• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

はやぶさのやったことってそんなにすごいですか?

はやぶさのやったことってそんなにすごいですか? こんばんは。 あの小惑星?イトカワまで行って帰還した、はやぶさのことです。 ・ 検体を採取したかも知れない ・ 無事に帰還して回収できた。 このくらいのことしか知りません。今機材とか部品の展示会やってますね。 着陸に失敗して、でカスって、でも何か入っているかも知れない、と。 なんか変だなー、最初の報道の時に思いました。 宇宙ナントカ機構(JAXA?)でしたっけ。 モノは言い様です。 なにかココの思惑を感じてしまうのです。 ●要するに予算取り。 いまや公共事業などと同じで他の開発費なども当然縮減方向にあります。 地球のことでも問題だらけなのにましてや宇宙なんて。 (すいません、夢がありません) まあココのことは良いとして、 ●Q はやぶさが行って帰って来たことについて、 何がそんなにすごいのでしょう? ―――――以上

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数12
  • 閲覧数680
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.11
  • 469437
  • ベストアンサー率38% (185/483)

質問者様は、はやぶさの目的を知っていますか。 評価というものは、それを基準になされるべきものです。 はやぶさは工業実験機であり、運用し利益を得る為の機体ではありません。 目的は、はやぶさの運用による、以下の実証実験そのものです。 そのデータは将来の実用機に生かされます。 従って、トラブルですら貴重なデータとなり、「失敗」の評価は存在しえません。 イトカワのサンプルの採取はその一部にすぎず、成否の評価を分けるものでもありません。 1、イオンエンジンによる3台同時の推進実験(3台同時):成功 2、イオンエンジンの長期連続稼動実験(1000時間):成功 3、イオンエンジンを併用しての地球スイングバイ:成功   (正確すぎてアメリカに呆れられるレベル) 4、微小重力しかない小惑星への自律的な接近飛行制御&着陸:成功  (遠い為にJAXAからの操作は無理、しかもイトカワは予想と違う形だった上に自転していた) 5、小惑星の科学的観測:成功 6、小惑星からのサンプル採取:不明 7、カプセルの大気圏再突入・回収:成功 8、小惑星のサンプル入手:不明 世界のはやぶさへの評価 2006:はやぶさプロジェクトが米国National Space SocietyのSpace Pioneer Award 受賞    日本の惑星探査では初めて米科学誌「サイエンス」特集号として発表される。    「機体が着陸した最小の天体」として、ギネス記録に認定される。 2007:「はやぶさ」プロジェクトチームが「平成19年度科学技術分野の文部科学大臣表彰」受賞    「はやぶさ」イオンエンジン論文が米国航空宇宙学会最優秀論文賞受賞    「はやぶさ」イオンエンジン論文が国際電気推進学会最優秀論文賞 2008:(JAXAの科学功績全体として)米国宇宙財団のジャック・スワイガート賞を受賞    「はやぶさ」搭載電池論文が電気化学会論文賞受賞 >地球のことでも問題だらけなのにましてや宇宙なんて。 失礼ですが、目先の小銭のことしか考えていませんね。 今の社会で、通信衛星や気象衛星は不要なものでしょうか。 はやぶさ以前に、日本がペンシルロケットしか作れなかった時代から、そういう意見はありました。 そのとき研究を止めたら、どうなっていたでしょうか。 衛星の製作や打ち上げを他所の国に頼みますか? その国は、タダで助けてくれるほど親切でしょうか? では、何を要求されるでしょうか。お金、外交的な譲歩、他の技術と交換・・・ 外交が悪化すれば、何を出しても断られるかもしれません。 逆に日本がリードしていれば、これらを要求できるのです。 外交は国益を勝ち取る為のものなのです。友愛など何の役にも立ちません。 弱みにはどんどん付け込むべきものなのです。 イオンエンジンについて 現在、化学ロケットでは、燃料が足りず、有人では火星までが限界とされています。 しかし、イオンエンジンのなら、それより先にいけるかもしれません。 発明自体は日本ではありませんが、はやぶさにより、運用実績とデータの蓄積では日本が一番です。 はやぶさの航跡は世界中の衛星・天文台が確認しています。 耐熱塗料(というか樹脂)の厚さは3センチ。 簡単に開けたと言う記述はありません。 某掲示板では板毎に意見が違うのは当たり前。加えて工作員が沸くのはここも同じ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

新駆動源、制御(遠隔、自己)、長期間・長距離 と言うところがすごいことが解りました。 メディアもこのようなベースとなることをもっと アナウンスすればいいのに。 なにか採取できれば太陽系の誕生の謎が解けるか、 見たいなことばっかり言って。 カッコ良すぎませんか、この映像。 (別にヤマトの帰還に合わせなくても) >失礼ですが、目先の小銭のことしか考えていませんね。 お察しの通りです。 どうもありがとうございました。

その他の回答 (11)

  • 回答No.12

「最初の計画はエンジンは化学エンジンで3年前に地球到着でした」と言っていたのが 最近は「最初の計画からイオンエンジンの実験も含んでいた」となってませんか? 最初から「イオンエンジン」ならはやぶさは3年前に到着してませんか? あとあのシステムではかなり熱くなるはずですよ エンジンを2種積むには小さすぎませんか? (イオンエンジンの電気系統が化学エンジンの熱でやられるということです)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.10
noname#189120
noname#189120

NO.9の回答者 なら、お前がハヤブサの偉業が嘘であることを証明してみせろ 出来もしないくせに 質問者といい、どうしてこうも人の努力を素直に受け入れないんだろ 自分は何の努力もしないくせに この偉業をすごくないと思うのなら、テメエらでイトカワに降りて石でも拾って持って来い

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9

本当に行って帰ってきたんだったらすごいですよ ただ あれは うそ臭いミッションです まず 今展示されているカプセルとオーストラリアの草原にあったカプセルが同じものに見えますか? 中身の大きさが違ってませんか? また 外側の塗料が溶けて熱から中身を守るはずのカプセルが簡単に草原で開封されている 塗料は当初5センチの厚みと報道されてなかったでしょうか? あれのイトカワの物質を封入するのは電気が無くて充電してやっと封入したはずのものですよ?その彼らの公表が正しいのであれば 何らかの物質が封入されている事に絶大なる自信を持ってJAXAが対応していること事態が見る人が見れば怪しい事象です 2ちゃんねるでは一時JAXA廃止論がかなり出回っていました 当時の2ちゃんねるはかなり信憑性もありましたよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ほんとに行って帰って来た見たいですよ。 NASAなんかも怪しい噂がありますけど。 どうも真摯に受け止めている方の反感を買ってしまったようです。 そんなつもりはなかったのですが。 どうもありがとうございました。

  • 回答No.8

自分が何もできない人間だからといって、他を矮小化してはいけない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
  • iamyou
  • ベストアンサー率26% (31/117)

  何かの意図があってこの質問をされたのか、或いは本当に何も理解できていないのか、どちらか分りませんが、あなたのようなノーテンキの人でもやはり「日本人の若者」として認知しなければならないのでしょうねー。私にも孫がいます。その孫が将来ともこの国で胸を張って生きていけるような国であることを、どうかよろしくお願いします。   早くこの質問を締め切らないと、あなたのノーテンキぶりが全国に広がってしまうかも知れませんよ。   ハヤブサのすごさはこのスペースではその片鱗さえ語れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#115385
noname#115385

宇宙探査については、何をやっても直に生活に関わりがないので、 いくら説明しても、ろくに調べもせず決めつける 冷淡な輩は多いので、このような質問は放置ですね。 気象衛星ひまわりなどで多大な恩恵を受けていることすら、 理解できない方がおおいので - 糸冬 了 -

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

それはNASAに「月に人間が着陸したからって何が凄いの?」って言ってるのと同じでしょう。 人類初の技術に対して、それに様々な有効利用の可能性が出てくるのは当然。 天気予報もGPSも最初はただの人工衛星から。 「何が凄いのかよくわからなかった技術」が今や生活に必要不可欠な技術になってるんですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>「何が凄いのかよくわからなかった技術」が今や生活に必要不可欠な技術になってるんですよ 解りました。すごいところが。 ありがとうございました。

  • 回答No.4
  • bagus3
  • ベストアンサー率29% (1973/6720)

ハヤブサが無事に帰ってきましたが、イトカワの砂を持って帰ってきたかは まだわかりません。持って帰ってきたとしても、それが役立つかどうか わかりません。 つまり成果があったかどうかはわからないのです。 でも、途中で何度も故障して生還できないと思われたことが何度も あったのに奇跡的に帰ってきました。 通信が途絶え遠隔操作もできず、どこにいるかもわからない状態に なったこともありました。予定の4年を大きく超え7年かけて 戻りました。 そして、地球に帰還する寸前、使命を果たした本体は7年ぶりの故郷・地球を目の前に してカプセルを切り離した後、大気中で燃え尽きました。 自らを犠牲にして粉々になり燃えてしまいながら、カプセルを地球に送り届けた 姿は感動的でした。 http://www.youtube.com/watch?v=2faNGDT7C2k&feature=fvst http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AF%E3%82%84%E3%81%B6%E3%81%95_(%E6%8E%A2%E6%9F%BB%E6%A9%9F)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>途中で何度も故障して生還できないと >通信が途絶え遠隔操作もできず >予定の4年を大きく超え7年かけて こう言う事を 知っている・知らない では大違いですね。 知っている人には感動の帰還でしたでしょう。 どうもありがとうございました。

  • 回答No.3

勘違いされてる方が多いのですが はやぶさの任務はあくまでリターンしてくることであって イトカワのサンプルを持ち帰るのは付随的な任務です。 つまり「帰ってきた時点で」メインミッションは成功なのです。 また、はやぶさの偉業は日本の技術力を世界に示すとともに はやぶさに搭載されているイオンエンジンの性能の証明、技術発展の経過でもあります。 実際イオンエンジンの発注も来ていると聞いています。 何も夢とロマンだけを追い求めて宇宙の彼方へ行ってきた訳ではないんですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

動力部、制御、途方も無い距離。 解ってきました、すごいところが。 ありがとうございました。

  • 回答No.2

月を除く地球外の天体に観測船を送り込み、さらに地球に帰還させたのは世界初です。 人類を初めて宇宙に解き放ったロシアも、人類を初めて月に送り込んだアメリカも、まだなしえていないことを日本は実現したのです。 たとえ砂もガスも持ち帰れなかったとしても人類史上初の快挙であることには変わりありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遠隔操作で、月より全然遠いところへ、 行って、帰って来た。 と言うことでしょうか。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • はやぶさ について。

    はやぶさ について。 無事に帰還した「はやぶさ」ですが、次機「はやぶさ2」はまた別の星にむかう、とのことで 地球と火星の間にある星、というのを見ました。 次回も往復で数年もかかり、とても難しい計画なのだということがわかります。 そして宇宙から砂などを持ち帰ることが出来れば宇宙や生命の誕生を解明するのに近づく、とのことで楽しみにしています。 ここで疑問なのですが (1) 「宇宙ステーションを基点に」や「スペースシャトルから」など 他の方法で星の砂などを採取することは出来ないのでしょうか。 (2) 「はやぶさ2」の計画が実行され帰還するまでに 他の国がもっと早く星の砂などを採取してくることはないのでしょうか。 それと 地球と宇宙ステーションと火星とイトカワの場所がわかるサイトなどはないでしょうか。 どうぞよろしくお願いします。

  • 探査機「はやぶさ」はオスかメスか

    小惑星イトカワから物質を採取してきた探査機は「はやぶさ」の名をつけられていますが、 そのはやぶさはオスなのでしょうか、メスなのでしょうか。

  • 宇宙での交信についてです。

    2003年5月に打ち上げられた後、2005年11月20日日本時間早朝「はやぶさ」は、小惑星イトカワに降下を開始しました。そして、2010年6月、7年の宇宙の旅を経た「はやぶさ」は。カプセルをオーストラリア砂漠へ帰還させ、自らはその任務を終えて大気圏で燃え尽きました。「はやぶさ」はほぼ地球軌道上、太陽を挟んで地球の反対側に位置していた。授業を受けてて思ったのですが、もし、「はやぶさ」が小惑星イトカワに着陸を試みているときに、地球から指示を受けるとしたら、地球から「はやぶさ」に指示してから、「はやぶさ」からその反応を地球で知るのにかかる時間はどのくらいですか? よろしくお願いします。

  • 小惑星探査機「はやぶさ」との1bit通信について。

    小惑星探査機「はやぶさ(MUSES-C)」が最初に「イトカワ」を見付けた時の状況は、「はやぶさ」の映画の中でも紹介されていますが、その表現だけを伺いますと、 恰もスタートラッカーによる撮影の結果を「はやぶさ」が自発的に送信しているかの様に感じられましたので、気になったものですから、伺わせて下さい。 『「はやぶさ」へのポーリングが行なわれた際に、 JAXA様側への現状報告の為に、スタートラッカーによる撮影が実施されていたのでしょうか?』 愚問で御邪魔を致しまして畏れ入りますが、 説明を宜しく御願い申し上げます。

  • はやぶさのカプセルの中身の有無は、なぜ落ちてくるまで分からないのでしょ

    はやぶさのカプセルの中身の有無は、なぜ落ちてくるまで分からないのでしょうか? ニュースを見ていると、はやぶさのカプセルは地上で回収するまで、イトカワの岩石などを採取できているかすらわからないようなのですが、それはなぜですか? 宇宙まで行くほどの技術があれば、カプセルの中身の有無は簡単に確認できると思うのですが、、、 技術的に難しいのですか? それとも、あえて確認をしていないのでしょうか?

  • はやぶさのミッションの評価

    はやぶさのミッションの評価 今回のはやぶさのミッションを評価してもらいたいと思います。 はやぶさのミッションで評価できない点は、 イオンエンジンの故障 弾丸の発射失敗 ミネルバの投下失敗 で、評価する点は、 小惑星に着陸 帰還成功 と言った所だと思います。 仕事をしに会社に行ったけど何もせず帰ってきたみたいな。 砂が入っているかいないかで評価は変わると思いますが、 今の段階で今回のミッションをどう評価しますか?

  • はやぶさを救った回路部品を教えて下さい

    どの文献やサイトを探しても見付からないので、こちらで質問させて頂きます。 昨年地球に帰還して話題になり、今年映画化もされるJAXAの小惑星探査衛星「はやぶさ」について質問です。 搭載している航行用のイオンエンジンが全て故障した時、念のために配置しておいた回路が功を奏して、地球帰還に繋がったと聞きました。その部品(ダイオードらしいのですが)がどんなものか知りたいのです。 (先日、NHKのBSプレミアで放送されたはやぶさの特集を見たら、そのダイオードらしきものが写っていましった形状でした。) メーカー名、商品名、規格等が判れば助かりますが、可能であればどうすれば入手可能かも教えて頂ければ尚嬉しいです。 宜しくお願い致します。

  • はやぶさに関する技術やノウハウの売り込みについて

    はやぶさに関する技術やノウハウの売り込みについて 今回のはやぶさの地球帰還は正直言うとサッカーゲームより感動的で した。何故NHKがこの様子を映さなかったのか個人的には腹を立てて いる。国家的な偉業だと思うのですが。 そこで質問したいのですがこの採取したイトカワの砂があるかどうかは 不明ですが6億キロに及ぶ宇宙空間を移動し地球に帰還しなおカプセル を無事回収したと言う時点でプロジェクトの99%は成功したと思います。 これに関する技術やノウハウは必要とする国(アメリカやロシア他)に売れ ばどれ位の価格になるのでしょうか? かなりの外貨収入になると思うのです。 それにしてもこのプロジェクトはNHKのかつての名番組「プロジェクトX」そ のものだったのに何故間抜けな他国のサッカーゲームを放映していたのか まるで理解出来ません。感動を呼ぶものは何かを選定する感覚が麻痺した としか思えません。受信料を払いたくなくなりました。

  • はやぶさって子供の頃、図鑑で見たイオンエンジン搭載なんですよね!?

    はやぶさって子供の頃、図鑑で見たイオンエンジン搭載なんですよね!? 当時、夢のロケットとして光子ロケットなどと一緒に載っていたと記憶しています。 ところでイオンエンジンとは・・・やはり(21世紀の)凄い技術なんでしょうか?(解りやすく!) 1997年NASAのマーズ・パスファインダーの火星からの鮮明な画像も素晴らしかったですが日本の技術力も凄い!着陸後無事地球への帰還を果したのですから。 はやぶさ2では是非、小惑星の砂を持ち帰ってきてもらいたいものです。

  • はやぶさ2号が次の着陸で失敗したら

    はさぶさ2号が小惑星りゅうぐうに瞬間着陸する初回ミッションの成功のニュースがありましたが、夏までにあと2回ほどタッチダウン着陸を実施する予定らしいです。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019022200954 もし次のミッションで失敗しはやぶさ2号に損傷出たら既に採取の貴重な試料もろとも宇宙の藻屑になりますが。 それなのにまた着陸ミッションをするのですかね?