• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

血圧の調節機能

血圧は、自律神経系と内分泌系のそれぞれによって調節されているようですが、それぞれの調節の仕方や調節要因となる物質の生理活性のメカニズムについて、どなたか詳しく教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数9547
  • ありがとう数38

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • kawakawa
  • ベストアンサー率41% (1452/3497)

補足回答が遅くなってスミマセン。出張に行っておりまして、その後、一寸ドタバタしていたもので‥。 さて、補足質問についてですが; 血圧の調節には大きく分けて三通りがあることはご存知のことと思います。数秒~数分で発動する急速血圧調節、数分~数時間で発動する中間型血圧調節、数時間~数日をかけて発動する長時間型血圧調節の三通りですが、この中で長時間型血圧調節はアルドステロン系を中心とした腎臓の内分泌による体液調節によるものです。 まず、血圧の低下が起こると、腎血流量が減少し、それがレニン・アンジオテンシン系の興奮をもたらします。腎血流量が低下すると腎臓の傍糸球体細胞からレニンが分泌されます。このレニンは血漿蛋白の一つであるアンジオテンシノーゲンをアンジオテンシン1に変化させ、そのアンジオテンシン1は肺循環においてアンジオテンシン2に変化します。アンジオテンシン2は副腎皮質球状帯に作用してアルドステロンの分泌を亢進させます。これにより、細動脈を収縮させ血圧上昇を招くのが第一段階の作用です。 続いてADHやACTHの分泌を刺激することで脳室周囲器官最後野に作用して血圧上昇を招くのが第二段階の作用です。 さらにアルドステロンはナトリウムの再吸収を促進します。その結果、細胞外液量が増加し、循環血液量が増加し、心拍数の上昇を招くことにより血圧上昇を招くのが第3段階です。 また、アンジオテンシン2はアンジオテンシナーゼによりアンジオテンシン3に分解されます(アンジオテンシン2の血中半減期は2分程度です)が、このアンジオテンシン3はアルドステロン分泌促進作用を持ち、上記の血圧上昇作用を促進します。 以上が補足質問への簡単な解説です。 これと結果的には同じなんですが、腎血流量が減少することで糸球体濾過量の減少が起こり、その結果として、尿量が減少し、循環血液量の増加から心拍数の上昇、そして、血圧上昇というプロセスも平行して起こります。 参考になりましたでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

kawakawaさん、お疲れのところ、ご回答いただきありがとうございました。 今回回答していただいたところが、私がまさに知りたいと願っていた情報なのです。 これほど早く問題が解決するとは、正直なところ考えていませんでした。 本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 「生理活性物質」と「ホルモン」の違い

    例えばヒスタミンやセロトニン等は、 「生理活性物質」「生理活性アミン」などという言い方をよくしますが、 「ホルモン」とはあまり言わないような気がします。 「生理活性物質」と「ホルモン」の言葉の意味上の違いって何ですか?

  • 生理活性物質について

    大学の健康管理概論という授業のレポートで「生理活性物質の働きについて」という課題が出ました。生理活性物質がなんなのかわからず困っています。教えてください!

  • 高血圧 血圧管理

    自律神経の改善による、血圧正常化を考えております。 高血圧の為に、オルメテックを服用していましたが、血圧が下がった事と副作用が出た事から、減薬・休止期間後に、アムロジピンを、服用し始めました。 最近、血圧の変動が大きく(最高血圧が一時的に178までいき、150付近で安定)、又入浴後のリラックス時に最低血圧が(最高血圧120弱で)50で安定する場合が有ります。 原因は、元々自律神経失調になりやすい体質でしたので、高血圧の原因は、自律神経から来ており、今回の血圧の乱高下も、自律神経の乱れではと思う様になりました。 そこで、皆様の中で、自律神経の改善薬で、血圧を下げられた方や、瞑想等にて自律神経を改善し、その結果、血圧を下げられた方がいらしたら、御教授願います。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • kawakawa
  • ベストアンサー率41% (1452/3497)

まず、自律神経系ですが、これは呼吸・循環・消化・生殖などに関与するもので、「交感神経系」と呼ばれる全身的な機能亢進神経系と、「副交感神経系」と呼ばれる局所的な休息・回復系の神経系に分かれます。 交感神経が刺激されると、神経末端からはアドレナリンやノルアドレナリンが分泌されます。一方、副交感神経からはアセチルコリンが分泌されます。 前者は心機能を亢進し、血管を収縮させるため、結果的に血圧を上昇させます。後者は心拍数を減少させるため、血圧を下降させます。 交感神経系は「非常時の神経」とも呼ばれ、心拍数上昇・瞳孔拡大・気管支拡張・血糖値上昇などの活動に有利な状態に体を保ち、逆に消化・排便・排尿などの緊急でない機能は抑制します。一方、副交感神経系は、全身に一斉に作用する交感神経系とは異なり、局所的に休息・回復を行うものです。これらの神経系のバランスには、体内時計のリズムのほかに、外部からのストレスによる影響が大きく関与しています。 内分泌系では、下垂体後葉から血圧上昇ホルモンであるバソプレッシンが放出されます。これは血管の平滑筋を収縮させるホルモンで、血管が細くなるために血圧が上昇します。 別にノルアドレナリン等は間脳から下垂体前葉に作用してACTH(副腎皮質刺激ホルモン)を分泌させ、これが副腎皮質から様々なホルモンを分泌させます。そのうちのアルドステロンは過剰分泌されると、血中のカリウム量の低下とナトリウム量の増加等、体液の電解質平衡が壊れ、心機能や血液量の変化を招き、二次的に血圧上昇をもたらす場合があります(アルドステロン症)。 副腎髄質からはアドレナリンとノルアドレナリンが分泌されます。これらは先の交感神経系の末端から放出されるものと同じですので、これと同様に心機能亢進と血管収縮による血圧上昇をもたらします。 これらの血圧上昇物質については、刺激がなくなると放出が止まり、自動的に平常時の状態に戻るようになっています。 こんなところでよろしいでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私の質問に対してのご回答、ありがとうございました。 丁寧に説明されてあり、初学者である私でも理解しやすかったと感じています。 本当に感謝しているのですが、今一つ分からない部分があります。 内分泌系調節の段階で、血圧の低下に反応して腎臓から分泌される酵素が血中の前駆体ペプチドを変化させるらしいのですが、その部分の詳細と、それ以降の生理活性を示すまでの経路について補足していただければ幸いです。 質問者の Silky でした。

関連するQ&A

  • 生理活性物質の研究

    現在工学部の応用化学科に在籍してます。生理活性物質に興味があり、大学院進学のために研究室をさがしています。 自分の大学にはあまり興味のある分野の研究室がないため、大学院は他大学を受けようと思っています。 自分なりに大学のホームページなど見て調べているのですが、一般的に生理活性物質の創製を行うのは工学よりも農学のほうが盛んなのですか? 将来は企業で、医薬品、香料や食品などの研究開発がしたいなと思っています。 また、生理活性物質に関する研究が盛んな研究室などの情報がありましたら教えていただきたいです。よろしくお願いします。

  • 微生物が抗生物質を生産しなくなる条件??

    微生物が、生理活性物質(抗生物質)を生産しなくなることがあると聞いたのですが、それはいったいどういう時でしょうか?? また、生産性がなくならないようにする方法ってあるのでしょうか?? 何か知っている方がいたら、ぜひ教えてください。 よろしくお願いします。

  • 血圧が低い

    39歳です。 普段から血圧が低く、最高血圧が100弱ですが、一昨日から何度か測って今まで以上に低いです。 先程 測ったのが最高が71で最低が39でした。 とても心配です。何か考えられる原因、病気はありますか? ちなみに今生理5日目くらいです。元々自律神経が崩れやすいです。ここ1ヶ月くらい特に肩こり、体のだるさ、時々背中や胸の苦しさがありました。

  • 体温調節ができません

    元々寒がりで暑さにも強くない方でしたが去年ぐらいからひどくなりました。 夏の日差しの中で周りの人が半袖、ノースリーブの中、私一人がジャケットを着ている事も珍しくありません。 上着を羽織ると暑いけど脱ぐと寒い、車の窓を開けると鳥肌が立つけど閉めると汗ばむ、なんてことが頻繁にあり、 こまめに温度調節しているつもりですが、正直、自分の体質にうんざりしています。 以前、立ちくらみや貧血の症状がひどかったため病院に行ったら血液の成分には異常がない、 自律神経失調症ぎみだと言われましたが、規則正しい生活と運動をしてください、というアドバイスだけで 特に薬の処方などはありませんでした。 体温調節がうまくできないのも自律神経系の問題だろうと思いあきらめていましたが、 改善できるものならなんとか改善したいと思っています。 食事の注意点やエクササイズなどなんでも結構です。アドバイスお願いします。 役に立つサイトなども御存知でしたら教えてください。宜しくお願い致します。 ちなみに運動はしている方だと思います。週2-3回ジムに通って、サウナも利用しています。

  • 生理活性の調べ方。

    現在密度勾配遠心により細胞小器官を分画しています。(使用しているのは神経細胞) 一応スクロースなどを使い生理活性がなくならないようにして分画しているのですが、生理活性を調べた方がいいと思い質問させていただきました。 どのような方法がお勧めでしょうか?ちなみに分画はミエリンの比較的多い分画、シナプス小胞の比較的多い分画、ミトコンドリアの比較的多い分画があります。 どれか一つでも参考になるような方法があれば教えてください。よろしくお願いします。

  • ウイルスの種類によって病気の症状が異なる理由

    ウイルスは感染すると、細胞内に核酸を送り込み、細胞の内部機構と材料・エネルギーを横取りして増殖し、細胞を破壊して出てきます(細胞内に組み込まれるのもありますが)。 この点が共通であるにもかかわらず、人体に感染したとき、ウイルスの種類によって症状が多種多様なのはなぜでしょうか。 (1)ウイルスの種類によって、ターゲットとする細胞、組織や器官の種類が異なるから? (2)ウイルスの殻に、毒性や生理活性があるから? (3)ウイルス遺伝子、あるいは宿主遺伝子との相互作用によって、毒性物質や生理活性物質等が作られるから? (4)ウイルスに対する免疫応答のしかたがそれぞれ異なっているから? などが考えられそうですが、実際にはどんな要因が大きいのでしょうか。

  • 心拍数について

    心理的なストレスを受けたときの心拍数の上昇の生理的メカニズムは脳から副腎髄質へ、そしてノルアドレナリンが放出され自律神経が活性化され、心拍数が上昇するらしいんですが、これは運動したときの心拍数の上昇と同じ生理的メカニズムといえるんですか?おしえてください。

  • 自律神経と神経伝達物質との関係

    自律神経と神経伝達物質との関係についていくつかお尋ねしたいことがあります。 1 自律神経には交感神経と副交感神経がありますが,この二つは状態の違いでしょうか,それとも存在場所そのものが違うのでしょうか。自律神経を道路に例えるならば,「A地点からB地点に交感神経があり,A地点からC地点には副交感神経がある」というようなものなのでしょうか,それともA地点からB地点につながっている自律神経が,「ある状態では交感神経になったり別の状態では副交感神経になったりする」ものなのでしょうか? 2 自律神経と神経伝達物質とはどんな関係にあるのでしょうか?ある文献には神経伝達物質(この場合はセロトニン)が体温調節・睡眠調節・摂食抑制・催吐抑制・幻覚抑制・血圧の調節を行なうと書いてあり,別の文献には,同じ作用を自律神経が行なうように書いてありました。この二つは主人と家来のような関係でしょうか?それとも道路と自動車のような関係でしょうか?

  • 自律神経調節性失神と自律神経失調症

    自律神経調節性失神と自律神経失調症は同じ病気ですか? それとも全く違うものですか? あと、自律神経調節性失神について知りたいので詳しい方おられましたら説明もしくはそれについて書いてあるURL教えてください。

  • 今の時期は自律神経が乱れたり血圧が上がったりします

    今の時期は自律神経が乱れたり血圧が上がったりしますか?