-PR-
解決済み

餃子のおいしい作り方

  • 暇なときにでも
  • 質問No.61223
  • 閲覧数2022
  • ありがとう数11
  • 気になる数0
  • 回答数10
  • コメント数0

お礼率 77% (304/391)

餃子を自分で作ると、具の部分が硬くなってしまい、あまりおいしくありません。
具をジューシーにするためのコツがあったら教えて下さい。
通報する
  • 回答数10
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.9
レベル10

ベストアンサー率 15% (5/33)

分量もいい加減なんですが・・・

うちは、餃子一袋(24枚入り)だったら、

豚挽肉(赤身じゃない)を100g位
ニラ1束
ネギ1本
ニンニク1かけ
キャベツ 1/4ヶ位
(調味料はあまりにも適当で書けません)

で、作ります。キャベツは、みじんに切って、塩をふり、しばらくして水が出たら布巾などでしっかり絞ります。後は教科書通り。

野菜が多いので、柔らかく、いくつでも食べられます。

あと、材料を混ぜるときはハンバーグみたいにあまり練り込まない。手をくまの手みたいにして、一方向に勢い良くガーッと混ぜます。

ちなみに、中身が余ってしまったら、翌日、油揚げに入れて(袋じゃなくて、平らな形のまま均等にのばしていれる)フライパンで焼いて、薬味にネギかなんかをのせて、しょうゆで食べたりします。だから、キャベツの量なんか、適当。どっさり使ってしまいます。

お口に合えば嬉しいです。
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全9件)

  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 47% (115/244)

具の部分が硬くなってしまうのは 具の中に含まれる水分が少ないからです。 野菜の量を増やすか、水を足してあげるかで 具が固くなるのを防ぐことができます。
具の部分が硬くなってしまうのは
具の中に含まれる水分が少ないからです。

野菜の量を増やすか、水を足してあげるかで
具が固くなるのを防ぐことができます。


  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 21% (21/98)

餃子のおいしい作り方は、いろんなHPで紹介されていますが、ラード(スーパーでマヨネーズみたいな容器に入って売っています)を入れるのがジューシーになるコツだと思います。 ジューシーにするのとは関係ありませんが、フライパンで焼いた後に水を入れてちょっと蒸しますよね。その水に少し片栗粉を加えるとパリッと感が増しますよ。
餃子のおいしい作り方は、いろんなHPで紹介されていますが、ラード(スーパーでマヨネーズみたいな容器に入って売っています)を入れるのがジューシーになるコツだと思います。
ジューシーにするのとは関係ありませんが、フライパンで焼いた後に水を入れてちょっと蒸しますよね。その水に少し片栗粉を加えるとパリッと感が増しますよ。
  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 16% (4/25)

質問の答えになってないかもしれませんが「変わり餃子」の作り方なら知ってますよ~。シーチキンの油をきって、タマネギをみじん切りにして(シーチキンとタマネギの量の割合はお好み)マヨネーズ(これもお好み)であえた物を中身にして、あとは普通の餃子の皮に包んで普通に焼くと、結構オイシイです☆餃子を食べた後、口が臭くなるのがイヤって人にオススメですね。
質問の答えになってないかもしれませんが「変わり餃子」の作り方なら知ってますよ~。シーチキンの油をきって、タマネギをみじん切りにして(シーチキンとタマネギの量の割合はお好み)マヨネーズ(これもお好み)であえた物を中身にして、あとは普通の餃子の皮に包んで普通に焼くと、結構オイシイです☆餃子を食べた後、口が臭くなるのがイヤって人にオススメですね。
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 31% (81/257)

我流のため、あまり自信ないのですが...。 水分を下手に足したり、野菜の水切りをいい加減にすると、包む時に水気がダラダラと出てくるので、私は、 ・練る時、十分に練る。ジューシーさとは直接結びつかないように見えるが、歯ざわり、滑らかさが向上し、パサついた感じが軽減される。 ・誤魔化しながら、片栗粉を加える。 ・中の旨味や水気が出ないようにしっかりと包む。 でなんとか誤魔化しています。 ...続きを読む
我流のため、あまり自信ないのですが...。

水分を下手に足したり、野菜の水切りをいい加減にすると、包む時に水気がダラダラと出てくるので、私は、

・練る時、十分に練る。ジューシーさとは直接結びつかないように見えるが、歯ざわり、滑らかさが向上し、パサついた感じが軽減される。
・誤魔化しながら、片栗粉を加える。
・中の旨味や水気が出ないようにしっかりと包む。

でなんとか誤魔化しています。

中国人は、小龍包を始め各種の点心に「煮凝り」を混ぜます。これによって包んでいる時は水気がないのに、加熱すると解けてスープ化します。これを一度やってみようと思っていますが、実行したことはありません。

均一にムラなく焼くコツ、餃子同士が付かないようにするコツなら知っているんですけどね。
  • 回答No.5
レベル10

ベストアンサー率 17% (29/165)

やはり野菜を多めに入れるとジューシーになりますね。 それとお肉を選ぶとき、あんまり高いのじゃなくてイイです。赤身とかじゃなくて、脂が多いお肉の方が焼いたとき柔らかくなりますよ。
やはり野菜を多めに入れるとジューシーになりますね。
それとお肉を選ぶとき、あんまり高いのじゃなくてイイです。赤身とかじゃなくて、脂が多いお肉の方が焼いたとき柔らかくなりますよ。
  • 回答No.8
レベル12

ベストアンサー率 34% (291/849)

POINT1:キャベツは熱湯で1分ほど茹でしんなりとさせてからみじん切りにして水分をシッカリ切ると、水っぽくならず柔らかいです。また白菜にするもの手です。 POINT2:とにかく手でシッカリよ~く練る!練る!練る! これをシッカリやらないと硬くなります。 頑張れ!
POINT1:キャベツは熱湯で1分ほど茹でしんなりとさせてからみじん切りにして水分をシッカリ切ると、水っぽくならず柔らかいです。また白菜にするもの手です。

POINT2:とにかく手でシッカリよ~く練る!練る!練る! これをシッカリやらないと硬くなります。

頑張れ!
  • 回答No.7
レベル10

ベストアンサー率 25% (42/165)

 最初に肉だけに水(生姜水でも良い)を足し、手でよく捏ねます(と、云うか掻き回します。)しばらく、冷蔵庫で寝かしてから、刻んだ野菜と混ぜます。  焼く分だけ包み、焼き、包みおきしない。しばらくすると、また水分が出てきますから、捨てないでまたかき混ぜます。  水分は捨てる必要はありません。肉にラードを混ぜて、こくと柔らか味を出すのも良いです。
 最初に肉だけに水(生姜水でも良い)を足し、手でよく捏ねます(と、云うか掻き回します。)しばらく、冷蔵庫で寝かしてから、刻んだ野菜と混ぜます。
 焼く分だけ包み、焼き、包みおきしない。しばらくすると、また水分が出てきますから、捨てないでまたかき混ぜます。
 水分は捨てる必要はありません。肉にラードを混ぜて、こくと柔らか味を出すのも良いです。
  • 回答No.6
レベル11

ベストアンサー率 47% (115/244)

「水分を下手に足したり~包む時に水気がダラダラと出てくる」という 指摘がありましたので、補足します。 水を加える場合、具を練りながら徐々に加えて下さい。 そして具がいつもよりちょっと「やわらかめかな?」という所で止めます。 この後ラップをして冷蔵庫で30分程寝かせます。 (これをすることで、具が馴染み、余計な水分を抜くことが出来ます) 寝かせた後、余分な水分が出ている場合その水分を捨て ...続きを読む
「水分を下手に足したり~包む時に水気がダラダラと出てくる」という
指摘がありましたので、補足します。

水を加える場合、具を練りながら徐々に加えて下さい。
そして具がいつもよりちょっと「やわらかめかな?」という所で止めます。

この後ラップをして冷蔵庫で30分程寝かせます。
(これをすることで、具が馴染み、余計な水分を抜くことが出来ます)
寝かせた後、余分な水分が出ている場合その水分を捨てて下さい。
  • 回答No.10
レベル8

ベストアンサー率 20% (7/34)

わたしの友人は中華料理人なのですが、「顆粒状のスープ」を入れるといいよとおしえてくれました。 お肉の繊維がでてくるほど練りこんでから、ごま油とスープをいれてさらに練ります。油が肉のうまみを逃がさずおいしいです。
わたしの友人は中華料理人なのですが、「顆粒状のスープ」を入れるといいよとおしえてくれました。

お肉の繊維がでてくるほど練りこんでから、ごま油とスープをいれてさらに練ります。油が肉のうまみを逃がさずおいしいです。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
これはおいしかった!うまく作れた!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ