• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ブレーカーが、落ちる。

全く、原因が分からないんです。シーケンス制御が、組み込まれている、制御盤で、時々、メインのブレーカーが、落ちるんです。  漏電の、黄色いボタンが、飛び出ているときもあるし、 そのまま、切れるときも、あるんです。 モーター2基、ソレノイドバルブと、絶縁抵抗を、調べたけれど これといった答えが見つからなかった。 どなたか、良いアドバイスを、お願いします。

noname#1385
noname#1385

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1056
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ketto
  • ベストアンサー率75% (3/4)

 実際に調べるのが一番ですが、原因は3つ考えられますので、ひとつづつ調べてみて下さい。考えられるのは、漏電である場合と、漏電遮断器の誤作動、過負荷の場合です。  漏電である場合は、絶縁抵抗を測る以外にクランプメーターで漏洩電流を測る方法があります。これなら、実際に漏電の大きさまで測れます。記録計があれば継続して記録がとれて便利です。  漏電遮断器の誤作動は、製造年が古い場合に考えられます。良品と交換してみると良いと思います。また、制御盤の内部温度が異常に高温だと、誤作動を起こす場合もあります。制御盤を開ける、換気するなどして温度が下がるようにして下さい。  過負荷の場合は、言うまでもなく漏電遮断器の定格電流をオーバーした場合です。付属の電流計、クランプメーターで測定してみて下さい。  現象がでている時でないと、原因はわかりにくいので、根気よく調べてみて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変参考になりました。 1、クランプメーターで、稼動中、まめに調べます。 2、製造は、かなり古いはずです、一度、調べてみます。 3、環境は、かなり、暑いです。それと、最近の暑さで、回数 が増えたようにも、思います。冷却することを、考えます。  早速、明日から、調べます。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 【電気】漏電ブレーカーはブレーカー自身の漏電測定回

    【電気】漏電ブレーカーはブレーカー自身の漏電測定回路の電源を二次側から取っているので二次側で相間をあたるとOFF状態でも絶縁がありません。 二次側から電気を取ってると電源がオフでも相間は絶縁にならないってどういう意味ですか? 動力モーターのブレーカの絶縁抵抗測定はブレーカをオフにして1次側で測っても動力モーターの絶縁抵抗測定はできないのでは? 正しい絶縁抵抗測定はブレーカーをオフにして2次側を測定して動力モーターの絶縁性能を確認するんですよね?

  • ブレーカーを落とさずにメガ測定

    メガテスターを使って測るとき、ブレーカーは落とさずに測ってもよいのでしょうか・・・他解答例やユーチューブでもブレーカーは落とさずそのまま絶縁抵抗を測っていたので・・・というのは、私は先輩から「測る前には必ずブレーカーを切れ。でないとモーターとか壊れるぞ。」といわれたことがあるからですが・・・

  • メインブレーカーの容量選定

    いつもお世話になっております。 メインブレーカーの容量選定で、迷ってます。 5.5KWのモータ1個、 7.5KWのモータ1個 ヒーター最大電流値24.2A トランス1.5KVA の構成の制御盤があります。 合計電流値は78.3Aとなるので、 メインブレーカーは100Aとなるのでしょうか? モーター2個は同時にONするので、投入電流を考えると、 (18.67A+25.47A)×3倍=132.42Aなので、150A または中間で125Aとするのでしょうか? 基本的なメインブレーカーの容量の計算方法を教えて下さい。 また、設計思想的なものをご教授いただけるとうれしいです。 よろしくお願いいたします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

学生時代の部屋では、エアコン付けながら料理(電磁コンロ)使えなかったッス。しかも、3年に2度は漏電騒ぎで、冷蔵庫からテレビからナシの日があるという...。新築で高い家賃でしたが、結局は原因がどこか2階の別の部屋の漏電でした。自分の場合はワンルームでしたけども、どこか思いもよらない場所の漏電が響いている事も考えられますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 他の回路との影響も考えて見ます。

  • 回答No.2
  • bantam
  • ベストアンサー率13% (4/29)

はっきりとしたことは言えませんが、私の経験上、このように、わけがわからない時は、ブレーカとかの結線の状態を調べて、線がちぎれかけていないか、欠相していないかを確認します。 あとは電磁弁のコイルもくさいので、コイルの交換をしてみてはどうでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 結線を、丹念に調べてみます。 コイルの交換、したいんですが、決め手に欠けていて、なかなか 出来ないのと、コストのことも有るんです。  おかげで、良い参考になりました。 さっそく調べます。

関連するQ&A

  • メインブレーカー

    制御盤のメインブレーカーが125A用で製作後、客先要望により漏電ブレーカーを制御盤と別置きでメインの前に取り付けてほしいとの事。 となると漏電ブレーカーは150A用を取付となるのでしょうか? それとも同じ125A用をつけても良いのでしょうか?

  • 絶縁抵抗の値について

    素人です、教えて頂きたいのですが。 メガーで漏電の有無を計る際に、絶縁抵抗値が良く出てきますが 初歩的な質問で申し訳ありません (1) 絶縁抵抗値が大きいほど、漏電している可能性が高いのでしょうか ? (2) 1MΩと10MΩはどちらが絶縁抵抗値が高いのでしようか ?

  • 漏電について

    1.5kWの油圧ポンプを動かそうとしたら漏電遮断器が動作し遮断されました。 ポンプの端子を切り離し絶縁抵抗を測定したのですが各端子とも0Ωでした。 その後、漏電遮断器を普通のモーターブレーカーに取り替えたところ ブレーカートリップすることなくポンプは動いたので、漏電しているのは間違いないと思います。 ご教授願いたいのは、漏電するとどこにどういう経路で電流が流れるのかと 漏電状態から復帰するにはどう対処したらいいかなのです。。 内容が分かりにくいとは思いますが、よろしくお願い致します。

  • 漏電遮断器作動たびたび作動します。

    100A30ミリ感度の漏電遮断器が日に数回作動します。 漏れ電流を測ると常時2ミリアンペア程度です。 ブレーカを交換しても同じですのでブレーカ自体の誤動作はないとして瞬間的に30ミリを超える漏電がどこかで起こっていると考えるべきでしょうか? 4階の鉄骨ずくりで1階を店舗2-4階2家族の住まいとなっています。 各階に12回路程度の店舗用分電盤がありそこへ分岐されてます。 どの階も2か3メガ程度の絶縁の悪い回路が2-3箇所あります。 1階の絶縁の悪い回路を修理するとブレーカ落ちはあさまりましたが、 依然、全体の絶縁抵抗値は悪いです。 各階の主幹を切って漏電ブレーカーの2次側で大地間の絶縁抵抗値は0.5メガです。

  • 絶縁抵抗測定

    いわゆる(自動車等製造ラインの)制御盤内を絶縁抵抗測定する事になりました。 絶縁抵抗計で、線間及び線と大地間を測るのですが、測定する時の注意点(はたまた、するべきでないのか?)を教えて下さい。 因みに、制御盤内には[シーケンサー][インバータ][サーボアンプ][DC電源]等、一般的な制御部品が配置されています。

  • パソコンに絶縁抵抗計の500Vの電圧がかかっても良いのか?

    高圧受電してます(80KVAほど)漏電があったときに、回路切り分けて探すのですが、保安協会さんの年1回の停電での絶縁抵抗検査などのときに、ブレーカー切った状態で、コンセントがささったままのパソコンに500Vがかかっているのだと思うのですが、大丈夫なのでしょうか? 子ブレーカーを切ったとしても、その回路を調べるのにコンセント抜かなくても大丈夫なのかどうかと思っています。できれば、125Vで測った方が良いのかと思います。 で、親回路が生きていても、子ブレーカー切って、2次側を検電器で充電してないこと確認して、125V掛けたら、自分たちでも、コンセント回路の絶縁抵抗を計れると思っています。間違っていますでしょうか? 逆に、電動工具の絶縁抵抗を測るのに125Vでは不足なのでしょうか?

  • 漏電遮断器

    なぜ漏電遮断器を含む回路の絶縁抵抗測定をすると、絶縁抵抗が出ないのでしょうか。 教えてください!

  • 遮断器(ブレーカ)の選定

    ブレーカの選定方法についてお教えください 選定表とかで大雑把に安全側な選定ではないほうがいいです 電源は3φ3W220V60Hzで11kW4Pのモータ1台と500Wの投光器3台です モータは直入れ始動で定格電流はカタログ値で39Aです 投光器は白熱ランプで単相ですが3台を平衡させて使います 制御盤の消費電力はわからないのですが500Wくらいと思います メイン(主幹?)のブレーカは100Aで足りると思うのですが 選定に自信もないしどの程度の余裕があるかもわかりません

  • 絶縁抵抗計が無限大

    現在、新規製作した制御盤の絶縁抵抗を測定するように指示を受けました. 制御盤には三相200Vが供給されます. 初めて絶縁抵抗を測定したのですが、測定器の針が無限大のまま動きません. 測定器の故障かな?と思い、ゼロチェックを実施したところ、問題なく0を示しました. 測定は、装置のアースに黒のクリップを接続し、装置のR相に赤のピンを当てました. もちろん、電源は全て遮断しています. 上記のように測定値が無限大のままでも問題はないのでしょうか? 以上、何卒ご教授宜しくお願い致します.

  • NC旋盤の漏電

    いつも重宝して拝見させていただいております、電気に関して詳しくないためアドバイスお願いいたします。NC旋盤で漏電の為、1日2~3回漏電 ブレーカーが動作して電源が落ちてしまいます(漏電ブレーカーはこの機械 専用です)、200Vを使用している物は油圧ポンプ、切削水ポンプ、ファンモーター、NC装置等、制御回路は絶縁トランスで降圧してAC100Vを作り主にソレノイドバルブに使用しています、(AC100Vラインは 片側接地されています)、もう1つの制御回路はDC24Vの定電圧電源で 主にエアーのソレノイドバルブ、NCとのI/Oに使用しています。 漏電ブレーカーの中にはZCTが入っており不平衡電流を検知して動作させるという事が分かりました、漏電箇所の的を絞るために200Vラインの絶縁だけを調査すればよいでしょうか。 AC100V,DC24Vのように絶縁トランスの2次側が漏電した場合に ZCTに不平衡電流が生じ、トリップするでしょうか(オーバーカレントは無視として 考えた場合)、ご存知の方、御教授お願いいたします。