• 締切済み
  • すぐに回答を!

「区分所有建物であり敷地権の登記はない」

「区分所有建物であり敷地権の登記はない」 とは何を意味するのでしょうか? 古くて安いマンションを買おうとしているのですが全く意味が分かりません。 また、買い手にとって不利益なことはありますか? 教えてください。

noname#146938
noname#146938

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数10134
  • ありがとう数10

みんなの回答

  • 回答No.2

マンションは通常一つの建物を購入者全員で区分所有しますが、マンションを購入する場合は、建物の区分所有権だけではなく同時にそのマンションが建っている土地の敷地利用権が付いてきます。 この敷地利用権を法務局に登記すると敷地権となりますが、敷地権を登記すると、建物の売買だけで敷地権も同時に所有権移転される事になります。 これは区分所有法で決められた物で、敷地権が建物と登記簿に記載されるからです。 しかし敷地権が登記されていないと、建物の売買(所有権移転)だけでは土地の権利は移転しません。そのため同時に土地の所有権移転も行う必要があります。 敷地権が登記されていないマンションにはデメリットがあります。 まず、土地の所有権の移転登記に費用が余分にかかります。(土地が所有権の場合) 土地の所有権者が別の人と言う場合があります。つまり借地権や地上権です。この場合はマンションを借地権者(地主)の許可が無いと売却できませんし、借地料が必要な場合があります。 敷地権の登記が無いマンションを買う場合に確認する事は、まず土地は借地権や地上権ではなく所有権であるか、建物と同時に土地の持ち分を買い受ける事ができるのか、建物の売却主と土地の持ち分の売却主が同じ人であるかを確認してください。 借地権や地上権の場合のマンションは安いですが、今後不便だと感じる事があると思います。 また土地の所有権移転に必要な費用が高額では無いかを確認してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

 まず、区分所有というのはマンションや長屋を想像してください。独立した一個の建物ですが、その中で仕切り等で構造的に一個の所有権の客体となる、まあ、わかりやすく言うと一個の建物なのに区切りごとに別々の人が所有できるということです。  で次に、敷地権の説明です。建物が存在するってことは、当然その下にある土地を利用する権利も持ってないといけないわけですよ。でないと、「何勝手に建物たててやがる!」と建物収去土地明渡となるわけです。つまり、建物をきちんと所有し続けるためには、土地を利用する権利(所有権、地上権、賃借権)が必要なわけです。厳密に言うと違いますけどこれを「敷地権」と思ってください。で、これは通常建物との分離処分ができません。つまり、マンションの一室を売ろうとおもったら、当然、その土地の利用権も一緒に買主さんにあげないといけないわけです。  さて、本題ですが敷地権の登記がない場合というのは、(1)規約で敷地権の分離処分認めていて、「敷地権の登記」はできないから、マンション住民の共有で土地所有権の登記してる場合。これは、あんまり問題ないと思います。登記事項証明書の枚数がトンデモないことになる場合がある程度でしょう。 (2)そもそも土地全体借地という場合。これ、困ることもあります。  眠くなりましたので寝ます。わかりやすく書こうとして失敗の様相を呈して来ました。もっと詳しい方が、答えてくれると思います。とにかく土地の利用権確認してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 区分所有建物の固定資産税

    マンション、事務所、店舗が混在する区分所有建物があります。土地の権利形態は敷地権です。 この場合、それぞれの区分所有者は土地の固定資産税について住宅用地の特例を受けられるのでしょうか? マンションの区分所有者にとっては住宅用地として扱ってほしいでしょうし、マンション以外の区分所有者にとっては非住宅用地とされても仕方ないように思えますが、物理的には敷地は一つなので課税上どのような考え方をするのか詳しい方がいましたら教えてください。

  • 敷地権付区分建物の表示変更登記について

    「敷地権発生前の売買による所有権移転、時効取得、収用などの場合には、建物の表示変更の登記の登記を申請して、敷地権の表示及び敷地権である旨の登記を抹消した後であれば、所有権移転登記をすることができる。」 ということらしいですが、 (1)これは「表題部(専有部分の建物の表示)」の欄中の「表題部(敷地権の表示)」という部分を抹消するということですか?(「一棟の建物の表示」のとこではなく「専有部分の建物の表示」のところだけ変更されるということ?) (2)すると、敷地権のない所有権を取得するということですか?敷地権なしで所有することができるのでしょうか…敷地利用権はあるから所有できるみたいな屁理屈ではないですよね? (3)専有部分の建物の敷地権の表示が抹消されるとすると、他の専有部分すべての敷地権の割合が変動してしまうという事態にはならないのでしょうか? (4)敷地権の表示の抹消登記をすると登記官が敷地権である旨の登記を抹消するんですよね?…これって他の区分建物所有者の敷地権もなくなってしまうことになるんでしょうか? イメージがなかなかつかめず支離滅裂な質問になっているかと思いますが、何分初学者なので、汲み取っていただきわかりやすい回答をいただけると幸いです。

  • 区分所有建物の登記簿

    区分所有建物の登記簿なのですが、建物の登記については分かるのですが、土地の登記簿についてはどのようになっているのでしょうか? 土地の登記簿自体は今までどうりで甲区に所有権(共有)又は乙区に賃借権等の設定がされることになるのでしょうか? 或いは建物の登記簿に統合されてしまうのでしょうか?

  • 敷地権付区分建物と74条1項1号後段の登記申請

     登研443-93によれば表題部所有者に数次相続があった場合でも、直接現在の相続人名義に所有権保存登記ができるとされますがこれは敷地権付区分建物においても適用されるのでしょうか。  表題部所有者が記録され、敷地権の表示が登記された区分建物につき、こうした74条1項1号後段の申請を認めると結果的に分離処分禁止の原則に反することになるということはないのでしょうか。(そして、それは数次相続ではなく単純な相続があった場合でも同じことになるのではないのでしょうか) またもしできないとするとこのような場合はどう対処すればよいのでしょうか。

  • 抵当権が付着している土地に、区分建物を建て、敷地権の登記がされた場合に

    抵当権が付着している土地に、区分建物を建て、敷地権の登記がされた場合に、区分建物表題登記をし、74条2項による保存登記をし、その区分建物に係る敷地権についてのみ、抵当権を及ばないようにするには、抵当権をA持分の抵当権とする変更登記をするとテキストに書いてあるのですが、 具体的な登記の目的、原因はどのようになるのでしょうか? ソースがあればうれしいです。

  • 敷地権のない区分建物であってもその表題登記の申請は

    敷地権のない区分建物であってもその表題登記の申請は 当該区分建物が属する一棟の建物に属する他の区分建物の 表題登記の申請と併せてしなければならない ということについてなのですが、 不動産登記法第48条の第1項によると、区分建物の 表題登記の申請は所有者が異なる場合であっても 一棟の建物に属する他の区分建物の表題登記の 申請と併せてしなければならない みたいですが、 例えば分譲マンションの場合、全て同時期に居住者が 決まるわけではないですよね? なのに併せて申請しなければならないとはどういう ことなのでしょうか? 管理人か誰かが一括して表題登記をしてくれるのでしょうか? イメージがつかめません。事例なども一緒に教えていただけると 助かります。 よろしくお願いします。

  • 区分所有建物 の情報について

    お尋ねしたいことがあります。 自分が借りて住んでいるマンションの区分所有建物の情報(登記?)はどこでみれるのですか?

  • 敷地権付きのマンションの専有部分のみ競売になった場合?

    敷地権(所有権)が登記してある区分所有マンションがあります。この敷地権は平成17年(新築は昭和62年)に登記されました。ところが平成15年にある部屋の建物だけに抵当権が設定されており平成18年に建物のみが競売に出ました。裁判所の説明には建物だけが競売の対象で敷地利用権はありませんと記載されています。この物件を競売で購入した場合はどうなるのでしょうか?敷地利用権はなくなるのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 区分所有建物

    区分所有建物というと分譲マンションをイメージしますが、賃貸マンションの例えば一階テナントのみを後から別所有にするために区分所有にしたりすることもできるのでしょうか?

  • 敷地権について

    他人名義の土地に個人名義で建物を区分所有する為に、敷地権を考えております。どの様にすれば敷地権を得ることが出来ますか?また、他に良い方法があれば教えて頂けますでしょうか?よろしくお願い致します。