• ベストアンサー
  • 困ってます

感性を深める方法論の価値を問う哲学や哲学論議は?

感性を深める方法論の価値を問う哲学や哲学論議は? 心理学のカテでも 心と感性の世界を問う心理学の存在についての疑問の質問をしましたが、 そういう心理学の価値を問うのはやはり哲学の世界と思います。 気持ちや行動を 左右してしまう無意識の世界は確かにあると思いますが、 もし感性が深くなれば その感性によって気持ちや行動のすべてが正されてくるはずですから、  その探究抜きに無意識を追及しても ほんの部分的にしか人間が生きていくうえでの生活や意識に役立たないと思います。 そのへんを問う哲学が 過去においてはありましたでしょうか? ありましたら 現在それはどのようにどこまで発展しているでしょうか? みなさんのお考えをお聞かせください。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数198
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#131234
noname#131234

反面教師という言葉があります。 こういうのはダメということからハジめるのもよいのではないでしょうか? 具体的にダメな諸例) 「感性=環境認識力」としゅちょうしながら、いつもおなかの具合が悪い、健康食品狂信者。味覚異常で、やる気がなく、昔のことしか頭にない自称 「最新の哲学者」 自分は最高とわめきながら、友達がいない。学生運動をやりすぎて、就職できないとわかり、広き直って海外逃亡したのに、自分がなぜつまはじきにされるのかわからない。不確定なものに基づくことは、できないのに「全ての存在は、量子的な不確定性に基づいている」と発言し、優柔不断な「自分中心」こそ宇宙の真理であると信じている。そういう典型的自己中。 宇宙には何もないと妄想し、全ては無だとわけのわからないことを断言、無と有は、「厳密には等しくない」のだが等しいといううそを言う。 認識を物理的に切ることは出来ず、無限のゼリーも存在しない という ごく単純なこともわからない 鼻くそ。 本当の宇宙が見えず、望遠鏡を見ているだけなのに、自分には「見えない宇宙」が見えると主張するペテン師。 いつも汚い服装をしているので、色覚に鈍く、計測可能な色が存在しないという、変わった人。 「イタイの」「きついの」はいやなのに、 経験や感情、本能や肉体的形質の射影である「ひょろひょろボクチン」が、この世界の本質であるとしんじている自己中。 聞き手はいつも馬鹿だから本当の説明は、おいらの完全最強論理を研鑽・暗記してからにしろ!と叫び、詳しい説明は、次の機会にすると言い逃れる。「精神の内容」・「自我の存在場所」を説明することすら出来ない卑怯者。 唯物論者特有の感謝のない態度をもち、悪いのは社会だとトンでもない責任転嫁をする音速赤軍。「色は存在しない」と主張し、自分が真っ赤であることを隠したい臆病な社会主義者。 精神の幼稚園児(唯物論者)が何人集まってけんかをしても、勝負がつくはずもなく、自分はマッハを改造した最強の哲学者であると信じて疑わない無知な人。 マッハは、マルクスに敵対したという馬鹿な想像をする正真正銘の唯物論者。 馬鹿な唯物論者が二人集まっても、馬鹿であり、かえるの子はかえるで、知識が増えるはずがないのに、なんでも足し算と掛け算で考えようとするが、計算は苦手という自己崩壊。 おや こ ともども、醜い腹を公衆の面前にさらし、くだらないコピペと補完説明でみんなを困らせる高齢者。 一級も持っていないのに教員面するおっさん こういうお爺さんの感性では何も得るものがないということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答ありがとうございました。 Okウェブのリニューアルにともな不具合なのか しばらくログインもできなかったり、お礼欄に記入も出来なかったり  その波の様なものがあるらしく、   ともかくこの質問には長い間、お礼も出来ませんでした。 それぞれ 私には学ぶところがありますので、  貴重な財産としてこれからも参考にしていきたいと思います。 この場を借りてみなさんにもお礼します。 ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • cowstep
  • ベストアンサー率36% (756/2081)

カントの『純粋理性批判』をお読みになると良いでしょう。 我が国での最新の研究は、以下のサイトをご覧ください。 http://d.hatena.ne.jp/ps020070/20100320/1269101415 http://akademeia.info/index.php?%A5%AB%A5%F3%A5%C8 http://www14.plala.or.jp/kesakando/sinjitu3.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • psytex
  • ベストアンサー率21% (1065/5004)

「感性=環境認識力」として良いのであれば、認識こそが宇宙の本質です。 最新の量子論的世界像において、有限な存在性は観測される事によって生じています。 全ての存在は、量子的な不確定性に基づいており、無限につめ込むと存在確率の山が平らになって、無と等しくなります。 この「絶対無=不確定性無限」において、その無限のゼリーの中に、仮想的な認識体の断面を切ると、その認識体にとって、相補的不確定性を伴う存在による宇宙が見えます。 無の不確定性無限の潜在たる「認識可能性(=自我仮説性)」に対する、相補的対発生としての「時空仮説性」。 たとえば、「色」などというのは、物理的には存在しません。 確かに、電磁波の波長と相関はしますが、それは連続的に変化するもので、「赤は青の反対」だとか、「色環」といったものは、物理的根拠はありません。 そうした、経験や感情、本能や肉体的形質の射影が、この世界の本質を成しているのです。 「空間的広がり」も、物理的につきつめれば、感受表面における量子相互作用(五感も全て媒体と感覚細胞との量子相互作用)に還元され、その先行的(視聴覚)相互作用パターンに、過去の五感の相関した経験によって予測されたもの(そこに行くと(生理的に)何が起きるか)が、“遠くの物”になるのです。 しかも、その「感受表面」自体が、仮想的広がりに有限な大きさを有していることで、完全に先入性は否定され、「自我仮説と時空仮説の相補的対発生(=物理とは、あなたが存在するための無にまで遡った補完)」になるのです。 (ここから先は物理になるので、私の過去回答をご参照いただければ幸いです) 進化には、アリ型とヒト型があります。 ヒト型の特徴は、進化における適応(~組織化)を、遺伝子の変異に対する自然淘汰によって行うのではなく、認識の発達=環境認識(自意識の目覚め)による行動パターンのフレキシビリティによって行うところにあります。 (アリやハチは遺伝的に形態や行動の多様化が決定されている) ヒトの進化は元来、脳の発達による行動の可塑性&多様化による、遺伝子の変化を要しない環境への適応や組織化でした。 ところが、その社会性(=助け合い)の発達の延長上に、工業化における分業化や市場の拡大においてお金を発明し、その“馬車馬の目の前のニンジン”によって操られ、他律的に生きるようになった時から、人の認識の発達は、自己存在の本質の認識による自律的生のための認識(=質の向上)から、お金をもらうためにイヤイヤ働かされる歯車としての知識(=量の増大)へと、変質してしまったのです(感性の鈍化)。 お金は、本来助け合うために集まったはずの社会において、自己チュー的な意識のまま社会行動をとらせるための“矯正具”として発達したものなので(社会生命として生きる事である労働(助け合い)を、お金をもらうために嫌々働く)、当然、自由意志を束縛する機能があります。 本来、社会的生命として助け合うために集まっている人々をして、弱肉強食のジャングルに変える、悪魔のツール。要するに今の人は、自ら喜び(自己存在の本質に根ざした生)に目をそむけ、他律的生=「苦痛から逃げる事による生」に堕しているのです。 (「助け合う喜び」から「奪い合って勝つ喜び(幻想)」への変質)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 感性の深みを得るにはどうすればいいかについての心理学は?

    感性の深みを得るにはどうすればいいかについての心理学は? 過去において、心理学は 人間の心にとってかなり大切と思われる感性を実際に深める方法を追及してきていますでしょうか? フロイトは 人間の気持ちや行動が無意識によって左右される姿を 夢によって科学的の暴いたつもりだっただけの人と思えます。  無意識は その意味ではあると思いますが、 もし感性が深くなれば 無意識もなにも、感性によって気持ちや行動はすべて左右されるようになるわけで、 そのへんが問われないで無意識を論じても ほんの部分的にしか役立たないと思います。 ともかく、肝心要の 感性と心についての研究が 現在どこまで発展しているのか? あるいはまだこれからなのか?   そのへんの過去の心理学という学問の世界を知りたくて質問してみました。 宜しくお願いいたします。

  • 哲学の時代は終わったのか

    哲学の時代は終わったのか 真理の探究は古代ギリシャの時代から「万物の根源は何であるか」の問いに始まり、宇宙について、万物について、時間についてこれらが如何なるものであるか探究してきたが、哲学はこれらに対しいまだに何らの答えを与えていない。 「宇宙は有限か無限か」、「時間に始まりはあるか」に対する答えは計測器などを用いて観測データを収集し分析したところで決して得られるものではなく、専ら思索によって得られるものです。 つまりこれらは物理学が答えを出せる問題ではなく、哲学が答えを出すべき問題であると考えます。 なぜならこれらは真理の探究における最重要テーマであり最も哲学的なるもの、哲学以外には解決不可能なものそして哲学が答えを出さないといけないものだからです。 ちなみに物理学では宇宙が誕生した138億年前を時間ゼロとする考えを打ち出しているが、真理を探究する哲学からすればこれはあまりに軽すぎる結論であり、到底受け入れられるものではないでしょう。 もし哲学がこれらに対する扱い方を知らず、答えを導き出す方法論もなく、何らの答えが出せないのであれば、哲学に存在価値は無く、哲学の時代は既に終わったのだと考えるしかない。  

  • 心理と真理の違い

    私があるヒトと話していたら、 心理学と哲学の違いの話になりました。 彼は、【心理学は心理を求め、哲学は真理を探究するもの】と言っていましたが、 それは、簡単に言うとどういう違いでしょう? できれば具体例も混ぜて教えてください。

  • 少し長いですが英訳をお願いします。

    下記の文章を英訳してくれないでしょうか。 少し長いですが、翻訳サイトなどは使わずお願いします。 彼の理論は精神分析学と呼ばれ、心理学だけでなく哲学や芸術まで様々な分野に影響を及ぼした。 彼は心理学に無意識を持ち込んだ。普段決して意識することが出来ない無意識という心があること。 思い出したくもない嫌なことを無意識の世界に追いやるが、そのような観念は絶えず意識の世界に入り込もうとしている。こうした心の葛藤が様々な行動を生んでいくと考えた。 無意識にあるものを意識の世界に解き放ち、人間の理解を深めようとる。このような考え方に基づいて、夢の分析という本を書いた。この本により、夢に様々な意味づけがなされた。

  •  哲学ってなんですか?

     哲学とは何なのでしょうか? 既出だとは思いますが、検索しても見つからなかったので、あえて質問させて頂いていますわ。  gooより抜粋させて頂きました。 哲学:世界や人間についての知恵・原理を探究する学問。もと臆見や迷妄を超えた真理認識の学問一般をさしたが、次第に個別諸科学が独立し、通常これらと区別される。存在論(形而上学)、認識論(論理学)、実践論(倫理学)、感性論(美学)などの部門をもつ。  詳しく書いて頂けると、とても嬉しいのですが、私も本気で質問していますので、本当に納得のいった回答のみ、お礼や補足をしたいと思います。

  • ネガティブとポジティブどっちが?

    心理学や哲学的な難しい話ではなくて単純な2択です。(^^;) ネガティブな方とポジティブな方・・・どちらが感性が豊かでしょうか? 一般的にポジティブの人は楽天的で感性に繊細さが無いイメージが あり、ネガティブは感性が繊細だから傷つき易いイメージが有ると 思いますが・・・そうでしょうか? ネガティブは繊細でポジティブは鈍感に賛成か?反対か?

  • 自分は価値がない…という心理

    今 私は自分が価値のない人間だと感じています。 基本的には価値のない人間はいないと思っていて このサイトでもそういう質問をよくみかけますが 人間は価値があるなしで論議するものではないと思っています。 それでも 今 自分の感じている自分の価値がない心理が理解できません。 張り付け方がわからないのですが… 夫婦カテで「私はダメ人間」という質問をさせて頂いたのですが… 今 置かれている状況が関係していることは理解できます。 …が価値がないと思えてしまって打開策が見つかりません。 夫婦カテでの質問に対して みなさんとても優しい回答ばかりで 嬉しくもあり励まされて涙が止まりませんでした。 しかし私の気持ちは そんな優しいことを言ってもらえるほど頑張ってないし そんな価値のない人間なんだ…と。 家族もいて守るものもあるのに 生きる価値さえ見失いつつあります。 こんな気持ちになることは 回答頂いた方々にも申し訳ないし 自分自身をも更に苦しめることはわかっています。 …がそう感じてしまったが最後 抜け出せません。 自分を否定していては良くないのですが いくら考えても気持ちが切り替わらないので 何かキッカケがほしいです。 納得したいです。 価値がない…と思えてしまう心理について 何か教えて頂けないでしょうか? よろしくお願い致します。

  • どっちが幸せになりますか?

    日々ほぼ実体験だけで物事を語る人間 と 心理学、哲学など勉強をして、人間の大体のパターンをインプットし、「よくわからない不安」を払拭し、安心を得た人間 本人からしたらどちらが幸せでしょうか? 前者は、言葉に出来ない不安に襲われることがありそうですし、後者は虚無感や、更に追及する気持ちで心が休まらないかもしれません どこで区切りをつければ良いのか難しいですね

  • エヴァンゲリオンの25話、26話

    エヴァンゲリオンの25話、26話のような 内面心理を描くことは(全ては自分の思い込みで出来ている世界だetc,,,) 心理学ですか?哲学ですか?

  • 哲学の方法論について

    哲学について体系的に学んだことのない素人です。 こちらhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BF%E6%B2%BB%E6%80%9D%E6%83%B3 などの文章中にみかける「哲学の方法論」というものがどういうものかよくわかりません。 大学の教養科目でもそのようなことは教わらなかったです。 人文科学における方法論というのが、いまいちピンとこないのですが これは哲学「研究」の方法論のことか それとも哲学という営みそのものの方法のことなのかどちらでしょうか? また、上記どちらの意味でもかまいませんので哲学の方法論についてかかれた書物やURLなどがありましたら教えてください。