• ベストアンサー
  • 困ってます

高級の反対語と低級の反対語2

前回の質問では尾ひれをつけてしまい答えにたどり着けそうになかったので 整理して立て直しました。 前回質問URL・・・http://questionbox.jp.msn.com/qa5744816.html 高級と低級の定義として、以下の意味で反対語として登録されております。 高級・・・等級や品質・程度などが高い・こと(さま)。 低級・・・等級が低いこと。価値・品位などが劣っていること。また、そのさま。 (この意味で価値が低いと言わず、劣るとなっているところがミソな気がします) にもかかわらず現実社会で反対語として用いられる場面が 以下3例の特殊分野に限られております。 1 高級言語、低級言語(プログラミング言語、低水準言語の方が一般的) 2 高級霊、低級霊(高尚な霊の方が使われているような気がする) 3 高級炭素、低級炭素等の化学物質(化学的な定義) 他の言葉に高級と低級を反対語として用いることはありません。 にもかかわらず、辞書には反対語として登録されております。 仮に高級の反対は低級にしよう、と辞書の定義として決めた後に誰も それに従ってくれなかったとして、それでも辞書の定義は正しいのでしょうか? まず反対語はどういう基準で定義されているのかが疑問です。 これについて一つの答えは出ています。誰もが思うことだと思いますが 1 高級料理に対し低級料理とつけると買う側の印象が落ちるから。   売り物などに関してはそうでしょう、それ以外ではどうかわかりませんが。 しかしこれだけでは明らかに説明が足りません。 2 低級の反対をなぜ高級といわないのか(低級生物→高等生物など) 3 仮に1,2の説明が完璧についたとして、なぜそういった言葉が生まれ   なかったのか、(これに関しては最初に挙げた3例では使われており   ますので、そこで使われてるじゃないかと言われればそれまでですが・・・) 4 上級、下級は綺麗に反対語として使われているのになぜ高級、低級は   避けられているのか。(これに関してはある程度の答えは出ています。) 5 4に類似していますが高等生物、低級生物や高級言語、低水準言語等   別の言い方で反対を表す言葉が代わりに使われていること。 6 辞書では反対語として定義されているが、本当にそうなんでしょうか。   定義はしたが世界中(英語の名詞は存在しなかった)誰もこの定義を   使用していないだけなのか。(情報、オカルト、化学分野以外) この2~6の答えを教えてください。 最近このことばっかり考えてしまいます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数774
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

 「自然言語」はそれほど論理的・体系的にできあがってはいないということではないでしょうか。  「1」の「低級料理」云々がそれを物語っているように思います。  前のご質問でお書きになっていた、」   > この答えは間違っています。   > もちろん正しい答えではあるんですが  もそうですよね。人工言語(形式言語)であるプログラミング言語では、   A and B である。 また、A or B でもある。 ということは起こりえない。  尾籠な例で恐縮ですが、トイレの名称の変遷なんかも参考になると思います。今では、  「ちょっと便所(or WC)に行ってきます」 という人はめったにいないでしょう。「お手水(ちょうず)」も死語といってよい。  いずれも辞書の語釈からいえば決して誤用ではないはずです。しかし使われない。 そこには「1」の「低級料理」云々と同様の意識の働き方があると思います。  それから、3つの例を挙げていらっしゃいますが、まず「化学的な定義」に関しては人工言語的な使い方です。したがってこれ以外の言い方はあり得ない。  遺伝に関する優性・劣性が形質の優秀さの程度を意味するのではないのと同じで、テストで「強性」と書けばおそらく「×」になるように、「多炭素アルコール」では「×」になるでしょう。  次に「高級言語・低級言語」は定義としての用語だと思いますが、コンピュータのメインメモリがKB(キロバイト)、CPUのクロックがMB単位だったころは、アセンブラでプログラムすれば実行速度は速いし、メモリの占有もわずかで(これは今も変わらないでしょう。その重要性はそれほどでもなくなりましたが)、標準装備のBASIC言語だけでなく、難解なアセンブリ言語でもプログラミングできる人は尊敬の眼差しで見られたと思います。  ひょっとして「低水準言語」という言い換えがあるのは、そのあたりの「気持ち」が影響したのではと思ったりします。(あくまで推測)  さらに「霊」に関しては、学問的に追究している方々もいらっしゃるのかもしれませんが、一般には小説やアニメなどの中で言及されることが多いと思います。その場合は、当然、論理性よりも語感が優先されるはずです。ランク付けが明確な霊の世界を描くなら、「高級・低級」でいいし、霊の絶対的な等級のない世界を描くなら「高尚」といった言い方になることもあるでしょう。  以上のように、質問者がお示しになった3つの例は、同等に列挙すべきものではないと考えます。  ちなみに、話は、ずれますが、法律用語の 「及び」と「並びに」の使い分けなんかも興味深いと思います。 http://q.hatena.ne.jp/1156521074  さて、この質問サイトでも反対語に関する質問がよく行われ、単純にはいかない、これこれの場合には反対語は○○だが、こういう場合には××であるといった回答がついていることがけっこうありました。(私の感触です。過去の質問を検索してURLを挙げるべきかもしれませんが、省きます)  したがって、責められるべきは質問者がご指摘になったようなことを考慮せずに、単に形式的に字面から「高級←→低級」とした辞書にあると考えますが、紙面には限りがあります説明にも限界があって、すべてを満たしてくれるはずもなく、辞書を用いるものの賢明な活用が求められるということではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ほぼ聞きたかったことが書かれています。 3つの例の説明もそのとおりだと思います。 さらに、及び、並びにの内容も面白いものでした。 私には使いこなすことは難しそうですが・・・ こうなると、1人目の回答者様のお礼にも書きましたが 語源として2,5の回答を聞いてみたいところです。 なぜか、回答が投稿できず、IEがおかしくなり戻ってきたら 相談箱が新しくなったような気がします。。。

関連するQ&A

  • 高級の反対語と低級の反対語

    なぜこの二つは反対語にもかかわらず反対に使うことがないのでしょうか。 今日ふと思い込み、かなり考えてしまったのですが この二つを使う時として、以下の形などでよく使われると思います。 高級が使われる場面 高級布団、高級料理・・・値段や価値が高い「物」 低級が使われる場面 低級な脳みそ、低級な生き物・・・程度が低い、感性が低い「物?生物?」 これを逆に、低級料理、高級な脳みそなどと使うことはまずありません。 これはどういうことなのでしょうか? ネットで調べたところ、以下3つの反対語が顕著に引っかかりましたが、 いずれも特定分野でしか使われなそうな言葉でした。 プログラミング言語・・・高級言語、低級言語 幽霊・・・高級霊、低級霊 化学物質全般・・・高級アルコール、低級アルコール等 なぜ反対語に指定されているのか? 逆に反対語としてふさわしいものなら、 なぜそういった言葉がないのか教えてください。 ちなみに、これに対し低級料理などとつけると誰も食べないからという別の意味の回答はできればやめていただきたいです。 確かにそういった意味もちょっとはあるでしょうが、ではなぜそういう言葉が生まれなかったのかが不自然でなりません。(これだと高級の逆がない話にはなりますが、低級の逆がない話に結びつかないこともあります) いい回答が見つからなかったら、辞書の出版社にでも問い合わせてみたいと思います。

  • 細胞とそうでない物の違い

    素人です。 細胞=有機物というイメージしかないですが、 細胞も結局は分解していくと普通の元素(炭素とか)になりますが普通の「物」とちがって細胞でできた生物は能動的に動きますよね?質問は 細胞の化学的な(物理的?)定義って何ですか? また解明されてるかどうか知りませんが細胞でできた生物はなぜ能動的に動けるのですか? よろしくお願いします。

  • 生物化学

    疑問に思っていることがあります。 生物化学 生化学 生命科学 の微妙に異なる言葉の違いによって 定義や概念は、どのように 違っているのでしょうか。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

 お書きのように元来は高級と低級は互いに対義語関係の語だと存じます。  ご疑問の使用例はそういう対義する語義を持つ語としてではなく使っているものであると存じます。  つまり同じ、低級とか高級といっても、使用事例の中の語は転化して別の語として使われていると存じます。  無論元来の対義語的語の意味からの派生して語であろうけれども、別の語として考える方が事理に適うと存じます。  こういう現象は生活という生き物であることばとしての歩みの生理・生態であると存じます。理論や学理ではないのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

言葉も文法も、 「きちんとルールを決めてから使い始めた」のでなくむしろ逆です。 なのでルールが存在するとしても、現実がその通りになっていません。 (ルールが先なら「カ行変格活用」なんてヘンテコなもの作りません。) ・言葉の対義語が同じくらいの頻度で使われなくてはならない理由がありません。 ・長い歴史の中で言葉は変化してきているのは事実です。 ・「辞書が言葉を定義し、世はそれに従うもの」ではありません。 なので質問者さんが期待するとおりになってないのは無理もなく、 何故だ、と考える事自体が無意味だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 そうなると今度は語源として聞いてみたいですね。 2で質問した低級の反対として高級が使われなかった理由。 3で質問したそもそもそんな言葉は3例だけなのか。 5で質問した片方の言い方が別の言葉に代わった理由。 そもそもこのルール誰が定めてるんでしょう、文部省でしょうかね?

関連するQ&A

  • 専門用語の辞典について

    こんばんは。ちょっと、英語の分野の質問だったらすみません。生物や化学の英語の論文などを読むときに役に立つ辞書を探しています。多くの専門的な単語(和英か英和辞典)が記載されてあるURLを教えてください。

  • 炭化水素の生成

    ある資格試験の化学の分野で、次のような問題が出題されました。 「炭化水素は、炭素などの燃焼のほか、生物の呼吸や( )の発酵によっても生成する。」 このカッコ内には漢字2文字が入るらしいのですが、皆目わかりませんでした。 どのような文字が入ると思われるでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • モル質量について

    高校二年です。 今化学でモル質量について学習しています。 モル質量の定義は1molあたりの質量ですよね 炭素Cのモル質量は12g/molですけど実際の炭素の質量も12gなんですか? あとO2(酸素分子)の1molは何gでしょうという問いがありました。 そのときの答えが32gだったんですけど32g/molじゃないんですか? バカみたいな質問ですけど・・・返答待ってます。

  • 生物学について思う事

    生物学って、どのように皆さんは思いますか? 私は、生命現象の不思議を理解する学問だと思っています。 高校生物では、生命誕生から、体の恒常性、成り立ち、遺伝、 界による分類とそれらの差異、特徴を学び、 動物分野では、代謝では、化学的アプローチで生命活動を理解し、 行動に着目し、集団に着目し、地球に着目する。 地球に着目すると、現存する生命が生きていくには、 分解者、生産者が必要と分かる。そこで学ぶ植物分野。 植物は光合成をする事で、酸素を産生する。 この化学反応を学ぶ事で、酸素産生は副産物、と受け取る事が 出来るかもしれない。彼らにしてみたら、 二酸化炭素という炭素源が必要なのだから。 そして、この光合成は、エネルギーを獲得する代謝と、 似たプロセスである、電子の授受の機序が成り立っていると 分かる。 医学も、バイオテクノロジーも生物学。 医学では、ヒトを含めた動物の生理学を学ぶ。 バイオテクノロジーでは、 現代生物学の目覚ましい発展を学んでいく事になる。 高校生物では、DNAの情報を基に遺伝子が形成され、 その特徴を利用しての、医学への応用、食物利用などを学ぶ。 そして、遺伝は、メンデルが発見した法則で、 ある程度は説明出来る事を学び、数学的アプローチを行う。 これらを学ぶ事で、生物とは何かを学んでいく。 そう思っていますが、 皆さんにとって、生物学って、どのような学問だと思いますか? 中学生から、研究者の方まで、 色々な人から話を聞ける事を楽しみにしています。

  • ウイルスの起源

    こんにちは、現在生物系の大学4年です。 院試に向けて勉強をしているときに疑問に思ったことを質問させてください。 現在生物はあるひとつの原始生物から進化してきたといわれています。 その証拠として 1.遺伝物質として核酸を使っている 2.化学エネルギーをATPの形で蓄える などがあると思います。 また、生物である定義のひとつに、自己増殖できることがあげられると思います。 ここで、現在生物であるかどうかはっきりしていないウイルスですが、これは自己増殖できません。 細菌などのホストに寄生することで増殖しています。 このウイルスというのは細胞性の生物から進化(?)して生まれたと考えますか? もしくは、まったく別の起源から発生したと考えますか? 答えはないと思いますが、考えをお聞かせください。

  • 生物についての穴埋め問題が分かりません。

    20個の穴埋めする文章があって、そのうちの18個を埋める事が出来たんですが、あと二つ入れる言葉が分かりません。答えが間違っていても構いませんので知恵を貸してください。 「酸素が十分になかった時代は、酸素を使わずに有機物を簡単な有機物に分解してエネルギーを得ていた。しかし、酸素が十分にふえると、酸素を使って有機物を二酸化炭素などに分解し、エネルギーを得る生物が出てきた。 このようにして、生物は地球の環境を大きく変え、環境の変化がまた「(1)」の変化を引き起こした。この地球誕生から6億年くらい前の時代を先カンブリア時代とよび「(2)」の中だけの世界が続いたと考えられる。」 (2)の答えがいまいち分かりません。(1)は環境の文字が入ると思うのですが、どうでしょうか? (1)と(2)の中に入る言葉は何だと思いますか?

  • 「週末」に日曜日の午後以降は含まれると思われますか?

    違うカテゴリで一度質問したのですが、上の質問に二種類の答えがあり、「週末は土日全日を指す」という方と、「日曜日の午後(あるいは夕方)は含まない気がする」という方がいることがわかりました。興味深いのは後者のほうです。そこでみなさまにアンケートをお願いします。 日本語の辞書は主に「土曜日、あるいは土曜から日曜にかけて(これに金曜日も含む)」という表記であるのに対し、英語の「週末」にあたるweekendは辞書で「金曜日の夜から月曜日の朝にかけて」「土曜日と日曜日のこと」という定義があります。 おそらく多くの方の「週末」の語感・定義は「(金)土日全日」を指すと思うのですが、「いや、日曜日の午後(夕方)以降は週末に含まれるような含まれないような…」(これが僕の「週末」という言葉に含まれる個人的感覚です)という方もいらっしゃると思います。(なお、この場合は辞書の正確な定義を含みません) 皆さんにとって「週末」とはいつを指すか教えていただけますか? また、そのような感覚をお持ちである理由もあわせて答えていただければ幸いです(なんとなく、などでも結構です)。もし差し支えなければ性別、年代(20代、30代など)、出身地・お住まいの場所(関東、東北、九州など)もお願いします。

  • あなたは何ですか?

    自分を定義したことはありますか? 自分や、他人との違い等について深く考えてみたりして出した答えで、うまく説明できてるなど納得した言葉はありますか? 回答者・質問者としてでも、組織や集団等の一員としてでも、一人の人間としてでも、生物や存在としてでも、どんな観点からでも構わないと思います。 今回は問題無さそうなら、2週間以上は締めきらないようにしてみたいと思います。いつかはベストアンサー出すつもりです。

  • たんぱく質の三次元構造予測

    たんぱく質の一次構造からの三次元構造予測や折りたたみ解析、 という言葉が生物学の分野で(のみではありませんが)賑っていますが、 実際どんな感じに仕上げているのかイメージが湧きません。 どんな言語でもいいので、コードのサンプル、 またはコード作成に非常に参考になるサイトなどがありましたら 教えてもらえるとありがたいです。 それと、英語でも日本語でも歓迎です。

  • “常識”

    抽象的な質問になってしまうと思いますが,皆さんのご意見を覗いたく書き込みました。 私は良くも悪くも“常識”という言葉を使うことを好みません。 言っている人を見るのもあまり好きではないのです。 私は“常識”という言葉は軽々しく使うべきではないと思っています。 それぞれの認識がたまたま共通であったことをそれが世界のすべてかのように“常識”という言葉でくくられ言われたこと が私には何度もあります。 そして・・・。 そもそも“常識”とはなんでろうか? と自分自身に何度も問うてしまいます。しかし,未だに納得し信じられる答えにはたどりつけていません。 辞書にあるような意味ではなく,皆様の思う“常識”という言葉に対する考えや定義,体験談などありましたら教えてください。 よろしくお願いします。