• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

三相交流モーターの電流値

三相交流モーターの電流値 会社にて昔使用していた機械のモーターを使用する事になりました。 モータは日立のGX0.75KW EGEです。 200V三相交流モーターで速度、モーター内のファンのコントロールは基板にて制御しています。 質問は200V、0.75KWの三相交流モーターなのに銘番には電流値が9Aとかかれています。 損失を無視して単純に電流と電圧からワット数を計算しても電流値がここまで高い理由がわかりません。 ネットや本で自分なりには調べましたが、まだまだ勉強不足故わかりませんでした。 ご存知の方には是非教えていただきたいです。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数7054
  • ありがとう数17

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

モータとコントローラを良く見ませんと断定はできませんが、電流値の大きさ から、20~40年前に良く使用されていた[一次電圧制御方式]のモータとコント ローラだと推察します。 この方式では、コントローラにより単相または三相の電源をサイリスタにより 位相制御して、モータに加わる電圧を可変してモータを可変速運転する方式です。 このため、モータも回転速度範囲に合わせて必要トルクを充分出力できるように 特殊なモータを製作して組み合わせています。 モータに加わる電圧を下げますと、回転速度を下げることができますが、標準 モータですと、良好な運転特性が得られません。低速度領域でも定格トルクが 出力できるように回転子のコイル抵抗値を高くした特殊モータを使用しています。 この結果、モータのサイズも大きくなる、運転電流値も大きな値となるなど、 電気的な効率が悪い方式となっています。 当時の電気的な制御方式では、運転電流の大きさによる効率の悪さより小型モータ で容易に可変速運転できるなどの特長が勝ったため、盛んに使用されていました。 30数年位前から商用電源を直接制御できる大容量のパワートランジスタの開発が 急速に進み、このトランジスタの性能を最大限に利用した制御方式として[パワー トランジスタ形 汎用インバータ]が開発されました。 [汎用インバータ]よる制御方式では「電圧の制御と同時に周波数も変化させる」 (=[VVVF制御方式]とも言います。) ことにより、標準モータで低速領域でも商用電源なみの定格トルクが出せる。 運転電流も商用電源なみで効率も高いなど多くの特長があるため、急速に普及し、 現在では、可変速運転する制御方式の主流となっています。 以上の如く、インバータの普及に伴い、前述の[一次電圧制御方式]は、役目を終えて 各社とも廃型に至っているのが現状です。 また、省エネルギーの観点から、昔使用していたモータを再利用するよりも、新規に 標準モータとインバータを購入して、可変速運転されることをお勧めします。 なお、[インバータ]についは、次のURLをクリックして参考にして下さい。 [伸びゆくインバータ/日本電機工業会] https://www.jema-net.or.jp/jema/data/2010inverter.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい説明ありがとうございます。 上司に話を聞く機会があったので聞いて見ました所 特殊なモータで効率が悪いと言ってましたので ご回答いただいた内容であってると思われます。 頂いた回答を勉強して理解を深めたいと思います。 ありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

計算値は別としても9Aは2.2Kwの定格電流です。 0.75Kwなら3.7A程度の表示です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 通常のモータならそれぐらいの出力だと思われます。 今回は特殊なモータだったので効率が悪かったようです。

  • 回答No.1

0.75kWというのはモーターの出力です。 モーターは誘導性負荷ですから、誘導性リアクタンスがあります。 従って力率が1ではありません。 誘導性負荷や容量性負荷、それらが混在する負荷の有効電力は 電圧×電流×力率 ですよ。 電圧×電流 を相電力と言って、単位はVAです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

上司に確認しましたら特殊なモータな為 効率が悪いモータとのことでした。 ご回答ありがとうございました。

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 急いでいたもので表記に間違いがあり申し訳ございません。 モーターの出力が0.75KWで電流値が9Aと書かれていたので 電流=出力÷効率÷力率÷電圧÷√3 で求めようとしたとき 効率と力率がわからなかったのでそれを省いて考えたと時 0.75KW÷200V÷√3=2.165…Aとなりまして そこから損失を考えても減ることはあっても増えることは無いので 9Aとモーターの銘番に表記されていた理由がわからないという質問でした。 自信は無いですが基板で回転数をコントロールしている為 モータに基板を含めた電流が書かれているのかもしれないとも考えています・・・ 誤解を招いて申し訳ないです。

関連するQ&A

  • 三相交流回路で、2線だけ取り出した場合に流れる電流は?

    三相交流回路で、2線だけ取り出した場合には、どんな電流が流れるのでしょうか? 三相交流は、3線とも行きの電流で、帰り線は相殺されて不要になっている理屈らしいですが、 この内の2線をとって、200Vの負荷を接続した場合、どうなるのでしょうか? バランスが狂った分の帰り電流は、どこへ行くのでしょう?

  • 三相交流について

    三相交流について疑問があってしかたがないので、みなさまのお知恵を貸していただけたらうれしく思います。 三相交流はRSTがそれぞれ120°づつずれて波形を描いていますよね?またR-S、S-T、T-Rはそれぞれ200Vの電圧がかかっていますよね? ここでS相は中性相ということで0Vという認識でYろしいのでしょうか?そうゆうことであれば、R-SとS-Tであるというのはなんとなくわかります。しかしかりにそうであった場合R-Tに200Vが発生するのがいまいちなっとくできません。またモーターの場合三相の合力で磁界の向きがかわるということでした。しかしここで仮に単相としてR-Tを使った場合波形を見てみると片方がプラスで片方がマイナスで200Vがかかるということがないように見えるのですが・・・。 なんだかチンプンカンプンです。 アドバイスよろしくお願いします。

  • 三相交流モータ

    三相交流にはΔ結線とY結線があります。 今回Δ結線の時の三相モータでuv線間電圧を測定したのですが、 uv線間電圧を測定して、Δ結線の時の三相モータの何が分かるのですか? またY結線の時もお願いします。

  • 三相交流について

    三相電力についてですが、 線間電圧V、線電流Iとすると、三相電力はP=√3・V・I・cosφで表されます。 一方、単相電力は、電圧V、電流Iとすると p=VIcosφ となり、 三相交流は、単相交流の√3倍の電力を供給することができるという説明があります。 ここで、単相交流のVとIについては、これは相電圧や線間電圧という仕分けはありませんので、常に電力の表し方は変わらないと思いますが、 三相交流の場合、相電圧と線間電圧の関係や相電流と線電流の関係から、同じ式になるとは限りません。 そこで、三相交流と三相交流の電力を比べる場合、線電流と線間電圧でくられるのはなぜでしょうか。(実際に測定できるのが選管電圧と相電流だから・・・ということだけでりょうか。) 相電圧と相電流で比べると、3倍の違いがあるのですが・・・・

  • 三相モータの交流

    素人質問で申し訳ありません。 三相交流を印加して回転させるACモータでは、UVW相の電流の総和はゼロになると教わっています。それを活用して、電流センサはU相V相の電流のみを検知し、W相の電流値は、ゼロからU相V相の和を引き算して求めています。 このとき、インバータ(DC⇒AC)を用いて、ACモータを駆動する際、DC電源から流れる電流は、どのように計算すればいいのでしょうか。三相交流において、電流の総和はゼロだから、DC電源から電流はゼロでいいなんてことはないと思っているのですが、どのように計算すればいいのかわかりません。 以上、よろしくお願いします。

  • 三相交流回路の問題を教えて下さい

    この三相交流回路の各線電流の求め方を教えてください。

  • 三相交流モータを発電に利用したい

    三相交流モータを直流出力の発電機に使用したいのですが全波整流回路を作ってつければ単純に直流が出てくるものなのでしょうか? よろしくお願いします.

  • 三相交流回路の問題

    三相交流回路の問題を教え下さい。 相電流の絶対値(13)(16)(19)がもとまりません。 (1)440 (2)220 (3)220√3 (4)220 (5)220√3 (6)88 (7)22 (8)22√3 (9)11 (10)11√3 (11)99 (12)11√3 (14)110(15)22√3(17)11(18)33√3 この解答から相電流の絶対値を計算しようとしましたが、答えが綺麗に出ません。 どこが間違っているのか教えていただけませんか。

  • 三相交流:二相のCTだけで一相の電流がわかる理由

    三相交流の電流測定で、RとTにはCTをつけていますが、 切り替えスイッチで、S相の電流も測定できるようになっています。 なぜ、CTがついていなのに、S相の電流が測定できるのでしょうか?

  • 三相交流のV結線がわかりません

    V結線について勉強しているのですが、なぜ三相交流を供給できるのか理解できません。位相が2π/3ずれた2つの交流電源から流れる電流をベクトルを用いて計算してもアンバランスな結果になりました。何か大事な前提を見落としているような気がします。 一般にV結線と言うときには、発電所など大元の電源から三相交流が供給されていることが前提になっているのでしょうか? それとも、インバータやコンバータ等を駆使して位相が3π/2ずれた交流電源2つを用意したら、三相交流を供給可能なのでしょうか?