• ベストアンサー
  • 困ってます

寒冷地の動物や寒い海の中で生きる魚が寒さに耐えられるのは、細胞にも特徴

寒冷地の動物や寒い海の中で生きる魚が寒さに耐えられるのは、細胞にも特徴があるからですか?それとも温暖な地域の生物の細胞と同じですか?もし、寒冷地の生物の細胞に特徴があるのなら、どう違うのか教えてください。よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数4267
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • temtem1
  • ベストアンサー率40% (106/260)

専門家というわけではないですが、いくつか思い当たることがあるので答えてみます。 ・大学の食品化学の講義で、寒冷な海域の魚の脂肪は低温でも固まらない脂肪成分が多いと習いました。 変温動物かつ、温度の低い海中に住む魚の脂肪は、低温でも固まらない融点の低い脂肪酸が主成分となっているというわけです。さもないと、すぐに脂肪が固まって死んでしまいますから。 また、魚介商社の友人に聞きましたが、陸上家畜(牛、豚、ニワトリなど)に比べて温度の低い海の魚の脂は低温(人間の体温以下)で溶けるため、口の中で旨味成分が溶け出しやすいので、刺身などの生食でも美味しく食べられるそうです。不飽和脂肪酸というやつですね。 脂肪は細胞膜の主成分ですし、コレステロールは細胞膜を強化したり、各種ホルモンの材料になりますから、固まってしまっては生きていけません。ですので、寒冷地域の動物は、まず、脂肪を構成する脂肪酸が融点の低い不飽和脂肪酸が多いと考えられます。 脂肪以外にもなんらかの工夫はあると思いますが、申し訳ないですが、知りません。 ・魚以外については、あまり知識がありませんが、哺乳類や鳥類などの恒温動物は、細胞レベルの違いではなく、単純に毛皮や分厚い皮下脂肪、体表への油の分泌による体温低下の防止などがあったと思います。 ・節足動物については申し訳ありませんが全く分かりません。 ・低温細菌については、0~4℃ほどで活性を持つ酵素で生命維持を行っています。 そのため、低温細菌の酵素は低温下で使用できる薬剤として工業に応用されていたと思います。 (ちなみに70~80℃で活動する高温細菌の酵素なんかも同じように研究されてたりします)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なかなかログインできずにお礼が遅くなりました。申し訳ありませんでした!細胞の構造に特徴があるのかと思っていた私には納得の回答でした。すぐさま教えていただいた事、とても嬉しく感謝しております。ありがとうございました!

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • suiran2
  • ベストアンサー率55% (1516/2748)

極地海洋生物等の耐寒性の極めて高い生物は、独特の耐凍性を獲得しています。細胞が凍結しますと生命活動は維持できません。ですから凍結しない仕組みが発達しています。 (1)脂肪酸の不飽和化による耐凍性 #1さんのご説明のように、不飽和脂肪酸からなる脂質の方が融点が低く凍結しません。細胞を構成する細胞膜自体が脂質です。流動性が失われると生命活動に支障を来します。 (2)凝固点降下物質による耐凍性 細胞質に不凍液と同じ作用をする物質を溶かし込み、細胞質の凝固点を降下させ凍結しないようにしています。具体的には、AFP(不凍タンパク質)と呼ばれます一連のタンパク質が知られています。単に凝固点降下させるだけではなく小さな氷の結晶に結合して凍結を防ぐタンパク質のようです。 メープルシロップはご存じと思いますが、糖も不凍に一役買っています。糖カエデはメープルシロップで凍結を防止していますし、もっと身近では寒さにあたったホウレンソウの方が甘くておいしいですが同じ理由です。 これら多数の仕組みによりまして、極地動植物は、-30℃程度でも凍結しないで普通に生活できる動物もいるようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なかなかログインできずにお礼が遅くなりました。申し訳ありませんでした!とても分かり易くて助かりました!細胞の構造、というよりは脂質の耐凍性なんですね!勉強になりました。教えていただき、ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 寒冷地の動物はどうして凍傷にならないのでしょうか?

    寒冷地の動物は、どうして毛の無い部分も凍傷にならないのでしょう?人間の皮膚とは違い、寒冷地に適した特別な皮膚なのでしょうか?そしてもう一つ、体毛が体温保持に役立っているのなら、人間の頭皮も凍傷にならないのでしょうか?教えてください!

  • 動物の細胞と細胞の間はどうなっているのですか?

    単細胞生物と違い、動物のような高等な多細胞生物の細胞は、周囲の細胞との間になにがしかの構造があるのでしょうか? 例えば細胞膜と細胞膜が結びついているとか。 真核生物の細胞は単細胞の絵しか教科書に載っておらず、ご教示お願い致します。

  • 動物細胞の液胞について

    高校生物I教科書では「液胞は動物細胞にもまれに見られるが植物細胞で大きく発達している。」という記述がありますが、動物細胞に見られる液胞は 1.どのような動物で 2.どのような時期に見られるのでしょうか?自分なりに検索してみたところ、1.動物細胞には液胞はない 2.動物細胞の液胞はリソソームのようなもの 3.ゾウリムシの食胞にあたる と様々です。ご存知の方、宜しく御教授願います。

  • 動物細胞の分化全能性

    高校生物からの質問です。 生物の参考書のプロトプラストやカルス、クローンなどを学習する単元に「動物では植物のように個体の一個の細胞から新たに完全な個体を作り出すことは難しい」とありました。どうして人間では例えば皮膚の細胞からカルスをつくり、それを再分化させて完全な個体にすることができないのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 恋愛:単細胞動物と多細胞動物の分かれ目

     ふとしたことで疑問がわきました。  まず、人間の恋愛について。人間って十人十色です。いろんな特徴をもつ人がいます。それで、自分に似ているところがあったり、あるいは自分にないものをもっている人に無意識のうちに惹かれて結びつき、子孫を残します。人間はさまざまな人がさまざまな個性に惹かれて結びつきます。  人間の祖先のおサルさんの仲間たちや、鳥や動物も、求愛して振られたり成功したりしながら子孫を残します。  そうしてどんどん下っていくと、単細胞動物に行き着きました。「単細胞」動物は、いったいどのようにパートナーを選んで子孫を残すのか?人間にとっては何の代わりもないどんぐりの背比べのような単細胞動物のように見えてはいるのだが、実は単細胞動物たちはそれぞれ違いがあるのか?(外国人が日本人を見るとみな同じ顔【目が一重で切れ長、平面顔】に見えるよというが、実は日本人って二重も一重もイロイロある、というように。単細胞動物だって、「同じように見えるかもしれないけど、実は、オレたち、イロイロあるんだよ」って思っているかもしれない・・。)単細胞動物はどのようにパートナーを「選択」するのでしょうか??誰でもいいんだけど、ちょうどタイミングよく近くにいたから結合したとか、その程度なのでしょうか?  そうすると、恋愛という面からみると、単細胞動物と多細胞動物の分かれ目ってどこにあり、どの動物から多細胞動物と呼べるのでしょうか?  ※なるべくなら、専門家の方か、専門誌などでこのことについて読んで知ってますって方の回答をお聞きしたいです。

  • 寒冷地仕様の車について

    こんにちは。 来春から長野県に転勤することが決まっています。 現在は太平洋側に住んでおり、冬の寒さに関しては問題がないのですが、 長野に住むにあたり寒さに関しての不安を感じています。 やはり寒冷地仕様の四駆にすべきでしょうか? また寒冷地仕様について教えてください。 長野県に住んでおられる方、寒冷地に住んでおられる方、ぜひ教えてください!

  • ダイビングでの海の寒さについて質問です

    ダイビング初心者です。 現在ドライスーツを持っていません。 年が明けてからダイビングに行きたいのですが、和歌山付近の海で潜る場合、何月ぐらいからならドライスーツなしで寒さが大丈夫なのでしょうか?(一応4月頃からならと思っているのですが) もちろん年によって気温は違うと思いますが、大体でかまわないのでお願いします。

  • 魚や海をテーマにした本を探しています

    小学校5年生が読むことのできるような ・メインテーマが魚で、一冊にまとまった本 ・主人公が魚の物語 を探しています。 魚ではなくとも、海や釣りなどのテーマでしたら、ご紹介いただければ嬉しいです。 物語は絵本だと、なおよいです。 よろしくお願いいたします。

  • 蛸って魚?動物?

    ここに載せていいのかわかりませんが、他にぴったりな分類が思いつきません。4歳の息子の質問ということでここで質問させて頂きます。 「蛸って魚?」と息子に聞かれ、「えっ?ん~、そうだ、軟体動物!」と言うと「じゃあ、動物?」動物かなあ・・・。と答えに困ってしまいました。 いろいろ調べてみましたが、はっきりしません。蛸は軟体動物で貝の仲間と説明している文もありましたが、じゃあ、貝なのかと言われると違うような気もします。ご存知の方、教えてください!お願いします。

  • 綺麗なお魚が見られるシュノーケリングに適した海は?

    こんにちは、今日会員になり初めて質問させていただきます。 私はダイビングのライセンスを持っていないのでシュノーケリングで たくさんの魚が見れる、透明度の高い海を探して旅しています。 今まではマニャガハ、グアム、慶良間諸島、宮古島、波照間と 八重山諸島へ行きましたが家族で少し足を伸ばしてみようということになり比較的安いテニアン、フィジー(マナ島など)、セブ島(ボートで ポイントへ)などを考えています。ダイビングで見えるのとシュノーケルで見えるのとではまたポイントが違うと思うのでぜひ経験、または 知識のある方のご助言をお願いします。また上記3つ、透明度と珊瑚、 魚の多さは比例しないのでしょうか?モルディブやニューカレドニア、 タヒチは綺麗と聞きますが予算的にきつそうです。 蛇足となりますが日本の海のなかで「ここがお勧め!」という所もありましたら今後の参考にしたいため是非お教え下さい。 長くなりましたがどうぞご意見のほど宜しくお願いいたします。