• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

はやぶさに関する技術やノウハウの売り込みについて

はやぶさに関する技術やノウハウの売り込みについて 今回のはやぶさの地球帰還は正直言うとサッカーゲームより感動的で した。何故NHKがこの様子を映さなかったのか個人的には腹を立てて いる。国家的な偉業だと思うのですが。 そこで質問したいのですがこの採取したイトカワの砂があるかどうかは 不明ですが6億キロに及ぶ宇宙空間を移動し地球に帰還しなおカプセル を無事回収したと言う時点でプロジェクトの99%は成功したと思います。 これに関する技術やノウハウは必要とする国(アメリカやロシア他)に売れ ばどれ位の価格になるのでしょうか? かなりの外貨収入になると思うのです。 それにしてもこのプロジェクトはNHKのかつての名番組「プロジェクトX」そ のものだったのに何故間抜けな他国のサッカーゲームを放映していたのか まるで理解出来ません。感動を呼ぶものは何かを選定する感覚が麻痺した としか思えません。受信料を払いたくなくなりました。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • fedotov
  • ベストアンサー率48% (710/1461)

イオンエンジンについてです。 NECでは、3年間で20億円の受注を見込んでいる。 http://journal.mycom.co.jp/news/2009/08/03/018/index.html 米国市場でノウハウがあるAerojetが機器仕様を提供する。 性能の向上やインターフェイスの汎用化をNECが行ない、 日本市場・米国市場でのマーケティングはそれぞれが担当する。 2010年1月より米国市場で提案活動を開始、 2011年よりイオンエンジンを販売する予定。 http://robot.watch.impress.co.jp/docs/news/20090804_306907.html NHKは、生放送で観たかったですが、夜1時のニュースの 花火のような映像がとても美しかったので許します。 今後、放送されるであろう特集番組が楽しみです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

NECは買いですか? パソコンしか作っていない会社だと思っていました。 20億規模の売り上げが見込めるとは凄いです。 日本政府はどうも先端技術のプロモートには不器用で 損していると思っています。うまくやって欲しいですね。 NHKに色々な事情があったにせよサッカーを中断しても ライブ映像を見せて欲しかったと思います。 WEBで見て感動しました。 又宜しくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

 はやぶさの成功は日本にとっては大成果ですが、国際的にはあまり意味がありません。  電気推進という方法は、1950年代から実験室レベルの研究が行なわれ始め、 人工衛星が打ち上げられはじめた1960年代から、衛星の姿勢制御用エンジンと して使われはじめました。日本でも1980年代から使われています。  しかし、これをメインエンジンとして、長距離探査に使われたことがなかったので、 はやぶさの計画が公表されたときは画期的でした。  ところが、はやぶさの計画が明らかになってから、アメリカがそんなこと やろうと思えばいつでも簡単にできるとばかりに、後追いで同じような 小惑星探査計画を発表し、先に実行してしまったんです。(12年前です)  嫌味なやつらです。   ディープ・スペース1号 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B91%E5%8F%B7 イオンエンジンで、小惑星に(着陸こそしませんでしたが、) 接近し、余裕があったので、当初予定になかった 彗星への接近もやってのけました。 イオンエンジンによる高精度な自動航行、スイングバイ、小惑星探査、 さらなる長距離飛行・・・ はやぶさの性能をはるかに上回ります。 自動制御の精度が悪かったので、はやぶさは イトカワへの着陸に失敗したわけで、 激突の影響もあったのでしょうが、 エンジンは停止するし・・・  はやぶさ2号の計画なんてとんでもありません。 仕分けされて当然です。  それより、はやぶさの成功にはもう1つ意味があります。 遠距離にロケットを打ち上げ(これにはエンジンの性能、出力が要求されます)、 それが無事、大気圏に再突入し、地球に帰還したことです。  ロケット打ち上げ、遠距離飛行、再突入はこれまでばらばらに 成功してましたが、全部いっぺんに成功したのは初めてです。 地球への帰還は今回初めてです。  あと、国際宇宙ステーションの希望モジュールで、 生命維持装置の実績がありますよね。    つまり、これで人間を宇宙に打ち上げて、 宇宙航行し、安全に地球に帰還できる 技術が全て日本にあることになります!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

少し熱を冷ます様なご回答有り難うございます。 地球への帰還まで成功したのは初めてと言う事 だけでも凄いと思います。 それだけでも「ザマー見ろアメリカ」と言って も良いのではないでしょうか? 最後の文面だけでも誇らしく思います。 ただ日本はそのあたりのセールステクニックが 下手で貴重なノウハウが金を生み出さないので はないかと心配します。 有り難うございました。

  • 回答No.2
  • kyo-mogu
  • ベストアンサー率22% (3398/15358)

NECなどの協力会社があります。その方達の手記か記事かで売り込めると書いてあったかな。国としてよりメーカーとしての信頼度も上がります。  現在イカロスのソーラーセイルの技術とともに誇れる技術でしょう。 NHKの放送に関してはW杯の放送権料を払っている関係上中断とかは無理な話ですから。もししたとしたら今度はサッカーファンから抗議が殺到。支払っているのに放送しないからと無駄遣いと言われます。  まぁ、NHKはラジオなどでも帰還の話は何度もされていますので良心的かもしれません。放送の枠の中で必死に伝えようとしていましたから。プレスセンターにスタッフ派遣してましたから。そして、特集の準備されていることでしょう。クローズアップ現代で放送しはやぶさのツィッターにもつぶやいて再放送のお知らせもされていました。本当は中継したかっただろうなと。私はそう思います。  資産価値より技術的、学問的な価値は値段をつけられない程でしょうね。他国も同様のシステム又はさらに発展させた技術を作り上げ探査計画は進んでいけばと思って居ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど参加企業のブランドイメージが上がると言う事もありますね。 メーカーはひっそり稼ぐのでしょうか。 NHKにはそれなりの事情があったと言う訳ですね。 でもこれは国家的な偉業です。はやぶさがばらばらに飛散し、その中 で一個のカプセルが必死になって地上を目指す姿には涙が出そうにな りました。 それなのに他国のゲームを流しているNHKに腹を立てたのです。 一時的なので今は収まっていますけど。 ほくそ笑んでいるメーカーの素顔を紹介頂き有り難う御座いました。

  • 回答No.1

 取り合えず、はやぶさが実証したイオンエンジンを使えば、衛星の寿命を飛躍的に延ばせます。  (衛星の寿命を決めるのは、軌道修正をする為の燃料の搭載量と燃料消費量。イオンエンジンはこの点で極めて優れている。しかも「はやぶさ」は故障時対応まで色々確立している。)  気象衛星のひまわりや陸域観測技術衛星のだいち等のような大型の衛星は、単体だけで数十億かかりますし、打ち上げ費用も含めれば200億円もかかります。  これらの衛星の寿命(現在では数年で寿命が来る)を飛躍的に延ばせれば、打ち上げ回数を減らす事が出来ますから、4回打ち上げなければならない所を3回に減らせれば、それだけで200億円の経費削減になります。  (ひまわりは、日本が経済破綻しない限り今後も永遠に打ち上げ続けるでしょうから、その費用削減効果は、数百億では収まらないでしょう。)  また、ごく少量の燃料で長時間航行できるイオンエンジンであれば、衛星を小型化できますから、H2Aの様な打ち上げ費用が100億円以上かかるロケットでなくとも、小型のロケットで安価(JAXAが今開発中の新型個体ロケットだと30億円)に打ち上げが出来る様になります。  はやぶさの130億円は簡単に回収するぐらいの価値は有るとは思います。  ただ、海外に売るとなると、その時の政権次第でしょう。  (某政権担当政党がC国やK国に、ただ[0円]で献上しそうで心配してます。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

最後の部分がやはり心配する所です。 日本政府は画期的な技術をプロモートする事がヘタクソで弱気ですから。 これからの衛星事業にも経済効果がありそうですね。詳しいデータを有り 難うございました。 この成功はサッカーより感動を覚えました。

関連するQ&A

  • はやぶさのカプセルの中身の有無は、なぜ落ちてくるまで分からないのでしょ

    はやぶさのカプセルの中身の有無は、なぜ落ちてくるまで分からないのでしょうか? ニュースを見ていると、はやぶさのカプセルは地上で回収するまで、イトカワの岩石などを採取できているかすらわからないようなのですが、それはなぜですか? 宇宙まで行くほどの技術があれば、カプセルの中身の有無は簡単に確認できると思うのですが、、、 技術的に難しいのですか? それとも、あえて確認をしていないのでしょうか?

  • はやぶさ について。

    はやぶさ について。 無事に帰還した「はやぶさ」ですが、次機「はやぶさ2」はまた別の星にむかう、とのことで 地球と火星の間にある星、というのを見ました。 次回も往復で数年もかかり、とても難しい計画なのだということがわかります。 そして宇宙から砂などを持ち帰ることが出来れば宇宙や生命の誕生を解明するのに近づく、とのことで楽しみにしています。 ここで疑問なのですが (1) 「宇宙ステーションを基点に」や「スペースシャトルから」など 他の方法で星の砂などを採取することは出来ないのでしょうか。 (2) 「はやぶさ2」の計画が実行され帰還するまでに 他の国がもっと早く星の砂などを採取してくることはないのでしょうか。 それと 地球と宇宙ステーションと火星とイトカワの場所がわかるサイトなどはないでしょうか。 どうぞよろしくお願いします。

  • はやぶさのやったことってそんなにすごいですか?

    はやぶさのやったことってそんなにすごいですか? こんばんは。 あの小惑星?イトカワまで行って帰還した、はやぶさのことです。 ・ 検体を採取したかも知れない ・ 無事に帰還して回収できた。 このくらいのことしか知りません。今機材とか部品の展示会やってますね。 着陸に失敗して、でカスって、でも何か入っているかも知れない、と。 なんか変だなー、最初の報道の時に思いました。 宇宙ナントカ機構(JAXA?)でしたっけ。 モノは言い様です。 なにかココの思惑を感じてしまうのです。 ●要するに予算取り。 いまや公共事業などと同じで他の開発費なども当然縮減方向にあります。 地球のことでも問題だらけなのにましてや宇宙なんて。 (すいません、夢がありません) まあココのことは良いとして、 ●Q はやぶさが行って帰って来たことについて、 何がそんなにすごいのでしょう? ―――――以上

  • 宇宙での交信についてです。

    2003年5月に打ち上げられた後、2005年11月20日日本時間早朝「はやぶさ」は、小惑星イトカワに降下を開始しました。そして、2010年6月、7年の宇宙の旅を経た「はやぶさ」は。カプセルをオーストラリア砂漠へ帰還させ、自らはその任務を終えて大気圏で燃え尽きました。「はやぶさ」はほぼ地球軌道上、太陽を挟んで地球の反対側に位置していた。授業を受けてて思ったのですが、もし、「はやぶさ」が小惑星イトカワに着陸を試みているときに、地球から指示を受けるとしたら、地球から「はやぶさ」に指示してから、「はやぶさ」からその反応を地球で知るのにかかる時間はどのくらいですか? よろしくお願いします。

  • 「はやぶさ」カプセルとアンドロメダ病原体

    「はやぶさ」カプセルとアンドロメダ病原体 「はやぶさ」お帰りなさい! カプセルを調べている「防護服?」特に「防護マスク」の回収要員の写真を見て、マイケル・クライントンの小説・映画、アンドロメダ病原体を思い出しました。(1970年代ですから彼の想像力にいまさらながら驚いてもいます) 回収したカプセルの調査ですが、新聞報道によるとクリーンルームで行うとのことですが、アンドロメダ病原体では確か5段階(レベル5)の封鎖領域に部屋を分けていたと思います。各部屋のシールドが破れ、レベル5が破れたら核爆発で処理する手順でした。 で、質問ですがイトカワから持ち帰ったカプセルの中に「イトカワ病原体?」がもしかして入っていることを想定したプロトコールをJAXAは準備しているのでしょうか? もしくは、このような地球外物質の取り扱いの国際的な処理方法は多分合意されていると思いますが、参考になるサイトの情報等、ご存知であればご教授願います。 ありがとうございます。

  • 「はやぶさ2」の技術は強力な兵器になりますか?

    「はやぶさ2」のカプセルが無事回収され、本体は再び別の小惑星に向かいました。次に目指す小惑星は直径約30mといわれてます。 この技術を利用し、もう少し質量のある衛生を打ち上げて小惑星に何度もタッチダウンを繰り返すことにより、徐々に小惑星の軌道を地球に向かうように変えて特定の国に落下させる事も可能になると思います。 大気圏突入で、半分がバラバラになり直径10m程度の隕石になっても地上まで落下させれば、核爆弾と同様の威力があり強力な兵器になると思いますが、こんなことは可能になるのでしょうか?

  • はやぶさを救った回路部品を教えて下さい

    どの文献やサイトを探しても見付からないので、こちらで質問させて頂きます。 昨年地球に帰還して話題になり、今年映画化もされるJAXAの小惑星探査衛星「はやぶさ」について質問です。 搭載している航行用のイオンエンジンが全て故障した時、念のために配置しておいた回路が功を奏して、地球帰還に繋がったと聞きました。その部品(ダイオードらしいのですが)がどんなものか知りたいのです。 (先日、NHKのBSプレミアで放送されたはやぶさの特集を見たら、そのダイオードらしきものが写っていましった形状でした。) メーカー名、商品名、規格等が判れば助かりますが、可能であればどうすれば入手可能かも教えて頂ければ尚嬉しいです。 宜しくお願い致します。

  • 「はやぶさ」の地球帰還は嬉しい限り、このプロジェクトに携わったエンジニ

    「はやぶさ」の地球帰還は嬉しい限り、このプロジェクトに携わったエンジニアの皆さんの ご努力と、日本の宇宙技術を高めた功績を賞賛する者の一人です。 ところで、今朝のTV(Gh-8)で「はやぶさ」は60億Kmを旅行したと報じていました。記憶は定か ではありませんが、他のTV番組(或いは新聞の解説?)でも60億Kmといっていたように思います。 一方で地球と惑星「いとかわ」の距離は3億Kmとも言われており、単純に考えても地球ー「いとかわ」 の往復距離は6億Kmです。 6億Kmときけば気が遠くなる距離ですが、TVの報じる60億Kmは益々気の遠くなる距離です。10倍 もの違いは聊か??と思いますが、一体地球と「いとかわ」との距離は幾らなのでしょうか、また 「はやぶさ」が地球まで往復した距離は何Kmなのでしょうか?教えて下さい。。

  • はやぶさって子供の頃、図鑑で見たイオンエンジン搭載なんですよね!?

    はやぶさって子供の頃、図鑑で見たイオンエンジン搭載なんですよね!? 当時、夢のロケットとして光子ロケットなどと一緒に載っていたと記憶しています。 ところでイオンエンジンとは・・・やはり(21世紀の)凄い技術なんでしょうか?(解りやすく!) 1997年NASAのマーズ・パスファインダーの火星からの鮮明な画像も素晴らしかったですが日本の技術力も凄い!着陸後無事地球への帰還を果したのですから。 はやぶさ2では是非、小惑星の砂を持ち帰ってきてもらいたいものです。

  • きのう、はやぶさの帰還を、感動をもってみてました。日本が科学技術などの

    きのう、はやぶさの帰還を、感動をもってみてました。日本が科学技術などの分野で、世界を主導する位置にいることは喜ばしいことです。理系のことは、基本的には、幼児のような理解のしかたですが、昔から、なぜ、天文的な距離を電波で、コンタクトをとって制御できるのか、不思議に思ってました。電磁波の一種である光が、多くの天体から届いていることと、同様であることは理解できます。しかし、天体のようなオブジェクトと、人造の飛行物体とは、持っているエネルギーが比較になりませんし、また、地上での各種の電波の姿からの類推でも、、今回のような、距離で、うまくコントロールするのは、簡単には、とても思えません。疑問に思っているのは、こういう場面で使用される電波の種類や、距離と減衰の関係について、簡単にわかりやすく教えていただければありがたく思います。