 素人の自分としては上記のようなことは行われていないと思いますが、 自分の意思を登録する前にハッキリさせておきたくて質問しました。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 医療
  • 回答数8
  • 閲覧数522
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

 臓器移植に関わる脳死判定はかなりきちんと行われていると思いますよ。  臓器移植の実績をつくるために医者が脳死判定の際に不正を行っているのではないか、とか、移植を行いたいがために本来行うべき治療をきちんとやっていないのではないか、といった疑いを持つ方も時々いるようです。しかし、実際に脳死判定を行っている我々脳神経外科医や救急医からしてみれば、脳死判定やその後の臓器移植を行ったからといって、自分の医師としてのキャリア面でのメリットは殆どありません。したがって質問者さんの疑問も含めた脳死移植に対する一般の方々のそういった捉え方は、我々からしてみると、「ひねくれた意見」に見えてしまいます。 1)脳死が確定する前に、臓器移植のための処置を開始することはありません。しかし、脳死を正確に判定するために、脳の機能を抑制するような鎮静剤の使用を中止することはあると思います。また、脳死移植ではなく、亡くなった方から腎臓を取り出して移植する死体腎移植では、取り出す腎臓を保護するために、患者さんが亡くなる前に腎臓を保護する灌流液を流すことはあります。 2)脳死判定は臓器提供を希望される患者さんにのみ行うものです。ご家族が迷っている時点では、患者さんはまだ亡くなったと判定されていませんから、通常の治療が続けられていると思います。 3)無呼吸テストの方法は、ただ人工呼吸器を外して様子をみる、というものではありません。人工呼吸器を外す前に予め十分体の中に酸素を送り込んでおき、人工呼吸器を外しても患者さんが低酸素状態に陥らないようにしてから行います。人工呼吸器を外すことで血中の二酸化炭素濃度を上昇させて、通常であれば自発呼吸が出てくるような状況つくり、そこで実際に自発呼吸が出現するかどうかを調べます。 4)血圧が上昇したりするのであれば降圧剤を使用することはあるかも知れません。しかしモルヒネを使う意義はあまり無いように思えます(モルヒネは鎮痛剤ですから必要であれば使っても良いとは思いますが)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ひねくれた意見と取られても仕方ないですね。 でもどこにもそれをきちんと否定したものがなくて、 無意味に怖がっていても仕方ないので、はっきりさせたいと思って 質問させていただきました。 医師の方からの回答が頂けて感謝します。 1)、2)、3)についは了解いたしました。 4)については、若干わからない部分がありますが・・・ 脳死になっていれば血圧が上がったり、鎮痛剤が必要になることは無いのではないですか? 脳死になったときに痛みを感じることは無いですよね? いまだ「脳死状態で心拍があるところにメスを入れて生きている心臓を取り出す」というのが 本当にドナーが無感覚なのかどうか不安が残ります。 心臓を取り出した時点(心臓につながる血管を切った時点)で死亡ということですよね。 血圧が上がるとしたら、その血圧をあげているのは反射的なものなのでしょうか? ある程度の負荷や痛みを感じていることはあり得ないのでしょうか?

その他の回答 (7)

  • 回答No.8

 言葉が足りませんでした。  臓器移植法を作成する段階では、「和田心臓移植」の時のようなことが起こらないように、という議論はあったと思います。    しかし現実問題として、脳死判定をきちんと行おうとした場合、臓器移植の執刀を行う各々の臓器を専門とする各外科の先生方にとってみれば脳死判定は専門外の領域の話です。したがって、きちんと脳死判定を行おうとするならば、必然的に脳神経外科医(or神経内科医、救急専門医、麻酔科医)などのきちんと知識を有した者に判定の手を委ねるべき、という話になると思います。  したがって、繰り返しになりますが、現在脳死判定医と移植医が別々であることの一番の理由は、不正が行われないようにするため、ということではなく、あくまでもきちんと判定を行うため、ということだと思います。  その証拠の一つになるかどうかは分かりませんが、脳死判定は正確を期すために2人以上の判定医が行うことになっていますが、その判定医が主治医であってはいけないという決まりはありません。  ちなみに厚労省の脳死判定マニュアルには、判定医の資格として「臓器移植に関わらない者」という記載は一応ありますが、これは判定医に関する記載の一番最後に書かれているものであり、これが先の事件の爪痕と言えばそうかも知れません。しかし実際には、脳死判定医の条件を考えれば、移植医が脳死判定を行うという状況は殆どないと思います。    

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

あれ? 臓器移植法最初に作るときの国会答弁で、移植をする医者は脳死判定にかかわることが無い様にする旨ありませんでしたっけ? 当時勉強しただけなので、私が間違ってたかな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

 質問者さんの書かれていることや他の方々の回答を読むと、脳死或いは臓器移植に関する知識はまだまだ一般の方々には浸透していないのだなという印象を強く受けます。  まず第一に、脳死と植物状態を混同している方々が非常に多い。以前の別の質問に対する回答にも書きましたが、一旦脳死状態となれば、その後心臓だけが長時間動き続けることはありません。成人であれば1日~長くても2週間程度、多くの場合数日以内に心停止が起こります(したがって、No.5さんが回答されているような入院基本料が安くなって採算割れが起こる、ほどまで心臓が動き続けることはありません)。ただし、小児の場合には、脳死状態となっても長ければ1年ほどは心臓が動き続けることがあります。  一方植物状態の場合は、栄養をきちんと与えていれば、肺炎などの合併症を起こさない限り患者さんは生き続けます。  また、脳死判定ができるのは脳神経外科医と救急医のみですが、これはなにも移植医と判定医をわざと別の人にするためにそうしているわけではなく、脳死判定を行うにあたり、専門的な知識をきちんと持って診断できるのがこれらの科の医師だからという理由だと思います。別に医療側の暴走云々の話でなく、きちんとした診断を行うためのシステムだと思います。  次に前回の4)に対する回答ですが、私の中ではそれほど重要でない質問だと考えていました。一旦脳死状態になってしまえば、血圧の調節が利かなくなり血圧が徐々に下降していき心停止に至ります。しかしその過程において、血圧の調節ができないがために、何かの刺激でポンと血圧が上がったりすることもありえます。あまり血圧が高くなりすぎると移植に使う臓器が障害される可能性がありますから、場合によっては降圧剤を使って血圧をコントロールする必要があると思います。  モルヒネを使うという話を実際のところ私は聞いたことはありませんが、「別に使っても良いのではないの?あまり意味はないかも知れないけれど」というニュアンスで前回のような回答となりました。しかし普通に考えれば、一旦完全な脳死状態になってしまえば、患者さんが苦痛を感じることはありませんので心配なさることはないと思います。脊髄の交感神経反射などで血圧が変動するかも知れませんが、痛み刺激であっても脳が「痛い」と判断することができないと思います。  最後に脳死患者さんにおける死亡時刻ですが、、心停止時間ではなく2回目の脳死判定時刻が死亡時間となります。したがって、心臓につながる血管を切った時点で死亡」ということはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 体の反射的な反応を抑えるために薬剤を使うこともあるけれど 完全な脳死状態であれば苦痛や痛みを感じ得ないということですね。 死亡時刻を確認したかったわけじゃないんですが、 言われてみればそうなりますね。 2回目の脳死判定が出た時点で、その体は死体であって、 死体から心臓を取り出すだけ…ですね。 ”心臓につながる血管を切った時点で死亡”という表現になってしまったのは まだ自分のイメージとしては、 「生きている(鼓動を打っている)体から心臓を取り出す⇒死ぬ」という風に 無意識に思ってしまってるんでしょうね・・・ 脳死を受け入れられていない自分を再認識してしまった気がします・・・

  • 回答No.5

まず救急病院は、いきない脳死患者を嫌うわけではありません。 15日たち、31日たちと、入院が永くなることで入院基本料金が安くなると、採算割れを起こすので嫌がるわけです。最初からいきなりいやがるわけではありません。 医療側で積極的に移植にもっていきたい人は、移植医や臓器移植を待つ患者の主治医たちです。 ですからそれらの人を、脳死判定がすむまでかかわらせない形で、医療側の暴走を防いでいるわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、そういうシステムが作られているのですね。 浅はかな疑問にきちんと答えていただき 本当にありがとうございます。

  • 回答No.4
  • php504
  • ベストアンサー率42% (926/2160)

回答でなくて恐縮ですが なぜか移殖をすると医師に多額のお金が入るみたいに思っている人もいるようですね 多額の募金を集めて海外へ移殖に行くニュースを見て誤解されるのかもしれませんが移殖をしても医師には1円も入りません 病院に入るのも保健診療で決められた金額だけです レシピエントも人の意思が介入しないようにコンピュータで決められるのでお金でどうこうということもないです(腎移植の場合で他の臓器は知りませんが) 言いたいことは医療側が積極的に移殖へ持っていく理由はないということです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 医師に多額のお金が入るシステムとは思いませんでしたが、 「移植意思ありならば、延命より移植のほうが経験を積める、保険の点数も上がる、ベッドも空く」 「移植意思無しならば、延命しか選択肢がない」 という記載も目にしました。 搬送された病院の状況や医師の判断次第で、 早めに脳死の判定をされて(脳死へ方向づけられて)しまう可能性が あるのではないか、と疑問に思いました。 医療側が積極的に移植へ持っていくことはあり得ないという解釈で良いのですね。

  • 回答No.3

おそらく、移植医は人の体を切り刻むのが好きで、移植をしたくてたまらない人間だろうという前提から、この手の都市伝説が生まれたのだろうと思います。 実際一例目の移植は、ドナーもレシピエントも無駄に人体実験により殺したと思われる事例で、この手の心配は立法段階からされました。 そのため脳死移植をするのは、移植医ではなく別の医者が行うようになっています。 移植医が移植をしたいがために好き勝手できないような制度設計がなされています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 一例目の移植というのが、私の読んだものの出所かと思われます。 今はそういうことが行われないよう 制度がきちんと整っているということですね。 移植医ではなく別の医者が行うことになっているのは知りませんでした。 法律自体をもう少しちゃんと勉強してみたいと思います。

  • 回答No.1
  • E-FB-14
  • ベストアンサー率14% (402/2868)

すべて都市伝説です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 脳死と臓器移植について。

    高1女です。 高校の課題で、脳死と臓器移植についての小論文を書くことになりました。 インターネットでいろいろ調べてみたのですが、 脳死や臓器移植についてあまりよくわかっていません。 今は、臓器提供をする意思があるときのみ 脳死判定をしているんですよね? あちこちで「脳死を人の死とするか」が議論されていますが、 それは脳死の患者、もしくはその家族が決めることではないのですか? そういう議論がされていること自体の意味がよくわかりません。 なぜこのような議論がされているのでしょうか? 教えてください><

  • 脳死にて臓器提供の承認を求められたら、貴方なら・・・

    脳死にて臓器提供の承認を求められたら、貴方なら・・・ 臓器移植法の施行後、3例目となる患者ならびに臓器提供・移植手術が報道されていますが、患者の家族だとしたらどのような考え方・受け止め方をすると思いますか? ◇前提 <臓器移植法や脳死を死と認定するかどうかの賛否は一応除外して> ※患者は生前に臓器の有効活用を希望していた。 ※医者から蘇生の可能性はゼロ・死の宣告を受けた。 ※心臓が動いている、可能性が1万分の一でもあれば蘇生を信じたいのが家族、人情だと絶対反対の家族も居る。 ◇質問(近い感慨をお教えください) (1)本人の意思を何よりも尊重すべきと思うので承認する。 (2)不治の病の方に光明、医療の発展に寄与、しかも患者さんの身体で生き続けるのだから承認する。 (3)苦しみ死んだ肉親に、さらにメスを入れ切り刻むのは家族として耐えられないので拒否する。 (4)死出の旅に身体の一部を欠いては不自由だろうし、あの世で困るのではと心配なので拒否する。 (5)分からない。死因や提供される患者の情報を良く聞いて苦渋の決断を家族会議で決める。

  • 脳死臓器移植法に関して悩んだことです。

    ある研修医が脳死臓器移植法改正について若手医療従事者の意見を求める、行政機関主催のアンケートを受け取ったとします。 質問にはドナーカードのフォーマット、脳死判定を開始する条件や手続き、関係者のプライバシーの保護など様々な問題が含まれています。 中でもその研修医が回答に最も苦慮した質問は「脳死患者が書面で臓器提供の意思を明確に表示している場合には、患者家族(遺族)が臓器摘出・提供を拒否しても、当該脳死患者から臓器提供が出来るように法改正をすべきだろうか」というものです。 1997年施行の臓器移植法ではたとえ臨床的に脳死状態に陥っているとして、その患者が書面で臓器提供の意思を表示している場合でも、患者家族の拒否があれば正式な脳死判定は行えなくなっています。 私個人の意見としては臓器はやはり脳死患者のものであり、本人の意志を尊重するべきでそれが理に当ると思います。ただ、そこで悩むのは、法改正をして家族の拒否が無効になった場合を考えるとして、もし突然愛する家族の一員を失った時に、遺族の思いを考えると拒否は出来ないのですからすんなり提供に踏み出せるのかどうかということです。しかし臓器を待っているレシピエント候補の方の存在など勘案すべきことが多いのです。 そこでみなさんの意見をお聞きしたいと思い今回投稿しました。 質問を簡潔に書きますと、 (1)上記に述べたように法改正には賛成か反対か、またその理由。 (2)脳死患者の臓器は一体誰のものだろうか。 (3)移植に関して誰の希望が最も優先されるべきか。 以上の3点についてご回答をよろしくお願いいたします。

  • 臨床的に診た脳死と臓器移植の際の脳死判断について

    臓器移植の際の脳死の判定と、臓器移植はしないのだが臨床医がこの患者さんは脳死状態だなと判断する場合には、違いがあるのでしょうか?また、「脳死」と「植物状態」の具体的な違いがよくわかりません。解説して頂けないでしょうか?また、参考文献、URLなどございましたら教えて下さい

  • 臓器の提供について

    社会保険証の裏に「私は、脳死の判定に従い、脳死後、移植の為に○で囲んだ臓器を提供します。」ということと、「私は心臓が停止した死後、移植の為に○で囲んだ臓器を提供します」と、2種類のことが、書いてあるのですが、今一歩、その差がわかりません。どちらの方が良いのでしょうか?又、一般的なのは、どちらでしょうか? 回答、アドバイス、お待ちします。

  • 脳死について

    脳死についてレポートを書かないといけないのですが、疑問に思ったことがあるので質問しました。脳死は臓器移植の際に脳死と認められると聞きました。つまり、脳死状態に陥った人が臓器提供を望み、家族がそれに同意する場合は脳死と認められるということでいいんでしょうか?また脳死状態に陥っても臓器移植を望まない、あるいは家族が同意しない場合は脳死とは認められないのでしょうか?

  • 臓器移植って脳死のみが出来るんですか?

    家族で時折 話していたのですが 生体からの移植以外で提供できる臓器以外 心臓とかって 脳死だけが移植できるんですか?(年齢制限を外したとして) 低レベルな知識では 考えようにも 軽はずみなつもりはなく この機会に 万が一 患者やドナーどちらの立場になったら どう考えるか 話してたんです 分からなくなったんですが 「自分は もういい歳だから もし脳死になったら 試しに数(日)週間生かしてみて ダメそうだったら もう誰かにあげてよ」と言えたものの 「脳死じゃなくて、事故とかでも脳死以外で死んで 他の臓器は使えそうなんですって事ないの?」 「仮に 脳死以外で我が子が確実に 死んだ時 臓器あげられはしないのかな?」 その時に 誰かが助かれば 何か報われるかな?自信ないけど・・。 逆の立場だったら くださいって言えるのか? どこまで自分の気持ちが整理出来るかも分からないのに 軽薄ですが それでも疑問が次々と・・・ TVや漫画で 亡くなった人から 臓器をもらったとかで その後のお話が展開されますが アレは 全部脳死限定?などと揉めました すみませんが教えてください。

  • 臓器移植法・子供の脳死判定

    今話題にされている臓器移植法について知っているともいいがたい程度の知識しかないのですが、 自分だったらどうするかなと考えることが多いです。 子供の脳死判定後、臓器提供を申し出る親の気持ちとはどんなでしょうか。 私(既婚・子あり)が脳死判定を受けた場合、臓器を待ち望んでおられる方に臓器提供をしてもらって全くかまわないのですが もしも配偶者が脳死となったとき、そのまま焼いてあげたいという気持ちが先に来て、 臓器移植は望まない判断になるような気がしています。 まして我が子が脳死を判定されたとしても我が子ならなおさらのこと、 その先に臓器を待っている幼子がいるとわかっていても 臓器提供には進めない気がしています。 でも・・・もし我が子が臓器を待つ立場になってしまったら 国内で臓器提供が受けられるなら最善を尽くしてやりたいとも思います。 (海外移植に踏み切れるのは周りの方に恵まれた人だけかなと思います。) 矛盾しているのは百も承知。結局自分さえよければという思いがそこにあるのも事実です。 ここ最近、堂々巡りのことばかり考え、答えが出せずにいます。 我が子の臓器提供を希望する親はどのような気持ちで応じるのでしょうか。 やはり「この子の臓器が他の子の体で生きていてくれるなら」という思いのみでしょうか。 我が子が脳死判定・・・その後どうしますか?。 子供の臓器移植、日本でも定着するでしょうか?。

  • 脳死と臓器移植について。

    脳死や臓器移植のことについて無知なので教えてください。 今の法律を変えて、脳死を人の死、と認めた場合 これまでより臓器提供・臓器移植は増えるのですか? 教えてください><

  • 臓器提供について

    先日勤め先で、臓器提供の話題が出ました。 自分や自分の家族が脳死になっても臓器提供はしたくない、 逆に臓器が必要だと言われた場合、脳死者からの提供は受けたい という意見が大半でした。 私個人としては、提供しないのに提供を受けるのは利己的だと思うのです。 そこで、皆さんにお聞きします。 ご自身、家族が脳死になった場合、提供を受けたら助かる可能性が出る場合 1)臓器提供するし、提供も受ける 2)提供はするけれど、自分には必要ない 3)提供意思はないし、提供も受けない 4)提供意思はないが、提供は受ける 5)その他(ご意見をお願いします)