• 締切済み
  • すぐに回答を!

落ちない支払手形の勘定科目

弊社から支払手形を振り出した先の会社が倒産してしまい、弊社の振り出した支払手形の期日が到来しても現金がおちていかない状態になっています。 今まで放置してきましたが今月決算迎えどうしても何らかの処置が必要かと思えてきました。 経理上いったい何をどう処理したらいいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数3699
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.1
  • hinode11
  • ベストアンサー率55% (2062/3741)

取引先が倒産して取引先から受け取った約束手形が銀行で落丁せず不渡りなったという話はありますが、取引先が倒産して取引先へ振り出した約束手形が銀行で落丁しないという話は珍しいですね。何かのトラブルが生じて、その手形が満期日に銀行(質問者の当座預金口座のある銀行)に提示されなかったのでしょう。 このような場合であっても(満期日が過ぎていても)、手形の振出人には手形債務があり、所持人から手形を提示されて支払を請求された場合は、支払う義務があります。 ただし約束手形の振出人の所持人に対する手形上の責任は、満期日から3年で消滅時効にかかります(手形法70条1項、77条1項8号)。ですから、時効日までは手形債務を除却してはなりません。 ただ、一般の支払手形と区別するために、「未決済手形」あるいは「未決手形」という勘定科目を新設して振り替えておきましょう。 【例】 〔借方〕支払手形1,000,000/〔貸方〕未決手形1,000,000 ※「未決済手形」あるいは「未決手形」を新設する場所は、流動負債の区分(出来れば「支払手形」の次)が適しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

的確なご回答ありがとうございます。 逆バージョンはよくあると思うのですが、今回の件については前例が無くこまっていました。 解決できそうです^^

関連するQ&A

  • 支払手形と営業外支払手形の違いは?

    厳密にはカテ違いだと思いますが、「簿記」のカテで反応がなかったので削除の上、「財務・会計・経理」に再掲載させていただきます。 3/11の第1回建設業経理士2級の第1問で、次のような仕訳問題がありました(税抜き方式)。 「前期に完成・引き渡した落合1号工事について、無償補償の特約に基づく外注工事費¥73,500(消費税込み)を約束手形を振り出して支払った。なお、前期決算において完成工事補償引当金¥100,000を計上していた。」 TACや大原簿記などの模範解答では  完成工事補償引当金70,000/支払手形73,500  仮払消費税3,500 / となっています。勘定科目群には「営業外支払手形」もあり、前期の引渡し物件なので貸方は営業外支払手形だ、と私は思うのですが、普通の支払手形が正しいのでしょうか?とっても違和感があります。どなたかお分かりになる方、教えてください。

  • 支払手形が期日を過ぎた場合

    取引先に支払手形を発行したのですが、取引先より支払期日を過ぎてしまい(4営業日)、 銀行から処理ができないと言われたと連絡がありました。 こちらとしては手形を返却してもらい、振込する事になったのですが、 返却してもらった手形はどのように処理すれば良かったでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 支払手形の仕訳について

    以前に発行した支払手形が期日になっても決済されませんでした。原因は先方が取立依頼を忘れた為でした。そして、その手形と交換に小切手を振り出しました。そのときの仕訳ですが、、、 借方     貸方 支払手形/当座 と振出日に仕訳しました。間違いだとは思いませんが、何か引っかかります。 期日には何も仕訳しなくても良いのでしょうか? 皆さんはどのように仕訳しますか?教えてください。

  • 支払手形の書き間違え

    緊急質問です。 支払手形を他社に発行するのに、払い出し日の日付を書き間違えてしまいました。 どう処理すればいいのでしょうか? 訂正印を押して書き直す・・・? その手形は没にして新たに作成する・・・? その場合その没にした手形はどう処理すれば? どなたか緊急に教えてください

  • 支払手形の買い取りの時期について

    年内に事業を終了します。支払手形が来年の3月まで発行しています。 事業終了の今月末に11月請求分を全て現金で支払い、12月分と発行分の支払手形の 買い取りを1月末を考えています。 これでよろしいでしょうか? 支払手形の買い取りの決まりがあるのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 支払手形の支払期日について

    月末締め翌月末支払(2/3手形1/3現金支払)の支払条件で、 90日サイトの手形の振出を行っていますが、 (8月31日締め9月30日支払⇒9月30日に 12月31日支払期日(満期日)の手形を振出 と 振込) 90日サイト⇒3か月として、必ず末日を支払期日としています。 (商慣行かと思います。) 2011年9月30日に2011年12月31日の支払期日(満期日)の支払手形を振り出した場合、 満期日が92日後になり、12月31日は土曜日で休日なので実際に入金されるのは95日後となります。 そこで 下請法で、「繊維業に対して親事業者は,下請代金の支払のために振り出す手形のサイトを原則として90 日以内」とされていますが、支払期日(満期日)が92日後になること及び入金が95日後になることはこれに抵触するものでしょうか。 下請法でも5日ぐらいの差は、商慣行で大丈夫なのでしょうか。 なるべくなら、月末ということで支払期日(満期日)を決めるのではなく、日数で考え90日後満期の手形を発行したほうがいいのでしょうか(2011年12月29日支払期日)? なお、一括決済方式(ファクタリングなど)についても、同様の疑問がありますが、支払手形と同じ考え(基準)でいいのでしょうか?

  • 廃業予定の場合の支払手形について

    倒産でない廃業です。現在、仕入れ、売り上げは問題もなく行われてます。 現在、廃業を考えています。 支払手形は120日を発行しています。 (8月末の12月末が先月分です) 今月分ですが、廃業が4ヶ月以内なら現金で支払った方が良いのでしょうか? 廃業後の発行済み約束手形はどの様に先方が現金化するのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 期日未到来の不渡手形

    こんにちは。 弊社ではもらった手形を裏書し、弊社の債務の支払にあてております。 イメージとしては、  A社→弊社→B社→銀行 A社から受け取った手形が現在3枚あり、 1枚目は期日に現金化できず、銀行から戻ってきました。 2枚目は当期に期日をむかえる手形です。 3枚目は来期に期日をむかえる手形です。 1枚目が現金化できなかったという連絡後、 A社から、民事再生の申し立てを行ったとの連絡が入りました。 そこでの質問なんですが、 1.1枚目は弊社の不渡手形とし、B社に対して手形の差し替えか  振込等で処理を行えばよいですか? 2.民事再生の申し立てを行った事によって、A社の判断で支払を行う 事が不可能となったので、2枚目の手形も期日未到来ではあります が、弊社で不渡手形の処理をし、B社に1と同様の処理を行ってもよ いのでしょうか? 3.3枚目の手形はまだ銀行へ出しておらず、弊社で保管している状態です。 この場合、銀行に出していない為、手形に付箋が貼られていない状態 ですが問題ないでしょうか? 4.来期に期日が到来する手形に関して、不渡手形として問題ないので ょうか?   以上、たくさんの質問をして申し訳ないですが、 教えて頂けます様、宜しくお願い致します。

  • 支払手形の訂正

    支払手形の訂正について 今月末(2/28期日)に、支払手形の決済があります。手形に押す「社判」の代表者名の一部に誤りがあることを銀行に指摘され、手形が戻ってきていると電話連絡にていただきました。3/1当日に、正しい代表者名の入った社判と、銀行の届出印をもってきて訂正いただければ良いといわれたのですが、(出張中で来月まで会社に居ない)上司に相談してみましたところ、会社から「届出印」を持ち出すことは禁じられているのでダメだと言われ、かなり困っています。 銀行に相談してみなさいと言われましたが、時間外でしたので相談がかないませんでした。休みを挟んで2/28の朝すぐに、担当者に相談しようと思うのですが、この場合、どのような処理をすることになるのでしょうか。「届出印」を持ち込まずに、訂正する手段はありますか。また手形は「不渡り」になってしまうのでしょうか…。無知で申し訳ありません。できれば早急にお教えくださいましたら幸いです。

  • 経営事項審査時の支払手形

    質問させてさせていただきたいのですが、経営事項審査に関してです。 経営事項審査のY点を上げるポイントですが、決算時に支払手形は多い方がよいのでしょうか?それとも現預貯金等あればそれで支払い、支払手形は少なくしておいた方が良いのでしょうか? 色々な兼ね合いもあるかと思いますが、基本的にはどうなのでしょうか? 回答宜しくお願い致します。