• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「はやぶさ」の地球帰還は嬉しい限り、このプロジェクトに携わったエンジニ

「はやぶさ」の地球帰還は嬉しい限り、このプロジェクトに携わったエンジニアの皆さんの ご努力と、日本の宇宙技術を高めた功績を賞賛する者の一人です。 ところで、今朝のTV(Gh-8)で「はやぶさ」は60億Kmを旅行したと報じていました。記憶は定か ではありませんが、他のTV番組(或いは新聞の解説?)でも60億Kmといっていたように思います。 一方で地球と惑星「いとかわ」の距離は3億Kmとも言われており、単純に考えても地球ー「いとかわ」 の往復距離は6億Kmです。 6億Kmときけば気が遠くなる距離ですが、TVの報じる60億Kmは益々気の遠くなる距離です。10倍 もの違いは聊か??と思いますが、一体地球と「いとかわ」との距離は幾らなのでしょうか、また 「はやぶさ」が地球まで往復した距離は何Kmなのでしょうか?教えて下さい。。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数635
  • ありがとう数36

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • kyo-mogu
  • ベストアンサー率22% (3398/15359)

No.3の方が示しているページをごらんになる方が良いです。飛行距離について述べられています。  インパクトを与えるための情報としてマスコミが尋ねてこられましたが、それぞれ動いている天体ですし、太陽系での動き、太陽系は銀河系を動いている。また銀河系も宇宙の中を動いている。基準が明確ではないのです。そのためジャクサからは正確な距離を公表していません。恐らくシュミレーションなどマスコミ側で計算して出してきたのかもしれません。 イトカワとの距離もお互い動いていますからね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速ご回答頂き有難う御座いました。No.3の方の回答と添付資料を良く 読んで勉強します。 皆様のご回答を拝見して、確かに言われてみるとその通りで今更ながら マスコミの報道を鵜呑みにして「はやぶさ」の航行(飛行)距離と勘違 いしていた自分を恥ずかしく思っております。改めてお礼申し上げます。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • jf2kgu
  • ベストアンサー率32% (2268/7030)

確かにイトカワと地球は直線距離で6億キロかもしれませんがまっすぐイトカワに行くのではなく 円を描くように飛んでいきます、この方が燃料の効率が良く、地球や菌性や火星の重力を使ってスイングバイと言う方法で、スピードを出してくと、まっすぐ行くより効率よく行けるのです 行くまでは予定道理に行ったのですが、 帰りが予定道理に行かなくて、スイングバイなどを繰り返して使えなくなったエンジンを何とかカバーするために距離を飛んだのだともいます、 でも大したものですね、太陽と地球の距離1億5千万キロの何倍でしょうそれをほぼ予定地点に帰還させたのですから

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答頂き有難う御座います。 スイングバイなどという言葉も始めて知りました。子供の頃に覚えた天文や宇宙に関する 簡単常識では判らないことが沢山ありますが、「はやぶさ」真っ直ぐに「いとかわ」へ などと直感していたことが恥ずかしく、あらためて「はやぶさ」と皆様のお蔭で新しい勉強 の糸口が出来たことを嬉しく思っております。 御礼申し上げます

  • 回答No.3
noname#124369
noname#124369

確かにイトカワまでの距離は、約3億kmとされています。 ではなぜ「はやぶさ」の総航行距離は、多いのか?と言うと、これはかなり専門的なのでこちらをご覧下さい^^ ★「はやぶさ」のこれまでの総航行距離はどのくらいか? http://www.isas.jaxa.jp/home/hayabusa-live/?itemid=537 また参考までに、「はやぶさ」のHPです♪ http://hayabusa.jaxa.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重なURL(資料)を教えて頂き有難う御座います。 「はやぶさ」カプセルも無事回収されたようですね。カプセルに収納(付着?) しているかも知れない小惑星「いとかわ」の粉塵が解析されて、45億年前?の 太陽系宇宙惑星の誕生や構成などが解明できることを期待しております。 夢とロマンを与えてくれた「はやぶさ」とプロジェクト・チームに感謝します。

  • 回答No.2
noname#143204
noname#143204

直線距離で行って帰ってきたわけではありません。 はやぶさは太陽の周りをまわりつつ、途中で地球などの他の惑星の重力を利用した加速を行ったりしていますので巡り巡って60億キロの長旅となったわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに仰せの通りで、point to pointで真っ直ぐ飛行(航行)して往復した などと単純思考に捉われておりました。皆様のお蔭で単純思考が正常な軌道? に戻り、あらためて知識の吸収にtryすることが出来そうです。 有難う御座いました。

  • 回答No.1
  • 86tarou
  • ベストアンサー率40% (5094/12700)

地球もイトカワどちらも太陽の周りを回っているので(太陽やそれが属する銀河系でさえ、他の天体から見れば移動しているかと)、常に同じ距離にあるわけではありません。イトカワを選んだのもその時にちょうど良い距離にあったからでしょう(現に、本当は違う天体の予定だったのですが、その前に打ち上げたロケットが失敗で改良のために遅れて、急遽他の小惑星を探してイトカワにしたようです)。あと、スイングバイするのに余計に飛行している分もあるかな。 なので、どこから測るかにもよって大きく距離は変わってくるでしょう。絶対空間なんてないのですから、相対でしか距離も測定は出来ないはずです。どこを基準にしているかは不明ですが(地球が動いてないとするか、太陽を基準とするか…)、考え方はこの通りだと思います。答えになってなくてすみません <m(_ _)m>

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに、何処を基準にするかによって距離なるものは概念的に異なって来る のでしょうね。 兎に角、直感的に地上を走る車のような走行距離のことを考えておりました。 太陽と地球の距離を云々するのに近日点と遠日点ということも考えろと 言うことを子供の頃に教わっていたと思いますが、すっかり忘れていました。 皆様のお蔭で脳内のレフレッシュが出来ました。有難う御座いました

関連するQ&A

  •  今 「はやぶさ」の地球への帰還が話題となっておりますが

     今 「はやぶさ」の地球への帰還が話題となっておりますが 前から 疑問・・・? 知りたがっていたことなんですが 地球をまわっている衛星とか もの凄い速度で 地球の周りをまわっています。 このまわっている 「動力」は どうなっているのですか。 他の惑星へ 何年もかかって行くための「動力」も気になります。 教えてください

  • はやぶさ について。

    はやぶさ について。 無事に帰還した「はやぶさ」ですが、次機「はやぶさ2」はまた別の星にむかう、とのことで 地球と火星の間にある星、というのを見ました。 次回も往復で数年もかかり、とても難しい計画なのだということがわかります。 そして宇宙から砂などを持ち帰ることが出来れば宇宙や生命の誕生を解明するのに近づく、とのことで楽しみにしています。 ここで疑問なのですが (1) 「宇宙ステーションを基点に」や「スペースシャトルから」など 他の方法で星の砂などを採取することは出来ないのでしょうか。 (2) 「はやぶさ2」の計画が実行され帰還するまでに 他の国がもっと早く星の砂などを採取してくることはないのでしょうか。 それと 地球と宇宙ステーションと火星とイトカワの場所がわかるサイトなどはないでしょうか。 どうぞよろしくお願いします。

  • はやぶさに関する技術やノウハウの売り込みについて

    はやぶさに関する技術やノウハウの売り込みについて 今回のはやぶさの地球帰還は正直言うとサッカーゲームより感動的で した。何故NHKがこの様子を映さなかったのか個人的には腹を立てて いる。国家的な偉業だと思うのですが。 そこで質問したいのですがこの採取したイトカワの砂があるかどうかは 不明ですが6億キロに及ぶ宇宙空間を移動し地球に帰還しなおカプセル を無事回収したと言う時点でプロジェクトの99%は成功したと思います。 これに関する技術やノウハウは必要とする国(アメリカやロシア他)に売れ ばどれ位の価格になるのでしょうか? かなりの外貨収入になると思うのです。 それにしてもこのプロジェクトはNHKのかつての名番組「プロジェクトX」そ のものだったのに何故間抜けな他国のサッカーゲームを放映していたのか まるで理解出来ません。感動を呼ぶものは何かを選定する感覚が麻痺した としか思えません。受信料を払いたくなくなりました。

  • 宇宙での交信についてです。

    2003年5月に打ち上げられた後、2005年11月20日日本時間早朝「はやぶさ」は、小惑星イトカワに降下を開始しました。そして、2010年6月、7年の宇宙の旅を経た「はやぶさ」は。カプセルをオーストラリア砂漠へ帰還させ、自らはその任務を終えて大気圏で燃え尽きました。「はやぶさ」はほぼ地球軌道上、太陽を挟んで地球の反対側に位置していた。授業を受けてて思ったのですが、もし、「はやぶさ」が小惑星イトカワに着陸を試みているときに、地球から指示を受けるとしたら、地球から「はやぶさ」に指示してから、「はやぶさ」からその反応を地球で知るのにかかる時間はどのくらいですか? よろしくお願いします。

  • 特殊相対性理論に関し思考実験による疑問があります。

    図のように地球から10光年の距離に静止した惑星Xがあるとします。 地球から0時00秒にロケットを発射しロケットは瞬間的にほぼ光速になり1秒間飛行し次の瞬間に反転してほぼ光速で地球に帰還するものします。発射から帰還までは地球時間では2秒であり、ロケット時間ではゼロ秒です。 地球時間の0時00秒に惑星Xで火山の爆発があったとします。ロケットの乗員から見れば地球と惑星Xの距離はほぼゼロなので火山の爆発を観測し地球に帰還後報告できます。 しかし特殊相対性理論によれば光より早い情報伝達手段は無いので地球で火山爆発を知るのは10年後になります。この矛盾を説明して下さい。 注)自分の言葉で語らずサイトを紹介するだけの回答はご遠慮願います。

  • 地球の科学について

    詳しいことを知っているいる人がいたら教えてください! 1. 「地球の大気組成は窒素78%、酸素21%、二酸化炭素0.04%である。一方同じ地球型惑星の金星や火星はその大気のほとんどが二酸化炭素だと考えられている。地球がこうした特異な大気組成を持つようになった理由を、地球の46億年の進化の歴史とともに説明しなさい。」 2. 「地球の年齢は46億歳と考えられている。その理由を太陽系を構成する天体の種類と、太陽系形成の標準モデルを用いて説明しなさい。」 3. 「2006年国際天文学連合総会による惑星の定義の議決により、冥王星は惑星の分類から外されることになった。その理由を太陽系を構成する天体の種類とともに説明しなさい。」 4. 「2010年に地球に帰還した小惑星探査船「はやぶさ」は、小惑星「いとかわ」の岩石試料を採取し、地球へ持ち帰ることをミッションとしていた。はやぶさが持ち帰った岩石試料(砂粒)を調べることで、太陽系の成り立ちが分かるという。その理由を太陽系形成の標準モデルとともに説明しなさい。」 5. . 「私たちの体は元素から構成されている。これらの元素はいつどこでどのようにして作られたのか。ウランまでの元素が形成されたプロセスと、“私たちは星くずの子ども達である”というレトリックの意味を説明しなさい。」 6.「プリュームテクトニクスとは何か?地球科学分野におけるパラダイムの転換とその歴史的背景とともに説明しなさい。」 7.「地球上の生物は全て共通の祖先を持っていると考えられている、その最後の共通祖先はいつ、どのような環境で誕生したか、また、そのように考えられる理由を“生命進化の系統樹”を用いて説明しなさい。」 以上のことを簡潔に教えてもらえるとありがたいです!

  • 特殊相対性理論に関し思考実験による疑問があります。

    図のように地球から10光年の距離に静止した惑星Xがあるとします。 地球から0時00秒にロケットを発射しロケットは(1)瞬間的にほぼ光速になり(2)また次の瞬間に反転して(3)地球に帰還するものとします。(1)+(2)+(3)の時間はほぼゼロだとします。 地球時間の0時00分に惑星Xで火山の爆発があったとします。 (1)の時、ロケットから見れば地球と惑星Xの距離はほぼゼロなのでロケットの乗員は火山の爆発を観測できます。(2)及び(3)もほぼゼロなので惑星Xの火山爆発情報は地球に地球時間0時00分に伝わります。 一方特殊相対性理論によれば光より早い情報伝達手段は無いので火山爆発情報は10年後になります。この矛盾を説明して下さい。 注)自分の言葉で語らずサイトを紹介するだけの回答のご遠慮願います。

  • 地球に帰還するはやぶさの方角を知りたいです。

    地球に帰還するはやぶさの方角を知りたいです。 何時ごろにどの方角の見上げる角度何度くらいの場所に はやぶさがあるか知りたいです。

  • 宇宙の生命体はいても宇宙人はいないのでは

    宇宙の銀河の膨大な数からいえば、当然、地球に似た環境の星はあると思えます。 でも、地球のように文明が発達して、地球にやってくることができるような宇宙人はどう考えてもいないと思うのです。 なぜなら 1)地球人が、どんなにロケットの開発をして、ハイパワーのエンジンを作ろうとも、火星に実際に人間を送り出すだけで何年もかかるような距離なのに、(太陽系内の移動さえこんなに時間がかかるのに)もっとさらに遠い場所にあるとされる、宇宙人のすむ惑星から地球までくるなら、それこそその宇宙人のほとんど一生をかけないと、往復できないと思うし、そこまでして一生のほとんどを宇宙間の移動だけに費やしていいとか思う宇宙人はいないと思えるからです 2)地球上の人たちは、ここまでのレベルの宇宙開発ができるまでの間に、同時に地球環境も破壊することになりました。 つまり、文明の発達は、環境の破壊なしにはありえないとおもうのです。 なので、もし宇宙人が地球に来れるほどの宇宙船を開発できるまでに至る頃には、その惑星そのものの寿命も、もうない(つまり、そこまで文明が発達するまえに、惑星の中に宇宙人が住める環境じゃなくなっている)と思うからです。 ※宇宙人がもしいるなら、それは地球人と同じような存在だと、BSプレミアムの「コズミックフロント」で言っていましたので、この矛盾点を感じたのです。 そもそも、ボイジャーを開発したうちの一人の方が 「ボイジャーにつんだレコードは、これからもずっと飛び続けて、いつか宇宙人が拾うかもしれないし、地球が滅亡したあともそのレコードは飛び続けて、地球があった証になるのです」と言っていたのですが コズミックフロントでは、そのレコードの寿命があと20年くらいと言っていたので、ボイジャーを開発したひとでさえ、ある意味、ちょっと夢見がちというか、ロマンを描きすぎて現実的でないところがあるのではとすら感じてしまっています。 そもそも、宇宙人が地球にくる理由も、もうこれだけ環境が悪化して、住む価値もうすれているようなところへきて、何の用事が・・・?ともおもってしまします。 (征服する価値がないような) 天文学やその他、宇宙研究にたずさわる方のなかには、実際、宇宙生命体はともかく(ようは、バクテリアとかいうレベルの生命体など)SFに出てくるような宇宙人(UFOに乗って地球にくる)を心から信じているひとはいるのでしょうか・・・?

  • はやぶさ帰還カプセル展示について

    今年の4月3日をもって巡回展示を終了したと知りました。 住んでいる地域で展示会が催された時は運悪く病気で 行くことができませんでした。 もう見ることはできないのでしょうか? JAXAのどこかの施設では常設展示しているのでしょうか? 御存じの方がいらっしゃったらお教え下さい。