• 締切済み
  • 困ってます

√2が無理数であることの証明について

√2が無理数であることの証明について 一つ疑問が生じまじた。 背理法を用いて、√2が有理数であると仮定すると、 √2=q/p (p,qは自然数)とおけるから 両辺二乗して 2=q^2/p^2 ⇒2*p^2=q^2 ・・・A ここから無限降下法を用いて矛盾を導くのが一般的な解法であると思うのですが、 Aの段階で明らかに(明らかでなくとも、証明すれば)右辺は平方数で左辺は平方数ではありません。 これは矛盾ではないのでしょうか? 例えば、平方数の約数の個数は奇数、非平方数の約数の個数は偶数ということをまず示せば、素因数分解の一意性に矛盾することは言えますが、そのような補題なしに「非平方数=平方数」は矛盾と考えてはいけないのでしょうか? 矛盾と考えていいのであれば一般の非平方数nに対して√nが無理数であることの証明がすごく簡単になるのですが・・・ 解説お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数565
  • ありがとう数11

みんなの回答

  • 回答No.8
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

←No.6 補足 「非平方数」の定義を「平方数でない自然数」とするならば、 「非平方数」が「平方数」でないのは、アタリマエ(自明)です。 質問文中の証明方針の失敗点は、そこではなく、 A の左辺が「非平方数」である根拠を示していないこと にあります。 No.5 No.6 に繰り返し書いたように、 「平方数」=「自然数の平方で表される数」=「ひとつの因数分解が、自然数の二乗の形をしている数」 「非平方数」=「平方数でない数」=「全ての因数分解が、自然数の二乗の形をしていない数」 とするならば、 2*p^2 のような、「ひとつの因数分解が、自然数の二乗の形をしていない数」は、 そのことだけでは「非平方数」だとは言えないのです。 「全ての因数分解が、自然数の二乗の形をしていない」ことを示して初めて、「非平方数」だと言えます。 「ひとつの因数分解が、自然数の二乗の形をしていない」ことと 「全ての因数分解が、自然数の二乗の形をしていない」ことが、 実は同じであることは、素因数分解の一意性から言えるのです。 その辺の経過を補題として明示せずに、何となく「非平方数≠平方数 は自明だから」と書いて 2*p^2≠q^2 と結論してしまったら、相当の飛躍がある …というか、 ∀ と ∃ の区別ができていないことが、バレてしまう結果になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

√2が有理数であると仮定すると √2=q/p(p,qは互いに素な自然数つまりq/pは既約分数)とおけるから 両辺2乗して2=q^2/p^2 →2*p^2=q^2 qは偶数となるからq^2は4の倍数となりpも偶数となるから pとqが互いに素という仮定に矛盾する というのが一般的な解法で、無限降下法は一般的ではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

「非平方数≠平方数」を自明とすることによって、 そのことを証明するために必要な素因数分解の一意性を 証明の文面に登場しないようにしてもよいか? という質問なら、ダメです。 そのようにした証明は、 「非平方数≠平方数」という補題の証明を欠いているので、 飛躍有りということになってしまいます。 No.5 補足にある補題の「証明」は、 > 平方数をn=2^a1 * 3^a2 * 5^a3 * 7^a4 * ・・・・・ > 非平方数をm=2^b1 * 3^b2 * 5^b3 * 7^b4 * ・・・・・ とすると と置いた時点で、既に、素因数分解の一意性を使ってしまっています。 そうでなければ、n から a1,a2,a3,… や、m から b1,b2,b3,… を 決めることはできないからです。 ひとつの n に複数の a1,a2,a3,… が対応し、その中には、 a? のどれかが奇数のものが在るのかもしれません。 「平方数」の定義上は、n の素因数分解の中に a1,a2,a3,… が 全て偶数であるようなものが一組あれば十分です。 同時に、そうでない因数分解も存在する可能性を排除するためには、 素因数分解の一意性が必要です。 何か補題を設けて、そこに包み込むことで、 証明に使用した定理を「使用した」と書かなくてよいか? という考えなら、そういう考えは止めたほうがよい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>「非平方数≠平方数」を自明とすることによって、そのことを証明するために必要な素因数分解の一意性を証明の文面に登場しないようにしてもよいか?という質問なら ですから、質問は、今回の問題に限らず「非平方数≠平方数」を自明としてよいかと聞いているのです。 >「非平方数≠平方数」という補題の証明を欠いているので、飛躍有りということになってしまいます。 「非平方数≠平方数」は自明でないということと受け取ってよいでしょうか?

  • 回答No.5
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

実数の範囲での素因数分解! いったい何ですか? それは。 自然数の素因数分解の一意性は、もちろん、証明されています。 そして、それを使えば、質問文の証明は、 『素因数分解の一意性に矛盾する』ことで完成します。 特別新しい考えでもなく、そこらの本に載っている証明です。 『そのような補題なしに 非平方数=平方数 は矛盾と考え』るには、 非平方数とは何か? が問題になって、相当困難があるだろう と言っているのです。 ちゃんとやらないと、「2が平方数でないから、2は平方数でない」 という循環論にしかなりません。 「自然数の2乗で表し得ない数」⇔「自然数の2乗でない因数分解を持つ数」 は、間違っています。 「自然数の2乗で表し得ない数」⇔「自然数の2乗である因数分解を持たない数」 であって、 素因数分解の一意性を補題として使わなければ、 「自然数の2乗でない因数分解を持つ数」と 「自然数の2乗である因数分解を持たない数」が、同じものだとは言えません。 ひとつの数が、「自然数の2乗でない因数分解」と「自然数の2乗である因数分解」 を両方持つ可能性が否定できていないからです。 したがって、「自然数の2乗でない因数分解」をひとつ示したからといって、 その数が「自然数の2乗である因数分解を持たない」とは言い切れません。 「全ての因数分解が自然数の2乗でない」ことを示して初めて、 その数が非平方数だと言えるようになるのです。 素因数分解の一意性を使わない限りは。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

「実数の範囲で」と言ったのは、数を複素数の範囲にまで拡張すると素因数分解の一意性が失われるからです。 そのことはご存知ですよね? 今の議論では複素数は関係ありませんが、念のため「実数の範囲で」と言っただけです。 失礼ながら貴方は大きな勘違いをしているように感じます。 私が「補題」と言ったのは、「平方数の約数の個数は奇数、非平方数の約数の個数は偶数である」であって、 素因数分解の一意性は定理ですから、それは認めています。 再び述べますが平方数*非平方数が非平方数であることを示すのは簡単ですから、それを示します。 平方数をn=2^a1 * 3^a2 * 5^a3 * 7^a4 * ・・・・・ 非平方数をm=2^b1 * 3^b2 * 5^b3 * 7^b4 * ・・・・・ とすると nが平方数、mが非平方数であることから a1,a2,a3,a4,・・・・・は全て偶数、b1,b2,b3,b4,・・・・・のうち少なくとも一つは奇数であるので n*m=2^a1+b1 * 3^a2+b2 * 5^a3+b3 * 7^a4+b4・・・・・・・・・・の指数部分 a1+b1,a2+b2,a3+b3,・・・・・のうち少なくとも一つは奇数となります。 よって平方数*非平方数(n*m)は非平方数であることが示されました。 ここまで示せば、無限降下法を用いずとも、 非平方数=平方数 の形は、この形になった時点で、「補題」から素因数分解の一意性に帰着させずとも(一意性を認めないわけではなく、わざわざ議論に出さないだけ)矛盾と考えてもよろしいか?ということを質問しているのです。 最大限に簡単に説明しますと 平方数n、非平方数mについて、「n≠m」は自明として扱ってよいか、ということです。 別の言い方をすると{平方数}∩{非平方数}=Φは自明として扱ってよいか、ということです。 平方数,非平方数の約数の性質と素因数分解の一意性を用いれば上が証明できるということは百も承知です。 誤解を招くような書き方をしてしまい申し訳ありません。

  • 回答No.4
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

その、素因数分解の一意性に帰着させる証明は、 有名なもので、本にもよく載っています。 素因数分解の一意性を使わず、非平方数≠平方数 だけで証明しようとした場合、 「非平方数」の定義が問題になるでしょう。 「平方数」のほうは、自然数の2乗で表される数 で構いませんが、それによると、 「非平方数」は、自然数の2乗で表し得ない数 であって、自然数の2乗でない因数分解を持つ数 ではありません。 A の左辺は、因数分解のしかたによっては 自然数の2乗で表されるかも知れず、それを 否定するまでは、「非平方数」とは言い切れない のです。 素因数分解の一意性が証明済みであれば、 このような煩雑な話は登場しません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>「非平方数」は、自然数の2乗で表し得ない数であって、自然数の2乗でない因数分解を持つ数ではありません。 文中の「自然数の2乗でない因数分解を持つ数」とは "自然数の二乗"ではありえない素因数分解を持つ数、ということでよろしいでしょうか? それならば「自然数の2乗で表し得ない数」⇔「自然数の2乗でない因数分解を持つ数」であり 「非平方数」⇔「"自然数の二乗"ではありえない素因数分解を持つ(No1の補足後半参照)」だと思うのですが・・・ 証明は割愛しますが、「非平方数*平方数(ここでは 2*q^2)」が非平方数であることは簡単に示すことができます。 これを示した場合、問題の「非平方数=平方数」が成りたってしまうので、矛盾と考えていいのですか? >因数分解のしかたによっては >素因数分解の一意性が証明済みであれば、 実数の範囲で素因数分解の一意性は先人が証明済みで、わざわざ証明のいらない定理化しているのではないですか?

  • 回答No.3
  • ankh00
  • ベストアンサー率76% (55/72)

ミスタイプしてました・・・すみません. 誤:「√2*q^2が平方数ではない」と言い出すと 正:「2*q^2が平方数ではない」と言い出すと

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • ankh00
  • ベストアンサー率76% (55/72)

「平方数」という定義を持ち込むと証明が破綻するように思うのですが間違っているでしょうか. まず、「平方数は別の自然数の二乗となっている数である」という定義を確認しておきます. 背理法により、「√2は自然数と仮定されている」として証明が始まります. 定義より、2は平方数であり、従って、2*q^2 = r^2 * q^2 が成り立つことになり、ここで「√2*q^2が平方数ではない」と言い出すと自家撞着になってしまうと思いますが.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

√2を「有理数」と仮定するのであって「自然数」と仮定するわけではありません。 実際、√2が存在するとすれば1<√2<2は明らかで、自然数ではないので、 「平方数は自然数の二乗」という定義から、2は非平方数ではないでしょうか?

  • 回答No.1
  • corpus
  • ベストアンサー率12% (25/200)

とても、いい着眼点を持っていらっしゃいますね。 感動しました。 私は、今まで、こういうことに気づきませんでした。 何とも情けないことです。 あと細かいことですが、 「約数」という用語は「素因数」としたほうがいいでしょう。 平方数というものを、 同一の素因数が偶数個あるものの積、と定義したらどうでしょうか? その代わり、それは、一意性の定理より弱い主張になると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

表現は「約数」であっていると思うのですが・・・ 素因数と約数(因数)は全く違う意味になりませんか? 平方数の約数の個数は常に奇数ですが、 素因数で考えると、例えば、4(2^2)の素因数は2のみで奇数個。 36(6^2=2^2*3^2)の素因数は2,3で偶数個(2個)とばらつきがあります。 このことから >平方数というものを、同一の素因数が偶数個あるものの積、と定義したらどうでしょうか? の意味がよくわかりません。 また、素因数分解の結果から約数の個数が導け、その逆は少ない場合を除いて成り立ちませんが、 約数の個数が奇数のとき(平方数)、素因数分解して得られる素因数の累乗の積の形では全ての素因数が偶数乗であり、 約数の個数が偶数のとき(非平方数)、素因数の累乗の積の形で、少なくとも一つは奇数乗であることから 素因数分解の一意性への矛盾を言っています。 大学数学をかじったばかりの身で、意味を取り違えていたらすいません。

関連するQ&A

  • 有理数+無理数=無理数 の証明

    有理数+無理数=無理数ということは イメージではわかるのですが 厳密に文字を使って証明することが出来ません。背理法を使って解くのでしょうか?

  • 証明の問題がわからないです

    「aとbが互いに素であるとき、 a^2とb^2が互いに素であることを証明せよ」何ですが模範解答を教えてください 素因数分解の一意性から、 a,bの素因数分解が a=a_1・a_2…a_m (各a_iは素数) b=b_1・b_2…b_n (各b_jは素数)のように示すのではなく 最大公約数を考えて背理法で示すやり方でお願いします

  • 対偶法による無理数の証明について教えて下さい。

    √2が無理数ならば√2+1は無理数であることを証明せよ。 を背理法ではなく、対偶法で以下のように考えました。 √2+1=P(有理数)とすると√2=P-1(有理数)となり√2が有理数であること が証明された。 よって対偶法が真なので元の命題も真である。 これでも問題ないですか?

  • 無理数であることの証明(背理法)について

    √2は無理数であることを証明する問題についてなのですが 背理法を用いて、√2は無理数でないとすると有理数だから √2=p/q (p、qは互いに素な正の整数)とおける・・・ (中略) pもqも偶数であるから、互いに素であることに反する。 よって√2は有理数ではなく無理数である と解説には記載されています。 ここでわからないのですが、なぜpとqは互いに素な正の整数でないといけないのでしょうか?? たとえばp=8、q=6だとしても、結局のところ4/3となるので有理数ということでOKな気がするのですが。。 数学が苦手なので、アホな質問だとは思うのですが、わかる方がおられましたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • 背理法「√2が無理数である」の証明について

    背理法で√2が無理数であることを証明しなさいという問題について質問です。 先日高校の友達に背理法について聞かれたので教えていました。√2が有理数だと仮定して√2=n/m(n/mは既約分数)と表す。そこから二乗したりして計算して最終的にn=2の倍数、m=2の倍数となりn/mは既約分数とは言えず仮定と矛盾するので元の命題が成り立つと言えるという説明をしました。(もちろんどんな計算をすれば良いかもきちんと説明しました。) すると友達から「でもn/m=2k/2tだとして、約分したら既約分数になるじゃん。それが矛盾してるっていうのが意味わかんない。」と言われました。 私は「既約分数だと仮定してたのにまだ約分できた、既約分数じゃなかったってなったら矛盾でしょ?むしろ矛盾を導くために2k/2tに持っていくんだよ。」と説明したのですがあまり納得してないみたいでした。 そこで私もなんだかよく分かんなくなってきてしまったので、他に良い説明の仕方があれば教えていただきたいと思い質問しました。 長々とすみません。よろしくお願いします。

  • 無理数と有理数の証明

    √2が無理数であることは既知とし、√2+√3が無理数であることを次のように証明した。 まず、p=√2+√3、q=√2ー√3とする。 (1)pq=-1は有理数であるから、もしpが有理数ならqも有理数である。 (2)同様にqが有理数ならpもまた有理数である。 (3)またp+q=2√2は有理数ではないからpが有理数ならqは有理数ではない。 (4)よってqを有理数と仮定しても有理数でないと仮定してもpは有理数である。 (5)それゆえpうぃ有理数と仮定すると矛盾が生じる。 異常によりpは無理数である。 上の証明で不要と思われる文章を教えて下さい。 頭が混乱してさっぱり分かりません。 ご教示いただけますと助かります。

  • 背理法

    P^(n/m)が無理数であることを素因数分解の一意性を使って証明しようと思っているんですが、(pは素数、1≦m<n、mとn∈N)素因数分解の一意性を使うと言う点で流れを頭に描ける分、文章に表すことができません。 どのようにしたらよいのでしょうか?

  • 平方数でない整数の平方根は無理数であることの証明

    すみません。高齢者なので使用する文字はすべて正の整数とします。 整数の平方根で整数になるのは1,4,9,16のような平方数だけです。例えば5の平方根を考えた場合、 4の平方根は2、 9の平方根は3ですから、5の平方根は2と3の間の数となり絶対に整数にはなりません。以上は単なる確認です。 そこで平方数ではない整数をaとします。これの平方根を√aと表記します。確認通り√aは整数にはなりません。この非平方数の平方根が分数で表現できるかどうかが問題です。 √a=n/mと分数で表現できるとします。ここでnとmは互いに素であるとし、当然m≠1です。 両辺を2乗すると  a=n2/m2 となります。ここでaは整数です。n2とm2にも共通の約数はないので、n2/m2は整数にはなりません。すると左辺は整数、右辺は小数(小数点以下が0ではない純粋の小数)になるのでこれは矛盾です。従って平方数ではない整数の平方根は全て無理数である。 質問は、こんなに簡単な証明でいいのだろうか?基本的なところで考え方に穴があるのではないだろうか?ということです。ご教示願います。

  • 数A背理法のもんだいについて

    【問題】 √6が無理数であることを、背理法を用いて証明せよ。 という問題の解答について質問です 【解答】 √6=b/a(a、bは整数)と表せると仮定すると、√6a=bより、両辺を2乗して、 6aa=bb・・・(1) ★aa,bbにふくまれる素数2の累乗の指数は、いずれも偶数であるから 6aa=2・3・aaに含まれる2の累乗の指数は奇数、bbに含まれる2の累乗の指数は偶数であり、素因数分解の一意性より6aa≠bbとなり、(1)に矛盾★ ゆえに、√6は無理数である ★ではさんだ部分がよくわかりません… あと、別解として √6が有理数だとすれば、√6=q/p(p,qは互いに素な自然数(整数?))と表せる。 これより、6pp=qq ☆左辺が2で割り切れるので右辺も2で割り切れなければならず、qは2で割り切れる。 よって、右辺が4で割り切れるので左辺も4で割り切れなければならず、qも4で割り切れる。☆ これは、p、qが互いに素であることに矛盾する。 ゆえに、(背理法により、)√6は無理数である も可能でしょうか? でも☆の部分で、「左辺に6ってあるから2じゃなくて3で割り切れるので~」という風にもなる…?とか考え出したらよくわからなくなっちゃって… ★の部分と☆の部分についてお願いします(> <)

  • 無理数とは+

    数学の質問なんですが、なぜ、無理数が存在するのですか? 例えば、有理数の2の平方根はなぜ、無理数の1.41412135623730950488…のように割り切れないのですか? なぜ、割り切れない数字を二乗すると割り切れる数字になるのですか? 私は、ただ単に頭が悪いかもしれないのかもしれませんが、矛盾しているような感じがして、どうしても納得がいきません。 別にこれで、勉強に支障が出ているわけではありませんが、しっかり納得のいく理由が知りたいです。